洗面所リフォームの注意点は?!交換時期や費用の相場も解説!

 

毎日、身支度を整える場所として大切な洗面所。

小さいスペースでありながら、顔や手を洗ったり、歯を磨いたり、化粧をしたり、髪の毛を整えたりと頻繁に使う場所ですよね。

 

使用頻度が高い場所だと、水はねしたり汚れが飛んだりして、劣化が気になってくるところ…。

 

はるこ
ねえ、あっくん!

 

あつし
どうしたんだい?

 

はるこ
そろそろ、洗面所のリフォームを考えているんだけど・・・具体的にどうしたらよいかわからなくて。

 

あつし
そう思っていろいろ調べてみたんだ!さっそく詳しくみていこう!

 

洗面所をリフォームしようか迷っているあなたに、今回は「洗面所リフォームでの注意点」交換時期」「費用の相場などを詳しく解説していきたいと思います!

 

これらを知ることで、リフォームへの不安や悩みを軽くすることができますよ。

 

洗面所のリフォームで注意しておきたいこととは?

引用:リフォームガイド

 

注意①高さがあっているかどうか?

身長と洗面台の高さが合わないと「顔を洗う時に腰が痛い!」という不満が出てきます。

洗面台が低すぎると、深くかがまないといけなくなり、腰が痛くなる事も多いです。

反対に洗面台が高すぎても、すくった水が顔を洗うまでにこぼれ落ちて水浸しになるという不便さもあります。

 

適切な高さの定義として、「身長÷2」が丁度良いとされています。

 

例えば、身長が150センチの方は高さ75センチ。

160センチの方は高さ80センチが良いと考えられます。

家族で使う場合は平均身長からみて、80センチ前後にしてみると良いかもしれません。

 

ただし、家庭によって使用頻度や平均身長など違ってくるので、リフォーム会社の方と相談して決めることが良いと思います。

注意②洗濯機と洗面台の間のスペースが適切か?

洗面台の隣に、洗濯機が置いてある家庭もありますよね。

 

この機会に、洗濯機の新調を検討されている方へお伝えしたいことがあります!

 

新しい洗面台は、「どこに置くか」「隣には何を置くか」を考えておく事が重要です。

 

洗面台との間に、無駄な隙間があると物が取りにくかったりほこりや髪の毛が落ちて掃除がしにくいと、ルーティン中でのイライラポイントになってしまいます。

無駄な隙間はないか?チェックしておきましょう。

注意③収納スペースがあるか?

洗面台を反対に広くとりすぎてしまった場合にも問題が。

収納スペースが不足してしまった…と失敗してしまった方もいるようです。

 

三面鏡の裏の収納スペースには、メイク用品や歯ブラシセットなど小さな小物は入ります。

しかし、バスタオルなどかさばるもの、またシャンプー、ハンドソープなどのストックを置くことができませんよね。

 

洗面台の周辺は、ストックやタオルなどしまっておきたいところなので、収納スペースもしっかり検討しておきましょう。

注意④背が高すぎる収納スペース

「収納を沢山増やしたいから、収納棚をつけました!」

しかし、使ってみたら…棚が高すぎてぜんぜん上の物が届かない!!

「踏み台を使えばよいのかもしれないけど…毎回めんどくさくなってしまって、上の棚は使ってません。」なんてことも。

 

実際に使いやすいかどうかは、やはり毎日のことなのでとても大事なことですよね。

収納スペースを確保しつつ、出しやすいかどうかもチェックしておきましょう。

注意⑤窓や扉が開けられない

窓がある洗面所の場合は、窓の位置開け閉めなどの不便がないか確認しておきましょう。

新しい洗面台を取り付けたのは良いけど、窓が開けにくくて反対に不便になってしまった…。

なんてことのないようにしましょう。

注意⑥洗面ボウルが小さすぎないか?

最近はおしゃれで素敵な洗面ボウルも見かけますね!

