階段のリフォーム費用はどれくらい? 価格相場の調査結果

 

 

今、使っている階段に使いづらさ不便さを感じている読者様はいませんか?

 

そんな時、階段だから仕方がない、とあきらめる必要はありません。

 

たしかに階段のリフォームはしづらいという印象があります。しかし、目的や工法を明確にすれば、リフォームすることも可能です。

 

  • 階段のリフォーム費用はどれくらいなのか。
  • 価格相場はいくらなのか。
  • 階段のリフォームでどのようなことができるのか。

 

ここでは読者様が気になるこのようなことをいろいろと調べてみました。

 

使いにくい階段を安全にしよう!

 

階段のリフォームの前に基本的なことをお話します。

これらのことを知っていると、リフォームの時に工事がスムーズにできるのです。

 

階段のパーツについているお名前を言えますか?

引用:リビングアメニティ協会

 

階段の各パーツに名称がついているのをご存知ですか?

これを知っているだけで業者との相談や打ち合わせ、工事がスムーズに行えます。階段のリフォームを考えているのなら、覚えておいた方がお得です。

 

はるこ
あっくん・・・たくさんありすぎて、何が何かわからないわ・・・

 

あつし
母さんの気持ちもわかるよ。じゃあ、これだけは覚えておいた方がいいって僕が思う言葉を2つ教えるね。

 

はるこ
わ、わかったわ・・・(2つなら大丈夫かな?)

 

パーツの名称として覚えておいてほしいのは「蹴上げ」と「踏面」です。

 

  • 蹴上げ:階段の一段の高さ
  • 踏面:階段の足が乗る面

 

難しい言葉だと感じますが、どのパーツかということがわかるとイメージしやすくなります。

 

建築基準法って必要なんですか?

階段の各パーツの寸法は建築基準法によって規定されています。

一段の高さである蹴上げは23cm以下、足を乗せる踏面は15cm以上で設置しなければなりません。他にも階段の幅は75cm以上、踊り場は4m以内ごとに設置しないといけません。

お店や公共の建物になると、階段の幅はさらに広く、蹴上げは低くなるように設定されています。

 

はるこ
あっくん、こんなに細かく規定があるのって理由があるの?

 

あつし
当然だよ。個人の家でもいろいろな規格で作られていたら修理の時に困るだろう?

それにスーパーなんかで店によって階段が高かったり低かったりしたらどうする?

 

はるこ
それは困るわ。だったら、細かく規定されていても仕方がないのかしら。

 

階段のリフォーム費用での相場価格って?

 

階段をリフォームしようと考えている読者様にとって、一番気になるのは費用のことでしょう。

ここではリショップナビで実際に施工されたリフォーム事例から階段のリフォーム費用の相場価格を確認していきます。

 


引用:リショップナビ

 

上記のグラフは2017年6月時点で集計されたデータです。ここからもわかるように、階段のリフォーム費用は、30万円までと考えている人が多いことがわかります。

なお、手すりやすべり止めをつけるだけでいいというような場合なら10万円前後での施工が可能です。

 

はるこ

階段のリフォームっていってもいろいろな価格帯があるのね。

 

あつし
そうだね。手すりをつけるだけなら10万ほどでできるんだ。もっとも、手すりなら自分でつけられないこともないかな?

 

はるこ
あっくんの趣味はDIYだものね。ねえ、30万~50万でできるのってどんなことなの?

 

あつし
えっと、元の階段の表面板材だけを張り替えるんだ。見た目がキレイになるし、すべりにくくなるんだよ。

 

はるこ
そうなのね。でも、階段のリフォームで100万以上って本当なの?

 

あつし
それは建物の構造に関わる大きな工事になる場合だね。例えば、階段の勾配をゆるやかにしたりだね。

 

補足
階段のリフォームですが、元ある階段を再利用するよりも、新しい階段に付け替える方が安い費用でできることが多いです。

リフォームする場合は、必ず業者と相談してください。

 

バリアフリーは30万までできますか?


