【和室リフォーム】押入れを憧れのウォークインクローゼットへ!

 

はるこ
ねえ、あっくん。リフォームで押し入れをウォークインクローゼットにするおうちが増えているそうなんだけど、ウォークインクローゼットってほんとに便利なの?

テレビでも芸能人のお宅訪問でよく豪華なウォークインクローゼットが紹介されてるから、母さんもちょっと憧れるわ~

 

あつし
僕の周りでも押し入れをうまく使いこなせずに、リフォームでウォークインクローゼットにする人も多いんだよね。新築でウォークインクローゼットを取り入れているお宅も多いんだよね。

 

はるこ
うちの押し入れもなんとなく物を詰め込んでいるだけで有効活用できてないのよね。奥行きがありすぎて使いづらいのよ。この際ウォークインクローゼットにリフォームしようかしら・・・

 

 

押し入れの広さがあればウォークインクローゼットにリフォームできる?

 

はるこ
実際のところウォークインクローゼットって使い心地はどうなの?

 

あつし
そう言うと思って、ウォークインクローゼットを使っている友人に聞いたメリットとデメリットを紹介するから読んでみて!

 

 

ウォークインクローゼットのメリット
  • 収納を一か所にまとめられ、室内の片付けがしやすい。
  • 使用頻度が低いものでも収納場所が決まっているので使用する際にすぐ見つかり時短になる。
  • タンスなどの収納家具を置かなくていいので地震の時の家具の転倒も心配ない。

 

ウォークインクローゼットのデメリット
  • 歩くスペース分が必要になるためクローゼットに比べて、単位面積あたりに掛けられる衣類の数は少なくなる。

 

はるこ
ウォークインクローゼットって片付けが楽になるのがいいわね!広さはどのくらい必要なの?押し入れ分で間に合うのかしら?

 

押入れは広さが約1畳程度が多いですが、ウォークインクローゼットは3畳分ほどの広さが一般的です。

夫婦ふたり分の衣類を収納するのにちょうどよいスペースが、2畳だといわれていますのでこの先家族が増えることを考えると3畳分の広さを確保できると安心ですね。

 

あつし
大人一人分で1畳、子供一人で0.5畳の広さが必要と言われています。

 

はるこ
ウォークインクローゼットに必要な広さは分かったわ、歩くスペースはどのくらい必要なのかしら?

このあいだ山田さんのおうちに遊びに行ったときにね、ウォークインクローゼットを見せてもらったんだけど通路が狭いせいか、掛けてある洋服にぶつかることが多くてストレスになりそうだなって思ったのよね~

 

あつし
そうなんだよね。収納力を求めて通路を狭くすると結局使い勝手が悪くなって快適にはならないんだよね。具体的な数字を挙げていくね

 

1間の押入れは、幅182cm×奥行91cmで、3畳分に拡張すると、幅182cm×奥行273cmのウォークインクローゼットになります。

3畳分のウォークインクローゼットであれば、両側の壁に対してハンガーパイプや棚を取り付けることが可能です。

 

人の肩幅は50㎝くらいなので通路を50㎝ジャストにしてしまうと洋服がぶつかって、かなりストレス!

通路を60㎝にすると掛けてある洋服に体がぶつからないので快適だと言えますね。

3畳のウォークインクローゼットなら幅が182㎝なので182㎝-通路60㎝で残りは122㎝となり洋服がかかったハンガーの幅が50㎝くらいなので余裕をもって両側にハンガー掛けできます。

 

  • ウォークインクローゼットを快適に使うために必要な広さは3畳
  • 通路の幅は60㎝

 

 

和室の押し入れをウォークインクローゼットにリフォームするときの注意点

ウォークインクローゼットのメリット・デメリットを見てきたところで、リフォームする前に確認しておきたいことがいくつかあります。

リフォームしてから「しまった!事前に確認しておくんだった!」ということにならないよう、事前にチェックしておきましょう。

 

積載荷重は大丈夫?

はるこ
はぁ・・・難しい用語が・・・せきさいにじゅう?一体何のことかしら?

 

あつし
母さん…積載荷重は「せきさいかじゅう」と読むんだ

 

積載荷重とは・・・人や物の重量が建物の床に加わる重さの事。

 

建築年数が古い家では、押入れには布団を収納することだけを想定されていて、床には支柱の上に薄いベニヤだけが張られているケースもあります。

洋服以外にたくさんの物を収納するウォークインクローゼットなので押入れがどのような床組みになっているかを確かめ、場合によっては耐荷重対策を見直す必要が出てきます。

 

湿気に注意

ウォークインクローゼットにリフォームする場合、空気の流れが滞りがちで通気性が悪いので、しっかりと湿気対策をしましょう!

