畳をタイルカーペットにリフォーム!楽チン・快適が叶うお役立ち情報

古くなった、皆さんどうされますか?

 

表面のござを畳屋さんに張り替えてもらうのも一つの手ですが、数年おきにまたメンテナンスが必要になることを考えると、少し面倒だなと思ったりもしますよね。

 

でも畳があるとちょっと休みたいときにすぐに寝転がれるし、椅子を使わず床へ直に座るのってなんだか安心しませんか?

 

僕も実家に帰ってたらふくご飯を食べた後、つい畳にごろんと横になるのですが、あの心地よさと言ったら!

 

おなかをひと叩きしながら「極楽じゃ~!」と叫ぶまでがお決まりとなっています。

 

そんな畳の「メンテナンスの手間」を解決し、「心地よさ」をも持つ床材がタイルカーペットなのです。

タイルカーペットなら畳ほどメンテナンスが面倒ではなく、触れた時のぬくもり感は畳とはまた違った心地よさがありますよ!

 

詳しくご紹介しますので、ぜひリフォームの床材選びの参考にしてくださいね♪

 

家庭用?オフィス用?タイルカーペットの違い

 

タイルカーペットとは30cm~50cm角にカットされたタイル状のカーペットです。

 

部屋全体に普通のカーペットを敷くとなると、重く大きなロール状に丸めたものを運び込み広げていきます。

部屋が広ければ重労働になりますよね。

 

細かくカットされたタイルカーペットなら1枚1枚が軽いので持ち運びも楽々

パズルのように床に敷き詰める作業も楽しく、簡単です。

 

タイルカーペットには大きく分けて、家庭用オフィス用の2種類があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう!

 

家庭用タイルカーペットの特徴
  • 表面がオフィス用に比べソフトな素材で、裏面はフェルト素材。
  • 裏面には吸着加工がされていて、フローリングにそのまま置いてもずれにくいものもある。
  • 30cm角~50cm角と幅広いサイズ展開。
  • 柔らかな肌触りのものが多い。

 

引用:東リ

こちらは40cm角の家庭用タイルカーペット。

表面はふっくらと柔らかなループパイルです。

 

オフィス用タイルカーペットの特徴
  • 表面はナイロンやポリプロピレン製のパイル糸を使用した素材、裏面はポリ塩化ビニルのものが一般的。
  • 専用のボンドや家庭では両面テープを使って貼ることもできる。
  • 50cm角が多く、長方形タイプもある。
  • 色や柄などのバリエーションが豊富。
  • 耐久性に優れたしっかりとしたものが多い。

 

引用:スミノエ

こちらは25cm×1mの長方形タイプ。

組み合わせしだいで様々なコーディネートを楽しめます。

 

はるこ
オフィス用のタイルカーペットに好みのものがあったけど、家庭用として使ったらダメなの?

 

あつし
もちろんOKだよ!ただオフィス用は土足で踏まれることを考慮して作られているから、家庭用と比べると触り心地が少し硬めなんだ。

 

はるこ
よかった♪じゃあ掃除機をガシガシかけても平気ね。

 

あつし
母さん掃除機はガシガシやらなくても大丈夫だよ、ごみ吸えてるよ・・・。

 

はるこ
あらそうなの?ついガシガシやっちゃうのよね~気を付けます!

 

タイルカーペットのメリット、デメリット

 

タイルカーペットはメンテナンスや貼るのも簡単、心地いいとご紹介しましたが、ほかにもメリットがたくさんあります。

デメリットもいくつかあるので、合わせて知っておきましょう!

 

メリット
  • はさみやカッターで簡単にカットできる。
  • 軽いので運びやすい。
  • 汚れた部分だけ貼り替えることもできる。
  • 洗えるものもあるので衛生的。
  • 繊維が空気をキャッチ。温かさを保つ。
  • 滑りにくい。
  • 防音性がある。
  • 色、柄豊富。

 

デメリット
  • 1枚1枚貼らなければならないので手間がかかる。
  • タイルカーペットの下に湿気が溜まりやすい。
  • 接着剤を使用すると剥がしたとき、床に跡が残る。
  • 普通のカーペットより硬め。

 

デメリットにアイディアをプラス

  • 1枚1枚貼らなければならないので手間がかかる。

たしかに1枚1枚貼る作業は大変です。

でもカーペットを組み合わせていく作業はパズルのようで楽しく、床が徐々に変わっていく様子は見ていて爽快ですよ!

