シロアリに狙われたら必ず現れる!?「蟻道」これって一体何??

 

一度狙われたら逃げられない・・・。

姿を見せずに侵入し、木材を食い荒らす。

シロアリは、家屋に致命的な被害を与える恐ろしい害虫です。

 

「すでに我が家も、シロアリの餌食になっている・・・?」

目に見えないシロアリ被害、不安は増すばかりですね。

 

しかし・・・

シロアリに狙われた場合、「蟻道」が必ず現れます。

まずは「蟻道」の有無でシロアリの存在を確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

はるこ
どんな家でもシロアリ被害にあう可能性はあるのよね・・・。

恐ろしいわ。

 

あつし
そう、だからこそ早い段階で被害を食い止める事が重要なんだ。

母さん、僕たちも「蟻道」を確認してみよう。

 

そもそも「蟻道」って何?

 

ズバリ!!これが蟻道です!!

「蟻道」と書いて「ぎどう」と読みます。

蟻道とは、シロアリが餌場へ向かうために作ったトンネルです。

シロアリは、家屋に浸入する際、必ず蟻道を作ります。

 

そしてズバリ!!

これが「蟻道」です。

引用:suumoジャーナル

 

はるこ
蟻道初めて見たわ。

 

あつし
これの有無を意識することが、被害を最小限に食い止めることになるんだ。

 

シロアリに狙われたら必ず蟻道が現れるってどういうこと?

シロアリは、自分たちが生きるために必ず蟻道を作ります。

 

シロアリは、日光や空気の流れ(外気)にさらされることを嫌います。

なぜなら、シロアリの表面の皮膚は非常に薄く乾燥しやすく、光に数分あたっただけで干からびて死んでしまうからです。

 

また、姿をさらすことを嫌います。

自然界では他の生物のえさとなる、か弱い虫です。

例えば、最大の天敵はクロアリ。

他には、クモ、ツバメ、カエルなどの生物がいます。

見渡す限り天敵だらけです。

 

それらを避けるために、地中を離れる場合には「蟻道」がなくてはならないのです。

 

このような理由から、シロアリに狙われた家屋には、必ず蟻道が現れるのです。

 

蟻道は何で作る?どう作る?

蟻道は、「蟻土(ぎど)」と呼ばれる、木材や土壌のカスにシロアリの分泌物や排泄物を練り合わせたもので作ります。

 

それを、セメントのようにぺたぺたと塗り固めるのです。

 

基本的には、床下の木材やコンクリートに沿わせるように、それらに直接蟻土をつけ蟻道を作ります。

 

シロアリの蟻道の種類

 

蟻道には、いくつか種類があります。

蟻道

通常の蟻道は、床下の暗闇空間に作られます。

床下から被害が始まることがとても多いのです。

床下に、木材や基礎コンクリートに沿わせるように作られます。

 

空中蟻道

引用:Twitter

 

シロアリは、目が見えない昆虫です。

ぶつかった物を「壁」として認識します。

そして「壁」に沿って蟻道を作り始めます。

高さのない廃材などに当たってしまっても蟻道を作るのです。

「いつか木材にたどり着けるはず」と蟻道を作り続けます。

その結果、蟻土だけで上に伸びていく「空中蟻道」が完成します。

と言っても、空中蟻道は支えとなる柱や壁、基礎がありません。

よって、非常にもろい作りです。

実際に構築された空中蟻道は、10cmくらいで折れてしまうことがほとんどです。

しかし、ごくまれですが空中蟻道の先端が偶然にも物にぶつかり一本の柱のようになる場合もあります。

 

はるこ
こんなものが床下にできてたら、びっくりだわ!

 

あつし
シロアリの執念が作り上げた芸術品だね。

 

外蟻道

まれに家屋の外側に蟻道を作ります。

それを「外蟻道」と言います。

原理は、通常の蟻道と同じです。

光が差し込まなくて、ジメジメした場所にシロアリの蟻道が作られることがあります。

 

こんなところにこんな蟻道が?恐ろしいシロアリの執念!

 

シロアリの執念はすごいもので、私たちが思いもよらない場所から侵入し、蟻道を作ります。

よって、蟻道が作られる場所すべてをご紹介するのは残念ながら不可能です。

主な蟻道が作られる場所をご紹介させていただきますので確認の参考にしてみてください。

 

基礎断熱の間や内部に蟻道

引用:suumoジャーナル

 

基礎断熱には、基礎の内側に張る基礎内断熱と、外側に断熱材を張る基礎外断熱があります。

どちらとも、全国各地で被害が拡大しています。

全く死角で侵入されるため、被害は深刻になりがちです。

基礎と断熱材の隙間を、侵入した形跡がないかくまなく探すしかありません。

基礎と断熱材の隙間、または断熱材の内部に作られます。

 

