自分で簡単リフォーム !カーテンレールは3ステップで取付け!

 

「カーテンレールを自分でリフォームしてみたい、でも取付けはどうやったらいいの?」

僕も節約のためにどうにかカーテンレールが自分で取り付けできないかと悩みました。

 

この記事は、

  • 業者の勧めたものや限られたデザインの中から選ぶよりも自分の好きなデザインにしたい!
  • 節約のためにカーテンレールは自分でリフォームしたい!
  • でも自分でリフォームできるか不安!

という方向けの記事です。

 

素人の僕でも簡単な3ステップでつける事ができたので皆さんもやってみてくださいね!

 

自分でリフォームしよう!カーテンレールの取付けは3ステップ

自分でカーテンレールをリフォームするときのステップはたった3つです!

はるこ
3ステップでいいなんて、母さんでも出来る気がしてきたわ!

 

まずはカーテンレールの種類を決めよう

部屋の印象を大きく左右するカーテン。

そのカーテンの基礎であるカーテンレールの種類をご存じですか?

カーテンレールもお部屋の雰囲気を大きく変えるモノなんです。

 

カーテンレールの種類は大きく分けて機能性カーテンレール装飾カーテンレールの2種類があります。

 

機能性カーテンレール

引用:カーテンレール専門店 スタイルダート

 

機能性カーテンレールの特徴
  • 一般的に多く使われているカーテンレール
  • カーテンの開閉のしやすさと耐久性があり機能的
  • 価格も装飾性カーテンレールに比べてお手頃
  • 天井付け、正面つけにも対応できる
  • 伸縮性のあるレールも発売されていて細かい採寸いらず
  • 機能性に特化しているためオシャレ感は少ない

 

 

装飾カーテンレール

引用:カーテンレール専門店 スタイルダート

 

装飾カーテンレールの特徴
  • デザインが多く部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができる
  • 装飾カーテンレール自体がインテリアになる
  • 機能性カーテンレールに比べて重い
  • 天井付けはできない

 

はるこ
あっくん!正面付けと天井付けってなんだっけ?なんか前に教えてもらった気がするんだけど・・・

 

あつし
前に説明したの覚えてくれてた?でも、聞きなれない言葉ってなかなか覚えられないよね?もう一度簡単に説明するね

 

引用:ブラインドマート

 

正面付け 窓枠の外側(上側)にレールを取り付ける方法 機能性カーテンレール、装飾カーテンレール 両方取付けOK
天井付け 窓枠の内側にレールを取り付ける方法 機能性カーテンレールOK 装飾カーテンレールはNG

 

 

あつし
注意すべきは天井付けでは装飾カーテンレールは取り付けが出来ないんだ。正面付け天井付けについて詳しく知りたい方はこの記事を読んでください。

カーテンレールを天井に取り付けよう!位置はどのあたり?

2019年3月13日

 

 

下地を探そう!

 

あつし
カーテンレールの種類が決まったね。次はカーテンレールを取り付けるにあたって最も重要な下地を探す作業だよ!!

これをきちんとする事で今後のカーテンレールのリフォームの寿命が決まるといっても過言じゃないよ!!

 

はるこ
あっくんの熱意は分かったけど・・・そもそも下地ってなに?母さんそこから分からないわ・・・

 

壁は一般的には 下地|石膏ボード|壁紙|室内 の構造になっていて石膏ボードを張るための物が下地と言います。

下地(木材など)にカーテンレールのビスを打ち付ける事でカーテンレールの安定性を保ちます。

 

下地は全面にあるわけではなく一定の間隔にあるので下地を正確に探しだすことがカーテンレールのリフォームのカギとなります!!

 

あつし
下地のない場所にカーテンレールを取り付けることはできるはできるけどカーテンの重さに耐え切れずにぐらついてしまって最終的には外れてしまうんだよ。

 

はるこ
突然カーテンレールが外れてしまったら危ないし見栄えも悪いわね。

 

あつし
そうなんだよ!これから下地の探し方について簡単に説明するね

 

はるこ
下地がどこにあるかなんて素人なんだから分からないわよ~母さんカーテンレールを取り付けるなんて無理な気がしてきたわ

 

あつし
母さん待って!慌てないで!!実は素人でも簡単に下地を探し出せるグッズが多く販売されているんだよ

 

 

