蓄電池を導入する費用相場と補助金を徹底調査【2019年版】

 

自宅で太陽光発電をなさっている読者様も多いことでしょう。

この太陽光発電ですが、2019年問題と呼ばれるものがあることをご存じですか?

 

それは2009年以前に太陽光発電を導入していた場合の買取価格が変わるということです。

今までの48円だった買取価格が11円になると予想されるのです。

 

これに対する対策はいろいろあるのですが、電力会社に売電するよりも自家消費するほうが得だという面もあります。

そして、この自家消費に必要となってくるのが蓄電池と呼ばれるものです。

 

そこで蓄電池を導入する時の費用相場補助金について調べてみました。

蓄電池を導入することで、電気を売るから自家消費するにシフトチェンジしませんか?

 

 

蓄電池を導入する費用相場と補助金

 

蓄電池を導入するためには、設置するための工事が必要です。

その場合、どれくらいの費用がかかるのかということが気になると思います。

というわけで、いろいろと調べてみました。

 

一般的な費用相場

この時の工事費ですが、本体価格と工事費込みでの価格を紹介したいと思います。

蓄電池を導入するための費用としては、本体+工事費込みで15万~28万円近くがかかります。

これは蓄電容量1kWhの場合なので、実際に設置するときは金額が変わってきます。

それでは、どのようなメーカーが蓄電池を扱っているかということも同時にお伝えしたいと思います。

 

  メーカー名 容量 工事費
シャープ 4.2kWh 約180万
パナソニック 5.0kWh 約128万
長州産業 6.4kWh 約175万
ニチコン 12kWh 約420万

引用:エコ発電本舗

 

これ以外にも伊藤忠(9.8kWh)約250万、京セラ(7.2kWh)180万などの蓄電池があります。

ただし、地域や工事内容、施工店によって価格が上記のものとは異なる場合があるので注意してください。

 

どうして蓄電池は高いのか

はるこ
あっくん、蓄電池ってどうしてこんなに高いの?

 

あつし
やっぱり、そう思うよね。

実はこれにはちゃんとした理由があるんだ。

 

はるこ
どんな理由?

 

あつし
蓄電池が高いのには3つの理由があるんだ。

それぞれ簡単に説明しておくね。

 

蓄電池の価格が高い理由
  • 原材料が高い
  • 管理システムを組み込むため、コストが上がる
  • 回収を想定しているため高い

 

蓄電池にはいろいろな種類がありますが、家庭用としてはリチウムイオンが主流になっています。

このリチウム自体の価格が高いということ、そして電池の構造が複雑だということが高い価格の原因となっています。

 

それだけではありません。リチウムは危険物でもあるため、安全対策にコストをかける必要があります

また、廃棄することができないために、回収費用を組み込む必要があります

 

 

つまり、蓄電池の価格には回収費用も追加されているのです。

 

 

これらの理由から蓄電池の価格はどうしても高くなってしまうというわけなのです。

 

蓄電池を導入するための補助金

蓄電池が高額だということは読者様もよくご存じのことでしょう。

となると、設置のための補助金がないかと思うのも当然のことです。

この補助金ですが、多くの自治体で交付されています。

 

ただし、いろいろな条件があるので、それを満たしていないと補助金の交付はありません。

また、補助金の申請は先着順となっています。

 

そして、2019年度は太陽光発電の固定買取価格が終わったユーザーが蓄電池の導入を考えている場合が多いです。

そのため、ゆっくりしていると予算が終わって公募が終了ということもあります。

 

これらの2019年度の補助金の中でも最大60万円と高額なものが、「災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金」という国の補助金です。

この補助金についての詳細はこちらを参照してください。

 

もっとも、一次公募は終了して2019年10月1日 ~2019年11月29日までの二次公募を残すのみとなっています。

また、この補助金には対象に条件があります。

 


引用:太陽光発電導入ナビゲーション

 

上のイラストで分かるように、蓄電池だけでは申請することができません

既設でも新設でもいいのですが、住宅用太陽光発電(10kW未満)が一緒に設置されていなければなりません。

 