引用:リショップナビ

 

階段のリフォームといって、一番に浮かぶのが手すりをつける工事でしょう。

ホームセンターで手すりのパーツを購入できるので、DIYで取り付けることは可能です。

 

しかし、膝などにトラブルのある方が使う場合、手すりにかなりの力が加わる場合があります。

自分でやりたいという読者様の気持ちはわかりますが、施工会社に依頼して、下地がしっかりしている部分に取り付けるようにしてください。

 

手すり設置工事の費用例
材料費 手すり 3.6万
工事費用 手すりの設置 8万
総額   11.6万

引用:リショップナビ

 

30万~50万でイメージチェンジしませんか?


引用:リショップナビ

 

階段そのものは変えずに、階段板の部材だけを交換するリフォームをリショップナビで施工しました。

上の写真はカーペット敷きだったものを無垢材板に変えたものです。下の費用例もその工事での費用です。

 

階段部材だけをリフォームするのはお手軽ですし雰囲気を変えることができるのでおススメです。

また、施工範囲にもよりますが勾配を緩やかにすることも可能です。

 

階段部材交換の費用例
材料費 階段部材 30万円
工事費用 階段部材取り付け工事 材料費に含む
総額   30万円

引用:リショップナビ

 

リッチに50万以上でやってみましょうか


引用:リショップナビ

階段の幅をゆるやかにするリフォームの一例です。

こちらもリショップナビで施工した実例です。

 

こちらは階段の一段の幅が狭かったのを高さを変えずに広げてあります。

そうすることで、危険を減らせるのです。

 

こういったリフォームは家族のライフスタイルが変わったり家族構成が変更になった時に施工すると安全性を高めることができます。

 

階段幅変更リフォームの費用例
材料費 木材・クロスなど 20万
工事費用 階段幅変更工事 25万
総額   55万

引用:リショップナビ

 

階段リフォームの注意点とポイント

 

階段のリフォームにどのようなパターンがあるのか紹介してきました。

一口に階段リフォームといっても、それぞれに特徴があるのが分かっていただけたと思います。

 

  • 手すりすべり止めをつけるだけの簡単なもので済む場合。
  • 階段の付け替えも視野に入れた大幅なものの場合。

 

ライフスタイルによって、どのパターンを選ぶかが変わってきます。そして、階段のリフォームをする機会はそう何度もありません。

そのため、失敗しないための注意点ポイントなども調べてみました。

 

はるこ
そうよね。どんな形のリフォームをするにしても、気をつけておくポイントってあるものね。あっくん、お願いしま~す☆

 

ちょっと注意が必要です

緩やかにすればいいのではありません。

階段をリフォームすることで勾配を緩やかにしたい。そう思っている読者様も多いでしょう。しかし、そうすることで不便になることもあるのです。

 

勾配を緩やかにするデメリット

一段の高さが低くなり、階段の面が長く広くなる。

 ⇓ ⇓ ⇓

面が広くなるので、歩幅を大きくする必要がある。

 ⇓ ⇓ ⇓

普段の歩幅で歩くことが難しい。

 

歩幅は一定の方が歩きやすいです。

それなのに、階段の上り下りで普段よりも大きい歩幅だと歩きづらくなってしまいます。これではリフォームした意味がありません。

 

また、階段の面が大きくなることは面積が広くなることを意味しています。

そのために階段周りの空間面積が窮屈に感じることがあるかもしれません。このことにも注意が必要です。

 

はるこ
階段が緩やかになるのはいいけど、それで問題が発生しちゃうのは困るわよね。

 

あつし
そうだね。だからこそ、基本的な知識は身につけておかないとね。

 

ここでもう一つ気を付けることがあります。

階段を緩やかにするには、長さを伸ばす必要もあります

 

すでにある階段の位置では伸ばすスペースがない。

 ⇓ ⇓ ⇓

それでもリフォームしたいと無理に施工。

 ⇓ ⇓ ⇓

部屋の中にまで階段がはみ出してしまう。

 

こんなことになってしまうので、注意してください。

 

工事期間はどれくらい?

