リフォームでリビングを広くしよう!快適リビング作戦!

 

リビングは家族団欒を過ごすためのとても大切なスペースです。

 

リビングの居心地が悪いと自然と家族がそれぞれの部屋に行ってしまって、家族で一緒にいる時間が減るなんてことも・・・。

 

リビングが居心地が悪くなる理由として様々なことがあり、その中でも広さはとても重要だと思います。

 

ということで今回は少しでもリビングを広くしたいという方のためにリフォームでどうやってリビングを広くするべきかまとめました!

 

ご興味がありましたら最後までお付き合いください。

 

はるこ
最近リビングが狭く感じるのよね。その話は母さんとても気になるわ!

 

あつし
そうなんだ。母さんはそう感じているんだー。そのことで僕もちょっと言いたいことがあるんだよ!

 

リビングを広くしたい!どんな方法がある?

 

まずはリフォームもそうですが、リビングを広くするための簡単な方法やどんなリフォーム方法があるか一から考えていきましょう!

 

①あたりまえだけど、リビングの家具を整理整頓!

こちらは費用は一切いりません!もちろん業者に依頼する必要もありませんね。

 

本当に当たり前のことですが、家具を整理することだけでもリビングを広くすることはできます。

 

最低限の家具だけにしてリビングを広くするのも立派な選択肢だと思います。

 

リビングを広く見せるコツとして

  • 背の低い家具を選ぶ
  • 統一した色でそろえる
  • 生活の導線を考える

など、うまくコツを抑えればそれだけでも十分広く感じることができます。

 

まずは小さなことから行動してみるのいかがでしょうか?

 

あつし
ま・ず・は!リフォームって考える前にリビングの整理はとても大事なんだよ!母さん!

 

はるこ
ギクッ!でっでも広かったらいっぱい物が置けるじゃない!リフォームで解決しましょうよ!

 

あつし
確かにかあさんの言ってることも一理あるね。でもなぜだろう?ぼくが帰ってくるたびに物が増えているのは?玄関に段ボールがいっぱいあったね。

 

はるこ
はい。すいません。まずは片づけから始めてみるわ。。。

 

②リビングとつながっている部屋をリビングとしてリフォーム

隣接した部屋とリビングをリフォームしてリビングを広くやキッチンとリビングをリフォームしてリビングを広くするなど、現状の部屋をリフォームしてリビングを広くする方法ですね。

 

もちろん一つの部屋をリビングとしてリフォームしてしまいますので、お部屋は一つ減ってしまいますので、使っていない部屋などかしっかり確認してリフォームを行う必要ありますね。

 

はるこ
なるほどね。確かに客間用があったりするから、それをリフォームしたりするのも手ってことね。

 

あつし
そうだね。キッチンに関しては面積で考えるとそこまで広くならないかもしれないけど、リフォームの内容によっては感覚としてひろく感じることができると思うよ。

 

③サンルームなどを増設して、リビングをより広く!

こちらはベランダなどにサンルーフを設置して、増築してリビングを広くする方法ですね。こちらの場合、ベランダや家の庭が広くないと増築できないので、庭等がない方はきびしいかもしれません。

 

サンルーフではほぼ外になるので、家でのBBQなど、家の中で少しアクティブなイベントをおこなうことができますので、とても便利な空間になることは間違いないと思います。

 

はるこ
サンルーフ?何それ?なんかサーフィンとか単語みたいね。

 

あつし
まぁ簡単に言えばバルコニーみたいなイメージかな。解放感もあって僕はおすすめの一つだね!

 

もう1ランク上の高級感を求めている方はこちらの記事にお進みください。

きっとセレブな感じを味わえると思いますよ。

一味違う高級感!マンションでリビングをタイル床にリフォーム!

2019年8月4日

 

実際リビングを広くするリフォームはどれくらいの費用が掛かるの?