化粧モルタルの間に蟻道

基礎の表面を綺麗に仕上げるため、モルタルを塗って仕上げます。

そのモルタルが経年劣化でヒビが入ったり剥離することで、基礎との間に隙間ができます。

この隙間が、シロアリにとって絶好の侵入経路です。

こちらも、基礎とモルタルの隙間を侵入した形跡がないか、くまなく探すしかありません。

基礎とモルタルの隙間に作られます。

 

タイル貼りの間に蟻道

化粧モルタルと原理は同じです。

基礎にタイルを貼り付けている場合、基礎とタイルの間に隙間ができます。

玄関など、基礎の立ち上がりをタイルで仕上げますので、要注意ポイントです。

基礎とタイルの隙間に作られます。

 

配管の間に蟻道

給排水管などに、凍結防止で断熱材を被覆した配管が使われます。

断熱材と配管の間も要注意ポイントです。

配管と断熱材の間に作られます。

 

鋼製束に蟻道

最近の住宅は、床の柱に鋼鉄製の柱を使います。

この鋼製束もシロアリの通り道に使われます。

鋼鉄束に沿って作られます。

 

はるこ
こんなところにも蟻道が?

 

あつし
シロアリの執念は恐ろしいね。

 

シロアリは、わずかな隙間から侵入し、そこから蟻道を作ります。

作られる場所も様々です。

シロアリの執念、恐ろしいですね。

 

シロアリは、コンクリート基礎でも侵入可能です。

コンクリートさえも、シロアリ侵入を100%防げるわけではありません。

侵入後、せっせと蟻道を作り、木材を目指します。

 

シロアリ被害は、だれにでも忍びよるものなのです。

 

「コンクリート侵入」についてはこちらで詳しく書いています。ご覧ください。

シロアリはコンクリートの基礎でも侵入可能!?急いで確認を!!

2019年12月15日

 

シロアリだけじゃない!他の昆虫の蟻道もある!?

 

シロアリ以外にも蟻道や蟻道に似ているものを作る昆虫もいます。

それは、クロアリとジグモです。

 

シロアリの蟻道との違いを見分ける簡単なポイントのご紹介です。

 

シロアリの蟻道
  • 固く簡単に壊せない
  • 土を固めたような形状をしている(触ると素材が固い)

 

クロアリの蟻道
  • 手で簡単に崩れる
  • 木くずで作られることが多い(触ると素材が柔らかい)

 

ジグモの巣
  • 柔らかく、手で壊すと筒がスポッと抜ける
  • 内部はクモの糸で白い
  • 地上10cmくらいの大きさ

 

こういったものもありますので、焦らず慎重に観察してくださいね。

 

「シロアリ被害の初期症状」についてはこちらで詳しく書いています。ご覧ください。

シロアリ被害の初期症状をおさらい!早期発見がポイント!!

2019年11月13日

 

シロアリに狙われたら必ず現れる!?「蟻道」これって一体何??まとめ

 

シロアリは、わずかな隙間から侵入し、蟻道を作り、木材を目指し、そして食い尽くします。

恐るべしシロアリ!!です。

 

今回は「蟻道」についてお伝えしました。

  • シロアリに狙われた場合、「蟻道」が必ず現れます。
  • まずは「蟻道」の有無でシロアリの存在を確認しましょう。
  • 早い段階で被害を食い止める事が重要です。

 

万が一蟻道を発見したら
  1. 万が一蟻道を確認したらそこにシロアリが生息しているか確かめましょう。
  2. 蟻道を、少しだけ壊してみましょう。
  3. 細長い棒状な物、たたえばマイナスドライバーのようなもので行うと良いでしょう。
  4. シロアリが生息していれば、そこから兵蟻が顔を出すはずです。
  5. ここでは生息の確認さえできれば十分です。
  6. これ以上衝撃を与えずにいてください。
  7. 確実に駆除することが何よりも大事ですので、業者に依頼がおすすめです。

 

ですが・・・正直どこに頼んだらいいのか分からないですよね。

 

悪徳業者がいないか・・・と言われれば、残念ながらそういう業者が存在することも事実です。

 

そんな方に心からおすすめしたいのが「シロアリ110番」です!

 

シロアリ110番」がおすすめな理由はいくつかあります。

 

「シロアリ110番」がおすすめな理由
  • 全国どこでも対応可能
  • 24時間対応可能
  • 1㎡あたりの費用が1,200円と相場より安い
  • 5年間の保証付き

 

シロアリ110番」では、公益社団法人「日本しろあり対策協会」指定の薬剤や工法を熟知した「シロアリ防除施工士」の資格を持った業者が対応してくれます。

 

見つけたシロアリは、知識と技術を持った専門業者にしっかり駆除してもらえば安心です。

 

「シロアリ110番」についてはこちらで詳しく書いています。

シロアリ110番なら安心? 評判や口コミを徹底紹介!

2019年4月17日

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です