トイレの壁紙をリフォームしよう!費用はいくら?

 

使っていくうちについていくトイレの壁の汚れ。気づいた時にお掃除はしているけど、なかなか汚れが落ちてくれない。

 

そんな経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな時は思い切って、トイレの壁紙をリフォームしようと検討されている方もおられるのではないでしょうか。

 

そんな中で、

 

  • 「トイレの壁紙リフォームって費用はいくらくらいなの?」
  • 「トイレ壁紙リフォームはDIYでできるの?」

 

とお悩みの読者様はおられるのではないでしょうか。

 

そこで、今回の記事ではそんな「トイレの壁紙リフォーム費用はどれぐらい?」というお悩みを解決します。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

トイレの壁紙をリフォームするのにかかる費用

 

トイレの壁紙をリフォームするには、施工会社にお願いする場合と、自分でDIYする場合の2種類に分けられます。

 

双方どちらを選ぶかによってメリットやデメリット、費用が変わってきます。

 

今回は一戸建ての平均的なトイレの広さ0.5坪(1畳)を基準とし、トイレの壁紙リフォームにかかる費用についてみていきましょう。

 

はるこ
トイレの壁紙を変えるのっていくらかかるのかしら?

 

あつし
施工会社に頼む場合と、自分でDIYする場合で価格は変わってくるけど、トイレの壁紙の汚れ目立ってきたの?

 

はるこ
そうなのよ。少しお掃除サボってたら、なんだか汚れが目立ってきちゃって。

 

あつし
トイレは汚れやすい場所だからね。じゃあ施工会社にお願いする場合と、DIYで壁紙をリフォームする場合にかかる費用について説明するね。

 

施工会社に頼む場合

施工会社にトイレの壁紙のリフォームを頼む場合は材料費+施工費用がかかります。

 

まず材料費ですが、これも選ぶ壁紙材によって費用が変わります。

 

サンゲツ

 

今回は上の画像で使用されている、サンゲツの量産クロスの価格を参考にしました。

 

材料費(壁+天井) 14,000円
施工費用(相場価格) 20,000円
合計 34,000円

 

トイレの壁紙のリフォームは、30,000円~40,000円を設定している施工会社が多いようです。

 

部屋の壁紙をリフォームするより少し、安いくらいですね!

 

今回は無地の量産クロスを例にあげましたが、柄のはいった壁紙を使用する場合は、施工費用が少し高くなる場合があるようなのです。

 

トイレのリフォームに柄の入った壁紙を使用したい場合は、施工会社としっかり相談し、価格を確認するよう注意しましょう。

 

また、施工会社で取り扱っていない壁紙は断られる場合があるので、重ねて注意が必要です。

 

メリット
  • 仕上がりが綺麗
  • 施工が早い

 

デメリット
  • DIYに比べ費用がかかる
  • 選択できる壁紙が限られている

 

自分でリフォームする場合

自分でトイレの壁紙をリフォームする場合は、人件費や施工費用などは必要ないので、材料費のみでリフォームできます。

 

先ほどの施工会社に頼んだ場合の例では、材料費+施工費用で、34,000円かかりました。

 

同じ壁紙でリフォームする場合は、14,000円でトイレの壁紙がリフォームできます。

 

施工会社にお願いする場合の費用の半分でリフォームできちゃうんですね!!

 

 

また、施工会社で取り扱っていない色や柄の壁紙を選ぶことができるのも利点です

 

お気に入りの壁紙を見つけた!DIYや、節約が好き!という方は自分でリフォームするのもおすすめです。

 

メリット
  • 施工会社に頼んだ時と比べ、安価に壁紙を変えられる
  • 自分で好きな壁紙を選ぶことができる

 

デメリット
  • 慣れていない場合は、張替えに時間がかかる
  • 仕上がりにムラがでることがある

 

こちらでトイレのリフォームを内容別に紹介しています。

トイレのリフォーム費用の平均はいくら?リフォーム内容別に紹介

2019年6月9日

 

トイレの壁紙を自分でDIYリフォームしよう!!

 

トイレの壁紙を自分でリフォームすることを考えている方のために、壁紙を張る手順を紹介します。

 

トイレは普段生活する部屋よりも、狭い空間なので、比較的手軽にリフォームすることができますよ!

 

はるこ
自分でリフォームすると安くできるのは魅力的だけど、壁紙の張替えって面倒なんじゃない?

