【和室リフォーム】カーテンレールをDIY!障子貼りからの脱出!

 

和室の窓には障子がつきものですよね。

 

障子には和室らしい落ち着いた雰囲気をだしてくれる役割もあります。

 

けれども普通の和紙が使われているだけの障子では、遮光ができない、破れやすいなどのデメリットがあります。

 

特にお子様やペットがいるご家庭は破かれる頻度も高くなりがちで、何度も貼りかえるのが大変ですよね。

 

そこで便利なのがカーテンです。

 

麻などの自然素材を使ったものや色を黒や茶色などの落ちいた色にすれば和室の雰囲気を壊さずカーテンを取り入れられますよ。

 

カーテンには遮光機能がついた商品も多いので寝室に使いたい方にもピッタリです。

 

でも、障子の窓にはカーテンレールがないから設置できない・・・という読者様のために、カーテンレールを自分で取付する方法を紹介します!

 

カーテンレールとは?

 

カーテンレールは、カーテンを開閉させるためのレールです。

 

主に機能性レールと装飾性レールの二つに分けられます。

 

機能性カーテンレール

 

カーテンの開閉をスムーズに行ったり、静かに開閉できるなど、機能性や操作性を重視しているレールです。

 

軽量なアルミや樹脂製のものが多く、通常あまり目立たないように設置します。

 

1枚のみ取り付けられるものをシングルレール、レースカーテンと遮光カーテンなど二枚取り付けられるものをダブルレールとよびます。

 

引用:楽天(ニトリ)

 

あつし
賃貸や分譲の住宅に最初から設置されてるレールは機能性レールが多いね。僕の部屋もこのレールだよ。

 

装飾性カーテンレール

 

デザイン性を重視したカーテンレールです。部屋のインテリアの一部として見えるように設置します。

 

木や紙などの自然素材でできている和室には、装飾の少ないシンプルな木製や木目調のカーテンレールがおすすめです。

 

引用:カーテン道の駅201

 

はるこ
和室の柱とか、鴨居の色に合わせると初心者でも失敗しなさそうね!

 

あつし
うん。そうすると統一感がでるね!特に装飾性レールの場合はカーテンとのバランス、お部屋の作りたい雰囲気に合わせて選ぶのも楽しいよ!

 

はるこ
なるほど。和モダンっていうのもいいものね。迷うわ~!

 

設置しましょう!

 

カーテンレールを付ける場所は二つ考えられます。

 

1.和室の窓の上にカーテンレールをつける→【正面付け】

2.障子を外して、窓枠の木枠の中にカーテンレールをつける→【天井付け】

 

基本的に装飾性レールでは正面付けが多く、機能性レールなら、正面付け、天井付けどちらでも取り付けします。

 

一般的に、正面付けの場合、機能性レールなら、窓枠外寸法+(5~10cm×2) 装飾性レールなら、窓枠外寸法+(10~20cm×2) の長さがおすすめです。

 

天井付けの場合は、取付け時に窓枠とレールが干渉してしまうのを防ぐために、窓枠内寸法-(1cm)の長さををおすすめします。

 

カーテンで窓が覆えるようなサイズのカーテンレールを購入しましょう。

 

さて、理想的なカーテンレールを購入したら、取り付けです!

 

取り付け方

 

では、カーテンレールを取り付けましょう。

 

下記のものを用意してください。

 

用意するもの

・ドライバー

・メジャー

・下地探し

・鉛筆

・キリ(あれば便利)

・踏み台(高い場所への設置の場合)

 

1.下地の確認

 

正面付けの場合に必要なのが、下地の位置の確認です。

 

補足
※天井付けの場合は基本的に窓枠の周りに下地があるので、この確認は必要ありません。ただし、固定のビスは下地に届くように窓枠より長いものを選びましょう。 

 

下地とは、壁の裏にある柱です。これにより、壁のボードなどを固定しています。

 

壁のボードに取り付けるのでは強度がたりないので、カーテンや棚など重たいものを取り付ける場合は下地に取り付けないと落下してしまいます。

 

 

引用:RESTA DIYSHOP

 

下地の簡単な確認方法は、壁をノックするように叩き、コンコンと軽い音がする場所は下地無し。ゴンゴンと少し重い音がすれば下地有りです。

 

と、言われても、わからない方も多いですよね。

 

