トイレリフォーム今でしょ!!築20年のマンションにみる費用と特徴

 

持ち家がマンションの場合、隣や上下階のことも気になってしまい戸建て以上にリフォームのタイミングを逃しているかもしれません。

 

住み始めて20年も経つとトイレの中はどうしても壁紙や床の黄ばみが目立ってくるはずです。

(床が白のクッションフロアだったりすると尚更・・・)

 

その汚れ、意外と来客に見られているかもしれませんよ。

 

はるこ
昨日おともだちの家に遊びに行ったのね。お宅が築20年くらいの分譲マンションなんだけど、まだ1度もリフォームしていないらしいのよ!特にトイレの汚れが目についちゃってねぇ。

 

あつし
(母さん、お友達に余計なこと言ってないだろうね・・・。)

 

はるこ
おばあちゃんとも同居みたいだから、これはぜひともあっくんのアドバイスを聞かせてあげたい!と思ったのよ!

 

あつし
そういうことならお役に立てそう!今まで母さんに話してきたマンションのトイレリフォームの知識をおさらいしながら、具体的にイメージできるように費用面に焦点を当てて話していくね。

 

マンションでのトイレリフォームにかかる費用

 

リフォームを検討する上で一番気になるのはやはり費用面ですね。

マンションだから戸建てだからというポイントでは費用に大きな差はありません。

トイレの中のどの部分を重視してリフォームするかで費用に差がでますから、目的をしっかり持って取りかかりましょう。

 

今回は予算別にみてみましょう。

 

予算5〜10万円

・クロスの張り替え+床材の張り替え

とにかく見た目をきれいにしたいなら、クロスと床材の張り替えをしましょう。

一般的なトイレの広さでクロスの張り替えが施工費含め約2万から4万、床材がクッションフロアで工事費含め約2万から4万です。

 

・介護用の手すりをつける

かがむ姿勢に苦労する家族がいるのなら、手すりをつける必要がありますね。

1箇所につける場合で工事費含め約3万から10万です。

 

・脱臭・暖房・温水洗浄付き便座に交換

冬の冷たい便座から解放されたい!そんなあなたは…

脱臭・暖房・温水洗浄機能が付いた便座のみ交換で本体価格が約3万から8万、工事費が約2万から4万です。(コンセントの新設が必要な場合はさらに約2万から4万)

 

便座の交換のみでしたら、比較的簡単なDIYで済みますのでご自身で作業することで工事費を浮かせることができますよ!

 

引用:YouTube

 

・収納の設置

トイレ用品や掃除道具が丸見えなのを解決するには収納が必要ですね。

シンプルなつり戸棚や壁設置タイプで工事費含め3万程度、手洗い器と一体型などスタイリッシュなもので工事費含め10万程度と幅があるようです。

(さらにスタイリッシュなトイレと一体型のものは約23万〜と高額です!)

 

はるこ
目的を絞れば10万以内でできるリフォームも結構あるのね!

 

予算15万〜60万

・脱臭・暖房・温水洗浄付き便器に本体ごと交換

トイレが詰まってしまった!!流れが悪い、劣化が気になる、そんな時は便器本体の買い替え時です。

標準的な便器で約15万程、工事費が約3万から5万です。

 

・タンクレス便器+手洗い器

タンクがなくトイレの空間を広く使えるタンクレストイレはとても魅力的ですね。

手洗い器が便器本体についていない為、別途手洗いカウンターを設置する必要があります。

便器と手洗い器で約23万程度〜、工事費が約18万程度〜となります。

本体のグレードにも幅があるので費用は最低でも合わせて約40万〜と考えた方が良いでしょう。

 

予算40万〜80万

・和式トイレから洋式トイレへの変更

昔ながらの和式トイレはお年寄りが使用するには厳しくなってきますよね。

洋式に変更する過程で段差をなくしたり、くみとり式から水洗に変更したり、と工事が必要な箇所が増えるほど費用が多くかかります。

大掛かりな下地工事や解体などの作業が必要となりますので、工事費はクロスや床材の張り替えも含めて約30万程度〜を見込んでください。

 

便器本体費用も別途約15万〜必要ですから、あわせて約45万〜の費用と、高額になってきますね。

 

たかがトイレ、されどトイレ・・・

小さな1室と言ってもリフォームの費用に大きく幅があることがわかりました。

 

はるこ
少しでも安くできるようにすすめたいわよねぇ。

 

トイレリフォームの費用の節約、どうするの?

 

はるこ
そうそう!お年寄りの介護をしていると助成金がでる制度、あったわよね?あっくん!

 

あつし
かあさん!よく覚えていたね!

 

介護の為のリフォーム 

介護保険を利用した住宅改修費の助成制度があります。要支援1〜2、要介護1〜5の被保険者1人につき最大20万円まで補助金の申請可能。そのうち1~3割が自己負担という制度です。

要支援・要介護の区分の目安は以下の通りです。

引用:ニチイの介護サイト

 

要支援1は要支援・要介護の区分の中でも一番軽度のものですが、さほど介護のレベルが高くなくても認定してもらえることがうかがえます。

 

また助成金制度を使用してトイレリフォームができる例としては以下の通り、割となんでもできます!

補助金制度を利用できるトイレリフォーム

・手すりをつける

・ヒートショックを起こさないよう、暖房付き便座に変える

・滑らない床材に変更する

あつし
母さんのともだちの家は助成金制度が利用できれば床・壁・手すり・便器の交換まで実質10万以内で叶いそうだね!