湿気はカビの原因となり大切なお洋服やバッグに大きなダメージを与えます。

 

引用:Twitter

引用:Twitter

 

湿気の解決策として有効なのがこちら。

 

①ルーバーの扉にする

こまめに喚起ができればいいですけど忙しいとなかなか扉の開け閉めってできないですよね。

扉をルーバータイプにすることで、通風性が良くなり湿気対策になります。

引用:Droguerie

 

②内装材を調湿効果のあるものにする

クローゼットの内装に、調湿建材を使用することでも湿気対策になります。

最近では吸放湿性に優れたもの通気性に優れた内装材が色々と出ていますので予算と相談しながら施工してもらいましょう。

 

除湿剤、除湿器を置く

②の内装材の対策ができなかった人向けです。除湿剤は安価に入手ができコンパクトで場所をとらないので邪魔になりません。

除湿器は除湿剤に比べてやや値段はしますが即効性が期待できます。

 

 

ウォークインクローゼットの扉の選び方は大丈夫?

扉って普段そこまで気にしていないと思うのですが、意外とこの扉選びで今後の良し悪しが決まってくるんです。

引用:Twitter

引用:Twitter

 

はるこ
え~、困っちゃうわね。結局どの扉がいいの?
あつし
ウォークインクローゼットの扉で代表的な3つ種類の開き戸、引き戸、折れ戸の特徴を挙げていくね。

 

開き戸

開き戸 メリット 
  • 開いた時の面積が大きいためサイズの大きなものも収納しやすい 
  • おしゃれな雰囲気がある
開き戸 デメリット
  • 開いたときに扉が前に出るため前に物を置けない
  • 長く使っていくうちにレールなどが消耗して開閉しにくくなる

 

はるこ
う~ん よっぽどの理由がない限り開き戸っていう選択肢はないわね・・・

 

引き戸

引き戸 メリット
  • 扉の前に物があっても開けたり閉めたりできる
  • 少しだけ開けて空気の入れ替えをするなど柔軟性がある

 

引き戸 デメリット
  • 開いた時の面積が狭い
  • 開閉の際に音が出やすい

 

あつし
引き戸だと狭いスペースでも開閉しやすいっていうのも魅力だね!

 

折れ戸

折れ戸 メリット
  • 開き戸よりも開閉スペースを必要としない
  • 開いた時の面積が大きい、中を見渡しやすい

 

折れ戸 デメリット
  • 折りたたんだ時、戸がかさばる

 

はるこ
開口部が広いのは魅力的だわ、丈の長いコートの取り出しが楽だし使い勝手も良さそうね!

 

引き戸は狭いスペースでも開閉できる

折れ戸は開口部が広く見渡しやすい

よっぽどの理由がなければ開き戸はおススメできない

 

押し入れをウォークインクローゼットにリフォームする費用は?

はるこ
一番気になるのは押し入れをウォークインクローゼットにリフォームするときにかかる費用じゃない?どのくらいかかるのかしら?

 

あつし
うん、そうだよね。一般的な価格を挙げていくので参考にしてくださいね。

 

押入れの解体 3万~5万円
ハンガーパイプの取付け 1万~2万円
棚・引き出しの取付け 5万円~
壁・床の補強 1万~2万円
和室から洋室へのリフォーム 15万円~

 

ウォークインクローゼットへのリフォームは押し入れの周りもリフォームが必要となるため施工する項目によって費用が加算されます。

少なく見積もって30万円くらいといったところです。

 

はるこ
30万円から憧れのウォークインクローゼットが手に入るなんて嬉しいわ!!

 

 

工事にかかる期間についてはこちらの記事をご覧ください

リフォームで和室を洋室に大変身!気になる工事期間はどのくらい?

2019年11月19日

 

やっぱりウォークインクローゼットは諦めるけど押し入れを撤去してリフォームしたい方はこちらの記事をご覧ください

【和室リフォーム】使いこなせない押入れ!撤去は業者?自分で?

2019年12月7日

 

とにかく今の和室の雰囲気を変えたい!という方はこちらの記事をご覧ください

和室を洋室にリフォーム!費用を節約しながら理想の部屋を作る方法!

2019年11月23日

 

ウォークインクローゼット まとめ

 

  • ウォークインクローゼットを快適に使うために必要な広さは3畳、通路の幅は60㎝
  • 積載荷重は大丈夫?か業者と相談
  • 大切な洋服のために湿気対策はしっかりやろう
  • 快適な収納生活のために扉選びも慎重に!!
  • 費用相場は30万円~プラスアルファ

 

どんなクローゼットにしたいかを具体的に業者に依頼し快適な収納空間を目指しましょう。

物置と化して使いこなせなかった押し入れをおしゃれで素敵なウォークインクローゼットに有効活用できて気分もよくなりますよ~!!

 

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

リフォーム費用削減するならここがおすすめ!

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。



■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です