古民家の窓をリフォームするなら窓を二重にしてみませんか?

 

瓦の屋根に、木の枠で小さく区切られた広い窓

日の光が入る窓辺に寄って、手作業をして過ごす…

素敵な生活ですね。

 

ただ、古民家の冬は寒いです。

夜には、雨戸と窓を閉めていても隙間風が吹きます。

 

窓枠とサン、サンとガラスの間に隙間があり、その上窓の面積が広いのですから。

 

サッシの窓に変える方法もありますが、ちょっと待って!

風情も残しながら、寒さも防ぐ方法があります。

 

はるこ
あつし、昔のおばあちゃんち覚えてる?

 

あつし
家の中も庭も広くて、一日中遊べた。楽しかったなあ。

 

はるこ
そうね、でも夜になると窓がガタガタいって怖いって泣いてたのよ。

 

あつし
何となく覚えてるよ。僕だけ慣れてなかったからね。

 

古民家の窓をリフォームするなら窓を二重にして断熱効果を!

 

古民家に住んでいて、隙間風が気になる時、まず思いつくのは窓をアルミサッシに変えることだと思います。

しかし、瓦の屋根によく馴染んだ木製の壁、壁と同じ木製の枠のあるガラス窓を銀色のサッシにしてしまうのには抵抗のある方も多いと思います。

サッシの色を濃い色にすれば目立たなくはなりますが、それでも独特のハードな感じは気になります。

窓を二重にすると、外見も変えずに費用も抑えられ、断熱効果が高まります。

引用:teru

 

8㎝の幅があれば、引き違いタイプの二重窓の取り付けが可能です。

新しい窓を外側に取り付けるか、内側に取り付けるかは、元々の窓の形状と、どちらの見た目を重要視するかによって決められます。

 

二重窓のフレームは樹脂製がお勧めです

樹脂はアルミに比べて熱伝導率が1000分の1ほどなので、断熱という目的で有効です。

樹脂製ではプラマードUがお勧めです。

引用:YKKap

 

ガラスの種類が4種類から選べます。

  • 単板ガラス
  • 複層ガラス
  • 断熱複層ガラス
  • 遮熱複層ガラス

 

フレームは硬質な樹脂製で傷がつきにくく、滑らかで汚れも落ちやすい材質です。

色も5色から選べます。

木目の物はツヤを抑えた、木に近い質感です。

  • 木目クリア
  • 木目ナチュラル
  • ダークブラウン
  • グレイ
  • ホワイト
 

二重窓のフレーム素材としては木製もお勧めです

サッシ価格は少し高くなりますが、熱伝導率はさらに低く手触りや見た目の優しさは捨てがたいですね。

MOKUサッシがお勧めです。

引用:WOOD ONE

 

ガラスは2種類から選べます。

  • 単板ガラス
  • 複層ガラス

 

フレームはニュージーランド産のパイン材を使用、木目を活かして手触りも良く仕上げられています。

色は3種類から選べます。

  • ナチュラル
  • ホワイト
  • ミディアム

 

ブラインドイン複層ガラスという物もあります

ブラインドイン複層ガラスとは、二枚のガラスの中にブラインドが入っていて、窓枠に付いているスイッチでブラインドの開け閉めができるものです。

引用:LIXIL

 

ブラインド特有の面倒な掃除もなく、折れてしまうトラブルもない優れものです。

 

通販なら数万円で取り寄せることができるものもありますが、特に古民家の大きな窓では専門家に頼むのが良いでしょう。

古民家の中でも比較的新しい物件や、小さな窓に関しては、DIYで二重窓に取り組んでみるのもいいかもしれませんね。

 

古民家の窓リフォームで窓を二重にするメリットはこんなにも!

 

窓をサッシに入れ替える代わりに、窓を二重に取り付けると断熱性に優れた効果があることの他に次のようなことが期待できます。

  • 防音効果
  • 防犯効果
  • 費用を抑える
  • 施工時間を抑える

 

特に一階の窓の面積が広い古民家では、窓に防犯の意識は欠かせませんね。

 

古民家の窓のリフォームに取り掛かる前に調べておきたいこと

 

古民家の窓を二重にすれば、比較的簡単に断熱効果が得られますが、一つ気になることがあります。

極端に窓に隙間が多い場合、窓枠自体がゆがんでいる可能性があります。

そうなると内窓を取り付ける際にも既製のものでは合わないかもしれません。

窓枠が歪んでいるということは、壁や柱、床下の土台の部分に問題があることも考えられます。

心当たりがある場合は古民家に精通した施工業者に見てもらうべきでしょう。

古民家にお住いの方にも、その土地でずっと住んでこられた方と、何らかの事情や好みで住み替えられた方など、それぞれに状況があると思います。

考え方も大きく違うことでしょう。

できるだけ長く安全に暮らしたいということであれば、大規模な工事が必要になる場合も考えられます。

その時の必要に応じて少しずつ修繕しながら暮らしてゆくのであれば、それほどの工事は要らないでしょう。

暑さ寒さも、不便さも、ゆとりとして捉える考え方もあります。

 

また、施工業者によっても考え方の違いがあるようです。

住人の生活よりも文化資源としての古民家を優先するように感じられる事や、必要以上に作り替えようとするように感じられる事があるかもしれません。

持ち主の気持ちに寄り添ってくれる業者の方に出会い、意思をきちんと伝えたうえで工事をお願いしたいものです。

 

古民家となると色々な箇所の修繕で大規模な工事になることもあり、それなりの費用もかかります。

古民家のご購入をお考えの方は、どのくらいのリフォームが必要になるかも視野に入れて選ぶことをお勧めします。

 

古民家の窓にもう一枚窓を取り付ける提案についてのまとめ

 

古民家の窓は、そのままでは隙間風が入ります。

断熱効果や、防音効果、防犯効果を高めるために窓を二重にする提案をさせて頂きました。

住居は、生活の場であるとともに、常に目にする場所でもあります。

家の窓から、庭や外の風景を見て、くつろいで過ごす。

外から帰った時、窓から漏れる明かりを見てほっと安心したり、誇らしく感じたりする。

そんな場面の一つひとつが、僕たちの幸せを形作っているのだと思います。

 

あなたの窓があなたの幸せの素になることを願います。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

見積を無料でするなら絶対この3社がおすすめです!

■ リショップナビ

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です