手すりすべり止めをつけるというリフォームなら気にする必要はないのですが、階段をかけ替えたりするリフォームを検討されている読者様もいらっしゃるでしょう。

 

その場合、かけ替えの工事期間中は階段を使用できません

工事期間がどれくらいになるのかということはきちんと確認してください。

 

また、階段が使用できない間の対策をどうするのか。

 

これはリフォームしてくれる業者に相談するのが一番いいことだと思います。

 

はるこ
これって大事よね。階段を使えなかったら困ることってあるもの。

 

光はどこから入りますか?

せっかく階段をリフォームするのです。その際、階段の「明るさ」にも意識を向けてみましょう。

 

  • 昼間⇒窓から差し込む光で確認できる。
  • 夜⇒真っ暗なので足元が不安定。

 

ほとんどの読者様のおうちの階段はこんな風になっているのではないでしょうか。

となると、夜は誤って階段から踏み外す可能性もあります。

 

それを防ぐためにも階段のリフォームをする機会に足元灯(フットライト)をつけることをおススメします。

足元灯の設置をしない場合は、明るめの色の階段材を使用することを検討してください。そうすることで、足元が見やすくなります。

 

はるこ
夜の暗い時に階段って危ないものね。足元が見やすいのは安心だと思うわ☆

 

リフォームを失敗しないためのポイント

階段リフォームの検討理由をご存知でしょうか?

 

「より安全な階段にしたい」

 

これが最大の理由であることは間違いありません。

となれば、階段の安全性をしっかりと考える必要があります。

 

階段の安全要素
  • 一段の幅が上がりやすい。
  • 勾配が緩やかで滑りにくい。
  • 上り下りの際に掴まる場所がある。

 

これらのことから、費用がかかったとしても手すりをつける方がおススメです。

また、天窓や棚などを設けると、オシャレなスペースができあがります。

 

それ以外にも体格性別年齢などによって階段の各パーツの適当サイズは変わってきます。

リフォームを考える時は、様々なサイズの階段で実際に上り下りして、適当なサイズを測るということも大事なポイントです。

 

怪談? かいだん、階段!

 

階段にはいろいろな種類があります。

リフォームを上手に進めようと思ったら、自分の家の階段がどんなタイプかということを理解していなければなりません。

 

リフォームの目的は?

階段を使いやすくする。

 ⇓ ⇓ ⇓

安全性や上り下りのしやすさが重要。 

 

またそれぞれの種類で設置にかかる費用が異なります。

事前にきちんと確認をして、納得のいくリフォームをしてください。

 

はるこ
ねえ、あっくん。階段ってそんなに種類があるの?

 

あつし
あるよ。まっすぐな階段もあるし、螺旋階段もあるよね。他にも踊り場のある階段とか。

 

はるこ
ホントね。言われるまで意識していなかったわ。じゃあ、大体どれくらいの種類があるかわかる?

 

あつし
そう言うと思って調べておいたよ。階段の種類は大きく5つに分かれるんだ。それぞれに特徴があるから、1つずつ説明するね。

 

まっすぐなのが魅力です

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

miiiii…さん(@monotone.m)がシェアした投稿

引用:instagram

 

まっすぐ上り下りするタイプは直階段といわれます。一般住宅で最も多く使用されているので、読者様も目にしたことが多いタイプでしょう。

費用としては12万~30万程度です。

 

メリット
  • 構造がシンプル。
  • 設置するスペースに広さを必要としない。

 

デメリット
  • 急勾配になってしまうことがある。
  • 階段の高さが4mを超える場合、踊り場を設ける必要がある。

 

視覚的に楽しめる?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ファーストステージ一級建築士事務所さん(@firststage_works)がシェアした投稿

引用:instagram

 

階段の途中でL字型に90度折れているタイプで、かね折れ階段と呼ばれています。直階段ではない踊り場がある構造です。このタイプもよく目にするのではないでしょうか。

費用は15万程度からと考えておいてください。

 

メリット
  • 一気に下まで転落してしまうことを防げる。
  • 吹き抜け構造に設置すると視覚的に楽しむことができる。

 

デメリット
  • 折れている構造なので、設置するのに広い面積が必要。
  • 費用がかさんでしまう。

 

安全性は間違いないです

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

環境共生計画 ハウジングアイズさん(@housing_eyes)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

かね折れ階段がL字型になっているのに対して、180度折れたU字型になっているのが特徴です。直階段よりも安全性は格段に上がっています。

費用は15万程度からと考えてください。

 

メリット
  • 一気に下まで転落してしまうことを防げる。
  • 勾配が緩やかになるので、上り下りが安全。

 

デメリット
  • 踊り場のスペースとして広い面積が必要。
  • 費用がかさんでしまう。

 

オシャレだけど問題も

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

aoi_full1211さん(@aoi_full1211)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

ステップが螺旋状になっているのが螺旋階段の特徴です。屋外に取り付けられていることが多いので、目にする読者様も多い形状の階段ではないでしょうか。

費用は50万円程度からと考えてください。

 

メリット
  • 広いスペースを必要としない。
  • 見た目がオシャレで視覚効果が高い。

 

デメリット
  • 形状が複雑なので、費用がかさむ。
  • 上り下りに危険があるので、実用性が低い。

 

ゴージャスさを求めますか?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

参會堂-SANKAIDO-さん(@sankaidostyle)がシェアした投稿

引用:Instagram

 

曲線を描くように上り下りする構造を持つのがカーブ階段です。映画のワンシーンのような雰囲気を作ることができます。風格があるのでゴージャスな印象を与えることができます。

費用は80万円程度からと考えてください。

 

メリット
  • 曲線が緩やかなので、踏面も広く取りやすい。

 

デメリット
  • 設置するのに広い場所が必要。

 

階段リフォームで補助金ってあるの?

 

階段のリフォーム手すりやすべり止めをつける、というような工事ならそれほど費用はかかりません。

しかし、階段の勾配を緩やかにするようなものになると大規模リフォームになってきます。

 

この場合、多大な費用がかかってきますが、地方自治体の補助金や助成金といったものを利用することができます。他にも税金の還付という優遇制度も存在します。

また、介護保険を利用している場合、そちらから助成金が出る可能性もあります。

 

はるこ
補助金や助成金がもらえるのは嬉しいわよ。でも、手続きが大変なのよね。

 

あつし
たしかにそうなんだけどね。でも、リフォームの費用って馬鹿にならないんだよ。この前のリフォームでそのこと何度も話しただろう?

 

はるこ
そうなのよね・・・あ、そんなことがあった時は、またあっくんにお願いするわ(ニコニコ)

 

あつし
・・・(やっぱり、そうなるんだね)

 

こちらの記事では介護リフォームをメインにリフォームの際の優遇制度を紹介しています。気になる方はこちらもご覧下さい。

 介護リフォームってどんなもの?補助金の申請はどうすればいい?

2019年3月29日

 

階段リフォームを考える膝のトラブルのことを知りたい方はこちら。

階段を下りる時に膝が痛い! 原因と対策を考えます!

2019年4月6日

 

まとめ

階段のリフォーム費用についていろいろと調べてみました。

階段の各パーツに名前がついていることや建築基準法のことなど、今まで意識していなかったことがたくさんあったことに驚きです。

 

  • リフォームの費用にどれくらいの予算をかけるのか。
  • どのようなリフォームをするかということのイメージ化。

 

これらが階段のリフォームにも重要だということがわかりました。家のリフォームの時も感じましたが、どれだけ信用できる業者を見つけることができるのか、ということが重要なのだと思います。

一口に階段といってもいろいろな種類があるので目移りしそうです。

母さんはどうやらカーブ階段のゴージャスさが気に入ったようですが、どこに設置するつもりでいるのか考えたくありません。

 

はるこ
え~、あっくん。だって、セレブになったような気がするじゃない。

ドラマや映画でドレスを着たヒロインが大きな階段を下りてくるの。このシーンって憧れるのよね☆

 

こんな母さんの妄想はいつものことなので、放置しておきます。

しかし、せっかくリフォームするのなら安全のための手すりと夜でも安心なように足元灯(フットライト)の設置をおススメします。

 

階段のリフォームはなかなかできるものではありません。

ライフスタイルの変化など大きな節目の時に検討していくのでしょう。それだけに、いろいろと検討して失敗したと思わないリフォームをすることが大切です。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です