畳からフローリングにリフォームするときの費用と注意点を紹介!

 

ライフスタイルの変化に伴い、特に若い人にとっては和室を使いづらいと感じている方も多いのではないでしょうか。

重い家具を置くと畳に跡が残ってしまいますし、畳の部屋はインテリアに悩みますよね。

僕自身も和室は好きですが、何となく高貴な感じがして「気安く物を置けない!」って思っちゃいます。

 

洋室なら使いやすいのに、と思っても和室まるごとリフォームすると費用も高額になりますよね。

そんな時は畳をフローリングにするだけでも雰囲気が変わり、使いやすくなります。

 

この記事では畳からフローリングにリフォームするときの費用や注意することについてまとめました。

使っていなかった和室をリフォームして有効活用しましょう!

 

畳からフローリングへのリフォーム費用と工期

はるこ
昔はどこの家も畳だったけど、やっぱりフローリングだと便利よね

あつし
メンテナンスも楽だし、家具とか置けるしね!

はるこ
でも床全体をリフォームするなら費用とか工事の日数とか心配だわ

あつし
畳からフローリングに変えるだけならそれほど費用もかからないんだよ!
雰囲気はかなり変わるから「部屋丸ごとリフォームする余裕はないけど洋室みたいに使いたい」って人にもオススメ♪

 

戸建ての和室を丸ごとリフォームして洋室にすると約100万円のリフォーム費用がかかると言われています。

そこまで高額なリフォーム費用をかけなくても畳がフローリングになるだけで雰囲気が変わるし使いやすくなります。

 

6畳の和室を畳からフローリングに変える場合、リフォーム費用の価格相場は10万円~25万円程度

フローリングの強度や性能、部屋の広さによって多少金額は変わります。

フローリングの種類には色々あるので、後ほど詳しく紹介しますね!

 

床全体を変更するとなると大規模な工事になるイメージですが、実はそこまで日数はかからず、1日で工事が終了します。

(面積によってはもう少しかかることもあります)

床に置いてある家具などを全て移動させる必要があるので、リフォームが始まる前に片付けておくとスムーズですね。

 

フローリングの種類

はるこ
リフォーム費用はフローリングの種類によっても変わるのよね?
正直、どれでも一緒じゃない?って思うんだけど

あつし
フローロングは大きく分けて2種類あるんだけど、性質や扱いやすさが全然違うよ!
どっちを使うかによっても費用は変わるから、詳しく解説するね!

 

フローリングには「複合フローリング」と「無垢フローリング」の2種類があります。

最近では無垢フローリングが人気で需要が高まっていますが、複合フローリングに比べて価格が少し高めです。

それぞれメリット・デメリットがあるのでよく検討しましょう!

 

複合フローリング

複合フローリングは合板などの基材の上に薄い無垢材や化粧シートなどの化粧材を張り合わせたフローリングです。

引用:楽天市場

 

複合フローリングのメリット
  • カラーが豊富。
  • 強度や耐水性など機能性に優れている。
  • メンテナンスが楽。
  • 遮音性能がある。
  • 経年劣化が発生しにくい。
  • 床暖房に対応している。
  • 安価

 

複合フローリングのデメリット
  • 見た目が安っぽく感じる。
  • 木の質感が感じられない。

 

複合フローリングは安価で扱いやすいためよく使われています。

ですが、天然素材ではないので木の風合いや肌触りは感じられません。

 

複合フローリングの中でも「突板フローリング」と呼ばれるものは表面が無垢材なので無垢フローリングに近い質感を楽しむことができます。

ただし、深く傷つけてしまうと下の合板が見えてしまうので注意が必要です。

 

はるこ
複合フローリングはよく見かける床ね!
安くてメンテナンスも楽で強度もあって劣化もしにくい、素晴らしい床だけど
「木」って感じがしないし安っぽく見えるのが残念ポイントだわ

 

無垢フローリング

無垢フローリングは天然の無垢材のみを使ったフローリングで単層フローリングとも言います。

引用:イエナカ手帖

 

無垢フローリングのメリット
  • 自然な風合いを楽しめる。
  • 調湿効果がある。
  • 足触りがよく、裸足で歩いたときに気持ちいい。

 

無垢フローリングのデメリット
  • 自然素材のため、劣化しやすい。
  • 自然素材のため、天候等により伸縮・膨張が起こる。
  • 複合フローリングに比べて高価。
  • 施工が難しい。

 

無垢フローリングは100%天然素材なので、木本来のぬくもり風合い香り触り心地などを楽しむことができます。

天然素材のため日当たりのいい南側の窓付近は日焼けもしますし、革製品のように使い込んでいく楽しみを味わいながら生きた木材を実感することができるでしょう。

 

