【和室リフォーム】使いこなせない押入れ!撤去は業者?自分で?

 

皆さん押し入れって有効活用できていますか?

どこのおうちにも当たり前のようにある押し入れですが、結構使い勝手が悪く、宝の持ち腐れになりがちです。

 

はるこ
母さんね毎年、年末の大掃除で押し入れを掃除するといつも記憶にない洗剤とか、健康器具とか大量にでてくるのよね・・・不思議だわ

 

あつし
押し入れって入る容量自体は大きいからとりあえず入れておこうって場所になりがちなんだよね。ぼくも前はそうだったよ。でも記憶にない健康器具って…そっちが気になるよ

 

はるこ
そうね 私だけじゃなくて皆さんも押し入れを有効活用できなくてお困りよね

 

あつし
あれ…話をそらしたな…

 

和室の押し入れはなぜ使い勝手が悪いのか? 撤去したほうがいいのか?

 

押し入れの使い勝手が悪い理由は奥行きの深さにあります。

押し入れはもともと布団などをしまうために作られているで、奥行きが80-90センチと、洋間のクローゼットが45-60センチに比べて倍近くあるのです。

 

はるこ
奥にある物の出し入れが辛いのよね、腰もいたくなるし

 

あつし
特に天袋にしまった物は高さが自分の身長よりあるから大変だよね。出すのにもいちいち踏み台を用意しないとだしね。収納できるものもあまり重いものもためらうし、しまえるものって結構限られるから使い勝手が悪いんだよね

 

引用:リビングート

 

押し入れはなぜ使いにくいのか?

  • 奥行きがありすぎて物が取り出しにくい
  • 収納の容量が大きいので一時保管のつもりがしまい込んで忘れてしまう。
  • 天袋は高い位置にありすぎて物の出し入れが面倒
  • 湿気がたまりやすい
  • カビが生えやすい

 

引用:Twitter

 

引用:Twitter

 

だいたいのご家庭の押し入れは下段、上段、天袋となっていて、特に天袋の奥には、何が入っているのか見えません。

皆さん工夫されて使用頻度の低いものを収納していると思いますが、一年に何回も開けませんのでそれでさらに忘れていくのです。

下段の奥も同じようにものが見づらい場所でかがんで取り出すのも一苦労ですね。

 

「面倒だな」と思うとしまい込んだ物はまた今度取り出せばいいかと忘れ去られていく確率が高いのです。

使わないものを置いておくのは場所の使い方としてもったいないですよ。

 

はるこ
押し入れってそこにあるのが当たり前でまさか撤去をしてもいいなんて考えもしなかったけど、せっかくの大きな空間を無駄にするくらいなら撤去するのも悪くないわね

 

 

押し入れ撤去の方法

押し入れ撤去の方法は2種類あります。

業者に依頼をする方法と自分で撤去する方法です。

 

押し入れの撤去を業者に依頼する

 

平均的な費用はおおよそ解体2万円~4万円、諸経費3万円~5万円が相場ですが、解体後にどんなリフォームにするかで加算される費用が変わってきます。

 

 

押し入れを自分で解体撤去してみる

 

はるこ
自分でできるの?!力のある男性じゃないとむりなんじゃないの?

 

あつし
それが女性でも解体できるんだよ 中には構造上自分で解体するのは難しい押し入れもあるから気を付けて!

 

まず必要なものです

  1. バール
  2. のこぎり
  3. 軍手
  4. トンカチ

 

 

手順はこちら。

 

あつし
 聞きなれない用語、雑巾摺(ぞうきんずり)、根太(ねだ)框(かまち)、後框(うしろかまち)がありますが作業としてはすごく簡単ですよ。各箇所の名称ですので警戒せずに気楽に読み進めてください。

 

 

引用:木材倉庫ムック

 

①雑巾摺(ぞうきんずり)をバールで、てこの原理を使って外します。

 雑巾摺(ぞうきんずり)から釘が浮いてくるのでくぎ抜きで抜きます。

 左右と奥側を同じ手順で外します。

引用:サカキウッド

 

②中段を外す

 裏側からトンカチで叩いて板を外します。

 

③根太(ねだ)を外す

 中板を支えている根太(ねだ)を釘が打ってある逆側からトンカチで叩いて外します。

 

④前かまちを外す

 釘止めされている方向を見てトンカチで叩いて外します。

 太い釘で止まっている時、柱に組み込まれている場合はのこぎりで切断します。

 

⑤うしろかまちを外す

 かまちの後ろ側にバールを差し込み、うしろかまちを外します。

 

注意

  • 押入れの床板は薄いことも多いので、作業するときは厚い板を敷くなど対策をしましょう。
  • 押し入れの撤去については不安な方はお近くの工務店までお問い合わせの上実行ください。

 

 

あつし
女性でも比較的難しくない作業ですよ、ついに押し入れの撤去ができましたね。

 

押し入れを撤去した後、どうする?

押し入れの撤去自体は難しいものではないですが、撤去しただけだと居住空間としては成り立たないですよね。

奥行が深くて使いづらい押し入れを何にリフォームしたらいいのでしょう?

今回は2つの選択肢をご紹介しますね!

 

選択肢①押し入れをクローゼットにリフォームする

まず思いつくのは押し入れをクローゼットにリフォームすることですね。

クローゼットにすることで、洋服を掛けたり、好きな位置に棚を設置することができます。

クローゼットの中の棚の配列次第では、ロングコートもハンガーに掛けて収納できるようになりますので収納力も格段にUPするおススメのリフォームです!

 

作業工程や実例を紹介した記事はこちらからどうぞ。

和室リフォームの鍵は押し入れ!?押し入れの有効活用方法3選

2019年10月24日

 

選択肢②いっそのこと押し入れを含めた和室全体を洋室にして広々と使う

元々和室の広さが6畳+押し入れだったと仮定すると、押し入れをなくすことで7畳分の洋室が出来上がることになります。

小さいお子さんがいると和室はなにかと便利ですが、子どもたちが大きくなるにつれてなかなか活用することが難しくなる和室。

和室を洋間に変えるリフォーム需要はとっても関心の高い話題です。

 

和室から洋室へのリフォームに関する記事はこちらから。

和室を洋室にリフォーム!費用を節約しながら理想の部屋を作る方法!

2019年11月23日

 

押し入れ撤去のまとめ

  • 押し入れの使い勝手の悪さの大きな原因は奥行きにあった
  • 撤去は業者に頼むと解体2万円~4万円、諸経費3万円~5万円が相場でプラスアルファのリフォーム内容によって追加費用。
  • 自分でも撤去はできる(女性でもできる作業内容)

 

押し入れって意外とデッドスペースになりがちです、暗くてジメジメしがちだし定期的に空気を入れ替えたり布団をしまっていたら湿気でカビも心配ですね。

新年に向けて使いこなせていない押し入れを撤去して新しい広々とした空間をあなたも手に入れませんか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です