リフォーム で実現!子供部屋にロフトで夢空間を作ろう!

 

最近、リフォームをきっかけに子供部屋にロフトを設置する家が増えているそうです。

狭いからこそ自分だけの空間を演出することが出来るロフト。

特に子供たちにとっては秘密基地のような楽しみもありますよね。

おしゃれでワクワクするロフトですが、もちろんデメリットもあるんです。

高いお金を出してリフォームした後に、思いがけない落とし穴に気付いちゃった!そんなことがないように、しっかりとメリットデメリットをチェックしておきましょう。

今回は、子供部屋をリフォームする時にロフトを作るメリットデメリット、そして本格的なリフォーム事例はもちろん、DIYで実現するロフトもご紹介いたします。

子供部屋に秘密基地を作る楽しいアイディアの数々はこちらもご参照ください。

そもそもロフトって何?

はるこ

あっくん、ロフトロフトというけど、要は屋根裏部屋のことを指すのかしら?

あつし

屋根裏部分ではあるけど、建築法でもちゃんと決まりごとがあるんだよ。

ロフトとは、屋根裏にあたる部分を利用するスペースのことです。建築基準法では次のように定義されています。

  • 天井高は1.4メートル以下
  • 床面積はロフトがある部屋面積の2分の1未満

上記以外に各自治体による決まりもあります。

はるこ

ちょっと待って!1.4メートル?!私の身長より低いわよ。頭打っちゃう~。

あつし

日本の建築法だと、1.4メートル以下だと階数にカウントしなくていいことになっているので、この高さが基準になるんだよ。これから紹介する中にも出てくる大事なことだから、この数字は覚えておいてね。

子供部屋にロフト!そのメリットは?

デッドスペースを有効活用できる

部屋の上部は、当然空間が広がっているだけです。そこに新たにスペースを新設できたら、部屋をより広く使うことが出来てお得ですよね。

特に子供部屋というのは荷物が増えるもの。どんどん増えるおもちゃに服!ロフトをクローゼット代わりに出来たら、部屋も広々使えます。

ベッド代わりに使っても、下の空間で思いきり遊べるので便利です。

使い方は無限大!

ロフトなら、子供の成長に合わせて収納スペース→ベッド→読書スペースなど、自由に使い方を変えていくことが出来ます

まだ小さいうちはおもちゃ収納場として使用、小学生になったら自分だけのベッド、もっと大きくなったら読書や宿題をやる場所、などなどそのお家の都合に合わせて変幻自在。

どんなに変えても他の部屋には影響がないので、自由に使うことが出来ます。

税金面でもお得!

先ほどもお伝えしたように、ロフトは階数にカウントされません。ですから固定資産税などの税金面でも、メリットがあります。

住宅の固定資産税は、延べ床面積を基準に算定されます。規定の条件さえ整っていればロフト部分は延べ床面積に含めなくていいのです。

はるこ

これは気付かなかったわ!ロフトでなく2階に同じスペースがあったらそれは延べ床面積に入ってしまうものね。

子供部屋にロフト!そのデメリットは?

熱がこもりやすい

熱い空気てどうしても上の方にたまりやすいですよね?ロフトは屋根部分に一番近いので、熱がこもりやすくなってしまいます。特に夏はエアコン無しではいられません。

ですからロフトのためのエアコンの設置は必須、です。

あつし

ということは、ロフト用電源の設置も必須、ということも覚えておいてね。

掃除がめんどくさい!

ロフトに行くには、専用の階段を上がるしかありません。

あとでお伝えいたしますが、大体の場合は「ロフト梯子」と言われる専用のはしごです。

はしごに掃除機持って上がる…はい、うちの母さんとか絶対無理です!

はるこ

はい!出来ません!

今はハンディタイプの掃除機もたくさん出てますので、そういう軽量のものを利用するしかありません。

つまり、家になかったら新たにハンディタイプの掃除機を買う必要があります。

1.4メートルの上限

先ほども大事なこととしてお伝えしましたが、ロフトの上限は1.4メートル。当然ながら…

はるこ

はい!立てません!

あつし

はるこくん正解。そう。大人はもちろん、子供も小学校高学年くらいになると、立つと頭をぶつけてしまいます。

アパートなどで初めからロフト付きの物件もあるので、見たことある方も多いと思いますが、大人が立って生活するのは無理。だから、あくまで小さな子供の居場所、あるいは収納スペースと思った方がいいでしょう。

ロフトにどうやって上がる?はしご?階段?

