リフォームで床暖房!!寒い冬を暖かく、暑い夏を快適に!!

 

床暖房は足元を温めてくれるだけではなく、暖房の効きを良くし、光熱費の節約をすることも可能です。

 

また、床暖房は、空気を乾燥させず、汚さないこともあり、家をリノベーションする時導入を検討することも少なくありません。

 

最近の新築マンションには床暖房が設置されているといわれるほど普及してきています。

 

しかし、いざ床暖房を導入しようと思っても、費用や種類など気になることは多いと思います。

 

今回は、床暖房のリフォームを検討中の方床暖房の導入に迷っているけど、種類や費用が知りたい!!という方は必見です。

 

床暖房の種類について

 

床暖房は2つ種類があります。「電気式」「温水式」の2種類です。

どの床暖房も足元から部屋を暖めるのは変わりませんが、そのメカニズムは異なります。

 

電気式床暖房

電気式の床暖房は、床下に発熱体に電気を通して放熱します。

構造が簡単なため、施工しやすく、リフォームした際に設置することも可能です。立ち上がりはゆっくりで温度を上げるために時間がかかります。

仕組みとしては、ヒートポンプにより効率よくエネルギーを生み出しています。

 

ヒートポンプとは?

空気の熱を冷房、暖房などに有効活用するシステムです。

 

温水式床暖房

温水式の床暖房は、床下に温水パネルを設置し、電気やガスで暖めた温水を循環させます。

温水パネルやパイプの配交換工事など、施工に時間がかかりますが、電気式と比較し、立ち上がりが早いメリットがあります。

 

はるこ
温水式は立ち上がりが早いから、やっぱり床下暖房は温水式の方がよいのかしら?

 

あつし
これに関しては一概に温水式が良いとは断言できないかな?どのタイプにもメリット、デメリットがあるからね。

 

床下暖房種類別のメリット、デメリットついて

 

では、電気式床暖房と温水式床暖房はどう違うのでしょう。

二つの床暖房の違いを比較した上メリット、デメリットについて解説していきます。

 

快適性の比較

まず、スイッチを入れた際の立ち上がりに関しては、温水式床暖房が比較的早いです。

立ち上がりの温度が早く適温になるということは、管理費用が安くなるということです。

 

また、温水式はムラなく均等に温めることが可能です。

電気式は、電気線の結合部分に熱を伝える灼熱板がないものが多く、その部分が冷たく感じられるため、床面温度にムラが生じてしまいます。

 

 

メンテナンスの比較

メンテナンスに関しては、電気式が温水式と比較し、工事が簡単に可能です。

温水式は床下に温水パネルを設置しており、温水の配管、熱源機の設置も必要になるので施工に手間がかかります。

 

設置の条件に関しては、電気式の床暖房は電気を使用するためのアンペアが必要になります。

なので、アンペアの増設が必要にります。アンペアの増設が必要になると、電気の使用量が上がり、電気代が高くなってしまいます。

 

温水式は屋外に熱源機の設置スペースが必要です。

 

注意
電気式、温水式の床暖房は基本的にはメンテナンスが不要です。しかし、温水式の熱源機は故障してしまうとメンテナンスが必要になるので注意が必要です。

 

床暖房リフォームの気になる費用について

 

床暖房の費用はいくらかかるのでしょうか?

先ほどの説明から、「温水式の床暖房の方が、費用が高いんじゃないの?」と思われる方は多いと思います。

 

たしかに、初期費用は温水式床暖房が配管施工や温水パネルなど設置するものが多く、手間のかかる工事なので費用は高くなります。

しかし、管理費用が安いため、長期的に使用すると、温水式暖房の方が安くなります。

 

補足
注文住宅で床暖房を設置する時、費用はオプションの工事として取り扱われることがあります。オプションの工事扱いとなると、ハウスメーカーにより差額が生じてしまいます。

以下の費用は平均の値段ですのでご了承ください。

 

電気式床暖房費用

電気式の床暖房の初期費用は大きさにもよりますが、約30~40万円が目安です。

ランニングコストはアンペアの増設により、電気を多く使用してしまうため、どうしても高くなってしまいます。

 

温水式床暖房費用

温水式床暖房の初期費用は、一般的に約50~60万円が目安です。(リビング2面設置する場合)

また、床暖房はリビングに設置することが多いと思いますが、キッチンの足元や居室に設置することもあります。

 

こういった場合、面積が倍になると費用も倍になるわけではなく、1箇所の設置で10~20万円の増額で増やすことができます。

ちなみに、ランニングコストは温水式床暖房の方が電気式床暖房に比べ、約10年間使用すると割安となります。

 

はるこ
これは…迷うわね。

 

あつし
そうだね、最初安いほうが良いか、月々が安い方が良いか、ちょっと迷っちゃうよね。

 

はるこ
あっくんだったらどうする?