 

あつし
そんなことないよ。手順は少し多いけど、1つ1つは簡単な作業だから、母さんにもできるんじゃない?

 

はるこ
そうなの?あっくんが手伝ってくれるなら、やってみようかしら!

 

あつし
(半分以上、僕がやることになるんだろうな…。)

 

 

用意するもの
  • 壁紙
  • カッター
  • ローラー
  • なでパケ
  • 角べら
  • はさみ

 

のりのついていない壁紙を使用する場合は、別途壁紙用のり、バケツを用意してください。

 

DIYの流れ
  1. 壁紙を必要な長さにカットします。
  2. のり付きの壁紙の場合はフィルムを剥がします。(のりが付いていない場合は必要に応じてのりを塗る)
  3. 1枚目の壁紙を張っていきましょう。このとき、上と下5cmほど壁紙に余裕を持たせて張ると上手くいきますよ!
  4. 上と下のあまった壁紙を切り取ります。角に折り目をつけ、角べらで押し込むように目印をつけて、カッターで切っていきましょう。
  5. 上下の壁紙が剥がれてこないように、ローラーで密着させます。
  6. 1~5の工程を繰り返し、壁4面分と、天井に張っていきます。
  7. なでパケで空気を抜き、ローラーで壁紙の境目をしっかり密着させます。

 

引用:YouTube

 

以上がトイレの壁紙の張替えの手順になります。

 

1枚目の壁紙を張る時のポイントですが、右利きのひとは右側から、左利きのひとは左側から張っていくと、綺麗に張ることができます。

 

トイレのリフォームにおすすめ!壁紙の選び方

壁紙にはたくさんの種類の色や、柄、特別な機能が付加されたものが登場しています。

 

今回は、そんなたくさんある壁紙の中から自分にあった壁紙を選ぶためのポイントを紹介します。

 

はるこ
白い壁紙もいいけど、たまには別の色の壁紙にしたいわね。

 

あつし
変わった色の壁紙にするのはいいけど、トイレは普段生活する部屋に比べて狭い空間になるから、苦手な色や柄なんかもあるんだよ。

 

はるこ
あら、そうなの?あっくんはどんな壁紙がトイレに合うと思う?
あつし
これから、トイレの壁紙の選び方のポイントを紹介するね!

 

機能性壁紙

引用:ルノン株式会社

 

壁紙にさまざまな機能を付加した壁紙です。

なかでもトイレの壁紙におすすめなのが、防臭、防菌、防汚機能を持った壁紙です。

 

淡い色、小さい柄

引用:TOKIWA

 

トイレは他の部屋に比べて狭い空間なので、大きな柄や、目立つ色の壁紙を全面に張ってしまうと圧迫感があり、落ち着かない空間になってしまいます。

 

柄物の壁紙を選ぶ場合は、淡い色合いで小さい柄のものを選ぶと、狭いトイレでも圧迫感を感じません。

 

清潔感のある色

引用:Lilycolor

 

色ものの壁紙を選ぶ場合は、ブルーやグリーンといった、清潔感のある色がおススメです。

トイレの壁紙に選ばれることの多い白色ですが、汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。

防汚機能が付加されたものを選ぶなど、工夫すると、綺麗な状態を保ちやすくなります

 

番外編

引用:サンゲツ

 

面積の狭いトイレの4面すべてに存在感のある壁紙を使ってしまうと、圧迫感があり、落ち着かない雰囲気になってしまいますが、ポイント使いすることによって、空間にメリハリが生まれます。

 

大きい模様や、目立つ色を使いたい方は壁紙のポイント使いをするのがおすすめです。

 

こちらでDIYでトイレの内装をおしゃれにする方法を紹介しています。

トイレのリフォームならDIYでオシャレ内装を目指せ!!

2019年6月28日

 

トイレの壁紙をリフォームしよう!まとめ

 

トイレの壁紙をリフォームするには、施工会社へお願いする方法と、じぶんでDIYでリフォームをする方法の2通りがありました。

  • 施工会社にお願いする場合 30,000円~
  • 自分でDIYする場合     14,000円~

 

双方の金額、メリット、デメリットを考慮し、トイレの壁紙をリフォームする必要があるようです。

 

また、施工会社で取り扱っていない壁紙では張替えできない場合があるため、施工会社にお願いする際は、しっかり相談しましょう。

 

トイレの床のリフォームは、こちらを参考にしてください。

【トイレのリフォーム】床を張替えたい!床材選びのヒント

2019年8月29日

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です