リフォームの見積もり期間ってどのくらい日数のかかるものなの?

家のリフォーム工事は突然起きるものです。

家が古くなって修理が必要になったり、生活の仕方が変わったり、あるいは自然災害にあったり予想外な出来事はたくさんありますよね…。

急いでリフォームの工事を進めてもらいたい!でも、まずは見積もりを取らなければいけません。

そもそもリフォームの見積もりってどれくらいかかるんでしょうか?

「急いで頼んだのに、返事がまだ来ない!」ってなるのはちょっと焦りますよね。

はるこ

家のリフォーム工事ってあんまり経験しないことなので、頼んだ見積もりの返事がこないと、いつまで待っていいのかわからないものですね。催促するのもなんだし…。

あつし

でも、そうこうしているうちにあっという間に日は過ぎて、工期が間に合わなくなったりしては大変です。

はるこ

例えばお嫁さんが突然一緒に住むことになって、引越しの準備も整ったのに、引越しの日までに工事が終わっていなければ、皆さん困りますよね…。

あつし

いつか来るかもしれないそんな日のために見積もり期間について調べてみました。

最低でも1ヶ月は待ってみましょう

見積もりの期間は工事の大きさに比較して長くなります。

もし大掛かりな工事をするのなら、1ヶ月は待ってみましょう

工事の内容を打ち合わせして、家の状況も調査していったのにどうしてそんなに時間がかかるのか不思議ですよね?

担当の方は工事の内容の打ち合わせをした後、必要な工事を割り出し、材料や工程を考えていきます。

職人さんとの打ち合わせ、必要な工事の相見積もりを比較検討、工事の内容が複雑であればあるほど材料や工程は増え、職人さんの確保など、段取りは増えて行きます。

あつし

ただし、浴槽、シンク、便器など住宅設備の取り替え工事は簡単なものなら数日で見積もりが仕上がるのが普通です。

一度リフォーム業者に連絡を入れてみましょう

大切な家の工事。希望通りの要望で、指定した期間内に仕上げたいものです。

ですから、もしも見積もりが遅いと感じた場合は一度連絡してみましょう。

もしかしたら…
  • 人間ですもの…もしかしたら単純に忘れているのかもしれません。
  • 残念ながら、「後回し」にされている可能性もあります。
  • 商売ですから、もっと儲けのある仕事を優先させてしまっているのかもしれません。

どちらにしろ、問い合わせを入れた時の対応で相手の人となりがわかります。

見積もり段階で対応が悪いなら、そういう会社なのかもしれません。

相手に悪気はなくても、もしも割りのいい仕事を優先しているなら、工事中も工事の後も大切にしてもらえない可能性もあります。

リフォーム工事は完工で終わるわけではありません。

希望と違っていた場合は対応してもらわなければいけませんし、古い家の場合は今後もっとリフォームしてもらう必要もあるかもしれません。

相手を見極めるいい機会です。一度問い合わせてみましょう。

はるこ

直接話してみると相手がどういう人かわかることってありますよね。

必ず相見積もりをとりましょう

広告やネットの口コミを見て会社を選ぶのもいいですが、知り合いが頼んだ工務店や、知り合いの工務店に頼むこともあるでしょう。

ただし必ず相見積もりをとりましょう

リフォームをする経験に慣れている人は少ないです。

同じ内容の工事を何度も繰り返すことはまずありません。

思っていたイメージと違っているように感じてリフォーム後の仕上がりが気に入らないことになる可能性もあります。

リフォーム工事は決してお安い金額ではできません。

見ず知らずの人に相談するのも怖くて、知人に頼むこともあることでしょう。

知り合いに頼むと良かれと思って「これは直した方がいい」と新たな工事の提案してくれることもあります。

けれど本当にその工事が必要なのか、適正価格なのか、調べるのは難しいものです。

リフォーム工事は金額がかかるものなので、何がいいか見極めたいし、より良い会社に頼みたいところです。

専門家の意見をいくつか聞く方がいいです。

そのためにも相見積もりを取ってみましょう。

リフォームともなると床や壁を剥がしてびっくり。シロアリなどの被害もあって事情が変わることもあります。

あつし

数社見積もりをしてもらって、専門家の意見を聞くのはとても参考になるものですし、リフォームするのに相見積もりを取るのはよくあることです。「決めた業者以外は断らないと悪いのではないか」などと思わずに数社に見積もりを頼んでみましょう。

よろしければこちらの記事も参考になさってください。

事前に見積もりがいつできるのか聞いておきましょう

はじめに見積もりの予定を聞いておくと、安心して待つことができますし、その頃になると堂々と催促することができます。

聞きそびれてなんとなく待っている状態でも、一度連絡を入れて、いつ頃できるのか聞いてみましょう

ズルズル返事が遅れる場合は、その時点で断ってしまってもいいでしょう。

はるこ

古い人間だからかしら?断ると悪いと思っちゃうのよね。

あつし

業界的に相見積もりは当たり前のことなので、気にやむほどのことではないんだよ。

だいたい1ヶ月待つのは当たり前のことだけど、無駄に待たないためのポイントをまとめてみました。

リフォームの見積もり期間を無駄に待たない4つのポイント

見積もり期間を無駄に待たないためには
  1. まず数社に相見積もりを依頼する。
  2. どれくらいで見積もりができるのか確認する。
  3. いつ頃できるのか気になるようなら連絡を入れる。
  4. 対応の仕方で会社の体質を見極める。
あつし

ただし見積もり期間が短くて出すのが「早い」こと「安い」ことが良い会社というわけではありません。

はるこ

普通の人間関係と同じです。見積もり期間がもし予定より遅くなったとしても、対応が良ければ、工事内容もいい会社であるかもしれません。実際に接することで見極めてみましょう。

見積もりを頼む段階から、家のリフォームは始まっています。

より快適な家になるよう、自分にピッタリ合ったリフォーム会社が見つかるといいですね。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

 

見積を無料でするなら絶対この3社がおすすめです!

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心
リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり
リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり
タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です