リフォームの見積もりが高い!?どんな断り方をすればうまく断れる?

突然ですが、見積もりを依頼して実際見てみたら思ったより高くて顔が引きつったこと、ありませんか?

 

リフォームに限らず、車や引っ越し、家を新築する時など、大きな買い物の時はほとんどの方が見積もりを取ると思います。

 

「だいたい、○○万くらいかなぁ」

なんて思っていたら、実際提示された金額は予想より遥かに高かった!!

 

とか

 

描いているイメージと見積もり内容が違う!?

 

なんてことも。

 

それなのに、営業さんからは「どうでしょう?(うちと契約してくれますか?)」という電話や訪問が・・・。

 

どうしようか困っちゃいますよね。

 

そんな時のために、今回は上手に断る方法をお伝えしたいと思います。

 

 

リフォームしようと思ったら、まずは見積もりから

 

リフォームしたい場所が決まったら、最初にすることは「見積もりをとること」ですよね。

 

どこで見積もりを取るか悩むところですが、そんな時はまず、こちらの記事を参考にしてください。

【リフォーム】相見積りするのは何社が最適?ズバリその答えは…

2019年1月22日

失敗したくない人必見!リフォーム業者の選び方【5つのポイント】

2019年1月17日

 

はるこ
そうそう、たくさんの会社に見積もり依頼しすぎても、比べるのが大変ってあっくんが教えてくれたわよね。

 

あつし
そうそう!あとは、どういう業者を選ぶかってこともね。

 

数社から見積もりを取るということは、契約を結ばなかった業者は断る、ということです。

 

見積もりを依頼する段階で

いくつかの会社で見積もりを取っていること

出来るだけ詳しいリフォーム内容(工事内容・工事期間・予算)

見積もりの提出期限

を伝えておきましょう。

 

はるこ
最初から、他でも見積もりを取ってるって言っちゃってもいいの?

 

あつし
ちょっと言いにくいかもしれないけど、先に言っておいた方が業者さんも最初から現実味のある見積もりを提示してくれるんじゃないかな?

後から断る時にも、断りやすくなるしね!

 

はるこ
ちょっと言いずらいけど、それもそうね・・・。

 

あつし
他で見積もりを取ってるって言った時に嫌そうな顔するような業者だったら、僕は嫌だしね。

お客様のことを一番に考えてくれる人なら、「高い買い物だから当然ですよね」って言ってくれるはずだよ。

 

リフォームを依頼すると、営業さんと話す機会も増えます。

 

「この人になら、どんなことでも相談できる」そんな営業さんの方が安心できますよね!

見積もりを取りに家に来た時の対応が丁寧だったか、説明が分かりやすかったか、なども依頼する業者を決めるポイントになるかもしれません。

 

同じ工事でも築年数・間取り・現在の状況によって、工事内容は変わってきます。

そういったことも親身になって考え説明してくれる業者をお勧めします。

 

見積もりを取る前に決めておくこと

一番重要なポイントを決めておく

見積もりを取ると、その会社の数だけ見積もり結果が出てきます。

出てきてから悩まないように、自分たちにとって一番重要なポイントを決めておきましょう。

できれば、2番目、3番目と順位を付けておくともっと良いですね!

価格面・デザイン面・会社の知名度など、どこを重要視するかは人それぞれです。

 

あつし
ただ、価格って言っても、工事に見合う金額にしておかないと、良いリフォームとは言えないから、気を付けないといけないよね

 

はるこ
良いリフォーム?

だって安い方が嬉しいじゃないの!

 

あつし
もちろん、そうだけど・・・。

例えば、「安くしました」って言って材料を安いものに替えられてたり、適当に工事をされちゃうと、結局無駄になっちゃうよね?