人気のあるものでいうとシンワ測定株式会社から出ている「下地探し どこ太

ホームセンターやネットショップで1000円前後で売っています。

引用:シンワ測定株式会社

 

細い針を壁に刺すことで下地の場所を探し当ててくれるグッズです。

凄く細い針なので壁に開く穴の心配もありません。

 

使い方もシンプルで木製の下地の場合は細い針を壁に刺して下地に当たれば手ごたえがあります。

金属下地は針を刺さずにマグネットで探します下地を探知すると「カチッ」と音で教えてくれます。

 

 
 
 
 
 
Youtubeでも使い方が詳しく紹介されていました。
 
画像だけではなくて、もっと手順を詳しく見たいかたはこちらもおススメです!
 
 

引用:Youtube(シンワ測定株式会社)

このほかにも下地探しに便利なグッズがたくさん出ています。用途に合わせてお使いになってください。
 

 

カーテンレールを取り付けてカーテンをつければ完成

はるこ
取付けまであと少しね!あっくん説明よろしくね!

 

あつし
母さん、いきなり仕切らないでよ。まったく・・・それではカーテンレール取付けまであと一歩です。

 

下地の位置が決まったところで早速カーテンレールを取り付けたいのですが、その前にカーテンレールの採寸方法を確認しておきましょう。

機能性カーテンレールか装飾カーテンレールなのか、自分が該当するカーテンレールのところを読んでくださいね。

 

【機能性カーテンレールの取付けの場合】

正面付けの場合

 

引用:カーテンインテリア専門店 TERITERI

窓枠外の寸法+15センチの長さの物を用意しましょう。

 

 

天井付けの場合

引用:カーテンインテリア専門店 TERITERI

窓枠内の寸法-1センチのものを用意しましょう。

 

 

【装飾カーテンの取付の場合】

引用:カーテンインテリア専門店 TERITERI

窓枠外の寸法+20センチ+飲み込み寸法×2の長さを用意しましょう。

(*のみこみ寸法とはキャップの接合部分までのことを指します)

 

 

あつし
必要なカーテンレールの寸法も分かったところで早速取付作業に入ろう

 

カーテンレールの取り付け方

引用:カーテン天国

 

  1. ブラケットの取付位置を決める
  2. ブラケットをビスで止める
  3. ブラケットにカーテンレールを取り付ける
  4. グラつきがないかよく確認する

(*基本的な取り付け方なので商品の取り扱い説明書をよく読んで取付を行いましょう。)

(*ブラケットとはカーテンレールを支える部分のことです。)

 

 

 

カーテンレールを自分でリフォームするのはお得なのか?

カーテンレールを業者にお願いすると取付費用の相場は、「ホームセンターの場合は10,000円くらい~専門業者で5,000円+交通費~」、「リフォーム業者に注文すると20,000円~40,000円」が相場となっています。

 

自分でカーテンレールをリフォームするとなると下地を探す道具1,000円くらい、ドライバー3000円くらい、レール自体は2000円くらいから販売されていますので6,000円くらいから取り付けることができお得ですね。

ホームセンターだと工具を無料貸出してくれたりするのでホームセンターでカーテンレールを購入すると工具代がないので5,000円くらいの費用で収まりかなりお得になりますよ。

 

 

やっぱり自分でつけるのは心配だから業者に任せたい方はこちらの記事を参考にしてください。

お金はかかるけどプロに任せる安心感は別格ですよね!

カーテンレールの取り付け費用は?ホームセンターでお願いできる!?

2019年4月30日

 

値段を抑えておしゃれなカーテンを選びたい方はこちらの記事をご覧ください。

カーテン購入におすすめ通販! おしゃれで安いのはここ!

2019年4月28日

 

自分でリフォームするカーテンレールのまとめ

  • まずは機能性カーテンレールにするのか装飾カーテンレールにするのか決めよう
  • 下地探しはしっかり、きっちり
  • 取り付けるカーテンレールの寸法にご注意
  • 自分でつければかなりお得

 

自分でカーテンをリフォーム出来るって知らない人からしたらすごいことですよね。

節約にもなるし、自分の好みのカーテンレールに好きなデザインのカーテン 想像するだけでワクワクしませんか?

 

素人の僕でも取り付けることができたのでぜひこの機会にカーテンレールのリフォームを!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です