リフォームとリノベーションの違いは?リノベ物件購入のデメリット

あつし
母さん、リフォームした家の住み心地はどうかな?
はるこ
あっくん、おかげさまで毎日快適に過ごしているわよ♪
あつし
それは良かったね!あの時は僕も色々と調べてとっても勉強になったよ。
はるこ
ところでね、ご近所の人とリフォームの話で盛り上がっていたときに「今はリフォームよりヘビーローテーションの方が人気がある」って聞いたんだけど何のことなのかしら?
あつし
!?(AKB48?)...母さん、それってもしかして「リノベーション」のことじゃない?
はるこ
あら?そんな感じだった気もするわね。
あつし
(確か何回か説明したはずなんだけどな...。)じゃあ、リノベーションについて説明してみようか。

 

 

リフォームとリノベーションの違い

あつし
建物を改修工事するという点においてはリフォームリノベーションも同じかもしれないけど、その工事の目的によってリフォームなのかリノベーションなのか変わってくるんだよ。

住宅の買い替えリフォームなどを検討している人には少なからずリノベーションリフォーム意味合いの曖昧さに混乱するでしょう。

なぜかと言うと、どちらも住宅に手を加えるという点においては同じだからです。

では、リフォームリノベーションにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

リフォームとは?

あつし
じゃあ母さん、まずはリフォームについておさらいしてみようか?
はるこ
リフォームはこの前勉強したばかりだからまだ覚えてるわよ♪
リフォームとは?

リフォームとは「老朽化した建物を建築当初、いわゆる新築の状態に戻すこと」を言います。

リフォームという言葉を使うときは、「壊れている状態」を直したり、「汚れている状態」をきれいにしたり、「老朽化している状態」を新しくしたりすることを指します。

わかりやすいのが古くなったキッチンを新しいキッチンと変えたり、傷んだフローリング床を張り替えるとか、汚れた壁紙を張り替えるのがリフォームになります。

 

あつし
この前の家の傾きを直したのもリフォームになるからね。
はるこ
なるほどね。じゃあ、トイレを和式から洋式に変えることもリフォームになるのかしら?
あつし
いい質問だね!和式トイレを洋式トイレに変えるのは機能を向上させるという点においてはリノベーションっぽいけど、実際には間取りを変更するような工事をするわけではないのでリフォームの部類に入るんじゃないかな?
はるこ
う~ん、そう言われるとよくわからなくなっちゃうねぇ。私には同じことをしているように思えるんだけどね。

 

リノベーションとは?

あつし
じゃあ母さん、今度はリノベーションについて説明するよ。
はるこ
ヘビーローテーションじゃないからね(笑)
あつし
(聞き間違えてたのは母さんだったよね?)

ゴホン!じゃあリノベーションについて説明すると、今までよりも用途を変えたり機能を向上させたりするのがリノベーションになるんだよ。

リノベーションとは?

リノベーションとは中古の住宅に対して「機能の向上・価値を高める改修をする」ことを言います。

リフォームの時は「壊れたところを修復する」「汚れたところを綺麗にする」「老朽化したところを交換する」など、マイナス状態のものをゼロに戻す作業になります。

それと比べるとリノベーションは新築のときよりも機能を向上させたり価値を高めたりと「ゼロに戻す」よりもプラスαの要素を加える作業になります。

 

 

リフォームとリノベーションの具体例

あつし
ではリフォームやリノベーションの具体例を見てみようね。
リフォームの具体例

・入居当初から設置してあったシステムキッチンを老朽化に伴い最新のシステムキッチンと取り換えた。

・外壁の塗装を塗りなおした。

・ユニットバスの交換

・屋根の劣化と汚れにより屋根の葺き替え工事をした。

・洗面所のタイルのひび割れや水漏れを綺麗に改修した。

あつし
リフォームは「元に戻す」だね!

 

リノベーションの具体例

・間仕切り壁を撤去してリビングダイニングキッチンを広くした。

・バリアフリー化する。

・太陽光発電システムを取り付けてオール電化にした。

・二世帯住宅に改造した。

・子供部屋を増築した。

あつし
リノベーションは「作り直す」だね!
はるこ
なるほど!こうやって具体例を見てみるとリフォームリノベーションの違いがわかりやすいわね♪

 

リノベーションが注目されている?