 

では上記で上げた内容でどれくらいの費用が掛かるか確認していきましょう。

 

リビングとつながっている部屋をリフォームの場合

隣接した部屋のリフォームの場合

 

基本的には間取りを変更するため、壁の取り壊しが入ります。

 

壁を取り壊した後、どのような内装に仕上げていくかによって費用も変わっていきます。

 

元から1つの部屋であったかのようにするためには、隣の部屋とリビングの天井・床・壁紙を統一させる必要がありますね。

 

例えば、隣がもし和室だった場合、その分内装の工事費用がかさんでしまうことがありますのでご注意しましょう。

 

キッチンのリフォームの場合

キッチンとつなげる場合は、上記でも書いた、内装をどうするかに加え、他に水道・電気の工事が必要かどうかという点も費用に影響します。

 

流しの場所を変更する場合などは費用がその分高くなってしまいます。

 

また、キッチンでは床材でも注意が必要ですので床材の張り替えや、流しの下の部分を張り替えるかどうかによっても費用が変わってきますので注意が必要です。

 

こちらが費用の一例です。

引用:リフォームガイド

 

こちらの記事では床のリフォームでDIYについてまとめておりますので興味がありましたらお読みください。

 

意外と簡単!床リフォーム 自分でできる DIY術&費用一挙紹介!

2018年11月9日

 

サンルーフを設置するリフォームの場合

サンルームでは家の窓に合わせて大きさを調整していきます。また、ガラスの素材や開閉の仕方などによっていろんな種類があります。

 

グレードだけでなく、オプションも幅広いので、我が家にぴったしのサンルーフを設置しましょう。

 

こちらが費用の一例です。

引用:リフォームガイド

 

はるこ
何これ!とてもおしゃれじゃない!お庭でBBQするのに最適じゃない!チラッ。孫の楽しむ顔を見ながらおばあちゃんは中でくつろいでいるのがイメージできるわ。チラッ。

 

あつし
うわー。なんか言いたそうだけどここは何も聞かないでおこう。そうだね。日差しもよく当たるから、日向ごっこにも最適な空間になるとおもうよ。

 

実際リフォーム工事の費用相場って気になりますよね。

自分に見合った額のリフォームをするためにこちらの記事も参考にしてください。

 

広くするためのリフォームの際に注意するべきこと

 

実はリビングを広くするリフォームでは建築基準法や面積によっては注意するべきことがいくつかあります。そちらを確認していきましょう。

 

建築基準法があるためにできないリフォームがある

建築基準法では、敷地面積に対する建築面積・延べ床面積の割合が決められています。

 

建築基準法に違反した工事はできないので、こんな風にリビングをリフォームをしたいと思っていてもリフォームできない場合がございます。

 

リフォーム会社の方にしっかりと確認しながら、リフォームを計画していきましょう!

 

増築の面積が10㎡以上場合確認申請が必要!

家の外部に10㎡以上増築する場合は工事を始める前に自治体に確認申請をして審査をしてもらわなければなりません。

 

サンルーフの設置の際に必要になってくることが多いです。

 

こちらの確認申請を自分で行うのは大変です。

 

確認申請をサポートしてくれるリフォーム会社を選ぶのがおすすめです。

 

通し柱などがあると壁を取り壊すことができないことがある。

家の構造上、なくてはならない柱があります。

 

そのため希望通りに工事ができない場合があります。いくらリビングを広くしたいからといって、家の耐久度落とすのは絶対にやめた方がいいです。

 

見積もりの際にリフォーム会社の方にしっかり確認してもらいましょう。

 

【リフォームでリビングを広くしよう!快適リビング作戦!】まとめ

・リフォームの前にまずは整理整頓も見直してみよう!

・リビングをリフォームする方法として、隣接した部屋をリフォーム、キッチンをリフォーム、サンルーフの設置などがある。

・費用は意外とリフォーム後の内装によって変わってくることが多い。

・リビングのリフォームでは注意する点として、建築基準法の確認、外部に設置する面積の広さ、柱の位置を注意しましょう。

 

はるこ
チラッ。私も早く孫の顔が見たいわねー。チラッ。

 

あつし
じゃあ母さん!説明も終わったから僕は帰るとするよ。それじゃぁ!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です