カーテンレールが天井に!?天井付けカーテンのリフォームはいかが?

 

ちょっとしたリフォームで部屋を広くしたり、雰囲気を変えてみたい。

 

果たしてそんな便利リフォームってあるのでしょうか?

 

実はあるんです。

 

それはカーテンのリフォームです。

 

コストもそこまでかからず、やろうと思えばDIYでも可能です。

 

もちろんただカーテンを変えるだけではお部屋を広くするなんてことはできません。

 

しかし、カーテンレールの取り付け場所を変えるなどすれば、広く見せることも可能なんです。

 

今回はカーテンリフォームで部屋を広く見せるための方法の一つ、天井付けのカーテンのリフォームについてまとめました。

 

ご興味がありましたら最後までお付き合いください。

 

そもそも天井付けのカーテンって何?

 

まずは天井付けのカーテンってみなさんは聞いたこと、見たことがありますでしょうか?

 

天井付けとはカーテンの取り付け位置を天井や、窓枠の中に設置されているカーテンになります。

 

通常のカーテンに比べ、カーテンレールの幅を取らないため、部屋を広く見せることができたり、遮光性を高めるなどさまざまなメリットあります。

 

最近ではマンションでもこの天井付けをベースにされているマンションが増えてきてるそうです。

 

はるこ
天井付けのカーテンって確か前にも少しまとめたわよね!

確かブラケットとかの説明もしてたわよね。

 

あつし
そう!さすが母さんよく覚えているね!

だから今回は少し細かな説明はカットするよ!もし忘れているなら前の記事をチェックしてね。

 

こちらが前回まとめた天井付けのカーテンについての記事です。

併せてお読みください。

カーテンレールを天井に取り付けよう!位置はどのあたり?

2019年3月13日

 

はるこ

確かカーテンレールの取り付けの種類には前面付けと天井付けの二つがあるのだったっけ?

いろんなタイプの天井付けをインスタで確認したわね!

 

あつし
母さん本当によく覚えているね!

ほかにも天井型にはカーテンボックスを使って取り付けられる場合や直接天井に取り付ける場合もあるってまとめたね!

 

はるこ
そう考えるともうほとんどまとめちゃったじゃない?今回はどんなことをまとめるの?

 

あつし
前回は実際に天井付けする際の流れとか費用とかはまとめ切れてなかったんだ。

だから今回は費用とか実際どうすればいいかとかのざっくりとした実施編って感じかな?

 

カーテンレールの天井付けリフォームをするには?

 

では早速カーテンレールを天井付けにするにはどうすればいいか確認していきましょう。

 

実はカーテンレールのリフォームではDIYのアイテムがとても豊富にあり、自分でリフォームするにもお手頃なDIYの一つです。

 

そのため、カーテンのリフォームをDIYでやってしまうのも一つの手でしょう。

 

カーテンレール、ブラケットも様々なものが販売されているため、自分の好みに合ったもの選べたり、自分のオリジナリティーもDIYだと表現できますね。

 

もちろん業者でもカーテンレールのリフォームを取り扱っている所も多いです。

 

DIYはちょっと・・・。という方も業者に依頼すれば問題なくリフォームすることができます。

 

はるこ
でも業者に依頼すると結構お高いじゃないの?やっぱりあっくんがやるのが一番よ!そうね。カーテンレールはやっぱり装飾物の・・・。

 

あつし
ちょっと待って!いつの間に家のカーテンをリフォームする予定に!?まぁそれは置いておいて・・・。実はそれが業者に頼んでもカーテンリフォームはそこまで高くないんだ。

 

カーテンリフォームの業者はそこまで高くない?

実はカーテンのリフォーム費用はそこまで高くなく平均的に2~6万円(材料費込み)です。

 

もちろんカーテンリフォームの種類にもよりますが、交換する素材も用意済みであればかなり少ない費用でリフォームできます。

 

しかし、広い面積での交換や、天井付けの特殊なケースの場合、平均費用が倍ほどの6~12万円となるケースもあります。

 

はるこ
えー。じゃ今回の天井付けを依頼すると結局結構かかるってことじゃない。

 

あつし
母さん!僕は特殊なケースの場合って言ったよね!特に問題のない天井付けの場合はそこまでかからないよ。

 

はるこ
じゃ特殊なケースってなんなの?・・・・・わかったわ!リモコンとかで電気で動くカーテンね!

 

費用が高くなるカーテンリフォームとは?