何度も書きますが、ロフトに行くためには、上がらなければなりません

つまりはしごか階段が必須です。

当たり前のようですがこれが結構大きなポイント。子供部屋に設置するならば、安心安全を考えて、余計に慎重に選ばなければなりません。

簡単に違いを言えばこのようになります。

  • ロフトはしご:動かせる
  • ロフト階段:動かせない

ひとつずつ見ていきましょう。

ロフトはしご

引用:DAIKEN

ロフトの写真でよく見る典型的なはしごですね。使わない時は壁沿いに格納しておくことができます。アルミ製で軽量安全。約70,000円~です。

引用:北欧の森

こちらは女性でも簡単に持ち運べる木製のはしご。まさかの10,800円~です。

はるこ

お母さんでも簡単に移動できるものがいいわよね。そしてお安い!

ロフト階段

引用:Room Clip

ロフト階段とは、このように初めから作り付けになっていて移動できないものです。この事例のように収納を兼ねている優れものがたくさんあります。

引用:MISAWA

こちらは中古マンションをリフォームして、ロフト階段にテレビを設置。「以前より空間が広くなった気がする!」とご満足されているそうです。

はるこ

こうやって見てくると、子供部屋ならやっぱりロフト階段が安全そうね。

子供部屋をリフォームしたロフトの事例を見てみよう

プロの会社に発注したリフォーム事例

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

家づくりのお手伝いさん(@nakanokomuten)がシェアした投稿

引用:Instagram

渋いはしごは、大工さんが使い古したものをくださったそうです。アンティークのようでおしゃれですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

犬と暮らす平屋さん(@dream.house.yukikoko)がシェアした投稿

引用:Instagram

狭くて天井の低いロフトでも、こんな風に勉強机を確保することができるんですね。

はるこ

これは新しい使い方ね!家族を見下ろしながら勉強するのも楽しそう!

引用:SUVACO

こちらは、ロフト階段とロフトはしごを組み合わせた珍しいリフォームです。

もとははしごだけだったそうですが、子供では上げ下ろしが大変でロフトを使わなくなっていたとか。

そこで安全なロフト階段を設置して、小さなはしごの部分には収納スペースを確保。

子供たちも安心して使用できるようになって、ロフトも有効に使えるようになりました。

引用:美想空間

仲良し兄弟二人の部屋にロフトを設置。仕切り部分には引き戸があって、寝ながらコソコソ内緒話も出来るそうです。

引用:Room Clip

元は押し入れだったところをリフォームしてロフトベッドに!下にはたくさんのおもちゃを置けてスペースもゆったり。幅の広いはしごは安定感もありますね。

引用:家COCO
はるこ

あっくん!はしごでも階段でもないじゃない!まさかの滑り台?!

あつし

よく見ると奥にはしごがあるので、上る時はそちらから。下りる時は滑り台で一気にするーっと出来ちゃう。

DIYで実現したロフトの実例

DIYなら、建築法も関係なく自由にスペースを作ることができます。

引用:Room Clip

こちらはもともとあったロフトに、お父さんがDIYで階段を作りました。これなら上り下りが安全なうえに、収納にも大活躍です。

引用:LIMIA

こちらもすべてご家族によるDIY。

普通の6畳間に木材から組み立ててロフトを作り、ベッドスペースにしました。

壁紙などはすべて100円ショップのものです。

さらに二部屋に区切り、両方のロフト階段に利用したのは‥‥まさかのカラーボックス

ベニヤ板でしっかり補強しています。飾りつけに使ったものもすべて100円ショップだそう!

はるこ

これはすごいわね!お子さんたちも自分の階段を自分だけで使えて楽しそう~。

引用:LIMIA

こちらも、二人のお子さんのために木材とすのこでDIYしたロフトベッド。L字型の角をうまく利用していますね。両端にはしごが取り付けてあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OKRURIさん(@okruri)がシェアした投稿

引用:Instagram

これはなんとお母さん一人でDIY。ロフト部分が読書スペース、下はおままごとスペースだそうです。

組み立て終わった時はこんな感じ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OKRURIさん(@okruri)がシェアした投稿

引用:Instagram

お子さんが小さいので乗り越えられないように、木材を一本一本切って高めの柵を設置。ロフト階段はイケアの既製品。滑り台は手作りです!