ただし、自然素材ならではのデメリットも多いです。

反り、割れ、焼けなどの経年劣化や、湿度の変化による伸縮・膨張などをある程度覚悟しておかなければいけません。

さきほどメリットでも伝えたフローリングの日焼けは、人によっては「色の変化なんて絶対嫌だ」と感じる方もいますので、そういう方にとってはデメリットになってしまいますね。

 

施工も難しく、職人さんの技術力がそのまま仕上がりとして現れます。

 

無垢フローリングは木の種類によって硬さが違うのがポイント。

杉や檜などの針葉樹は柔らかく、楢などの広葉樹は硬い傾向があります。

 

補足
柔らかい床材は肌触りがよく、ぬくもりを感じられる反面
硬いものを落としたりすると傷がつきやすいので注意が必要です。

 

はるこ
無垢フローリングは高級感もあるし、木のいい香りがして最高ね!
でも自然素材だからこそのデメリットもあるし、マメなメンテナンスをしないといけないのよね

 

 

畳からフローリングへのリフォームで注意すること

あつし
畳からフローリングにリフォームすると、畳の時にはなかった問題が起きたりするんだ

はるこ
ただ便利になるだけじゃないのね?

あつし
そうなんだ。畳じゃなくなることで起こる問題について事前に知っておくことは大事だよ

 

畳がフローリングになれば、家具も置けるし掃除も楽になって便利ですよね♪

ですが、実は畳には色々な役割がありフローリングに変更することで今まで畳が担っていた性能を得られなくなる、という問題があります。

畳からフローリングにリフォームするときには次の3つのポイントに注意しましょう。

 

畳からフローリングへのリフォームで起こる問題
  • 湿気がこもりやすくなる。
  • 防音性が落ちる。
  • 冷える。

 

それぞれ詳しく解説します。

 

湿気がこもりやすくなる

畳には調湿機能がありますが、フローリング(特に複合フローリング)にはありません。

畳からフローリングに変更することで調湿機能が大幅に落ちてしまいます。

そのため、畳のときよりも結露ができやすくなります。

畳からフローリングにリフォームしたらマメに換気を行うようにしましょう。

 

防音性が落ちる

畳には空気が含まれており、防音性遮音性に優れています。

フローリングにすることで防音性が落ちるので、家族やご近所さんへの更なる配慮が必要になります。

 

マンションの場合は防音規定をしっかりチェックしましょう。

マンションの和室を洋室にリフォームする場合はこちらの記事を読んでみてくださいね!

和室から洋室へのリフォーム費用 マンションの場合

和室から洋室へのリフォーム費用はマンションの場合いくら?

2019年6月10日

 

冷える

畳は素足で歩いてもそれほどひんやりしませんよね。

フローリングは外気に左右されやすく、特に冬はスリッパなしでは歩けないほど冷えます。

冷えが気になる方は、リフォームの際に断熱材床暖房を入れるといいでしょう。

 

床暖房のリフォーム費用はこちらの記事で詳しく紹介しています。

床暖房リフォームってどうなの?メリットや費用まで徹底調査しました!

2019年3月22日

 

フローリングに変えることで生じるデメリットもあるので、どちらがいいかよく検討することをおススメします。

「やっぱりやらなければ良かった・・・元に戻したい」ということにならないように、施工前にじっくり考えましょうね。

 

畳からフローリングへのリフォーム まとめ

・畳からフローリングへのリフォーム費用は10万円~25万円程度

畳からフローリングにリフォームする場合、6畳で10万円~25万円が相場です。

広さや使うフローリングの種類によって多少前後します。

和室を丸ごと洋室にすると100万円ほどかかるので、そこまで費用をかけずに雰囲気を変えたい方におすすめのリフォームです。

 

・フローリングには複合フローリングと無垢フローリングがある。

合板と無垢材、もしくは化粧シートでできた複合フローリングと、天然の木のみで作る無垢フローリング(単層フローリング)。

複合フローリングは安くて扱いやすい反面、本物らしさに欠けます。

無垢フローリングは木のぬくもりを感じられる反面、自然素材ならではなデメリットも多いです。

それぞれの特徴を知り、ライフスタイルに合わせて選びましょう。

 

・畳からフローリングに変えることで起こる問題に注意!

畳には調湿性や防音・遮音性があります。

フローリングに変えることで結露ができやすくなったり、音が響くようになったり・・・という問題が起こります。

 

また、フローリングは畳に比べて外気の温度に左右されやすく、冬は冷えやすいです。

防音用の下地を入れたり、断熱材を入れたりとリフォームの時点で解消できる問題もあるのでぜひ検討してくださいね。

 

畳からフローリングにリフォームすると、雰囲気も変わるし使いやすくなります。

丸ごと洋室にリフォームするのと違って一部だけのリフォームなので費用や工期も少なくて済むのがいいですね。

リフォームをすると便利な部分だけに目が行きがちですが、畳を失うことで畳が持っていた性能も失うことになります

フローリングにすることで起こる問題にも目を向け、どのように解消していくかも考えるようにしましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です