消費税増税10%目前!知って得する!リフォームの補助金2019年度決定版

 

消費税が増税して10%になるのも目前ですね。リフォームしたいけど、どうしよう!とお悩みの方もいらっしゃると思います。

 

そのリフォームどうしますか?

 

増税前に急いで済ませるか、諦めるか。

 

そんな悩みをお持ちの読者様にお得な情報があるんです!

 

リフォームでもらえる補助金2019年度版
  1. 次世代住宅ポイント制度
  2. 長期優良住宅化リフォーム事業
  3. 断熱リノベ、次世代建材
  4. ZEH(ゼロエネルギーハウス)補助金
  5. エネファーム設置補助金
  6. 地域型住宅グリーン化事業
  7. 市町村補助金

 

少し調べただけで、暮らしやすい家にするリフォームを応援してくれる制度がこんなにあるんです!

 

どんなリフォームをするといくらもらえるのか、この後詳しく説明していきます。補助金制度を賢く利用して、お得にリフォームしちゃいましょう!

 

\今なら間に合う!消費税8%/

▼ 完全無料でローン削減額チェック! ▼

 

消費税増税10%!リフォームの補助金2019年度版

 

次世代住宅ポイント制度

 

次世代住宅ポイント制度は、消費税増税による国民の負担を軽くし、増税前の駆け込み需要や増税後の買い控えを防ぐことを目的とした制度です。

 

引用:エコdeギフト

 

はるこ
あら?図を見ると、リフォームの後にポイントをもらえて、そのポイントと商品を交換できる制度なのね!お金がもらえるわけじゃないんだわ。

 

あつし
お!母さんいいところに気がついたね。この制度は、ポイントと商品を交換してもらえる制度であって、ポイントを商品券と交換したり、リフォームの工事費用に当てたりすることはできないんだ。

 

あつし
ポイントを受け取るためには、条件があるよ!

 

リフォームをする時期

契約を2019年4月1日以降引き渡しを2019年10月から2020年3月31日に行ったリフォームが対象です。

 

ただし、経過措置として、契約は2019年3月31日までに行ったが、工事開始が2019年10月以降になったリフォームも対象となります。

 

リフォームの内容
  • 断熱リフォーム(窓、ドア、床、屋根、外壁)
  • バリアフリーリフォーム(手すりの設置、段差の解消など)
  • 省エネ設備の設置(太陽熱利用システム、節水トイレなど)
  • 耐震リフォーム
  • 家事を軽減する設備の設置(ビルトイン食器洗い乾燥機、自動調理対応コンロなど)
  • リフォーム瑕疵(かし)保険への加入
  • 住宅診断の実施(専門家による家の現状検査)
  • 若者や子育て世代が、既存住居を購入した時にするリフォーム

 

リフォーム瑕疵(かし)保険とは、

 リフォーム終了後に、工事の欠陥が見つかった時に修理費用を負担してもらえる保険です。

 

瑕疵保険って何?と気になった読者様はこちら

リフォームトラブルの救世主?リフォーム瑕疵担保責任とは?

2019年4月25日

 

はるこ
もらったポイントは何と交換してもらえるの?おいしいスイーツとかもらえるのかしら?

 

あつし
スイーツはどうなんだろうね?省エネ防災地域振興子育て家事軽減健康に関する商品と交換することができるみたいだよ。

 

詳しく知りたい読者様は、こちらで確認することができます。

 

次世代住宅ポイント制度についてもっと知りたい読者様はこちらをご覧下さい。

消費税増税10%!リフォームには次世代住宅ポイント制度を

2019年5月7日

 

長期優良住宅化リフォーム事業

 

はるこ
長期優良住宅って、どんな家のこと?

 

あつし
安心して、長く住める家のことだよ!

 

引用:協和ハウス

 

長期優良住宅の認定基準(戸建て)
  1. 劣化対策を行っている
  2. 耐震性がある
  3. 省エネルギー性 
  4. 維持管理・更新の容易性(メンテナンスしやすいこと) 
  5. 住居環境(地域の環境と調和がとれていること) 
  6. 住戸面積 
  7. 維持保全計画(点検と補修内容の計画を提出すること)

 

はるこ
こんなにたくさんの決まりがあるのね。難しいけど、細かく決められていると安心ね!

