リフォームで子供部屋を間仕切り!兄弟それぞれに子供部屋は必要?

 

 

皆さんは子供の時、自分の部屋がありましたか?

 

子供が大きくなるにつれて気になるのが「子供部屋問題」。特に兄弟がいる家庭は一人ひとり部屋を用意するのは大変ですよね。

 

そこでおすすめなのが部屋を間仕切りする方法です。壁を増設する大掛かりなものはもちろん、簡単に設置できるものなどさまざまな仕切り方があります。

 

今回は「子供部屋の間仕切り」を事例とともに紹介していきます。

 

間仕切りでプライベート空間を

 

最近は「リビングで学習すると頭が良くなる」という話題がメディアで取り上げられ、子供部屋の必要性が問われていますが、そもそも子供部屋は何をするところなのでしょうか?

 

引用:AERA dot.

 

上の表は「子供部屋の役割」について年齢別に記したものです。

 

上記からも分かるように「子供部屋」=「自立心を育てる場所」です。兄弟とともに過ごすことも大事ですが、プライベート空間で「自分の好きなことを選択する」「自分のものを管理する」ことで自立心が育ち自己管理能力が身につきます。

 

小学校低学年の頃は親もとで過ごすのが大半ですのでほとんど寝るだけの場所になりますが、年齢があがるにつれ自分だけのスペースはより大事なものになってきます。

 

大人と同じように子供にも一人で集中できる場所、プライバシーが必要です。

 

部屋を間仕切るリフォームの方法

 

子供部屋を仕切るには以下の方法があります。

 

  • 壁で仕切る
  • 家具で仕切る
  • カーテンやパーテーションで仕切る
  • 引き戸で仕切る

 

はるこ
へー!案外いろいろな方法があるのね。あっくんは一人っ子だから私はそこまで気にしたことはなかったけど、兄弟がいる子はやっぱり大きくなると自分のスペースが欲しくなるわよね。

 

あつし
そうだね。僕の友だちは小学生までは弟と部屋が一緒だったけど、中学にあがってからは壁をリフォームして1人部屋にしてもらってたよ。

 

はるこ
そうなのね。でも壁を業者さんに頼むのってどのぐらいの費用がかかるのかしら?結構しそうよね?

 

あつし
高そうなイメージがあるよね。僕も気になったから壁の増設費用について調べたよ。

 

壁で仕切る

実際に壁を新設するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?  

 

壁で仕切る費用:10~20万円

部屋の大きさや壁の種類にもよりますが、このあたりが相場のようです。  

 

ただ、これは壁のみを施工する際にかかる費用でコンセントや照明、ドアなどを取り付ける場合は別途料金がかかります。  

施工内容 費用
電気工事 4~9万円
配管工事 2~4万円
ドアの取り付け 11~13万円

 

上記は壁の増設以外にかかる料金を表したものです。

 

電気工事とはコンセントの新設、照明工事のことで細かくみていくとこのようなものが必要になります。

  • コンセント(一箇所):1~2万円
  • エアコン専用コンセント:1万2千円~3万円
  • 照明工事:~4万円 

 

エアコンを取り付ける場合はエアコン専用のコンセント増設が必要となると同時に、配管工事にも別途2~4万円が必要です(設置費用は含みません)。

 

家を新築で建てる方で「子供が小さな時は大部屋を共有させて、大きくなったら分けられるようにしたい」と考えているのでしたら、これらを設置しておくと後々費用がかかりません。  

 

はるこ
電気や照明まで気が回らなかったわ。他にも机や収納も必要になりそうだから、多めに見積もった方が良さそうね。

 

また壁の新設の仕方にもさまざまな方法があります。

 

事例1:全面を仕切る

引用:大原工務店  

 

上記は戸建ての子供部屋施工例です。ピンクのアクセントクロスが可愛らしいですね。

 

壁を全面に新設して個室を作るメリットはやはり防音効果があることです。ただそれまで壁がなかったため圧迫感を感じることと、先ほど記述したようにドアや照明などを取り付けなければならないことがデメリットとなります。

 

事例2:上部に空間を残す

引用:東京ガスリモデリング      

 

こちらは男の子兄弟の部屋を間仕切りした例です。

 

壁の上部にあえて空間を残すことでエアコン1台で2つの部屋を賄えていていいですね。また、仕切った壁に収納を取り付けることで部屋を無駄なく効率的に使っています。

 

ただ先ほどの事例と違い防音効果はないため、勉強をしている時や部屋に友だちを呼ぶ時などに相手を配慮する必要があります。

 

はるこ
今は壁紙もいろんな種類があるから選ぶのが楽しそうね。

 

家具で仕切る

 

事例1:収納で仕切る

引用:ce-fit

 