 

  • タイルカーペットの下に湿気が溜まりやすい。

タイルカーペットの下は湿気が溜まりやすく、ひどい場合はカビやダニが発生する恐れもあります。

しかしタイルカーペットは貼り剥がしが簡単定期的に風を通せばカビやダニの発生を防ぐことができます。

通気性や防ダニなど機能性に優れた商品を選ぶのもおすすめです。

 

  • 接着剤を使用すると剥がしたとき、床に跡が残る。

接着剤を使って貼るほうが滑りにくくなるので安全ですが、そのまま敷いて使えるタイルカーペットもあります。

賃貸のお部屋など跡を残したくない床にも使えますね。

 

  • 普通のカーペットより硬め。

優れた機能性があるものや、接着剤が不要なものなどタイルカーペットは種類も豊富です。

たしかに触り心地は硬めですが、毛足の長いタイプを選べば柔らかさを感じられます

 

はるこ
簡単に剥がせたり、お洗濯ができたりっていうのは便利よね。普通の大きなカーペットや畳だとそうはいかないものね。

 

あつし
飲み物とかをうっかりこぼしても、その部分だけきれいにできるもんね。おっちょこちょいな母さんにぴったり。

 

はるこ
食後の休憩で付いたあっくんのよだれのシミもね!
あつし
・・・すみません。

 

畳をタイルカーペットにリフォーム!業者に依頼する場合

 

キレイで確実、そしてスピーディーにリフォームしたいのなら業者に依頼するのが正解です。

畳からタイルカーペットに張り替えるリフォームを業者に依頼した場合、いくらくらいかかるのでしょうか?

 

業者に依頼した場合、費用相場は6畳で約12万~15万円です

家具の移動や畳の撤去・処分、下地の処理などが必要となるので、他の部屋をタイルカーペットに張り替える場合と比べ割高になります。

 

あつし
DIYで張り替える際は畳の撤去や処分、下地の調整なども自分でやる必要があり、費用もかかります。その点も考慮しながら業者に頼むかDIYするか決めましょう!

 

床リフォームを成功させるために、こちらも読んでおきましょう!

床リフォーム失敗事例アイキャッチ

床リフォームのトラブル回避!失敗事例から学ぶ4つのポイント

2019年4月7日

 

畳をタイルカーペットにリフォーム!DIYの場合

 

続いてDIYで畳からタイルカーペットに張り替える方法をご紹介します。

畳の厚みとタイルカーペット厚みに違いがある場合、畳を剥がしてそのままタイルカーペットを敷くと段差が生じてしまいます。

そのためタイルカーペットを貼る前には下地の調整が必要です。

 

下地の調整方法
  1. 畳を剥がす。
  2. 根太+その上に敷く合板+タイルカーペットで畳の厚さと同じになるように材料を準備しておきましょう。
  3. 一般的な合板の幅が910mmなので、根太にビスが打てるよう根太を303mm間隔で敷いていく。歩いたときにギーと鳴る床鳴りを防ぐために根太の両端を数ミリ開けておきましょう。根太と根太の間に断熱材を入れるのもおすすめです!
  4. 合板を張っていく。このときも床鳴りを防ぐため、板と板の間を数ミリ開けましょう。

 

 

引用:共栄木材

こちらの画像の「捨て貼り」が合板、「床材」がタイルカーペットとなります。

 

下地の調整が済んだらタイルカーペットを貼っていきます。

接着剤にはボンドか両面テープを使う方法が一般的です。もちろんそのまま敷いて使うこともできますが、めくれやズレを防止するのにも接着剤を使用するのがおすすめですよ!

 

ボンドを使ったタイルカーペットの貼り方
  1. 家具など作業の邪魔になるものを移動させ、床をきれいに掃除しておく。
  2. 部屋の横と縦の長さを測り、中心が分かるよう基準となるクロスの線をチョークなどで書いておく。
  3. 先ほどの線で分かれた4つのエリアごと、ボンドを厚くなりすぎないよう気を付けながら壁際は少し隙間を開けて塗っていく。ローラーを使うと簡単です!部屋の奥から進めて、下がりながら塗っていきましょう。
  4. ボンドが透明になるまで乾かす。触っても手に付かなくなればOK。
  5. 中心からタイルカーペットを貼っていく。目の向きを変えていく「市松貼り」は目地が目立たなくなります。
  6. 最後に端の面積に合わせてタイルカーペットをカットする。隣のカーペット(A)の上にカーペット(B)をきっちりと重ねる。さらにもう1枚(C)を壁に沿わせるようにしながら重ね、重なった部分(B)をカッターでカット。カットした切り口を壁際にしてカーペット(B)を貼る。
  7. 6の作業を繰り返して完成。

 

こちらの動画が参考になりますよ!

引用:YouTube

 

引用:タイルライフ

こちらのボンドならカーペットを何度でも貼り剥がしできるのでおすすめです。

 

 

両面テープを使ったタイルカーペットの貼り方
  1. 家具など作業の邪魔になるものを移動させ、床をきれいに掃除しておく。
  2. 部屋の横と縦の長さを測り、中心が分かるよう基準となるクロスの線をチョークなどで書いておく。
  3. 先ほどの線で分かれた4つのエリアごと、基準点に両面テープの端を合わせてタイルカーペットの幅にテープを貼っていく。
  4. 両面テープの剥離紙を剥がしながら中心からタイルカーペットを貼っていく。目の向きを変えていく「市松貼り」は目地が目立たなくなります。
  5. 最後に端の面積に合わせてタイルカーペットをカットする。隣のカーペット(A)の上にカーペット(B)をきっちりと重ねる。さらにもう1枚(C)を壁に沿わせるようにしながら重ね、重なった部分(B)をカッターでカット。カットした切り口を壁際にしてカーペット(B)を貼る。
  6. 5の作業を繰り返して完成。

 

引用:YouTube

 

引用:カウネット

こちらはタイルカーペットやクッションフロアを貼るのに適した両面テープです。

 

引用:壁紙屋本舗

柱がある壁際など、複雑な場所はこのようにカットしましょう。

 

引用:RESTA(リスタ)

貼り方をアレンジしてみるのもおすすめです!

 

畳の上に直接タイルカーペットを敷くのはOK?

畳を剥がさず、畳の上にタイルカーペットを直接敷いて使うことも可能ではあります。

 

しかしタイルカーペットは平らな床に敷くことを前提に作られているので、滑りやすくなったり、めくれやすくなったりすることが考えられます。

 

また畳とタイルカーペットの間に湿気が溜まりカビ・ダニが発生する恐れも考えられるので、あまりおすすめできません。

 

あつし
タイルカーペットは1枚200~450円くらいで、10枚単位でしか購入できないことが多いみたいだよ。

そのほかに畳の処分費用や下地の材料費、道具も必要だからタイルカーペット自体は安いけど予算に余裕をもっておいたほうがよさそうだね。

 

はるこ
よくこぼすからタイルカーペットを多めに買っておきたいしね!

 

あつし
母さん、飲食はダイニングでお願いします。

 

はるこ
だって横になりながらお茶を片手に雑誌を読むひと時って、幸せなのよ~♪

 

あつし
まったくもう・・・わからなくもないけど!

 

畳をタイルカーペットにリフォーム!選び方のポイント

 

家庭用、オフィス用だけでなく種類が豊富なタイルカーペットですが、何をどう選べばよいのか迷ってしまう方もおられるのでは?

そこでタイルカーペット選びのポイントおすすめのタイルカーペットをご紹介していきます!