 

あつし
僕だったら、まず施工業者にどっちが人気か聞いたり、費用がいくら割安になるのか確認するね!あと業者の意見も大事だから話をしっかり聞いて選択するかな!

 

はるこ
なるほど!じゃあ、お母さんはあっくんについてきてもらって考えます(にこっ)

 

あつし
やっぱそうなるか…

 

床暖房の費用については、こちらの記事もおすすめです!

リフォームで床暖房を設置するときの費用は?方式による違いを紹介!

2019年7月1日

 

床暖房が夏の部屋に及ぼす影響について

 

はるこ
床暖房って冬は暖かくていいと思うけど、夏ってどうなの?暖房っていうから暑くなることしかイメージできないわ。

 

あつし
たしかに、文字だけでみたら暑くなるイメージしかないよね…夏には涼しくする機能も実はあるんだよ!

 

地熱床システム

床暖房が、冬は快適に室温を暖かくする役目といのは、当たり前ですが、夏はどういった役割を持つのでしょうか?

実は、床暖房は夏にも効果を発揮するのです。

 

床暖房が夏に室温を快適にするユニバーサルホームさんの地熱床システムについて解説します。

 

地中温度は、火力・風力。太陽光と並ぶ、クリーンで無限の自然エネルギー。その中でも地熱は天候の影響を受けない安定したエネルギーです。これを冷暖房システムに取り入れたのが「地熱床システム」。このシステムの床下は、真冬の15℃から真夏の25℃の範囲を安定して保つため、天然の冷暖房効果をもたらし、一年を通して快適な室内環境になります。

また、地熱床システムは冬場でも15℃を保つこの床下温度を利用するため、省エネルギーで地球にやさしく、冷暖房費が軽減できます。

引用:夏は涼しく、冬は暖かい。|地熱床システム|注文住宅のユニバーサルホーム

 

この地熱システムにより、夏の室温を25℃に保ち、快適な温度を提供します。地中の温度による冷房効果となるのです。

 

アクアレイヤー

また、イゼナ株式会社の「アクアレイヤー」という床暖房は夏にはひんやりとした床になることを売りにしています。

アクアレイヤーは「ヒートリックス」という太陽熱をアクアレイヤーにため込むためのアルミニウムでできた床材です。

 

アルミニウムは熱を伝える力がとても優れています。そのため「ヒートリックス」に触れると、身体の熱をグングン吸い取ってくれ、とても快適!!吸い取った熱は「アクアレイヤー」にどんどん運んでくれるので、いつまでたっても冷たさが持続します。

引用:イゼナ株式会社

 

アクアレイヤーに関してはイゼナ株式会社さんのホームページで詳しく詳細を解説されています。

アクアレイヤーはひんやりとした床で快適な夏の室温を提供してくれますが、維持するための注意点があります。

 

直射日光を入れないように注意をしないといけません。

何故かというと、室温がどんどん上がってしまうため、アクアレイヤーの温度も上がってしまいますので、カーテンや日差しを直接入れないように工夫が必要です。

 

リフォームで床暖房!!寒い冬を暖かく、暑い夏を快適に!!(まとめ)

 

床下暖房は大きく分けて2種類あり、それぞれ長所と短所があります。

 

長い期間使うのであれば温水式床暖房が最終的にはランニングコストで割安な料金になりますし、電気式床暖房であれば初期費用が安いですが、ランニングコストが高くなります。

 

決して安い買い物ではないので、家族や業者と話し合い、決めていくことが大事だと思います。

また、夏の期間を快適に過ごすための工夫もありますので、リフォームの際に聞いておくと良いと思います。

 

床暖房に関する記事は以下の記事もありますのでご参照ください。

リフォームで床下断熱に!!効果やメリット・デメリットについて

2019年8月15日

リフォームで床暖房を設置するときの費用は?方式による違いを紹介!

2019年7月1日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です