リフォームでウッドデッキに屋根をつけよう! 種類や注意点とは?

 

自宅の中でウッドデッキがお気に入りという読者様も多いのではないでしょうか。

 

お天気のいい日は、読書を楽しんだり、優雅にお茶したり、BBQもいいですね!

 

そんな楽しみの広がるウッドデッキですが、作ったのはいいけど、やっぱり屋根があった方がよかった。なんてお悩みの方もいるのではないでしょうか?

 

そんな方は、ウッドデッキに屋根を取り付けるリフォームがおすすめです!

 

今回は、ウッドデッキに屋根をつけることによるメリット・デメリットも合わせて、ウッドデッキの屋根の後付についてをご紹介していきます。

 

ウッドデッキに屋根をつけるメリットとデメリット

 

はるこ
ウッドデッキに屋根がついていれば、雨の日でも洗濯を干せるわね。

 

あつし
そうだね、雨が続く時期なんかは重宝するね。他にもメリットがあるよ。詳しくみていこう!

 

メリット

ガーデニングやバーベキューを楽しむスペースとしても使われるウッドデッキですが、屋根をつけることによってさらにその幅が広がります。

 

ウッドデッキに屋根を付けるメリット
  • ウッドデッキの老化防止
  • 雨・日差しを妨げる
  • 天候に左右されない

 

ウッドデッキに屋根をつけると、このようなメリットが生まれます。

 

【ウッドデッキの劣化を防いでくれる】

ウッドデッキには人工木と天然木の2種類があり、メンテナンスが簡単な人工木が主流になっています。

 

いくら人工木のメンテナンスが簡単といえど、長期間日光や雨にさらされれば劣化の進みも早くなります。

そのため、ウッドデッキに屋根がついていれば、日光や雨が遮られ劣化も遅くなります

 

【雨や日差しを防げる】

ウッドデッキに屋根を取り付けておくと、急な雨で部屋に雨水が吹き込んできて、慌てて窓を閉める必要がありません。

 

直射日光で部屋の中が熱くなることもないので、エアコン代節約にも繋がります。

 

また、真夏にウッドデッキを使用する場合、屋根のついていないウッドデッキの表面はコンクリート同様、裸足で歩くことのできないほどの熱さになります。

ウッドデッキに屋根がついていれば、ウッドデッキが熱くなることなく快適に使用できますよ。

 

【天候に左右されずにウッドデッキを使用できる】

雨の多い時期に外に洗濯物が干せなくて、家の中が洗濯物でいっぱい…。

そんな悩みもウッドデッキに屋根がついていれば解消されます。

 

もちろん、天候に左右されずバーベキューやガーデニングを楽しむこともできます。せっかくの休日なのに雨で予定変更、なんてこともありませんね。

 

デメリット

先ほどはメリットについて説明しましたが、こんなはずじゃなかった!とらないためにも、デメリットについても知っていきましょう。

 

ウッドデッキに屋根を付けるデメリット
  • 強い風や雪の重みに弱い
  • 室内が暗くなる
  • 定期定な掃除が必要

 

強い風や、雪の重みに弱い】

ウッドデッキの屋根には壁がないため、強い風や、雪の重みで壊れやすくなります。

 

風が強い地域や、雪の多い地域では、屋根や柱をしっかりした強度の強い物を選んだり、屋根の種類を吟味する必要がありそうですね。

 

室内が暗くなる】

先ほどメリットとして紹介しましたが、ウッドデッキに屋根を付けると日差しを遮るので、その結果室内には日が入らなくなります。

 

そのため、冬場は日中でも室温が上がらず暖房費がかさむ可能性があります。

 

【定期的な掃除が必要】

使用していると落ち葉や砂埃がたまりますが、それを掃除をせずに放置していると劣化に繋がります

 

ウッドデッキの屋根が壊れる理由の大半が劣化か強風、または両方が合わさったためといわれています。

 

長く付き合っていくためには屋根の上の掃除をすることもポイントの一つと言えそうですね。

 

ウッドデッキの劣化が気になり屋根を付けることをお考えの読者様は、この機会に屋根と同時にウッドデッキもリフォームを考えてみてはいかがでしょうか?

ウッドデッキをリフォームしたい!費用の価格相場はどれくらい?

2019年1月24日

 

ウッドデッキの屋根の種類は?

