トイレのリフォーム費用の平均はいくら?リフォーム内容別に紹介

 

トイレってプライベートな空間の一つですよね。

 

プライベートな空間だからこそ、リラックスできる快適な空間にしたいですよね。

 

しかし、トイレが狭くて窮屈だったり、寒かったり、収納スペースがなくて散らかっていたりすると落ち着いて用を足せません。

 

そんな時に、トイレのリフォームを考える方は多いと思います。

 

でも、トイレのリフォームってどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

そこで今回は、トイレのリフォーム費用をリフォーム内容別にまとめました。

 

また、費用を安くするコツについても調べましたのでご紹介します。

 

トイレリフォームの費用相場はどれくらい?

引用: リショップナビ (※2017年6月時点集計データ)

 

トイレのリフォーム相場はリフォーム内容によって様々です。

 

小規模なリフォームであれば20万以内で抑えられますが、大規模なリフォームとなると100万円を超えることもあります。

 

トイレリフォームにかける費用は、21万円〜50万円あたりが平均といえるでしょう。

 

あつし
トイレのリフォームをするのに、20万円かからないものから100万円超えるものまで幅広いんだね

 

マンションと戸建てだと費用にも大きな差が出てきます。

 

マンションにお住まいの方はこちらの記事も参考にしてください。

 

トイレのリフォーム!その費用・マンションでも大丈夫?

2018年12月16日

 

トイレリフォームの平均費用!内容別に紹介

 

トイレのリフォームといっても、手洗い器の設置、和式トイレから洋式トイレへの変更などの大規模なものから、床の張替え、暖房温水洗浄機の取り付けなどの小規模のものまで様々です。

 

リフォーム内容によってどれくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。

 

手すりの設置

手すりの価格は、1万〜3万ほどかかります。

 

工事費用も1万5000円〜3万円ほどかかるので、トータルで3万円〜6万円は見ておいた方が良いでしょう。

 

あつし
手すり設置費用って意外と高くないんだね

 

はるこ
敏子おばさんが最近足腰悪くなってきたって言っていたのよね~!値段の負担もそんなにないから勧めてみようかしら。

 

コンセント増設設置

トイレにウォシュレットを設置したい場合にはコンセントが必要になリます。

 

コンセントの増設費用は2万円〜5万円が相場です。

 

また、差込口を増やすだけの場合だと1万円程度で済みます。

 

トイレ床のリフォーム

費用は、トイレの床の広さや床材によって変わってきます。

 

費用の目安は下記になります。

 

トイレの床のみリフォーム費用

引用 : リフォームガイド

 

暖房温水洗浄便座

暖房温水洗浄便座は1万円〜5万円程度で買うことができます。

 

工事費用は1万円前後ですので、安くて2万円〜リフォームすることができます。

 

古いタイプの便座を取り替えると、別途3000円ほど費用がかかる場合があるようです。

 

タンクレス便器

タンクレストイレとは、貯水タンクのないトイレです。

 

タンクがない分スペースが空くのでトイレを広々と使うことができるのが特徴です。

 

和式と洋式で工事費用が異なります。

 

特に和式トイレだと工事が大規模になるので洋式に比べて費用が大きくなります。

 

  洋式 和式
費用 10万円〜15万円 20万円〜30万円

 

手洗いカウンター取り付け

手洗いカウンターは、小さなお子様からお年寄りまで使いやすく、衛生的に良いことから人気です。

 

工事費は、手洗い器のタイプや仕様によって異なります。

 

ブラケットタイプの手洗い器

引用: toolbox

 

ブラケットタイプの手洗い器の工事費用

手洗い器本体価格 : 4万円〜

工事費 : 6万円〜

合計 : 10万円〜

 

カウンター付きブラケットタイプの手洗い器

引用: toolbox

 

カウンター付きブラケットタイプの手洗い器の工事費用

手洗い器本体価格 : 6万円〜

工事費 : 6万円〜

合計 : 12万円〜

 

単体タイプキャビネット付き手洗い器

引用 : TOTO

 