ホームセンターなどで、「下地チェッカー」というものが1000円程度から購入できます。

 

こちらを使うえば確実に下地を確認できます。

 

 

引用:Amazon

 

あつし
DIYをするなら、下地の確認が必要なことも多いので買っておくと便利です。

 

2.取り付け位置を決める

 

下地を確認したら、ブラケットという、カーテンレールを固定する部品を取り付ける位置を決めます。

 

引用:カーテンレール専門店スタイルダート

 

この部品は、カーテンレールを購入したら基本的には付属してきます。

 

一般的に正面付けの場合、取り付け高さは機能性レールの場合は窓枠上から5~10cmくらい上装飾性レールでしたら窓枠上から10~20cmくらい上がおすすめです。

 

お好みの高さと、下地のある場所で位置を決めたら鉛筆などで印をつけます。

 

3.ブラケットを取り付ける

 

引用:RESTA DIYSHOP

 

鉛筆の印のところにブラケットをビスで固定します。

 

この時、キリで少し穴をあけてからだとやりやすいです。

 

レールが水平になるように取付けてください。

 

レールタイプやレール長さによってブラケットの必要個数は変わります。

 

カーテンレールをしっかりと安定させるためにも、充分な数のブラケットを取付けましょう。

 

※ブラケットの取り付け個数と間隔の目安
 
レール種類 取付間隔 レール長さ
100~150cm 182~210cm 250~310cm
装飾レール
(通常タイプ)
180cm以内 2個 2個 3個
(中間サポート含む)
装飾レール
(小径タイプ)
90cm~
140cm以内
2個 3個 3個
機能レール
(中量級)
90cm以内 3個 3個 5個
機能レール
(軽量級)
60cm以内 3~4個 4~5個 6個

引用:マツソウ

 

4.ブラケットにレールを取り付ける

 

装飾性レールだと、カーテンフックを取り付けるリングなどを取り付ける必要があります。

 

その後、レールにキャップを取り付けます。

 

このレールを、ブラケットに固定します。

 

固定の仕方はレールによってブラケットの上に乗せたり、はめ込んだり等異なります。

 

取扱い説明書を確認して、取り付けしてください。

 

取り付けたら、設置完了です。

 

お疲れ様でした!

 

あつし
洋室での取り付けですがわかりやすい動画があったのでこちらで手順の流れを確認してください

 

引用:You Tube

 

壁や窓枠に穴をあけられない場合は・・・

 

賃貸の家の場合、カーテンレールの取り付けで和室の壁に穴をあけられない、という方もいらっしゃいます。

 

そのようなときは、テンションタイプと呼ばれるカーテンレールが大変役に立ちます。

 

アジャスターポール 111-190cm ライトオーク 日本製 強力タイプのつっぱり棒 リングランナー付 Z3K

引用:Amazon

 

これは、突っ張り棒と同じ構造のカーテンレールです。

 

賃貸だから穴があけられない、という方もネジも穴あけも必要なく取り付けられます。

 

取り付け方は、突っ張り棒の取り付け方と同じ。

 

障子を外して窓枠に取り付けるか、障子を外しても置く場所が無い方は、壁と壁を利用して取り付けます。

 

ただし、和室が土壁でできている場合は壁と壁でテンションタイプのレールを利用しても落下の可能性が高いのでおすすめしません。

 

また、重いカーテンは落下する恐れがあります。

 

購入前に必ず耐荷重を確認しましょう。

 

突っ張り棒を利用してカーテンレールにもできます。

 

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 

カーテンレールがなくてもOK! 突っ張り棒で叶える快適窓回り

2019年4月11日

 

また、カーテンレールに目隠しをしたい、という方は、カーテンレールカバーもDIYしましょう。

 

カーテンレールカバーをDIYでオシャレにカスタマイズ!!

2019年1月31日

 

まとめ

 

カーテンレールのDIYで重要なのはしっかり固定することです。

 

カーテンは頭上にあるものがほとんどですから落下しないよう、ブラケットを下地の位置に必ず固定する、テンションタイプなら耐荷重を必ず守るようにしましょう。

 

また、自分では難しい、と思った場合は無理せずプロの手を頼りましょう。

 

カーテンを設置してお子様やペットに障子を破られるストレスのない和室ライフをお過ごしください。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

TOPへ戻る

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です