つまり、太陽光発電を導入している場合でも、10kW以上の大型の太陽光発電は対象外となっているわけです。

この部分をクリアしていれば、この補助金は検討する価値が大きいものではないでしょうか。

 

参考までに補助金の計算式の例をご紹介しておきます。

①災害対応型
●家庭用蓄電システム販売価格:1,000,000円(蓄電容量8.0kWh 初期実効容量6.8kWh 15年保証)
家庭用蓄電システム工事費:250,000円
●HEMS機器販売価格 120,000円 、工事費 50,000円 の場合

蓄電容量8.0kWh×13.5万円=1,080,000円が目標価格となり、販売価格1,000,000円は目標価格以下のため2019年度目標価格以下の補助額を適用

家庭用蓄電システム設備費補助金額:初期実効容量6.8kWh×補助額20,000円=136,000円
HEMS機器設備費補助金額: 120,000円×1/2=60,000円だが、上限50,000円を適用
工事費補助金額 :(250,000円+50,000円)×1/2=150,000円だが、上限50,000円を適用
136,000円+50,000円+50,000円=236,000円が補助金の額となる
※上限価格は(1,000,000+250,000円+120,000円+50,000円)×1/3=473,333円

引用:環境共創イニシアチブ

 

補助金の出る蓄電システム登録製品の一覧を知りたいという読者様は、こちらの公式サイトで確認をお願いいたします。

 

これ以外にも蓄電池の導入のための補助金はあります。

もっとも、自治体によって申請金額や助成率は異なりますし、募集期間が終了している場合もあります。

 

まずは申請する自治体に問い合わせてみることが必要です。

その上で申請できる補助金があるのなら、申請することをおススメします。

 

 

蓄電池を導入するとどうなるの?

 

蓄電池の費用相場や補助金のことはわかっていただけたと思います。

では、次に読者様が気になることといえば、蓄電池を導入することでのメリットとデメリットではないでしょうか。

 

ここではそのことについて説明したいと思います。

 

導入するメリット

【賢くエネルギーが使える】

蓄電池を導入することで電力会社との契約を見直すことができます。

具体的にいうと、日中は高いけれども深夜は安いというプランに変更することができます

 

その理由は、深夜帯の安い電気を蓄電池に貯めて、日中にその電気を使うことで差額分の電気代を削減することができる、というわけです。

 


引用:ソーラーパートナーズ

 

これは日中の電気使用量を抑える「ピークシフト」にもつながります。

このピークシフトをする一番の利点は、コストが高く二酸化炭素の排出量が多い火力発電の出番を減らせるということです。

 

【非常時に安心】

日本は地震大国です。それだけではなく、最近の異常気象の影響で停電になる可能性も低くありません。

そんな時、電化製品が使えなくなるというのは辛いですよね。

 

なんといっても、災害時の情報を得るためにラジオやスマホなどの携帯電話は欠かすことができません。

また、ライフラインが復旧するまでの間、冷蔵庫が使えないというのも困ります。

 

でも、蓄電池を導入しておけば、突然の停電にも安心することができます。

7.2kWhの蓄電容量があれば、照明やテレビ・冷蔵庫など12時間使用し続けることができます。

 


引用:ソーラーパートナーズ

 

また蓄電池は3時間ほどでフル充電することが可能です。

災害時に安心して電気を使うことができる。これは蓄電池の大きなメリットではないでしょうか。

 

【電気自動車との相性がいい】

まだ一般的というわけではないですが、最近の自動車業界は電気自動車にも力を入れています。

この電気自動車は蓄電池との相性がいいのです。

 

蓄電池に貯めておいた電気を自宅に車を停車させている時間帯に送るということも可能です。

これには「トライブリット」と呼ばれるタイプの蓄電池が必要ですがこれは車だけではなく家電製品にも電気を供給することができます。

実際に自宅が災害で停電した際、通電しているエリアで電気自動車に貯めた電気を蓄電池を経由して自宅へ供給し、数日の停電期間を乗り切ったケースもあります。

 

家も車も電気の自給自足ということが可能なのが蓄電池というわけです。

 