 

はるこ
メリット・デメリットは分かったけど、どんな屋根を選んだらいいのかしら?

 

あつし
今度は、ウッドデッキの屋根の種類について説明していくね。

 

テラス屋根

引用:グランド工房

 

建物の前面に取り付けるタイプの屋根です。ウッドデッキの屋根として、よく見かけるのはこのタイプですね。

 

メリット

  • 耐久性が高い
  • 雨水が貯まりにくい

 

デメリット

  • 遮光性が低い
  • 汚れが目立ちやすい

 

雨よけは欲しいけど、デッキウッドに屋根をつけると室内が暗くなりそう。と悩んでいる人にお勧です。

 

オーニング

引用:テンパル多摩販売

 

可動式の屋根で、店先などでよく利用されています。他にも、可動式テントという呼び方でも呼ばれています。

 

メリット

  • 天候に合わせて、開けたり閉じたりできる
  • 遮光性が高い

 

デメリット

  • 雨よけとしては頼りない
  • 日差しによる劣化が起こりやすい

 

夏の日差しをどうにかしたい、でも冬は部屋の中に日光を取り入れたい。という人にお勧めです。

 

パーゴラ

引用:ランバーファクトリー

 

植物のつるを絡ませて日陰をつくる棚の事です。藤棚が日本ではポピュラーですね。

 

メリット

  • 植物の種類を選べば、冬場の日差しの心配がない
  • ポリカや、オーニングに比べ掃除が簡単

 

デメリット

  • 雨よけとしての効果がない

 

ガーデニングを楽しみたい人、難しい掃除ができない人にお勧めです。

 

屋根ではなく、サンルームをつくるという方法もありますよ。サンルームについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

リフォームでウッドデッキにサンルームを!5つのメリットとは?

2019年7月24日

 

ウッドデッキに屋根を付ける時の注意点と流れを解説

 

あつし
じゃあ今度は、実際に屋根を取り付ける時の注意点と流れを説明するよ!

 

はるこ
母さん難しいことはちょっと苦手なのよね…。

 

あつし
(ちょっと…?)

 

屋根を付ける時の注意点

雨よけを重視するのか、日よけを重視するのか、用途によって屋根の種類や大きさが異なります。

ウッドデッキに屋根を付ける時の注意点を紹介していきます。

 

【屋根は大きすぎないか】

大きすぎる屋根は室内の日当たりを悪くするだけでなく、天気が良い日に洗濯を外に干しても日陰になってしまうことがあります。

 

隣の家との間隔が狭い場合は、雨水や雪が隣の家に落ちてトラブルになる可能性もあります。

 

完成図を想像し、屋根のサイズや素材に注意しましょう

 

【風や雪の影響は大丈夫か】

ウッドデッキには風を遮る壁がないため、強い風で屋根が破損する可能性があります。

また豪雪地域では、雪の重みに耐えきれず屋根が倒壊する可能性があります。

 

ウッドデッキに屋根を取り付ける際には、自宅の環境、屋根、基礎部分の強度に考慮する必要があります。

 

屋根を付けるリフォームの流れ

あつし
次は、実際にウッドデッキに屋根を付けるときの流れを説明します。

 

  1. 設置場所や大きさを決める
  2. 垂木掛けを取り付ける
  3. 柱を立てる
  4. 垂木をとりつける
  5. 屋根をとりつけ、ビス止めで固定する

簡単な流れはこのようになります。

 

取り付ける屋根の種類によって作業が違いますので、説明書や資料を見て難しそうであれば、無理に自分で作らず業者さんにお願いしましょう

 

リフォームでウッドデッキに屋根を取り付けるときのまとめ

 

今回はウッドデッキに屋根を付けるリフォームについて調べてみました。

 

一口に屋根と言っても、雨を防ぐものから日差しを遮るものまで、用途によって様々な種類がありました。

 

  • 雨よけは欲しいけど、暗くならないようにしたい方

   ↓ ↓

  テラス屋根

 

  • 夏の日差しをやわらげ、冬は部屋に日差しを取り込みたい方

   ↓ ↓

  オーニング

 

  • ガーデニングを楽しみたい方

   ↓ ↓

  パーゴラ

 

自分が何を目的としているかを明確にして、ベストなものを選びたいですね。

 

最近ではウッドデッキの展示場を設けている会社もあるので、展示場へ行って実際に見て、話しを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です