もちろん母さんが言っているようにカーテンに電気的な仕掛けを付ければ高くなると思いますが、僕が伝えたいのはそれではありません!

 

ではちゃんとしたカーテンリフォームで費用が高くなる特殊ケースを確認していきましょう。

 

・天井付けにする場合、埋め込み型のカーテンボックスを新規で作る。

引用:NEGAMI

 

やはり現在の天井に追加で工事をする場合は、費用が多くかかる可能性が高いです。

 

埋め込み型などは大きな規模でリフォームをする際に設置するケースが多く、ちょっとしたリフォームで設置するには厳しいかもしれません。

 

・かなり面積の広いカーテンを設置する。

引用:LIXIL TOSTEM

 

最近では大きな窓を設置した家が人気になっている傾向があります。大きな窓にすることによって日差しが入りやすく、解放感もとてもよくなります。

 

しかし、それに合わせた大きいカーテンになってくると特注になってくるケースも多くカーテンレールの設置する位置が高いほど、難易度が上がりますので費用が高くなります。

 

・カーブなど特殊な形のカーテンリフォーム。

引用:建材ダイジェスト

 

家の構造上、窓などが曲がっている特殊なケースなどもあります。最近ではコーナー型のカーテンレールも増えていますが、やはり費用が高くなるケースが多いでしょう。

 

あつし
よく言ってると思うけど、リフォームするにあたっては現状がどのようになっているかチェックすることが重要、だからリフォームする前にしっかりと確認して考えることが大事だね!

 

DIYだとどれくらいのリフォーム費用が必要?

では次にDIYの場合のケースを考えてみましょう。上記で説明したようにカーテンリフォームのDIYのアイテムはたくさんあります。

 

その中でも最低限必要な物を確認していきましょう!

 

天井付けカーテンリフォームで必要な物

・ブラケット

・カーテンレール

・カーテン

(・カーテンレールカバー)   etc.

天井付けだからと言って、通常のカーテンと大きく変わるわけではございません。

 

しかし、ブラケットやカーテンレールは天井付けの専用タイプが必要です。

 

合わせてカーテンも通常のカーテンに比べて少し長めのものが必要になってくることが多いです。

 

では各部材がどれくらいかかるのか確認していきましょう。

 

・ブラケット

ブラケットとはカーテンレールを固定するための部材です。

引用:楽天市場

 

カーテンレール 部品 トーソー 《リフレ 天井付けダブルブラケット》1個入り / カーテン レール 窓 シンプル モダン 出窓 TOSO

価格:198円(税込み)

 

・カーテンレール

カーテンを吊るすためのレールになります。

引用:楽天市場

 

ファンティアフィル キャップストップセット 3.00m シングル天井付けブラケット5個付き タチカワ

価格:2976円(税込み)

 

・カーテン

引用:楽天市場

 

お買得!遮光カーテンベルーナ ノアン インテリア

価格:2189円(税込み)

 

こちらの三点であれば合計で約5000円ほどで収まります。

 

やはりDIYだと費用の削減になると思います。しかしこちらの三点はできるだけコストの低いものチョイスしました。

 

機能性や好みで選ぶ場合はもう少し費用が高くなることもあると思います。

 

だからと言って、かなりの高額なるわけではないので、自分の好みでどんどんオリジナリティーを出していきましょう!

 

カーテンレールカバーについてはこちらの記事でまとめております。

併せてお読みください。

カーテンレールの種類!ダブルVSシングルどちらがおすすめ?

2019年2月18日

 

カーテンの選び方についてはこちらでもまとめております。

併せてお読みください。

カーテンの正しい選び方!おしゃれでモダンなリビングにするには?

2019年3月19日

 

はるこ

やっぱりDIYでするのがいいかもね!簡単な方なんでしょ?あっくん!お願いね!

 

あつし
やっぱりうちのカーテンもリフォームする方針なの!?うーん。まぁまた機会があったらね・・・・。

 

天井付けカーテンリフォームのまとめ

・天井付けカーテンとはカーテンの取り付け位置を天井や、窓枠の中に設置されているカーテンのこと。

・カーテンのリフォームはDIYでも比較的簡単で業者に依頼することも可能!

・カーテンリフォームでは業者に依頼すると大体平均2~6万円(材料費込み)

・DIYだとさらにコストの削減することが可能!

・種類も豊富にあるので自分の好みにアレンジしやすい!

 

ほかにもカーテンのリフォームに関する記事もまとめています。

 

良かったらよろしくお願いします。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です