 

あつし
長期優良住宅化リフォーム事業では、リフォームにかかった費用の1/3を受け取ることができるんだ。補助金の上限額によって3種類あるよ。

 

評価基準型   (補助金の上限は150万円

①劣化対策②耐震性が基準を満たした上で、③省エネルギー性④メンテナンスしやすいこと、バリアフリー化、リフォームしやすいことの4つのうちいずれかで基準を満たしている場合です。

 

認定長期優良住宅型  (補助金の上限は250万円

上の基準をすべてを満たし、長期優良住宅の認定を受けている場合です。

 

高度省エネルギー型  (補助金の上限は300万円

長期優良住宅の認定を受けた上で、20%の省エネを達成している場合です。

 

あつし
さらに、共通して、工事の前に住宅診断をすることとリフォーム履歴・維持保全計画をつくることが必要だよ。

 

はるこ
長い間、安心して住むことができる家にすることって大変なのね。

 

断熱リノベ、次世代建材

 

どちらも断熱リフォームを行うことでもらえる補助金です。似た制度なので合わせて説明します。

 

断熱リノベ
  1. 高性能な断熱材、ガラス、窓省エネ効果15%以上)を使った断熱リフォーム
    →補助金は材料費と工事費を合わせた金額の1/3以内(最大120万円)
  2. 家庭用蓄電システム、家庭用蓄熱設備(エコキュート)の設置。(戸建てのみ)

 

家庭用蓄電システム、家庭用蓄熱設備の設置
は、固定価格買取制度の買取期間が2020年3月までで終了する方が、断熱リフォームと合わせて行う場合のみ対象となります。

 

次世代建材
  1. 断熱パネル潜熱蓄熱建材を使った断熱リフォーム
  2. 断熱リフォームと合わせて行う、断熱材、玄関ドア、窓、ガラスなどのリフォーム

→補助金は材料費と工事費を合わせた金額の1/2以内(最大200万円まで)

 

潜熱蓄熱建材とは、
 物質が液体⇔固体に変化する時の性質を利用して、昼間のエネルギーを蓄え、夜に放出する建築材料のことです。床、壁、天井などに利用することで高い省エネ効果を得ることができます。

 

はるこ
断熱リノベでは窓だけのリフォームも補助金の対象になるけど、次世代建材では窓だけのリフォームは対象にならないのね。

 

あつし
そうなんだ。母さん、今日はさえてるね!

 

はるこ
お金とお得な話には強いのよ!

 

あつし
ははは、そうだったね。

ただ、気をつけて欲しいことがあるんだ。補助金の対象になるのは、リフォームで使う材料がSIIに登録されていることが必要だよ。

 

はるこ
はい!あっくん、質問です!SIIって何?

 

あつし
SIIは、環境共創イニシアチブという法人のことなんだ。省エネに関わる事業を行っているんだよ。国から補助を受けて、この補助金制度を実施しているんだ。

 

断熱リフォームについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

断熱リフォームはどこまですればいい?費用に対して得られる効果は?

2019年4月18日

断熱リフォームするなら断熱材は何にする?補助金ってあるの?

2019年4月5日

 

ZEH補助金

 

引用:スーモ

 

ZEHというのは、「ゼロ・エネルギー・ハウス」、つまり必要なエネルギーを自給自足できる家のことです。

 

ZEHの定義
  1. 省エネ基準より、高い断熱基準であるZEH基準を満たしていること。
  2. 省エネ基準より、20%以上省エネになっていること。
  3. 太陽光発電などで電気をつくることによって、年間のエネルギー収支がおおよそゼロであること。

 

あつし
国はエネルギー政策として、ZEHを推めているんだ。制度を利用する条件を見てみよう。

 

ZEH補助金を利用する条件&補助金

条件

  1. 自らが所有、居住する戸建て住宅であること。
  2. 登録されたプランナー・ビルダーによって作られたこと。
  3. ZEHの定義を満たしていること。

 

補助金の額

一律70万円

 

ZEHよりさらに高い省エネルギー性を備えることで、補助金の金額が上がるZEH+、ZEH+Rもあります。

 

エネファーム設置補助金

 

引用:株式会社キョウプロ

 

エネファームとは、水素と酸素から電気と熱をつくるシステムのことです。電気と熱を同時につくることができるので、エネルギー効率がとても良いです。

 

エネファーム補助金を利用する条件と金額

条件

  1. 指定のエネファームであること。
  2. 6年以上使用すること。

 

補助金の額

金額は最大8万円(設置する環境によって、最大3万円の追加補助あり)

 

あつし
ただし、指定のエネファームだとしても中古品だったり、買った時の金額が基準より高すぎる場合には補助は受けられないから注意しよう。

 

あつし
このエネファーム設置補助金だけど、エネファームに関して既に他の補助金をもらっている場合には併せて受け取ることはできないよ。

 

はるこ
そうよね。二重取りはずるいわよ。市町村の補助金でもだめなの?

 

あつし
市町村によって違うよ。中には併用できる市町村もあるから、利用するときには調べてみてね。

 

地域型住宅グリーン化事業

 

引用:しらさぎの家

 

地域の木材を利用して、地域の人が建てた家に対して補助金を交付する事業です。地域の活性化、地域の木造建築の普及、子育てしやすい環境づくりなどを目的としています。リフォームに関わる業者(林業、製材、流通、設計、施工など)が1つのグループを組み、グループで国から認定を受けます。

 

地域型住宅グリーン化事業を利用する条件
  1. 国に認定されたグループに属する中小工務店が施工。
  2. 地域木材の使用

 

はるこ
認定を受けているなら、信頼できて安心ね!