導入するデメリット

【設置コストが高い】

蓄電池の一番のデメリットは、設置コストが高いということです。

一般の家庭で導入を検討される蓄電容量は6~8kWh程度が一般的ですが、この場合でも100万前後の初期費用が必要になってきます。

 

太陽光発電をされている読者様の場合、売電価格が下がったことで蓄電池の導入を考えている場合も多いと思います。

その場合でも、蓄電池の価格と電気を自家消費することの金銭メリットがあるかをよく考える必要があります。

 

現状の導入コストで考えた場合、「蓄電池を導入したから経済的に得になる」とは言えない部分があるというのが本音です。

 

【電池ユニットの経年劣化】

蓄電池は何度も充電をして使用することができます

スマホなど携帯電話のバッテリーと同じだと考えてもらえばいいと思います。

 

そのため、充放電を繰り返していくことで、使える容量が減っていくという特性があります。

この特性のことを「サイクル寿命」といいます。

 


引用:エコ発電本舗

 

蓄電池の1回の充電と放電を1セットとしたものが1サイクルと定義されています。

ですので、10,000サイクルの場合、1日1サイクルなら単純計算で27年の寿命ということになります。

 

家庭用蓄電池のサイクル寿命は、機種によって異なります。

ですので、長く適切に使うことのできる製品を選んでください。

 

蓄電容量が徐々に減っていくのは間違いないことなので、交換は必ず必要です。

そのため、購入するときにはしっかりと製品の説明をしてくれる会社を選んでください。

 

【置く場所に気を付ける必要がある】

家庭用蓄電池は設置場所も必要になってきます。

大きさの目安としては幅100cm奥行30cm高さ120cmだと思ってください。

 

また、高温や低温になりすぎず、結露しない場所を選ぶ必要があります。

ベストな状態で使用するためにも設置場所の選定は大切です。事前調査できちんと場所を選ぶようにしてください。

 

太陽光発電との関連

読者様の中で、太陽光発電を導入されている方もいらっしゃることと思います。

その場合、蓄電池はとても有効に使うことができるのです。

 

はるこ
あっくん、太陽光発電で作った電気を蓄電池だとどうして有効に使うことができるの?

 

あつし
実は、一番太陽が出てる時の発電した電力は余っちゃって、すごく勿体ない使い方になっちゃているんだ!

 

はるこ
それが本当なら勿体ないわよね・・・

でも、そんな都合よく貯めたり使ったり出来るの?

 

あつし
実は「蓄電池」には出来ちゃうんです!

メリットのところで説明した「ピークシフト」と「ピークカット」という方法になるんだ!

ちょっとわかりにくいと思うから、もう一度、図にしてみたよ!

 


引用先:電池工業会

 

ピークシフトとは
お昼などの電力をたくさん使う時間帯の電力使用量を減らし、夜などの電力を使う少ない時間帯に電力をまわすこと

 

ピークカットとは
再生可能エネルギーを使用したり、節電をすることにより、電力の使用量そのものを低減すること

 

このように電気を使用する時間帯をシフトすることで節電しようと思ったとき、有効なのが蓄電池というわけです。

ちなみに「太陽光」に「蓄電池」を併用すると、30万円も得になるという計算もあります。

 

引用先:電池工業会

 

太陽光発電の売電価格はかなり低くなってきています。

そのため、電力会社に電気を売るよりも自宅で消費したほうが得になるという場合も増えてきています。

 

その時蓄電池を導入しておけば、昼間に発電した電気の余っている分を貯めて、必要な時に使うことができるというわけです。

 

 

蓄電池を導入するときにやるべきこと

 

蓄電池についていろいろとお伝えしてきました。

ここからは、蓄電池を導入する時に注意することなどご紹介しようと思います。

 

使用電気量と蓄電容量について

読者様が蓄電池を導入しようとする動機はなんでしょう?

 

  • 電気代削減のために電力を貯めておきたい
  • 非常時の際に利用したい

 

この二つが大きな動機になるのではないでしょうか?

この時、重要なのが蓄電池の蓄電容量になります。

 

そこで、非常時にどれくらいの電力が必要かということを考えていきたいと思います。

非常時に必要なものを3つ挙げるとすればなんでしょう?

