家のリフォーム、見積もりには何日かかる?返事がない時はどうする?

慣れないことをした時って、

●あ!言わなきゃいけないことを言い忘れた!

●あ!やらなきゃいけないことをやってない!!

なんてことありますよね・・・。

 

見積もりを依頼した時にも同じような経験ありませんか?

「あ!見積もりをいつまでに欲しい」と言うのを忘れた!!!

なんてこと。

 

大きい買い物をしようと決めて、見積もりを依頼したのはいいけど、内容を伝えることに精一杯で、見積もりがいつまでに出来るかを聞き忘れる・・・

 

きっと僕だけじゃないと思います。(きっとそうですよね???)

今回は人生で一番と言ってもいいくらいの大きい買い物。

 

●家のリフォームの見積もりは一体どれくらいで来るのが普通なの?

●見積りが遅い時はどうしたらいいか?

をお伝えしたいと思います。

 

見積もりの平均日数はどれくらい?

はるこ
見積もりはどれくらいで出してくれるのが普通なのかしら?

 

あつし
そうだなぁ。

場所とか広さにもよるから、1ヶ所のリフォームなら数日だし、大がかりなものになると1か月かな。

 

1ヶ所のみのリフォームの場合

リフォームする場所がお風呂のみ、キッチンのみ、窓のみなど1ヶ所、1種類の場合は、1週間が目安です

早ければ、数日で見積もりを出してくれる場合もあります。

壁の材質にこだわりがあったり、珍しいシンクを取り付けたいなどの特別な依頼がない場合は1週間以内に提出してくれるのが普通です。

 

大規模リフォームの場合

大規模リフォームの場合は、目安としては1週間~3週間ほどですが、1か月を見ておくくらいが良いと思います。

工事内容が大規模であればあるほど、他の工事も一緒にしなければいけないので、別の業者にも見積もりを依頼することになります。

その出てきた見積もりを合わせて、施主に見積もりを出すことになるので、1か月間程度は見ておきましょう。

 

あつし
例えば、キッチンをリフォームするってなったら、シンク一式の見積もりや壁紙も決めないといけなくなるし、配管や配線も関係してくるよね。

依頼するリフォーム業者が自分のところで出来る範囲は決まってるから、出来ない部分は他に頼むことになるんだよ

 

はるこ
そうなると、別の会社から見積もりが出てくるのに1週間くらいはかかってくるのね!

 

あつし
そういうこと!!

 

早いのが良いワケではない!見積りはここをチェック!

見積もりを他の業者より早く出してきてくれたからと言って、その点だけで決めてしまうのはやめておきましょう。

リフォームには「正確さ」「丁寧さ」も必要になってくるからです。

見積りを見るにあたって、チェックしておきたいポイントをまとめてみました!

 

1. 工事期間が明記されていない

工事期間がはっきりと書いていない場合は、工事を先延ばしにされたり、長期間工事をし続けていたリというトラブルになりかねません。

 

2.支払条件が不明

支払いをいつするのか、いくら払うのか、を確認しましょう。

全額前払いしてしまうと、工事の途中で業者が倒産してしまったら返金されない場合がありますので注意が必要です。

大規模な工事になればなるほど、3,4回に分割してお支払いすることが多いです。

 

3.工事内容が不明確

○○工事一式となっていると、明細がよく分からないですよね。

工事中や工事後に問い合わせても、ごまかされてしまう場合があります。

 

4.単価・工事範囲の記載があいまい

3の工事内容にもつながりますが、細かい工事内容とその単価をしっかり確認しましょう。

どんな材料をどれくらい使うのか、その単価はいくらなのか、そこまで書いてある見積書であれば安心できますね!

 

5.二重計上されている

二重計上とは同じような内容で、同じ金額が2回入ってしまっていることを言います。

家の見積もりは色々な項目があるので、業者側がミスをしている可能性もあります。

疑問に思ったところがあれば、質問してみましょう!