あつし
一昔前は日本では住宅の購入は「新築」にこだわりがあったんだよ。父さんも頑張って働いて家を建てたけど新築だったんだよね?
はるこ
そうだね。あの頃の父さんは「新築で家を建てるんだ!」って毎日夜遅くまで働いていたんだよ。
あつし
その頃と比べると今現在は住宅に対する価値観がだいぶ変わってきたことになるね。国が本格的に中古市場を活性化させる動きがあり、さらには高齢化と人口の減少による空き家の増加で新築物件を作るよりも中古物件を上手く利用するほうが企業にとってメリットがあるんだね。
リノベーションが注目されている理由

・新築マンションを購入するよりもコストを抑えることができる。

・ライフスタイルに合った間取り設計が可能である。

・周囲の環境を事前に確認できる。

・再建築不可物件で立て直しが無理でもリノベーションは可能の場合がある。

・建物の築年数が経っていても設備等が新しくなるため資産価値が上がる可能性がある。 

あつし
これを見るとリノベーションが注目されてきている理由がわかるね。
はるこ
じゃあ、この前はリフォームじゃなくてリノベーションした方が良かったのかい?
あつし
さっきも言ったけど目的によってリフォームにするかリノベーションにするか選ばないと駄目だなんだよ。この前家をリフォームしたときは「直す」ことが目的だったからリフォームで十分なんだ。

 

リノベーション物件を購入するデメリット

はるこ
リノベーションの良いことばかり言うもんだからこの前もリフォームじゃなくてリノベーションにすれば良かったのかと思ったよ。
あつし
リノベーションの良いところを言ったけど、リノベーションにもデメリットがあるから注意しなくちゃいけないんだよ、母さん。
はるこ
えっ!そうなの?やっぱり良いことばかりっていうのは難しいのね。

 

 

リノベーション物件を購入したときの失敗例①

お金に関する失敗例

住宅ローンとリフォームローンの二重払い

中古物件が思っていたより老朽化していた→予定外の補修費の発生

新築を購入するときほど税金面で控除を受けれない

あつし
工事を始めて壁などを剥がしたときに配管が思った以上に老朽化していて交換しなくてはならず、当初予定していた工事金額より高くなってしまうことも珍しくないんだって。
はるこ
あらら、それは難儀だね。

リノベーション物件を購入したときの失敗例②

計画に関する失敗例

建物の構造上、改修工事に制約があり思った通りにならなかった

マンションの管理規約により希望の間取りにできなかった

あつし
リノベーション物件を購入する場合はここら辺をしっかり調べておかないと後で後悔することになっちゃうね。
はるこ
本当に怖いわね。でも私はあっくんがちゃんと調べてくれるから大丈夫よね?
あつし
母さんに全部任せるのはちょっと不安だからね。

リノベーション物件を購入したときの失敗例③

業者に関する失敗例

デザイナーと意見(センス)が合わない

業者にも得手不得手がある

アフターサービスがきちんとしているか?

あつし
やっぱり業者選びはすごく重要だよね。実際にあった話で、工事が終わって数か月後に水漏れするようになって施工業者に相談したところ別途料金が発生したケースがあったんだって。
はるこ
そんな業者に工事を任せないように前もってきちんと調べておかないといけないね。

 

まとめ

 

あつし
母さん?リフォームとリノベーションの違いやメリット、デメリットを並べてみたけどどうだった?
はるこ
説明がわかりやすかったからよく理解できたよ。
あつし
リフォームとリノベーションには目的の違いがるけど業者によってはリフォームに統一している場合もあるから意味合いに固執しすぎないほうがいいかもね。
はるこ
要は「何をしたいか?」ってことなんだね。
あつし
あとは単語をちゃんと覚えておかないとね!
はるこ
ヘビーローテーションじゃないことが分かっただけでも、すごくためになったわ。
あつし
...普通はそんな間違いする人いないけどね。

 

TOPに戻る

 

あつしおすすめリフォーム一括見積サイト!

あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。見積もり会社をうまく使い300万以上のリフォーム費用を削減した僕がもし読者様にオススメの見積会社を紹介するなら、タウンライフリフォームが一番おすすめです!と答えます。僕の母親にもなぜオススメしたのかついては下記をご確認ください!

無料で読者様の家を見積もりできますのでもし良かったらお試しくださいね。

なお、リフォーム会社の選び方については、「賢いリフォーム会社の選び方」で解説しています!

■ タウンライフリフォーム ★★★★★

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です