 

機能性で選ぶ

先ほどご紹介した防ダニ機能があるものを始め、様々な機能性を備えた商品があります。

引用:サンゲツ

こちらは防ダニ機能のある家庭用タイプのタイルカーペットです。

床暖房付きのフローリングにも貼ることができます。

 

引用:RESTA(リスタ)

こちらは防音性に優れた家庭用カーペット。

遊び盛りのお子さんがいるご家庭やマンションで階下への音の響きを気にされる方にもおすすめです。

 

デザインで選ぶ

無地はもちろん、ストライプなど模様入りのおしゃれなデザインの商品もたくさんあります。

組み合わせを変えてお好みのコーディネートを楽しむこともできますよ。

引用:東リ

カラフルでラフな格子柄が可愛いタイルカーペットです。

お部屋がぱっと明るい雰囲気になりそう!

 

引用:東リ

モロッカン風のパターンがおしゃれなタイルカーペットです。

都会的なカッコイイ空間を演出してくれます!

 

パイルで選ぶ

タイルカーペットの表面のパイルにも種類があります。

パイルがループ状になった「ループパイル」と切りそろえられた「カットパイル」、2つをミックスした「カット&ループパイル」です。

 

パイルの特徴
  • ループパイル・・・弾力性がある。踏んでも元に戻るので耐久性がある。
  • カットパイル・・・柔らかい。ペットの爪に引っかからない。防音性が高い。
  • カット&ループパイル・・・弾力性、柔らかさも中間といった感じ。パイルの違いを利用して模様などをデザインしたものもある。

 

また商品の規格を見れば、パイルの長さや密度がわかります。

 

パイルの長さや密度
  • パイル長・・・パイルの長さを示している。長いほど踏み心地がよい。
  • ゲージ(密度)・・・1インチの長さに何本のパイルがあるかを示している。スラッシュ右側の数字が大きいほど密度が高くしっかりとした踏み心地、小さいほど柔らかな踏み心地となる。

 

引用:サンゲツ

パイルの形状はカットパイル、パイルの長さは5mm、1インチに10本のパイルが並んでいるタイルカーペットということを表しています。

 

はるこ
またまたステキなタイルカーペットがいっぱい!そうだ定期的に貼り替えるのもいいかもしれない!ね、あっくん。お願いしますね♪

 

あつし
えー!それも僕がやるのね・・・

 

タイルカーペット以外にもこんな床材があります。

意外と簡単!床リフォーム 自分でできる DIY術&費用一挙紹介!

2018年11月9日

 

畳をタイルカーペットにしたら他の部分もリフォームしてみませんか?

こちらの記事をぜひ参考にしてみてください♪

リフォームするなら楽しもう!和室から洋室にするDIY方法6選

2019年6月13日

和室を洋室にリフォームするなら壁紙から!知って得する洋室壁紙情報

2019年6月8日

和室のじゅらく壁をステキにリフォーム!おすすめ壁材4選と費用紹介

2019年6月6日

 

畳をタイルカーペットにリフォーム!のまとめ

  • タイルカーペットには家庭用オフィス用があるがどちらも家庭用として使用可能
  • タイルカーペットは扱いやすくデザイン性にも優れているなどのメリットがある。湿気が溜まりやすい接着剤の跡が残るなどのデメリットもあるが、対処方法もある
  • 畳からタイルカーペットへの張り替えを業者に依頼した場合、費用相場は6畳で約12万~15万円
  • 畳からタイルカーペットへの張り替えをDIYで行うことも可能。接着剤にボンドか両面テープを使用する方法そのまま敷く方法がある。
  • 下地の調整や畳の処理、家具の移動などの大がかりな作業があることやカーペット以外にも費用がかかることもお忘れなく!
  • タイルカーペット選びは機能性デザインパイルの種類がポイント。

 

扱いやすいタイルカーペットならいつでも快適な状態を保っていられますよね。

 

畳もいいけれど、ほっこりするタイルカーペットに大の字で寝転がってみたいな~と僕も思いました!

おしゃれに仕上げられるのも魅力的です。

 

皆さんもぜひタイルカーペットですてきなリフォームを叶えてくださいね♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です