ロフトは無理だけど二段ベッドをロフトベッド風に…そんな活用方法もありますよ。

リフォームで子供部屋にロフト!まとめ

写真を見ているだけでも楽しいロフト。

子供にとっても、自分だけの空間は自立への第一歩にもなりますね。

でもリフォームするなら建築上の決まりもあり、さらに自治体による違いもあります。「こんなはずではなかった…」と後悔をしないように、しっかり検討してから決めましょう。

子供部屋にロフトを作るメリット
  • デッドスペースを有効活用できる:もともとある空間を活用
  • 使い方は無限大:子供の成長に合わせて使い方を変えられる
  • 税金面でもお得:延べ床面積にカウントされないので税金がお得
子供部屋にロフトを作るデメリット
  • 熱がこもりやすい:熱は高いところにたまるので夏はエアコン必須
  • 掃除がめんどくさい:掃除機を持って上がれないので、ハンディ掃除機が必要
  • 上限1.4メートル:天井が低いので大人は立てない

DIYで作れば規制はないけれど、子供の居場所だからこそ、安全面での配慮は必須ですね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

リフォームするならやっぱり業者にお願いしたいな……と考えている読者さまには、読者様にピッタリの業者を無料で複数紹介してくれるリショップナビをおすすめします!

実際に僕も母の家のリフォームでリショップナビにお世話になりましたが、一流のコンシェルジュにすごく丁寧な対応をもらいました♪

いきなり業者から連絡がくるのではなく、専門のコンシェルジュが直接お客様のニーズを聞いた上でぴったりの業者を選んでくれるのは、リショップナビだけです!

さらにリショップナビで扱う業者は1500社と、他を圧倒する数を誇ります。

リショップナビの特徴

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。
リフォームの見積を依頼をすると、まずはコンシェルジュが顧客の希望を聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様にピッタリのリフォーム会社を数社紹介してくれます。さらに、万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

いきなり業者から電話がかかってくるのではなくリフォームの本音をまずコンシェルジュに打ち明けられるので、リフォームへの不安が解消しますよ。

◆◆ キッチン ◆◆

年季の入ったキッチン&なかなか火がつかなかったコンロ(リフォーム前)
(リフォーム施工中)
母念願のシステムキッチンで快適に(リフォーム後)

◆◆ トイレ ◆◆

便座が温かくなり冬でも快適になった清潔なトイレ♪

◆◆ 和室 ◆◆

擦り切れた畳&一部破れた襖の和室
モダンでオシャレになった和室

◆◆ 浴室 ◆◆

狭く深い浴槽撤去(外気温と同じ極寒の洗い場)
浴室暖房付きのあったかいお風呂
実際の受信メールの様子

無料なのに保証制度も完備!

リショップナビの評判・口コミについて詳しく知りたい方はこちらから
>>業界屈指の見積もりサイト「リショップナビ」の評判・口コミ徹底調査!

業者に見積もりを依頼すると、「断れないんじゃないか・・・」と心配ですよね。

でもリショップナビはカスタマーサポートが充実しているので、困った時には力になってくれるんです!

それにそもそもリフォーム一括見積もりなので、業者だって比較されていることがわかっています

自分での断り方についてもバッチリまとめてありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

>>リフォームの見積もりが高い!?どんな断り方をすればうまく断れる?

ただ、残念ながら次の地域にお住まいの読者さまは、2021年7月現在、リショップナビでは紹介対象外だそうです……。

北海道、愛媛、香川、高知、徳島、富山、石川、福井、熊本、大分、宮崎、長崎、佐賀、鹿児島、沖縄

これらのエリアにお住まいの読者さまには、リフォーム比較プロがおすすめです! リフォーム比較プロは、地元の工務店を中心に厳選した優良リフォーム会社を3〜4社紹介してくれます。

『リフォーム初心者』『少額(30万円以内)のリフォーム』でも安心して利用できるリフォーム一括見積もり会社です!

初めてのリフォームも安心

リフォーム比較プロを詳しく知りたい方はこちらをお読みください。
>>初心者向!!リフォーム見積比較「リフォーム比較プロ」評判と口コミ

 

 

 

 

見積を無料でするなら絶対この3社がおすすめです!

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心
リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり
リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり
タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です