ちょこっと洗面所の床をリフォーム カビの駆除・補修をしよう!

 

はるこ
ねぇ。あっくん?この前洗面所の床のリフォームについて話をしたよね?

 

あつし
あっ。うん。そうだね。どうしたの?

 

はるこ
先日友達とお茶をしていた時にその話をしていたのだけど、友達もカビで困ってるみたいで、、。

でも本格的なリフォームは考えてないみたいなんだけど、簡単にできるちょっとしたリフォームないかなーって。

 

あつし
なるほどね。そうだねー。前回の話ではあまり言てなかったけど、カビでリフォームを考えるならまずカビの駆除をしっかりすることが大事だよ。

 

はるこ
そうなの?カビってほんとにしつこいから嫌いだわ。友達も嫌いって言っていたわ!

 

あつし
カビはしつこいからこそ、しっかり駆除しておかないと簡単なリフォームだとまたすぐに繁殖するんだよ。

アンパンマンでもカビルンルンはたくさんいるでしょ?

はるこ
あんなに可愛らしいものではないわ!(真顔)

 

あつし
ははは。たしかにね。わかった。じゃ今日はカビのことについてと洗面所の床の簡単なちょこっとリフォームついて説明するよ。

 

ということで今回は、

・そもそもカビって何?

・カビの予防・駆除について

・洗面所の床のちょこっと洗面所リフォームについて

の三つで説明しますね。

是非、最後までお読みください。

 

みんなが嫌いなカビはどうして発生するの?そもそもカビって何?

 

カビルンルンでお馴染みのカビさんですね。

カビを駆除したり予防をしたりする前に、まずはカビについて少し勉強していきましょう。

 

みんながイメージするカビとは?

あつし
実はカビにもいろいろな種類があるんだ。ちなみに母さんのカビのイメージは何?

 

はるこ
それはもちろん黒カビでしょ!ほかにも青カビとか。もう思い出すと駆除したくなるわ。

 

あつし
実はほかにもいろいろあるんだ!グレーとかピンクとかのカビもあるんだよ。

 

はるこ
そんなにいろいろあるんだ。なんだかカラフルね。まぁ嫌いなのは変わらないけど。

引用:DUSUKIN

あつし
こちらはダスキンさんがとったカビの印象のアンケートだよ。やっぱりカビと言ったら黒カビをイメージする人が多いみたいだね。

 

どうしていろんな人が黒カビをイメージすることが多いのでしょうか?それは黒カビが私生活の中で見かけることがとても多いからですね。

次はいろんなカビの発生しやすい環境を見てみましょう。

 

カビの種類と発生しやすい湿度

引用:DUSUKIN

 

黒カビはお風呂場や洗面所といった湿度が高い場所に発生することが多いので、日常生活の中で見かけることが多いですよね。

ほかにも青灰カビは食品関係で見かけることが多いです。みかんが腐るとよく見かけるアレです。

 

はるこ
そうなのよね。この前も食べようと思ってコタツに置いていたみかんが腐って、カビが生えていたのよ。ほんとショックだったわ。

 

カビが発生するための様々な要素

 

引用:DUSUKIN

 

こちらはカビが発生する様々な要素です。もちろんカビは湿度だけで発生するわけではありません

ほかにもこのようにカビが発生するため様々な要素があるのですが、一般的にカビ=湿度をイメージするのは、湿度以外のカビの発生要素は簡単には取り除けないので、工夫次第で対応がしやすい湿度がよくピックアップされています。

 

あつし
まぁいくら換気だけ気を付けても、ほかの部分も注意しないと生えてきちゃうよね。

 

洗面所でのカビ対策。防げ!カビ軍団の侵略!

 

ではどのようにしてカビ対策を行えばよいのでしょうか。

もちろん換気もその一つですね。

改めてカビに対する予防方法を確認していきましょう。

 

必ずするべし、上手な換気で湿度を下げよう。

 

一番手っ取り早く湿度をコントロールする方法は換気です!

上記のカビの発生条件でも湿度はカビが発生する原因として大きく関わってきます。

しかし、換気といっても間違った方法で換気していてはなかなか湿度落とすことはできません。しっかりと換気を行いましょう。

上手な換気仕方

・お風呂場と洗面所が隣接している場合はしっかりとドア閉めてから、個別に換気扇を回しましょう。

・換気扇はできるだけ24時間ずっと回し続けましょう。

・結露のような状態に注意して、冬場は窓閉めてできるだけ換気扇だけで換気をしましょう。

結露のような状態とは?

結露とは、固体状態における物質の表面、または内部で、空気中の水蒸気が凝縮する現象のことである。 例:温度20℃・湿度50%の室内における露点温度は、9.6℃であり、壁や窓などの表面が、9.6℃以下の場所で結露が発生する。

引用:Wikipedia

簡単に言えば冬場の窓がイメージしやすいと思います。どうしてを冬場の窓を開けているとその状態になるかというと、暖かい室内の温度と一緒に湿度が冷たい外の温度に触れると一気に温度が下がり、空気中で結露のように湿度が水蒸気(気化)してしまうため、さらに湿度をあげる原因になります。

 

はるこ
そうなのね。普通に冬場も窓を開けて換気をしていたわ!寒いけどカビ対策のためと思っていたけど、よくないことだったのね。ますますカビが嫌いになってきたわ!