 

6.保証期間・内容が記載されていない

リフォーム業界は、残念ながら悪徳業者も存在しています。

工事後の保証についての記載があるかを確認しましょう。

ない場合は確認が必要です。

 

7.値引きの根拠が不明確

悪徳業者は先に高い金額を提示して、そこから値引きしてお得感を感じさせて契約に結び付ける場合があります。

例えば、100万円の工事が50万円引きで元々の見積りの半額になっている。

そんな大幅値引きだったら、「もともと提示している100万円の根拠ってなんなの?」って思っちゃいますよね。

一見お得に見えますが、通常の範囲内の値引きか、他社の見積書とも比較して検討しましょう。

 

8.見積書に承諾欄等がある

基本的に見積書にはサインをする場所はありません。

承諾の署名をする場所があって、サインを求められた場合は、まず断りましょう

そのサインが契約したものとみなされる場合があります。

 

はるこ
いくら見積もりを早く出してきてくれても、適当な見積もりだと困るわね。

 

あつし
そうなんだよ。

見積もりを頼んだ側は、詳しいことは分からないんだから、内容や金額について、丁寧に答えてくれる業者が安心だよね。

 

この他にも、見積もりの見方にはコツがあることを知っていますか?

チェックするべきポイントをこちらにまとめてあります!

リフォームの見積書には見方のコツがある!惑わされない方法教えます

2019年2月16日

 

そして相見積もりを取る時は実は暗黙のルールがあります。

知らない間にマナー違反をしちゃってるかも!?

心配な方は、相見積もりを取る場合は一度こちらを読んでみて下さいね。

リフォーム見積もりはルールを守って成功する?!相見積もりのタブー

2019年3月10日

 

見積りが遅い!こちらから催促しても大丈夫?

複数の会社に見積もり依頼して、1つの会社だけ見積もりが遅い・・・

他の見積もりと比べたいのに、見積もりが出てこないと決められませんよね。

見積もりを出してもらった会社には返事をしないといけないし、モヤモヤした時間を過ごすことも少なくありません。

 

そんな時は、遠慮なく催促しましょう。

その時の対応も、業者を決めるポイントになりますよね。

 

あつし
業者さんにも、それぞれ事情はあるだろうから、見積もりが遅いってだけで判断するよりは、「見積もりが遅いです」って伝えた時の反応の方が大事なんじゃないかな?

 

あつし
そこで「自分は悪くない」とか「今やってるところです!!」って言い方されたら、信頼できる業者ではないって感じちゃうよね。

 

はるこ
そうよね~。

親身になって話を聞いてくれる人の方が少々高くても頼みたくなるわ。

 

それでも遅い時は

 

1か月過ぎて催促しても対応が悪い・・・

催促した後も連絡してこない・・・

 

そんな業者さんは不安ですよね・・・。

そんな会社はこちらから断る勇気も必要です。

 

サービスが悪い業者に工事を依頼しても、何かあった時の対応が遅かったり、アフターフォローも満足できるものにはならないでしょう。

 

あつし
他の会社から見積もりが出てきて、理想にぴったりだったので、そちらに決めました!

ってこっちからハッキリ言ってしまう方が、良いかもしれないね。

 

はるこ
それは分かってるんだけど、でも連絡するの、気が引けるわ・・・

 

あつし
気持ちは分かるけど、後で「見積もり出来ました」って会うことになる方が嫌じゃないかな?

 

はるこ
それもそうね・・・。相手の時間も無駄にしちゃうし、申し訳ないわよね。

 

 

出てきた見積もりが想像以上に高かった!

断りたいけど・・・そんな方はこちらの記事もご覧ください。

リフォームの見積もりが高い!?どんな断り方をすればうまく断れる?

2019年4月16日

 

 

まとめ

 

家のリフォームは数十万から数百万と大きい金額の買い物になります。

 

その金額分の仕事をきっちりしようという気持ちのある営業さん、業者が良いですよね!

 

また見積もりを出してもらって、一つの業者に決めたからと言ってすぐに工事が始まる訳でもありません。

 

材料の手配、職人の手配などがあるからです。

 

リフォーム工事を検討している方は、時間にゆとりを持って依頼しましょう。

 

はるこ
そもそもあっくんが、いつまでに見積もりできますか?って聞けば済む話よね!!

 

あつし
いやいや、僕が忘れてても母さんが横から言ってくれたら・・・

 

はるこ
あ、ちょっと曇ってきたわね。

お母さん洗濯物しまわなきゃ!あー忙しい忙しい!

 

あつし
・・・

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です