おしゃれは足元から?床のリフォーム費用と価格相場をまとめました!

この前お風呂に入るときに気づいたのですが、靴下に穴が開いてました。

穴の大きさを見るに結構前から開いていたみたいです。意外と気づかないものですね。(笑)

そういえば子供のころは穴の開いた靴下はありませんでした。そのことを母さんに聞くと、

「それはちゃんと捨ててたからね。だっておしゃれは足元からでしょ!」と言われました。

確かにごもっともだと思いますが、子供ころに穴の開いた靴下をぜんぜん見なかったことを考えると本当にさすがだなと思いました。

「おしゃれは足元から」ということはリフォームでも足元の床は大事なのでしょうね。

でもおしゃれも大事だけど、その前に費用も気になりますね。

せっかくなので床のリフォームの費用や価格相場についてまとめてみました。

ご興味がありましたら、よかったら最後までお読みください。

 

床をリフォームするメリット・タイミング

まずはそもそも床のリフォームって必要なのか?いつ頃床のリフォームするのがベストなのか?床のリフォームのメリットは?を確認していきましょう。

絶対必要なものなの?床のリフォーム!

 

まずこれは最初に言い切ってしまいましょう!「絶対必要です!」と思います。

その理由はわかりますよね。どんなものでも必ず劣化が伴います。

 

あつし
ちなみに母さん。車って作られる際に計算上、ずっと乗れるようにつくられてるのって知ってる?
はるこ
何それ?そんなの聞いたことないはそれにずっと乗れないじゃないの。いろんなところが壊れてきたら買い替え時よ。
あつし
そうだね。でもその壊れたところをちゃんと直していくとかなり長く乗れるんだよ。いまでもとても古い車が走ってるのとかみたことがない?
はるこ
たしかにそれもそうね。大事にしてる人はほんと長くなってるわね。でもその話ってリフォームに関係ある?
あつし
僕は結構、家も車に似てるんじゃないかと思って。

 

家も車と同じようにずっと住めることを計算されて建築されています。

でも長く住めば済むほど、いろんなところが劣化していきます。

それに合わせちゃんと床だけに限らずリフォームしていくことが重要なんです。

家では車とちがい、車検のようなものもなくプロがチェックしてくれる機会もなかなかありません。

法律できめられているわけではありませんからね。

しかし、そういったことからリフォームをすることなく、劣化していることを知らず知らずに住んでいる方が多いのです。

もちろん最初に絶対リフォームは必要!とは言いましたがリフォームせず劣化している家に住んでももちろん構いません。

しかし、それが原因でケガすることもありますし、せっかくの我が家です!

大切に心地よい場所として大事にしていきましょう!

 

床のリフォームどれぐらいのタイミングでリフォームするべき?

 

では床のリフォームではどれぐらいのタイミングでリフォームするのがベストなのでしょうか?

こちらは床の種類によって変わってくることもありますが、基本的には10年~15年の時期にリフォームするのがおすすめですね。

 

ほかにもリフォームするきっかけはいろいろあります。

床リフォームのきっかけ

・大きな傷が目立つようになってきたのでリフォームしたい!

・いつの間にか日光で窓際の床の色が変色してきた。

・歩いた時にゆかが沈む、ギシギシ音がする。

・部屋の雰囲気をガラっと変えたい。

・床が剥がれてきた。      ・・etc.

はるこ
床の傷って本当に知らないうちについているのよね。
あつし
そうだね。母さんこの前もお皿落としてたもんね。
はるこ
そっそうね。これからも気を付けるわ。

 

こちらは前回母さんがお皿を落としたので「キッチンを床タイルにリフォーム」に関してまとめた記事です。よかったら参考にして下さい。

キッチンの床タイルをリフォーム!自分でできるDIY!費用は?

2019年2月12日

 

床のリフォームのメリットは?修復だけではなくおしゃれでもリフォームしよう!

 

ここまでお話してきたのでざっくりとわかると思います。

床のリフォームをすることのメリットは、やはり第一に長く住むためのお家のメンテナンスですね。

ほかにも床は部屋の大半を占めているため、リフォームすると大きく雰囲気も変えることが出ます。

床材によっては様々な効果ありますので、部屋の用途に合わせて、より過ごしやすい空間に変えることができます。

 

はるこ
これまでいろんなところの床のリフォームについて教えてもらったわね。キッチンや洗面所とか。
あつし
そうだね!キッチンとか洗面所は機能性で床材を選ぶのもリフォームのポイントだからね。

床リフォームをするならリフォームする場所をしっかり考えてリフォームするのがおすすめだね。

はるこ
あと別の場所だとやっぱりリビングとかはおしゃれな床にリフォームしたいわね!

おしゃれは足元からって言うじゃない?

