【トイレリフォーム】費用はいくらかかる?!気になるバリアフリー

家の設備の中でも特に使用頻度の高いトイレは、少し不具合が生じるだけでもとてもストレスになるものです。

トイレの中では、ストレスなくゆっくり過ごしたいですよね。

しかし、使用頻度が高いからこそ、トイレの寿命もありますし、歳を重ねてきて使い勝手が悪くなってしまうのが問題です。

そこで今回は、介護を視野に入れた、トイレのバリアフリーリフォームについて調べてみました!

今はまだ早いと思っていても、いつ急に必要になるか分かりませんし、家族の今後のためにも早めにバリアフリー化を検討されることをおすすめします!

トイレをバリアフリーに!考えるべきポイントは?

具体的に、トイレのバリアフリーリフォームとはどのようなものを指すのでしょうか?

一般的には、他の箇所のリフォームでも多くある、段差の解消手すりの設置などを想像されるでしょう。

トイレの場合はその他にも、車椅子のまま利用できるようにスペースを拡張したり、扉をスライド式の引き戸にして車椅子でも開け閉めをしやすくしたりといった工事もあります。

他にも、床材を滑りにくい素材やクッション性のあるものに変更したり、緊急用のコールボタンを設置したりといったリフォームもバリアフリーリフォームに含まれます。

様々なリフォームが可能ですが、実際にリフォーム内容を検討する際にはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?

身体状況に適したリフォームを検討しよう!

まずは、利用する方の身体状況に合わせてリフォーム内容を検討することが大切です。

例えば車椅子を利用されている方なのか、自力で歩いてトイレに入ることができる方なのかによっても大きく異なります。

車椅子であれば、トイレ内のスペースを十分に確保することが必要ですし、介助が必要なのであれば、介助する方がどの位置で介助するのが良いかまで考えておかなくてはいけません。

そのためにも、まずは身体状況を把握することが大切なのです。

専門家に相談しよう!

バリアフリーリフォームをする際に必須なのが、ケアマネージャーなどの専門家に相談すること

手すりひとつ設置するにしても、どのくらいの高さに、どのような形式の手すりが必要なのか相談するべきです。

そうでないと、せっかく設置したものの必要な場所になくて意味がなかったり、逆に中途半端な位置に付けてしまい転倒につながるケースもあります。

せっかく費用をかけてリフォームするのですから、専門家にしっかり相談して、意味のあるリフォームにしてほしいと思います。

身体状況を把握した上で、専門家に相談しながら必要なリフォーム内容を検討することをおすすめします!

トイレをバリアフリーに!事例

次は事例をもとに、バリアフリーのリフォームとはどのようなものがあるのか見ていきたいと思います。

各家庭の間取りや状態によっても異なりますが、事例を見るのはとても参考になりますので、ぜひご覧ください!

事例1.外開きから折り戸にリフォーム!スッキリ広々空間に!

引用:ホームプロ

こちらは、狭く使い勝手の悪かったトイレを、スッキリ広々とした空間にリフォームされた事例です。

外開きのドアが邪魔になっていましたが、隣にお部屋があるため引き戸ではなく折り戸に変更

タンクを後ろに収納し、手洗い器もコンパクトなものに変えることでスッキリとした広々空間に仕上げることができました。

さらに、出入り口の段差を解消し、身体を支える手すりを設置することで、転倒を防止し、より安全なトイレになっています!

あつし

引き戸にできない場合には、折り戸にすることもできるんだね!すごく良いアイデア!

事例2.車椅子対応やヒートショック防止の快適リフォーム!

引用:ホームプロ

こちらの事例は、車椅子でも入れるようにしたい!という要望を中心に、バリアフリーのトイレにリフォームされたものです。

出入りの邪魔になっていた手洗い器を撤去して、代わりに手洗い付きのトイレに変更

さらに、タイル貼りで寒々しく、ヒートショックの危険もあった壁をクロスにし、汚れやすい腰壁には木質パネルを使用して掃除のしやすさにもこだわっています。

入り口の扉を引き戸に変更することや、床を車椅子の重さにも耐えられる重歩行タイプのクッションフロアにすることで、しっかりバリアフリーに対応できるようになりました!

はるこ

ヒートショックって、お風呂だけだと思いがちだけどトイレでも起こりうるのね!たしかにタイルをクロスに変えるのって重要かも・・・!

事例3.洗面所との壁を無くして、動作がしやすいひと続きの空間に!

引用:ホームプロ

こちらは、トイレと洗面所がそれぞれ狭い空間だったため隔てていた壁を取り払い、空間を広くするリフォームを行った事例です。

ひとつの空間になることで、車椅子の利用があっても広々と余裕をもって使うことができる上、大きな窓もあり、明るい空間に仕上がっています。

また、入り口はバリアフリーに配慮して引き戸になっており、床は耐久性のあるフロアタイルを貼ることでお掃除もしやすくなりました。

あつし

低めの壁を間に挟むことで、ひと続きでも気にならないようになっているね!

はるこ

飾り棚にもなっていて、とっても素敵ね!どの事例も細かいアイデアがいっぱいで、考えた人すごいわね〜!

トイレをバリアフリーに!気になる費用は?

続いて、気になる費用についてです。

どのようなリフォームでもいえることですが、費用はあくまでも相場といったところで、実際にはどこのメーカーのどの商品を入れるかによっても大きく変わる場合があります。

専門家にご相談の上、身体状況に応じたものを使用することが大切ですので、目安としてご覧ください。

手すりの設置

一般的な直線形状の手すりの設置の場合は5千円から可能ですが、立ち座りの動作があるトイレに最適なL字型の手すりを設置する場合には、2万円からが相場になります。

緊急コールの設置

トイレの中で何かあった場合に人を呼ぶことができる緊急コールは、工事なしで簡単に設置できる無線のもので約5千円から手に入れることができます。

埋め込み式の場合には工事が必要で、2万円からが相場です。

段差の解消

段差の解消工事は、敷居を取り除いて平らに整えたり、扉の交換が必要な場合は3万円からが相場になりますが、さらに大掛かりな工事が必要な場合には10万円などになることも考えられます。

扉の変更

車椅子でも便利な引き戸などに扉を変更する場合の相場は4万円からですが、扉を変更するにあたり周辺の壁を工事する必要がある場合には10万円からとなります。

スペースの拡張工事

車椅子が必要な場合には、トイレスペースを拡張する工事が必要になります。

その場合、他の部屋との兼ね合いなどもありますが、15万円からが相場とされています。

状況によって大きく変わる場合が考えられますので、スペースの拡張工事は実際にどのくらいの空間が必要なのか専門家に詳しく聞いて検討することをおすすめします。

あつし

トイレはお家の中でも比較的狭い空間で、工事の規模がそんなに大きくないから、10万円以下のリフォームでも十分いろんなことができそうだね!

はるこ

ウンウン、毎日何度も使う場所だから、しっかり満足いくリフォームをしたいわよね!

トイレのバリアフリーリフォーム まとめ

今回は、トイレをバリアフリーにリフォームする場合のポイントや費用についてご紹介しました。

ポイントは身体状況に適したリフォームを検討すること、そして専門家に相談することでしたね!

費用については以下のとおり。

費用相場まとめ

・手すりの設置:直線形状 5千円〜/L字型 2万円〜

・緊急コールの設置:簡易式 5千円〜/埋め込み式 2万円〜

・段差の解消:3万円〜

・扉の変更:4万円〜

・スペースの拡張:15万円〜

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が少しでも、皆さまのご自宅を快適にする手助けになればとても嬉しく思います。

ヤマダ電機では、バリアフリー対応トイレへのリフォームも行っています。

こちらの記事も参考にしてみてください。

あつし

トイレのリフォームが得意な優良リフォーム業者に相談してみたい方はこちらをどうぞ。

僕も独り暮らしの母の実家のリフォームでリショップナビにお世話になりましたが、コンシュルジュがすごく丁寧な対応をしてくれました♪

無用な電話は一切なく、メールでのやりとりで対応可能です。

便座が温かくなり冬でも快適になった清潔なトイレ♪
実際の受信メールの様子

無料なのに保証制度も完備!

リショップナビの評判・口コミについて詳しく知りたい方はこちらから

>>業界屈指の見積もりサイト「リショップナビ」の評判・口コミ徹底調査!

リショップナビの特徴

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。
リフォームの見積を依頼をすると、まずはコンシェルジュが顧客の希望を聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様にピッタリのリフォーム会社を数社紹介してくれます。さらに、万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

見積を無料でするなら絶対この3社がおすすめです!

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心
リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり
リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり
タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です