 

カビの好物其の二:栄養素

 

こちらに関しては完璧に防ぎきることはかなり厳しいです。

カビの栄養素では様々なものがあり、上記でも書いてあった通りプラシックでさえカビの栄養素になります。

そこで洗面所で掃除しやすいカビの大好きな栄養素は、

・私生活では石鹸のカス

・人の垢

・髪の毛   など。

洗面所使用した際は、そういった原因になるものはできるだけきれいに流して、キレイな洗面所を心がけましょう。

 

さよならカビルンルン!カビの駆除・修復をしよう。

 

よくカビを駆除や修復をするタイミングを湿気の多い梅雨時に行おうと考える人が多いのですが、これは大きな間違いです

カビは生えてくるより繁殖することが得意で梅雨時期にカビを駆除するよりはまだ湿度の低い春先の時に駆除してしまう方が駆除しやすいのです。

 

比較的落ちやすいカビルンルンたちは中性洗剤でOK!

 

まだ発生してすぐのカビや小さめのカビは住宅用の中性洗剤カビの清掃ができます。

しっかりとカビに中性洗剤を染み込ませ、塗れ雑巾などでさっとふき取りましょう。

カビを駆除する時には注意点があります。

カビは駆除するときにフワフワとカビ胞子が飛び散る事が多く、マスクをしてカビの胞子を吸わないように掃除をしましょう。

カビの駆除が完了しましたら、しっかりとエタノールなどでしっかりと除菌をして完了しましょう。

 

はるこ
それは掃除をするときの基本ね!目には見えないけど菌はたくさん舞っているわね。

 

頑固で意地っ張りのカビルンルンたちは漂白剤やカビ取り剤で取り除こう!

 

頑固な黒カビは次亜塩素酸系のカビ取り剤や漂白剤を使って取り除きましょう。

汚れが落ちたらカビ取り剤をよく洗い流して、乾燥させてからエタノールで除菌をして完了しましょう。

カビ取り剤や漂白剤の注意点

・カビ取り剤を使う時には、必ず換気をしましょう。

・ゴム手袋やビニール手袋を使用して、皮膚についたらすぐに洗い流しましょう。

・変色・変質しないか、注意しましょう。

目より上にはスプレー絶対にしない

酸性系の洗剤と絶対に混ぜて使わない。   など。

効果の高いものは危険が伴いますのでしっかりと注意してご利用しましょう。

 

あつし
母さん本当に気を付けてね。母さんは天然だから本当に薬品を混ぜそうで怖いよ。(笑)

 

はるこ
さすがに、母さんもそこまで馬鹿じゃなわよ!薬品のラベルにはちゃんと注意点が書いてあるし、しっかり読んで使っているわよ

 

洗面所の床がカビがひどくなったのでちょこっとリフォームがしたい

 

ではでは次は簡単にできるちょこっと洗面所の床をリフォームする方法をご紹介いたします。

ちなみに、ちょこっとではなくてきっちりとしたリフォームがしたい!いう読者様は是非こちらをお読みください

それで大丈夫?洗面所の床のリフォーム!床材で違いが出る!DIY注意

2019年1月16日

 

簡単!クッションシートを敷こう

引用:Yahoo!ショッピング

 

クッションシートでは簡単にカットができて、敷くだけのものなども販売しております。

物によったらシールがついているものや、いつでも簡単に外すできるものなど様々な種類があります。

こちらでは床全面に敷くことで簡単リフォームできますし、ちょっとしたスペースだけ修復することができますね。

 

あつし
ハサミで簡単にカットできるから母さんでも問題なくできると思うよ。

 

防水保護シールで今の床のままで修復リフォーム

引用:モノタロウ

 

いくら完璧に防水対策された床を洗面所に使っていても、長く使っていると床も傷んできますね。でも今のままの床で使いたいなって人におすすめです。

こちらは言葉どうりの意味にで防水の透明のシールですね。貼るのも難しくありませんし簡単に修復ができると思います。

でも本来の床の材質ではない物が多いのでその点はご注意ください。

 

まとめ

・カビにも様々な種類がある。

・カビは湿度など、様々なものから栄養素している。

・カビ対策しっかり換気ときれいに掃除しましょう。冬場の換気には注意が必要。

・小さいカビや出来立てのカビは住宅用中性洗剤、頑固な黒カビは次亜塩素酸系のカビ取り剤や漂白剤を使おう

・ちょこっとリフォームにはクッションシート保護シールがおすすめ!

 

ほかにも洗面所のリフォームに関する記事もまとめています。良かったらよろしくお願いします。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です