 

非常時に必要なもの
  • 照明
  • 情報
  • 食料

 

他にもエアコンなど冷暖房の設備も思われるかもしれませんが、生活していく中での最低限といえば、この3つではないでしょうか。

これらにどれだけの電力がいるのかを調べてみました。

 

電力はどれくらいいるの?
  • 照明:100W
  • 情報:180W(テレビ:150W、携帯充電2台15W×2)
  • 食料:190W(冷蔵庫)

 

これだけで約500Wになります。これらの機器を10時間使いたい場合の計算式は次のようになります。

 

500W×10時間=5000W(5kWh)

 

つまり、蓄電容量が5kWhのものがあれば、これだけの機器を動かすことができるというわけです。

もっとも、家庭での避難ということを考えるとエアコンも使用したいです。

 

その場合冷房だと650W、暖房だと750Wを追加してください。

これで1時間に必要な電力は約1.3kW、7kWhの蓄電容量のある蓄電池を導入した場合、約5時間はこれらの家電を使用することができます。

 

このように、蓄電池を選ぶ場合は、どれだけの電力を使いたいかということを考えないといけないのです。

 

容量の低い蓄電池は導入する費用も安くすみます。でも、使用電力に満たない場合は、思っているだけの電化製品を使うことはできません。

もしもの時を心配して容量の大きい蓄電池を導入すると費用は高額になってきます。

 

蓄電池を導入するときは、これらのことをよく考えて蓄電容量を決める必要があります。

 

工事の期間と費用について

蓄電池の導入に必要なものとして、蓄電池自体の購入もありますが忘れがちなのが導入時の工事費です。

この工事には設置工事電気工事があり、それぞれに費用がかかってきます

 

冒頭でも1kWhの場合、本体+工事費込みで、15万~28万円とご紹介しました。

たしかにこの中に工事費は含まれています。ただ、配線工事などで別途に費用が発生する場合があります。

業者から見積もりをもらったときは、このことを必ず確認するようにしてください。

 

また設置工事ですが、大体1日(12時間程度)で完了します。

ただ、蓄電池本体の基礎工事としてコンクリートを使うので、お天気のいい日を選んだほうがいいと思われます。

 

設置工事とは
  • 蓄電池を家庭に設置する工事
  • 屋内・屋外のどちらかに設置するが、屋外の場合はサイズによって料金が違ってくる

 

電気工事とは
  • 蓄電池に電気をためるための配線工事
  • 蓄電池から電気を供給できるようにするための配線工事
  • 既存の太陽光発電と接続する工事(太陽光発電を利用している場合)
  • 管理用モニターへの配線工事

 

はるこ
蓄電池の設置って結構いろいろ大変なのね。

で、費用はどれくらいかかるのかしら?

 

あつし
屋外に設置する場合はサイズによって変わってくるから、参考程度にしかならないと思うけどね。

でも、大体、20万~30万が一般的だと思っておけばいいみたいだよ。

 

はるこ
た、高い・・・蓄電池だけでも100万とか200万っていうでしょう?

 

あつし
母さんの言いたいことも分かるよ。

たしかに、蓄電池のメーカーのカタログは製品の価格だけという場合があるけど、設置を依頼する業者のHPに掲載されているのは工事費も含まれているよ。

もっとも、さっきもいったように別途で請求される費用があるかもしれないから、見積書はちゃんともらおうね。

それと、今は設置工事のいらない蓄電池もあるんだよ!

 

読者様の中には蓄電池は導入したいけれどもマンションでは設置場所がないと悩まれる場合もあるでしょう。

そんな時は「ポータブル蓄電池」を検討してみるのも方法です。

 

ニチコン社から出ている「家庭用・業務用ポータブル蓄電システム」なら設置工事は必要ありません

工事期間は設置するだけなので考える必要もありません。

  名称 メーカー サイズ 価格
ポータブル蓄電池 ニチコン 25×38×55cm
(キャスター含む)
約38kg
425,000円(税抜き)

 

この蓄電池はポータブルというだけあって、蓄電容量が2kWh ですし、充電時間も6時間と少々かかります。

そのことで物足りないと思われる読者様もいると思います。

 