リフォームは「安ければいい」っていうもんじゃないんだよ

 

あつし
逆に知名度がある業者は価格が高くなりがちなんだけどね。

 

キッチンや建具などのリフォームになると、大手の業者は主に使うメーカーが決まっていることもあります。

業者が普段からよく使っているメーカーの商品であれば安く仕入れることが出来るので、リフォーム費用も抑えることができるのです。

もしメーカー(デザイン)が決まっているのであれば、それを指定して見積もりを依頼して、見積もりの詳細を確認しましょう。

 

リフォームの見積書を見る時のコツをこちらで紹介しています。是非参考にしてみて下さいね。

リフォームの見積書には見方のコツがある!惑わされない方法教えます

2019年2月16日

 

 

予算の上限を決めておく

リフォームしようと見積もりを取ると、場所によっては他の場所もリフォームしないといけなくなることがあります。

 

特に築年数が経った家の場合は注意が必要です。リフォームし始めてから、直さないといけない場所が増えて予算オーバーとなってしまったという場合があるからです。

 

・外壁塗装をお願いしたが、2階のベランダに腐食があり、補修が必要だった(64歳・女性)

・塗装だけの予定だったが、バルコニーの鉄骨の腐食が進んでいたので、鉄骨を交換した(44歳・女性)

・キッチンシステムをIHに変更した際に、周りの新規配線とブレーカーの変更が必要になった(49歳・男性)

・キッチン・バスのリフォームで、水道工事の際、水道管が破けていた(53歳・女性)

など。

引用:SUUMO

 

提示されたものよりも増額になるかもしれないことを念頭に置きながら、予算を決めましょう。

 

あつし
リフォームしてもらってる間に「ここも直してほしい」なんてことも多いみたいだよ。

とにかく予算には余裕を持っておかなきゃいけないってことだね

 

申し訳ないけど断りたい・・・上手な断り方とは?

はるこ
問題はコレよね・・・。

「もういいです」って、なかなか言い出せないのよね・・・

 

あつし
だよね。

相手も仕事だし、『是非ウチで!』って言ってくる場合も多いしね

 

特に押しが強めの営業マンの場合、困り果てることもあるでしょう。

 

そんな時は・・・

 

できるだけ早くハッキリと断る!!

 

やはり、これに尽きると思います。

 

はるこ
え!?それだけ!?

それが出来ないから困ってるのよ・・・

 

あつし
だよね・・・

でも、これが一番なんだよ。

 

お断りをする時に伝えるべきこと

・他のリフォーム業者に決めたこと

決めた業者の名前は出さない方が良いですが、「ほかに決めました」ということでそれ以上の売り込みを避けることが出来ます。

 

・なぜ違うところに決めたのか、の具体的な内容を伝える

アフターサービスが充実していた、出してもらったデザインが一番ぴったりだった、など具体的な内容があれば伝えましょう。

ただし、営業さんと合わないなど悪口・批判になりそうなことは控えておくべきです。

もし具体的な理由がないのであれば、「知り合いが以前頼んだ会社にお願いすることになった」など、営業さんにはどうすることもできない理由で断ると、営業さんも会社の上司に報告がしやすいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

見積もりを複数の会社にする、ということは、少なくとも1社以外はお断りをしないといけません。

 

見積もりを取ってその作業をしてくれた時間は、業者の利益にはならない時間となってしまうのです。

 

見積もりを依頼した客の立場から出来ることは、

 

・見積もりをしてくれたことへのお礼を伝える

・断るのであれば、出来るだけ早く断る

の2つでしょう。

 

見積もりと自分の条件が合わないのであれば、そのことをしっかり伝えて、断れば、問題ないです。

 

逆に、他に決めようとしているのに、

「価格をもうちょっと下げてもらえれば・・・」

「ここを直してもらえれば・・・」

 

などと条件を出しておいて断るのは、相手の時間を必要以上に使ってしまうことになるので、やめておきましょう。

 

あつし
営業さんは「断られるのも仕事」だから、あんまり深く考える必要はないけど

礼儀として、断るなら早くしっかりと断ることだね!

 

はるこ
そうね。

もしそういう機会があったら・・・そうするわね!

(あっくんに頼めばなんとかしてくれるわ♪)

 

あつし
母さん・・・

僕に頼もうとしてるでしょ?

 

はるこ
え!?

そんなことないわよ~

しっかり断ればいいのよね!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です