単体タイプキャビネット付き手洗い器の工事費用

手洗い器本体価格 : 8万円〜

工事費 : 10万円〜

合計 : 18万円〜

 

和式トイレから洋式トイレに変更

和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合「便器の本体価格」「改築取付工事費」「内装工事費」の3つの費用がかかります。

 

改装取付工事費は、新しい便器を設置するための費用のことで、15万から25万位費用がかかります。

 

内装工事費は、洋式トイレに合わせた床、壁、天井にリフォームする費用のことで3万から4万位費用がかかります。

 

便器の値段にもよりますが、トータルで30万円〜50万円くらいはみておいた方が良いでしょう。

 

トイレを和式から洋式に変更する際の費用については、こちらの記事でまとめてありますので併せてどうぞ。

 

トイレのリフォーム!費用はおいくら?和式から洋式へ変更したい!!

2019年1月16日

 

トイレリフォームの費用を安くするコツ

 

はるこ
なんだかトイレリフォームって色々やるとお金がすごくかかるわね、、、

 

あつし
確かにね。でも工夫をすればリフォーム費用を安く抑えることができるみたいだよ

 

製品のグレードを落とす

大規模な工事となると工事費用だけでも大きなお金がかかってしまいます。

 

お金に余裕がない場合は製品のグレードを落としましょう。

 

快適だからといってあれもこれもと便利な機能のついた製品を買いがちですが、意外と後になって「別にいらなかったな」と思うことも多いのです。

 

なので、必要最低限の機能がついた製品にすると出費を抑えることができます。

 

また、安い製品でも良質なものもたくさんあるので、安いから「すぐ壊れるんではないか」と心配して高いものを無理に買う必要はないです。

 

トイレリフォームに強い会社を選ぶ

トイレリフォームに特化した会社だと安くリフォームができる可能性があります。

 

なぜなら、トイレのリフォームに特化しているので、トイレ製品や部品を安く仕入れることができるからです。

 

複数の業者で相見積もりをする

同じ製品でリフォームした場合でも業者によって全然違う金額になることが多いです。

 

複数の業者に相見積もりをして一番安いところでお願いするのが良いでしょう。

 

相見積もりは無料ですので気軽に相談してみましょう。

 

DIYでコストを抑える

業者にお願いするのではなく、自分でリフォームをしてしまうという方法もあります。

 

これが一番安く費用を抑えることができます。

 

手すり設置や床の張替えなど比較的簡単に行えるものであれば、自分でやるのもありだと思います。

 

しかし、サイズが合わなかったり、失敗すると取り返しのつかないことが起こる場合も考えられますので覚悟しておきましょう。

 

トイレのdiyについてもっと詳しく盛り下げた記事がこちらになリます。

 

トイレリフォーム!おしゃれDIYと業者のおすすめ実例をご紹介!

2018年12月21日

 

トイレのリフォーム費用の平均はいくら?リフォーム内容別に紹介・まとめ

  • 21万から50万以内でリフォームしている人が一番多い
  • 工夫をすればリフォーム費用を安く抑えることができる

 

今回は、施工事例別の費用の平均と費用を安く抑えるコツを紹介しました。

 

トイレリフォームといってもリフォーム内容によって金額は全然違いましたね。

 

あまりリフォームの要望が多すぎると軽く100万円は超えてきそうです。

 

費用を安く抑えるには、必要最低限のリフォームを行うこと、相見積もりやトイレリフォームに強い会社を選んだりして工夫することが大切です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

あつし
トイレのリフォームが得意な優良リフォーム業者に相談してみたい方はこちらをどうぞ。

僕も独り暮らしの母の実家のリフォームでリショップナビにお世話になりましたが、コンシュルジュがすごく丁寧な対応をしてくれました♪

無用な電話は一切なく、メールでのやりとりで対応可能です。

 

便座が温かくなり快適になったトイレ

 

実際の受信メールの様子

 

\毎日トイレが綺麗と気持ちいい♪/

 

リショップナビの評判・口コミについて詳しく知りたい方はこちらから

業界屈指の見積サイト「リショップナビ」の評判・口コミ徹底調査!

2019年3月6日

 

 

 

 

 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です