でも、災害時の停電で最低限の照明と携帯の充電だけと考えた場合、この充電容量でも2日間は大丈夫です。

マンションのように外部に設置できない場合はこのような蓄電池も十分に役に立ちます。

工事費工事期間のことを考えると、こういうポータブル蓄電池もあるということを覚えておくのもいいことではないでしょうか。

 

蓄電池の種類いろいろ

一般的な「乾電池」は、使い切るというイメージが強いと思います。

ところが、「蓄電池」はそうではありません。ホームセンターなどでもみかけると思いますが、「充電池」と同じように何度も充電して放電できるという特徴があります。

 

この蓄電池の中で住宅用としておススメなのは、リチウムイオン蓄電池、ニッケル水素電池、鉛蓄電池です。

 

とはいえ、ほとんどの住宅用がリチウムイオン蓄電池だと思って間違いないです。

その理由として、他の蓄電池よりもエネルギーの密度が高いということがあります。

 


引用先:電池工業会

 

はるこ
あっくん、ちょっとお母さんには難しいわ・・・

 

あつし
上のイラストだとちょっとわかりにくかったかな?

じゃあ、こっちを見て。簡単にいうとリチウムイオン蓄電池は他の蓄電池よりも軽くてコンパクト

しかも、取り付け簡単で設置スペースも場所をとらないって事なんだ・・・

 


引用先:電池工業会

 

はるこ
これならわかるわ♡

やっぱり、コンパクトっていうのは大事よね☆

 

あつし
それだけじゃないんだ。「リチウムイオン蓄電池」は他の蓄電池に比べて寿命が長いんだよ。

つまり、選ばれているのにはちゃんとした理由があるんだよね!

 

蓄電池を導入するときの費用相場と補助金のまとめ

 

読者様が蓄電池の導入を考えられるのは、どのような時でしょう?

卒FITと呼ばれる太陽光発電の固定買取価格が終了する時ではないかと思われます。

 

この時、余ってしまった電力を電気会社に売却するのではなく、自家消費するのに必要なのが蓄電池というわけです。

 

その蓄電池の費用相場補助金メリットデメリットなどさまざまな角度から見てきましたが、蓄電池の導入に関しては、それぞれの考え方次第ではないかという思いもあります。

 

やはり、蓄電池自体がまだ高額ということもあります。

余った電力を自家消費することと導入にかかる初期費用のバランス

このあたりが蓄電池の導入に対する一番のハードルではないでしょうか。

 

しかし、このハードルは補助金というものである程度カバーすることができます。

それだけに、蓄電池を設置する場合には業者をきちんと選ばないといけないということです。

 

 

どのようなライフスタイルを選ぶのか。

 

 

蓄電池の導入はそういう部分も強いのだということを忘れないようにしてください。

話題になっているからということで導入すると、結局、後悔することになってしまいます。

 

エネルギーの自給自足が可能なのが蓄電池です。

導入にはメリット・デメリットをきちんと理解したうえで決めるようにしてくださいね。

 

 

あつし
太陽光発電や蓄電池導入を検討中の方はソーラーパートナーズなら実績No.1なので相談先としてはおすすめです。

 

会社の特徴
  • 太陽光発電の見積サイトとして、リフォーム産業新聞の調査で2015年度~2018年度の4年連続依頼件数No.1
  • 見積依頼すると、ソーラーパートナーズが厳選した、地元で最も評判の太陽光業者を紹介
  • 審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した上で、 お客様評価が高い優良業者限定で紹介
  • 太陽光業者は、『販売会社』が『施工会社』に工事を外注する形が一般的ですが、 ソーラーパートナーズでは、販売・施工・アフターまで一貫して行える『施工会社』しか加盟できません。
  • 販売・施工・アフターをすべて一貫して行える『施工会社』は、 施工やアフターのノウハウが販売に反映されやすく、説明が丁寧で責任感が高く安心
  • 外注施工の場合にかかる中間マージンがないため、低価格で太陽光発電を購入可能

 

\見積だけなら読者様に損はなし!/

 

 

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です