【リフォーム】ウッドデッキのおすすめ目隠し方法5選

 

新築で家にウッドデッキを設置した方、今でもウッドデッキを活用していますか?

ウッドデッキを設置したのはいいけれど、

「道路の通行人の目線が気になって結局使わなくなった。」

「オープンリビングをイメージしてウッドデッキを設置したのに、誰かに見られているようでなんだか落ち着かない。」

といった声も多く聞かれます。

ウッドデッキは設置するだけでは活用できないことも多い製品なのです。

 

はるこ
じゃあ、どうすればいいのかしら。
あつし
それを解決するのが「目隠し」だよ。

 

そう、ウッドデッキを活用できない理由は、ウッドデッキになんらかの「目隠し」をすることでおおよそ解決できるんです。

この記事は「せっかくウッドデッキを設置したのに使ってないな~。」という方にはぜひ読んでいただきたい内容です。

どうぞご覧ください。

 

ウッドデッキ+目隠しの組み合わせで快適空間へ!

 

はるこ
せっかくウッドデッキを設置したのに、リビングと庭の出入り口として使うだけで、もったいないのよね。

本当はテーブルセットを置いて、近所の方とお茶したいんだけど、外から見えちゃうから…。

あつし
母さんのように、ウッドデッキをうまく使えなくて損しちゃっている人はたくさんいるんだ。

でも大丈夫。

外構リフォームで、今あるウッドデッキ目隠しを取り付ければ、周りの視線を気にせずウッドデッキを使えるよ!

はるこ
そうなの?早く教えて、あっくん!

 

ウッドデッキは解放感のあるアウトドアリビングとして外構に設置する方も多いですよね。

でも他人の視線を気にして活用できていない方も多いはず。

逆に、その視線が気にならなくなれば、のびのび開放的にウッドデッキライフを楽しめます。

ここでは実際にウッドデッキに目隠しをした実例を見てみましょう。

 

ウッドデッキに目隠しをした実例

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いずみさん(@izumi2131)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

ぐるりとフェンスで囲んで目隠しをしているので、隣に家があるにもかかわらず、くつろげる空間になっていますね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tomoさん(@tom_h_k)がシェアした投稿

ウッドデッキに子供のビニールプールを出して水遊びができます。

これもウッドデッキに目隠しをしているからこそできるプライベート空間です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Megumi Kさん(@me_gumi_k)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

ウッドデッキに洗濯物を干す場合でも、目隠しがあることで洗濯物を、ある程度見られないようにできますね。

1階に洗濯物を干せると、すごく楽ですよね♪

 

ウッドデッキの目隠し方法5選

 

ウッドデッキの目隠しをしたい場合のおすすめ方法5選はこちらです。

  1. 目隠しフェンスを設置する
  2. 縦格子を設置する
  3. サンルームを設置する
  4. シェードで目隠しをする
  5. 植栽を植える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.目隠しフェンスを設置する

ウッドデッキの目隠しをする際、一番オーソドックスな方法がデッキ自体に目隠しフェンスを設置する方法です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

エクステリアランド皐さん(@satukigarden)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HEMEL GARDENさん(@hemelgarden)がシェアした投稿

引用:ともにInstagram

 

樹脂木フェンスを使うと、特にエクステリアメーカー(三協アルミ、LIXIL、YKK APなど)の樹脂木ウッドデッキを設置している方には、相性がいい方法になります。

あつし
同じ素材を使っているから、ウッドデッキの色とフェンスの色を合わせられるのがメリットです。

ですがウッドデッキ設置後から年数が経っている場合は色落ちしている場合もあるので、なるべくサンプルを使って色決めをしましょう。

 

2.縦格子を設置する

縦格子とはアルミ素材や樹脂木などでできた縦方面格子を狭いピッチで並べた外構製品です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

greencareさん(@greencare_garden)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

縦格子の良いところは斜め方面の視線も程よくカットしてくれるところ。

また、ブロック塀などがなくても地面に直接施工できるタイプも多いので、設置場所の自由度が広がります。(地面にコンクリートを設置します。)

縦格子というと和風のイメージを持つ方もいますが、素材や色を工夫するとナチュラルな雰囲気が出せますよ。

 

3.サンルームを設置する

サンルームを設置して目隠しをする、というアイデアもあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブルータスさん(@brutusmag)がシェアした投稿

光を取り入れつつも、適度な目隠しができるサンルーム。

ウッドデッキの使い方も広がりますね。

しかしこちらの方法はウッドデッキにサンルームが設置できるくらい、デッキ面積が広い方向けになるということと、費用が他の方法に比べて高価です。

サンルームについては、こちらの記事で詳しく書いてあります。

リフォームでウッドデッキにサンルームを!5つのメリットとは?

2019年7月24日

 

4.シェードで目隠しをする

今回ご紹介する中で、一番コストがかからない方法がシェードを利用する方法です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

michiyoさん(@michiharuyuzu_home)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

シェードはホームセンターやインターネット通販でも購入できますし、自分で取り付けるので工事費もかかりません。

一番手軽な方法と言えるでしょう。

しかし、スクリーンの素材はポリエステルなどで出来ていて、強度は他の方法より劣るので、悪天候の日は取り外すなどの対策が必要です。

 

5.植栽する

植栽で目隠しを作ることもできます。

植え込みからしっかりした目隠しになるまで、年数が必要なので、しっかりとした目隠しを考えている方には不向きです。

アルミなどの製品を使うより、ナチュラルな雰囲気になります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kazushi Haraさん(@kazushi.hara.982)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

こちらの写真のように、低い植物と高さがある植物を組み合わせることで、奥行きが出ますし、柔らかく視線を遮ることができます。

ただし、こちらの方法は庭にある程度の広さが必要になります。

 

【リフォーム】ウッドデッキのおすすめ目隠し方法5選のまとめ

 

この記事でお伝えした目隠し方法について、まとめると、以下のようになります。

方法 メリット デメリット
目隠しフェンスを設置する 樹脂木デッキと相性がいい。 特になし
縦格子を設置する 地面に直接施工できる。 特になし
サンルームを設置する 庭の使い方が広がる デッキに広さが必要。費用が高い。
シェードで目隠しをする 設置が手軽。費用が安い。 強度が弱い。
植栽する ナチュラルな雰囲気になる。 しっかりと目隠しをしたい人には不向き。

 

ウッドデッキを設置したけれど、他人の目線が気になってしまって活用できていない、という方は一度目隠しについて検討してみてくださいね。

目隠しを設置して快適なウッドデッキライフを送りましょう!

 

それでは、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

外構リフォーム全体の価格費用相場についてはこちらです。

門

変えたい!外構・エクステリア!リフォーム費用の価格相場は?

2019年3月28日

 

外構のフェンスを新しくしたり、ウッドデッキにサンルームを設置するリフォームを考えている方はこちらの記事も参考になります。

リフォーム 外構 フェンス

リフォームで外構フェンスを新しくしたい!種類や費用は?

2019年6月25日

リフォームでウッドデッキにサンルームを!5つのメリットとは?

2019年7月24日

 

 

 

 

 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です