 

あつし
認定をうけたグループの実績は一般に公開されているよ。

 

補助金の種類は2種類あります。

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEHの定義を満たす、またはそれと同等の省エネ性能であることが必要です。

 

補助金の金額
費用の1/2以内の金額(最大140万円

地域材を半分以上使う場合は、最大20万円を追加。

三世代同居対応住宅の要件を満たす場合は、最大30万円を追加。

 

はるこ
三世帯同居対応住宅って?

 

あつし
親と子の世帯に加えて、祖父母も一緒に住むことができる家だよ。母さんがいつも羨ましいって言ってるじゃないか!

 

はるこ
な~んだ。それのことなのね。あっくん、楽しみに待ってるわ!

 

あつし
・・・

 

省エネ改修型

2019年度から新しく加わりました。一定の省エネ性能を備えていることが必要です。

 

補助金の金額
定額50万円(加算はありません)

 

市町村補助金

 

あつし
今まで国が財源となっている補助金を見てきたけど、補助金にはその他にも市町村が財源となっている補助金があるよ。省エネ、耐震、バリアフリーに関するものが多いみたいだね。

 

市町村の補助金について知りたい読者様は、こちらを参考にしてください。(2019年度版は7月公開予定)

 

リフォームの補助金交付までの流れ

 

はるこ
返さなくていいお金をもらえるなんて、きっと簡単にもらえるわけじゃないのよね?

 

あつし
そうだね。僕も母さんの家をリフォームする時に調べたんだけど、補助金を受けるためには色々と手順があるんだ。

 

補助金交付までの流れ

公募→申請→審査→交付決定の通知工事開始→報告・検査→補助金の交付

 

あつし
手続きの中で重要なポイントは2つ!①公募期間の間に申請することと②交付決定の通知を受け取ってから工事を開始することだよ。

 

はるこ
やっぱり、税金を使うからには手順が色々あるのね。補助金を受け取るための条件や建築基準なんかも難しいし、母さんには無理ね。

 

あつし
大丈夫だよ、母さん!手続きや建築基準は専門的な知識が必要だから、手続きはリフォーム会社が行うんだ。補助金に詳しい会社をしっかり選ぶこと、補助金を利用したいことを先に伝えることが大切だよ。

 

はるこ
それは心強いわね。じゃあ、補助金はどうやって受け取るの?

 

あつし
補助金もリフォーム会社が受け取るんだ。その後に、補助金に相当する金額を渡すか、またはリフォーム費用から差し引いてくれる仕組みになってるよ。

 

はるこ
信頼できるリフォーム会社を見つけることが大切ね!

 

リフォームの補助金2019年決定版 まとめ

 

では、最後にどんな方にリフォームの補助金がおすすめなのかまとめてみます。

 

リフォームの補助金まとめ
  • 次世代住宅ポイント制度
    他の補助金制度には当てはまらない、比較的簡単なリフォームを行う方
    (家事軽減設備や簡単なバリアフリー設備の設置などポイント対象が広い。)
  • 長期優良住宅化リフォーム事業
    耐震、長寿命、バリアフリーについてのリフォームをしようとしている方。
  • 断熱リノベ、次世代建材→断熱リフォームを行う方。
  • ZEH補助金→ZEH住宅へのリフォームを行う予定の方
  • エネファーム補助金→エネファーム設置を行う方
  • 地域住宅グリーン化事業
    →地元地域の工務店で、地域の木材を使って省エネリフォームを計画している方。

 

見て頂くとわかるように、「省エネで長寿命な家」を国は推進しています。もし読者様もそんな家にリフォームしたいと思っているのでしたら、リフォームの補助金の制度を活用してみてはいかがでしょうか?

 

難しいと思ったら、信頼のできる専門家に頼りましょう。納得のいくリフォームをして下さいね。

 

リフォームの減税制度が気になった読者様はこちらをご覧下さい。

リフォームローン減税・補助金って何?国の制度を徹底解説!

2019年1月8日

 

介護リフォームをご検討の読者様はこちらが参考になりますよ。

 介護リフォームってどんなもの?補助金の申請はどうすればいい?

2019年3月29日

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

あつし
住宅ローンの借り換えで最大で857万も得をしたという方も実際にいます。毎月の家計費の負担を減らすが出来ますし、リフォーム費用にも充てることができます。今は空前の低金利ブームなのでプロに一度聞いてみるといいかもしれません。詳しくはこちらをご覧下さい。

住宅ローン借り換えで857万削減!賢くリフォーム費用を捻出せよ!

2019年7月23日

 

\ローン借り換えが自己資金0円で /

▼ 完全無料でローン削減額チェック! ▼

 

 

 

 

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です