 

「かわいい!」「我が家にも取り入れたい!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、小さすぎる洗面ボウル水はねや横にもれたりと、洗面周辺がしょっちゅう汚れる事が…。

家庭での使い方をもう一度見直してみましょう。

 

例えば、子どもの上履き、洋服の下洗いに洗面台を使っている方は、洗面ボウルが深めのものが使用しやすいと思います。

 

バケツに水をくんだり、花瓶の水の入れ替えをすることもあるでしょう。

その場合は、蛇口がシャワー型の物にして角度が調節できる物が良いかもしれませんね。

 

それぞれのライフスタイルに合わせて使いやすい洗面台を選んでいきましょう。

リフォームするなら洗面台から!!おしゃれな空間で朝から気分アップ

2019年10月18日

 

洗面所リフォームで重要な3つのポイント

 

先ほどの失敗例をふまえた上で、重要な3つのポイントをまとめてみました。

①使い勝手はどうか?使いやすいか?

洗面所は、「顔を洗う」「お化粧をする」ために使用する方がほとんどかと思います。

 

腰を曲げても痛くない程度の高さか?鏡を見るとき暗すぎないか?など使いやすさを検討する必要があります。

 

また、洗面所には、細かいものがたくさん持ち込まれます。

例として、歯ブラシ、コップ、洗顔フォーム、化粧水、髭剃り、化粧グッズ、コンタクト用品や眼鏡など…。

 

それらの小物を出しっぱなしにしていると見た目がよろしくないし、ごちゃごちゃになってしまうことも。

 

細々とした洗面グッズや化粧品を入れられる収納棚を設置すれば、見た目も良いし、忙しい朝にもすぐ取り出せてスムーズに支度ができますね。

 

〇脱衣所との兼用

お風呂場と隣り合っていることが多い洗面所。

脱衣所と洗面所が兼用という時は、床や壁の素材にも気を付けなければなりません。

 

お風呂から出た後は、どうしても水滴が落ちてしまいがちです。

そのままにしていると、カビの原因になったり、床の劣化を早めてしまいます。

 

防水耐性やカビ防止の塗装や壁紙などを選ぶ工夫をしておきましょう。

ちょこっと洗面所の床をリフォーム カビの駆除・補修をしよう!

2019年2月25日

洗面所床リフォーム後の掃除方法!!洗剤やスポンジを選ぶコツ!

2018年12月5日

 

また、床材も滑りにくいものを選ぶことで、子どもや高齢者の転倒防止にもつながります。

 

そして、服を脱いでその場で着替えられるくらいのスペースを確保しておくと、育児や介護する方の負担も軽減されます。

 

〇洗濯置き場との兼用

洗濯機と隣り合っているときには設置場所に注意が必要です。

洗面所と洗濯機が近くにあり、通路に余裕がないと動線を遮ってしまうことがあります。

②収納量は適切か?

先ほどにも記述しましたが、小スペースにいろんな物を収納しなければならない事がわかります。

例えば、細かい小物類、かさばるタオル類、シャンプーやハンドソープなどのストック類ですね。

普段の生活で、どのような使い方をしたいか再度確認し、収納スペースが適切かつ出し入れしやすいかどうかが重要です。

③洗面所のリフォーム費用の相場は?

 

洗面所リフォームにおいて、気になるところは費用の面でしょう。

洗面所だけの場合は、シンプルなものなら4万円~高性能な材質やデザインにこだわりたいなら40万円以上になることもあります。

また、他の壁紙や床も一緒に工事した場合、洗面所付近の床や壁紙の張り替えのみ行えば4~5万前後で済むこともあります。

 

しかし、洗面台の色や機能にこだわり+壁紙や床の張り替えをした場合だと20万~50万

洗面所の周囲をバリアフリー+洗面台本体を高額なものにする50万円以上かかることも。

 

予算をどのくらいに設定するかはじめに考えた上で、洗面所のデザインを選べば予算内には収まることができそうです。

 

洗面台には2つのタイプがある!それぞれの使い心地は?

 

 

さて、洗面台には、主に2種類のタイプがある事を知っておく事が必要かと思います。

それぞれどのような特徴があるのか見ていきましょう!