 

助成金の受け取りにあたっては購入前に、「要支援または要介護の認定」と「助成金の申請」が必要になるので、計画的にすすめましょう。

 

詳しく紹介している記事がありますので、お年寄りと同居の方はチェックしてみてください。

知らないと損!トイレのリフォームは補助金を活用しよう!

2019年6月30日

 

DIYで節約!

床材や収納は気軽にDIYできます。

工具を使わなくてもできますので、初心者はトイレから始めてみましょう!

 

床にクッションフロアを貼るための良い動画も見つけましたので貼っておきます♪

引用:YouTube

リフォーム業者でクッションフロアを貼ると約2〜4万と前に書いていますが、楽天さんで¥2,390/2Mでクッションフロアを見つけました。

 

1/10以下の費用で済んじゃいますね!

100均グッズを使ったDIYもあなどれません。

 

ご参考にぜひチェックしてみてください。

 

トイレのリフォームをDIYで!100均グッズでここまでできる!!

2019年6月29日

 

トイレをリフォームするタイミング

 

はるこ
勝手におともだちの家にリフォームをすすめたいなんて言っちゃったけど、普通どのくらい使ったらトイレをリフォームするものなのかしら?

 

あつし
はは、そうだよね!でも20年くらい住んでいるということだから、かあさんはあながち間違っていないよ。

 

トイレをリフォームするタイミングは10年〜15年くらいが目安と言われています。

 

実際には年数にとらわれずとも

  • なんとなく黄ばみや薄汚れが気になるな
  • 便座が割れたり劣化しているな

と感じたらリフォームのタイミングと言えるでしょう。

 

また、20年以上前のトイレを使用している場合、4人家族で試算して年間約1万5千円ほどの節水・節約効果がある可能性があります。

 

10年使用すれば15万円も節約できるとなれば、新しいトイレを使用するも古いトイレを使用するもコストは同じです。

 

実際には10年以上使用するのでしょうから、買い替えないともったいないですね。

 

トイレリフォーム、マンションならではのその特徴

 

費用面では戸建て、マンションに差はでないとお話しましたが、マンション特有のトイレの作りによっては選べる便器、選べない便器がでてくる可能性はあります。

 

またできないリフォームもありますので、下記を参考にご注意ください。

 

壁排水?それとも床排水?

排水方法の確認です。

排水管が後ろにのびていて、目で確認できるものを壁排水と言います。

そうでないものは床排水です。

 

排水方法によって選べる便器が変わりますので、必ず一番はじめに確認しましょう。

 

図解つきで説明している記事もありますので、確認してみてくださいね。

トイレリフォームをマンションでするなら断然TOTOがおすすめ!

2020年1月22日

 

タンクレストイレを選ぶならまず水圧確認!

タンクレストイレは水圧が低いと使用できない場合があります。

 

母のおともだちの家のように築年数が20年以上のマンションは要注意ですよ。

配管が古くなり水の通りが悪くなっているかもしれません。

 

当てはまるなら水圧チェック
・築年数20年以上

・日常的にシャワーの出がわるい

・マンションの階層が2階以上である

 

当てはまってしまった場合は現地調査をお願いできるリフォーム会社を選ぶか、ご自身で水圧チェックをしてくださいね。

 

水圧でひっかかってしまった場合にはタンクレス風トイレも発売されています。

引用:toto

ほぼ見た目はタンクレスなので、「タンクレスがいいけど水圧が足りない」という場合にはこちらTOTOのGGですね♪

 

増設・移設を伴うリフォームはマンションの規約の確認が必要

そもそも想定しているリフォームができるのかどうかの問題です。

 

分譲マンションの場合、もともとあるトイレの個室内の小規模なリフォームであればそのまま進めても大丈夫ですが増設・移設を伴う大掛かりな工事はマンションの管理会社に必ず相談してください。

管理規約に反するかもしれません。

 

また、費用面でも負担が大きくなりますので注意が必要です。

 

あなたのトイレもリフォームし時?!マンションでかかる費用と特徴のまとめ

 

あつし
20年くらいたったマンションに住んでいて、お年寄りと同居、ということであれば断然リフォームするべきだね。

 

はるこ
やっぱりそうよね。わたしもそろそろリフォームの達人かしら!

 

あつし
コスパの良いリフォームのタイミングや、マンションでのトイレリフォームの費用に関することを改めてまとめるので、おともだちに教えてあげてね。

 

まとめ
・便器の不具合・全体の汚れなどが気になるとき・・・目的を明確にトイレリフォームを進める

 

・お年寄りと同居のとき・・・介護の為のリフォームは補助金の申請が可能

 

・20年以上トイレを使っているとき・・・節水効果で新しくした方がコスパよし

 

・トイレの床や収納グッズはDIY初心者にもできる・・・大きな節約効果が期待できる

 

・排水方法の確認・・・購入できる便器が決まってくるので費用にも影響あり

 

・タンクレスが気になるときは水圧の確認・・・タンクレス購入可能か決まってくるので費用にも影響あり

 

・移設・増設を伴うマンションのトイレリフォームは管理会社への確認が必須・・・そもそもできるのかという点と移設・増設には大きな費用がかかるという点

 

リフォームは早すぎず、遅すぎずコスパの良いタイミングで取りかかれると良いですね♪

 

一通り目的や必要事項をチェックできたら次の段階はリフォームの一括見積もりです。

しつこい勧誘もありませんので安心して利用できて、なるべく安くするために費用の比較をする上で必須ですよ♪

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です