子供が大きくなるにつれて必要となってくるのが収納です。

 

こちらはce-fitという可動式の収納で上の図のように共有スペースを設けたり、移動して真ん中で完全に仕切り個室にすることもできます。天井に突っ張り固定できるので地震で倒れてくることはありません。

 

幅、高さがオーダーメイドで注文でき、費用は一台20万円ほどです。(事例は2台のため40万円ほどかかっています)。

 

事例2:二段ベッドで仕切る

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ip20 kidsroomさん(@ip20_kidsroom)がシェアした投稿

引用:instagram

 

引用:タブルーム

 

二段ベッドの間仕切りは狭い部屋でも有効的に使える方法です。大きな家具のため圧迫感があることは否めませんが、お互いの気配を感じる距離でプライベートな空間を保てますね。

 

二段ベッド費用:2~6万円

どのようなベッドかにもよりますが、このあたりが一般的な相場のようです。

 

2つ目の事例のベッドでしたら照明、エアコンを別途考えなくて済むので手軽な方法です。

 

あつし
一つ目のロフトベッドみたいに収納を兼ねていると便利だね。

 

二段ベッドの関連記事はこちら

リフォームしたい子供部屋に!二段ベッド快適活用法大公開!

2019年6月7日

 

カーテン・パーテーションで仕切る

引用:cecile

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

てけてけさん(@tk_tk_home)がシェアした投稿

引用:instagram

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

capel(カペル)さん(@capel_ig)がシェアした投稿

引用:instagram

 

引用:pinterest

 

カーテンやパーテーションはあまり広いスペースを取れないお家やマンションでも圧迫感なくつけられます。

 

  • パーテーション費用:1~3万円
  • カーテン(レール取付料込):1~5万円

このようなところが一般的な相場となり、他のと比べるとお安くできますね。

 

また、ニトリはニトリ商品のカーテンを購入の方に限り、有料ですがお安くレールを取り付けることができるようです(事前採寸、取り付けの際の人件費は無料)。検討している方は一度店舗でご覧になってみて下さい。

 

一つ目の事例のように棒をつっぱるタイプのカーテンだと、部屋を使わなくなった時でも簡単に取りはずしができ便利です。

 

はるこ
パーテーションは使う用途に合わせて手軽にレイアウトを変えられていいわね。カーテンだったら可愛い柄物が沢山売ってるから子供と一緒に選べて楽しそうね。

 

引き戸で仕切る

引用:pinterest

 

壁の増設以外でしっかりとした間仕切りをご希望でしたら引き戸がおすすめです。事例のように床にレールがないタイプだとお掃除も楽ですし、すっきりした見た目でいいですね。

 

引き戸の費用:10~20万円

この費用の他に、照明やコンセントなどが別途かかってきます。

 

「仕切りたいけど片方にしか窓がない」というお部屋には、すりガラスの引き戸を設置することで明るさが保てるのでおすすめです。

 

DIY好きなら自分で間仕切り

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LIMIA(リミア)さん(@limiajp)がシェアした投稿

引用:instagram

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

chihiroさん(@chihiro31862)がシェアした投稿

引用:instagram

 

引用:Room Clip

 

事例は「ラブリコ」で施工した間仕切りです。

 

LABRICO(ラブリコ)とは×4材の上下に取りつけて柱をつっぱることができる便利なDIYパーツです(1×4材でできるものもあります)。工具なしで取り付けられ、天井や床を傷つけないので賃貸でも使用できます。

※2×4材とは木口の厚さが2インチ×4インチの木材のことです。

 

ラブリコ:888円~(税込)

引用:Amazon

 

事例は3つともラブリコを突っ張った後、有孔ボードなどの板を張ったものです。棚受けパーツも種類が豊富なのでデザインも自由に楽しめます。

 

あつし
同じDIYパーツでディアウォールもあるけど僕はより強度の強いラブリコがおすすめだよ。

 

部屋の間仕切りアイディアまとめ

 

今回は子供部屋の間仕切り方法をご紹介しました。

 

  • 防音効果が高いプライベート空間を作るなら、壁で仕切るのが一番
  • 可動式収納は用途に応じて移動できて便利
  • 空間を有効的に使うなら二段ベッド
  • カーテン、パーテーションは狭い部屋でも圧迫感がなく安価
  • 開閉ができるうえ、しっかりと仕切れる引き戸
  • DIYならラブリコを使用するのがおすすめ

 

家庭環境は人それぞれです。なるべく子供の意見を尊重してその家庭、その子にあった子供部屋を作ってあげたいですね。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

TOPに戻る

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
600記事のリフォーム情報を書き上げてきた僕が、あなたに自信を持ってオススメできる見積サイトを3つ厳選してご紹介します!

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です