あつし
あはは。また言ってるよ。母さんは本当におしゃれを忘れないね。

でもそう考えるとか玄関もおしゃれしないといけないね。玄関はお家の顔だからね。

 

こちらは玄関のリフォームに関する記事です。よかったら参考にしてください。

玄関の床タイルをリフォーム!自分でもできるDIY!費用はいくら?

2018年12月7日

 

どれくらいかかるの?床リフォームの費用・価格相場

では床のリフォームをするにはどれぐらいの費用がかかるのでしょうか?

部屋の種類によって費用もまちまちなので、各部屋でどのくらいなのか価格相場をまとめていきましょう。

場所 料金
居室(リビング・寝室など) 約10万円前後
トイレ 約5万円前後
キッチン 約8万円前後
玄関・廊下 約5万円前後
階段 約9万円前後

平均的な相場はこちらになっておりますが、床のリフォームは床の大きさによって変わってくることが多いのでざっくりとした目安として確認して下さい。

 

では床の大きさの費用も確認していきましょう。

広さ 料金(工賃も含む)
1帖 約2~5万円
4帖 約5~10万円
6帖 約6~14万円
8帖 約8~18万円

広さが大きくなるほど材料費が増えるため料金が上がりますが、広ければ広いほど工賃が下がる可能性も高いですね。

 

次に床材の費用も確認していきましょう。

床材 料金(約6帖)
フローリング 約6~14万円
クッションフロア 約4万~5万5千円
フロアタイル 約5万~6万3千円
畳(新調) 約7~20万円

床材ではリフォームする場所によって適した床を選ぶのがおすすめです。

リフォーム時には高くつくかもしれませんが、適してない床材でリフォームすると劣化しやすいのでご注意しましょう。

 

ほかにも床のリフォームでは重ね張り工法、貼り換え工法、下材の修復が必要とリフォームするときの床の劣化状況でリフォームの内容が変わってきます。

 

このように様々点で費用が変わってきますので、自分が思っていた以上に費用が掛かってくる可能性もあります。

もし本格的に床のリフォームを考えているなら事前に業者に見積もりをしてもらうのがおすすめです!

 

こちらはフローリングの業者に関する記事です!よかったら参考してください

フローリングの傷を直したい!補修業者に頼むと費用はいくら? 

2019年2月25日

 

床リフォームの事例こんなリフォームはいかが?

 

次に各場所の事例をご紹介しますね。よろしければ参考程度にご確認ください。

あつし

こちらの方は床だけではなく壁や天井と合わせて、全体でリフォームされていますね。

床のリフォーム周期と壁や天井のリフォーム周期もよく似ているので合わせてリフォームするの手ですね。

 

あつし
こちらの方は防水面を重視されていて、クッションフロアを利用されてますね。お手入れも楽になる点も考えれば機能性を重視する一つの手ですね。

 

引用:上記すべてリノコ

 

あつし

こちらは畳からフローリングにリフォームされていますね。やはり畳からというのもあり、コストは高めではありますね。

しかし、畳からフローリングに変えると雰囲気もガラッと変わって、新しい部屋みたいな感じがしますね。

 

コストを落としたい人は床のリフォームのDIYもおすすめ!

 

はるこ
やっぱりこう見ると結構なお値段はするわね。コストを抑えるんだったらやっぱりDIYかしら?
あつし
そうだね。これまでDIYに関する記事も多く書いてきたけど、床のリフォームはほかのリフォームに比べると比較的簡単な方だと思うし、僕は結構おすすめだと思うよ!

 

床のリフォームではさきほど説明したと思いますが、床の劣化状況によって施行内容が変わってきます。

例えば、床の劣化も少なく、ガラッと部屋の雰囲気を変えたくてリフォームを考えているなら、おそらく重ね張り工法になると思います。

床材の種類にもよりますが、ほかのリフォームに比べて比較的簡単にDIYできると思います。

DIYではコストを大幅に下げることもできますし、自分の好みにリフォームすることができます。

DIYを初めてする方には少し厳しかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみるのおすすめですよ!

 

こちらは床リフォームのDIYに関する記事です。よかったら参考にして下さい。

意外と簡単!床リフォーム 自分でできる DIY術&費用一挙紹介!

2018年11月9日

 

まとめ

・床のリフォームは必ず必要です!どんなものでも劣化していきます。

・床のリフォームタイミングは基本的には10年~15年の時期を目安に。

・床のリフォームのメリットはやっぱり家のメンテナンス!我が家は大切にしましょう。

・床リフォームの費用は広さ、リフォームする場所、床材の種類、劣化状態で結構変わってくる。

・コストを抑えるのにDIYもおすすめです。比較的簡単。

 

あつし

あー。新しい靴下買いに行かないとな。もしこの靴下はいてるところ母さんに見られたら・・・・。(汗)

よし、間違ってはかないためにちゃんと捨てておこう。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

ほかにも別の場所のリフォーム価格相場もまとめています。良かったらよろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です