 

洗面台には、「ユニットタイプ」「カウンタータイプ」の2種類があります。

 

〇ユニットタイプ

ユニットタイプは、「洗面器一体型」で、洗面ボウル、水栓金具、収納キャビネットなどの機能がセットになっている洗面台です。

 

間口サイズが決まっていて、間口サイズが大きくなると価格も高くなっていきます。

特にこだわりがなく、お手頃な価格でリフォームしたい方は、こちらを選んだ方がよいでしょう。

 

〇カウンタータイプ

カウンタータイプは、カウンター台、洗面ボウル、水栓金具、収納キャビネットなど自分で好きな色や素材を自由に組み合わせて選べる洗面台です。

自分好みのおしゃれな洗面台を作ることができます。

しかし、ユニットタイプに比べると費用は割高に…。

 

洗面台に、こだわってリフォームしたいという方は、予算面を高めに設定して、こちらのタイプを選んだ方がお好みの洗面台が作れます。

 

リフォームで洗面台のおすすめは?ランキングからチェック!

2019年8月28日

 

洗面所の交換時期の目安は?

 

一般的な洗面台の平均寿命は、約15年~20年といわれています。

しかし、家族の人数や使用頻度によって劣化具合が変わってくるそうです。

 

  • 洗面ボウルにひびが入っている
  • シャワーホースや排水管から水漏れがある

 

このように明らかな修理が必要な場合は、できるだけ早く交換した方がよいでしょう。

 

また、鏡が壊れていたり、収納棚が壊れていたりする場合も劣化のサインととらえ、修繕などを検討してみましょう。

 

洗面台の一部分だけが壊れてしまった場合でも、場所によってはまるごと交換しないといけない場合もあります。

 

また、古い洗面台の場合は、部品がもう生産終了して取り扱っていないことも…。

そのような場合は、洗面台を丸ごと交換することを検討しておきましょう。

 

洗面所リフォーム費用の内訳は?

 

洗面所リフォーム費用の内訳は、以下のような感じになっています。

リフォーム費用の内訳

1.洗面台本体
2.洗面台の設置工事費
3.材工費を含む内装工
4.その他、給排水工事費など

※実施する内容で金額が変わります。

洗面台のみの工事なら1+2だけの工事費となります。

洗面所を移動する際には、全ての費用がかかります。

 

洗面所リフォーム・交換までの流れ

交換しようと決めて連絡後~工事完了まで、約1.5か月かかります。

 

  • 現地調査の手配
      ↓   約2週間
  • 現地調査
      ↓   約1週間~10日
  • 見積もり受領
      ↓   約2週間
  • 比較検討
      ↓   約2週間
  • 契  約
      ↓   約1週間~2週間
  • 施工開始
      ↓   約1日~2日
  • 施工完了

 

決めてから、約1か月半くらいかかるので、日程を組む際には2か月先くらいまでの予定を確認しておきましょう。

 

〇業者選びのポイント

業者選びのポイントとしては、1つの所で決めるのではなく、複数のところから比較検討して選びましょう。

請求金額は、業者によって変わってきます。

 

中には問題がないのに、リフォームを勧めて来る業者もいます。

 

価格の安さだけではなく、見積もりや工事内容の質問などに丁寧に対応してくれるかどうか?

事前調査をきちんと行ってくれるかどうか?連絡をとりやすいかどうか?

無理に勧めてこないかどうか?などもしっかりみていきましょう。

 

洗面所リフォームの注意点は?!交換時期や費用の相場も解説!まとめ

 

洗面所リフォームの注意点としては、以下のことをふまえて進めていきましょう。

洗面所リフォームの注意点
  1. 洗面台の高さや広さを事前に検討しておくこと。
  2. 収納スペースを確保しておくこと。ただし、収納棚は高すぎないかチェックすること。
  3. 費用は、シンプルなものなら安いが、こだわりの洗面所にしたかったり、洗面所周辺もリフォームを考えるなら多めの予算にしておくこと。
  4. 洗面所は、脱衣所やお風呂場が隣接していることが多いので、防カビ対策や着替えスペースも考慮すること。
  5. 業者選びは、何箇所か相談して比較してから決定すること。
  6. 工事期間は、決断してから約1か月半くらいかかることが多いので、それを考慮して、2か月先の予定を組むこと。

 

毎日使う場所だから、快適に使いこなしたい洗面所。

小物もタオルもすっきりしまえて、出し入れしやすい場所にしていきたいですね。

 

この記事を読んで、リフォームした洗面所がお気に入りの空間になれば嬉しいです。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です