リフォームで寝室にクローゼットを作りたい!実例と注意点を解説

 

「家族の衣類の管理が大変!」

「服の収納場所が足りない!」

このように衣類の収納に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

なんとひとりあたりの服の所持枚数は少ない方で30着以上、多い方だと100着以上。

さらに日本は四季の移り変わりがありますので、衣替えという一大イベントが定期的にやってきますね。

シーズンごとの小物なども合わせるさらにアイテム数は増えます。

それが家族の人数分なので大変なのは当然です。

そのため収納術や衣類の畳み方を紹介するサイトがたくさんあり、皆さんも一度は目にしたことがあるかもしれません。

僕の母さんはよくこのように言っています。

はるこ

収納スペース!とにかくたくさんの収納スペースが欲しいのよ〜!

そうなんです。スペースや予算の関係で今ある収納スペースを賢く使うのもひとつの手です。

しかしリフォームでクローゼットを作ってしまえば圧倒的に収納スペースを増やすことが出来ますね!

衣類の管理が今よりラクになること間違いなしです

リフォームで寝室にクローゼットを作ろう

はるこ

そうは言っても新しくクローゼットを作るとなるとスペースが取れるかが心配ね〜

あつし

そう思われがちだけど意外と少ないスペースでも作れるんだ!

近年の住宅は最初からクローゼットがついている部屋が多いですが、全部屋に十分な収納が出来るクローゼットがあるかどうかはわかりません。

家族でそれぞれ一部屋ずつ使う場合、クローゼットがない部屋は不便ですね。

しかしリフォームでクローゼットを作るとなると気になるのはスペースが確保できるかどうかです。

どのくらいのスペースがあればいいの?

最低でどのくらいの広さがあれば作ることが出来るのでしょうか。

例えば人気のウォークインクローゼットの使いやすい大きさは3〜4畳と言われています。

しかしL字に棚を作れば1畳ほどで作ることが出来ます。

引用:rooomclip
はるこ

これなら作れそうね!

また間取りに合わせて扉を選べば少ないスペースでも快適にクローゼットを使うことが出来ます。

下記の図はその扉の例です。

折れ戸物の出し入れがしやすいですが、扉を開けた時のスペースの確保が難しい場合もあります(左)。

間取りによっては開き戸の方が使いやすい場合も(真ん中)。

引き戸扉の前に荷物を置く事も出来き、少ない力で開け閉めできるのも魅力です(右)。

こんな方法もあり!吊り戸棚をクローゼットに

このように吊り戸棚だけが設置されていたスペースを利用してクローゼットを作ってしまうというのも手ですね。

和室はどうしたらいいの?

はるこ

流石に和室にはクローゼットは無理かしら…

ベッドで寝る事が増えたため和室を活用出来ていない方もいるのではないでしょうか。

布団を収納しないのであれば押入れをリフォームしてクローゼットにする方も増えています。

 

引用:Re-create

あつし

棚を撤去してパイプハンガーをつければクローゼットになるよ

押入れはある程度奥行きがあるので大容量のクローゼットを作れます。

寝室のクローゼット!実例を紹介

寝室にクローゼットを作るにはどんなタイプがあるのでしょうか。

持っている衣類の量や間取りによっても変わってきますので、リフォーム前によく検討しましょう。

ファミリークローゼットなのか、それぞれの部屋に一人分収納するのかでも違ってきますね。

色々なタイプのクローゼットを見ていきましょう。

後付けは簡単

一般的にクローゼットのリフォームは押入れからのリフォームで3〜4日、ウォークインクローゼットは3〜7日ほどかかります。

しかし既に完成されたクローゼットを後付けで設置すれば半日で完成します。

引用:dinos
あつし

設置のハードルが低いからいいね!

サイズも豊富なのでスペースに合わせたクローゼットがみつかります。

横長タイプを選べば寝室に仕切りを作る事が出来ます。

書斎や勉強部屋を兼ねた部屋になるので空間を有効に活用できます。

引用:dinos

自分で組み立てが必要なものもありますが、手早く予算を抑えてクローゼットを設置できるところがいいですね。

壁面クローゼット

スッキリ収納できる壁面クローゼット

収納効率も良いので大容量の収納が可能です

このように壁一面を収納にしても扉を閉めてしまえば圧迫感がなく収納できます。

埃が溜まりにくいなどのメリットもあります。

引用:Panasonic

おしゃれな雰囲気になるオープンな壁面クローゼットもいいですね。

扉を開ける一手間がないのでサッと服を掛けられる手軽さがあります。

ただしきちんと収納しないとだらしない印象になってしますので上級者向きです。

引用:Panasonic

ウォークインクローゼット

はるこ

やっぱりウォークインクローゼットって憧れるわね〜

人が入るスペースがあるのがウォークインクローゼットです。

ひとつの部屋のようになっている場合がほとんどで、中でそのまま着替えが出来るのがメリットのひとつです。

また一覧性があるので物を見つけやすい所も良いですね。

引用:Panasonic

内装もL字片面収納コの字などバリエーションが多く、ハンガーや棚の組み合わせなど自由度も高いです。

引用:KAJITANI

クローゼットのリフォームで気をつけたいポイント

リフォームでクローゼットを作る際に注意したいのが湿気です。

密閉された空間に衣類を収納しているので定期的な換気をしましょう。

また外壁に面した場所にクローゼットを設置する場合露が発生しやすいので断熱材を入れるなどの工夫も必要です。

クローゼット用の内壁材もありますのでリフォーム業者に相談してみてくださいね。

オープンクローゼットでも注意が必要!?

締め切っているのが良くないならオープンクローゼットなら湿気はたまらない?と思うかもしれません。

しかしそもそも寝室は湿度が高くなりやすい空間です。

人は寝ているときにコップ一杯分の汗をかくと言われているので、反対に衣類がカビてしまう可能性もあります

リフォームで寝室にクローゼットを作る まとめ

今回はリフォームで寝室にクローゼットを作るためのスペースの確保や実例を紹介しました。

“スペースはこう作る
  • 一畳あれば大丈夫
  • 吊り戸棚をリフォームする
  • 押入れをリフォームする
クローゼットの実例
  • 後付けクローゼット
  • 壁面クローゼット
  • ウォークインクローゼット

やはりクローゼットがあるとグンと収納スペースが増えるので衣類の管理がラクになります。

帽子などの小物やカバンなども収納できるようになると、家全体もスッキリするのでぜひ検討してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

一括見積を【無料】でしたい方はこの会社のどっちかを選んで頂ければ間違いありません!

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり
タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は2,300社以上!厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心
リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

見積依頼をするとまずはコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い2,300社以上の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。リフォーム中に業者が倒産しても前払い金の返還や工事を引き継ぐ業者を紹介する「リフォーム安心保証」も完備!顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA