リフォームローン減税・補助金って何?国の制度を徹底解説!

 

はるこ
ねぇ、あっくん。消費税が10%になるって!

 

あつし
え?

う、うん、そうだね。でも母さん、急にどうしたの?

 

はるこ
お昼のテレビで見たの。

同じものでも大手スーパーだと10%、近所の小さな薬局で現金だと10%、カードで買うと実質5%、あと・・・

あら? もうひとつ・・・なんだったかしら?

 

あつし
ああ・・・いろいろ言われてるみたいだね。

 

はるこ
あっくん、実質5%ってどういうこと? 母さん、まったくわからなくて・・・困ったわ・・・

 

あつし
母さん、心配するのはまだ早いよ。

ちゃんと決まったら、僕がどうすればいいか教えてあげるから、大丈夫だよ。

 

はるこ
ほんと? よかったわ~。

税金の話って、どうも難しくて・・・

 

あつし
それは確かにそうだね。

リフォームにも国から色んな形で補助があるんだけど、正直わかりづらいんだ。

 

はるこ
あら、リフォームにも補助があるの? 家を買ったときの間違いじゃないの?

 

あつし
家を買ったときはもちろんだけど、リフォームでも補助があるんだ。

条件をクリアすれば、適用されるよ。

 

はるこ
まあ! とっても興味があるわ、あっくん!(目キラキラ☆)

 

あつし
よし!

では、ただいまより、リフォームローンの減税や補助金についての授業をはじめます!

 

はるこ
はい!

あっくん先生、お願いします!

 

あつし
(あっくん先生??・・・ま、いいか・・・)

 

【増税間近!】いつまでにリフォームしたら消費税8%で済む?

2019年1月14日

 

\今なら間に合う!消費税8% /

▼ 完全無料でローン削減額チェック! ▼

 

リフォームに関する優遇制度って?

 

 

あつし
リフォームに関係する優遇制度は、大きく分けて2種類あるんだ。

 

リフォーム優遇制度
  1. 税金の優遇:税金が控除されたり、税金が減額されたりする制度
  2. 補助金:国や地方自治体が、リフォーム工事費用の一部を補助する制度

 

はるこ
税金が安くなる制度と、工事費用を負担してくれる制度があるのね。

ひとつのリフォームで、両方の制度を利用できるの?

 

あつし
うん、条件を満たせば両方の制度を利用できるんだ。

 

はるこ
でたわね~、「条件」!

その「条件」っていうのがクセ者なのよ。

 

あつし
大丈夫だよ、母さん。

順番に、ひとつひとつ説明するからね。

 

はるこ
はい! あっくん先生!

 

あつし
・・・・・・

(なんか・・・調子狂うなぁ・・・)

 

 

リフォーム優遇制度1:税金の優遇

 

 

あつし
まず、リフォーム減税について説明するね。

減税してもらえる税金には、3種類あるんだ。

 

はるこ
あら、3種類も?

 

リフォームローン減税制度の種類
  1. 所得税の控除
  2. 固定資産税の減額
  3. 贈与税の非課税措置

 

はるこ
はい、あっくん先生!

分かりません!

 

あつし
漢字ばかりだから難しく感じるよね。

細かいことはともかく、「こういう減税制度があるんだ」ってことを知ることが大事なんだよ。

制度を知らないと、優遇を受けることもできないからね。

 

はるこ
確かにその通りだわ。 なんとなくでも聞いたことがあれば、調べようとするかも。

 

あつし
そう! それが大事なんだ。

適用されるには細かい条件があるんだけど、それは覚えなくても、あとから調べればいいんだ。

だから母さん、気楽に聞いて。

 

はるこ
オッケー! ちょっとホッとしたわ。

 

 

リフォーム優遇制度1:税金の優遇 ①[所得税の控除]

 

 

あつし
母さん、所得税はわかるよね?

 

はるこ
知ってるけど、説明してって言われたらできないわ。

 

あつし
うん、僕もそうだったよ。

会社員だと毎月の給料から引かれて、会社が代わりに支払ってくれるから、よく知らなくても生きていけちゃうんだよね~。

 

所得税とは、毎年1月1日から12月31日までの間に、個人が稼いだお金(=所得)に課せられる国の税金のことです。

 

条件を満たすリフォームを行うと、所得から一定の金額が差し引かれて課税されます。

 

この、一定の金額を差し引くことを「控除」と言います。

 

はるこ
ええっと・・・

リフォームすると、所得の一部を課税対象から外してくれるってことね。

 

あつし
そういうこと!

でね、その所得税控除は、リフォーム費用をどうやって調達するかによって3種類あるんだ。

 

【3つの所得税控除の制度】

  ローン条件 控除期間 所得税の最大控除額
❶投資型減税

ローンの有無に関係ない

(自己資金、または5年未満のローン)

1年

20~50万円
❷リフォームローン型減税 5年以上10年未満のローン 5年 5年で62.5万円
❸住宅ローン型減税 10年以上のローン 10年 10年で400万円

 

 

はるこ
ふむふむ・・・

ローンによって制度が3つに分かれているのね。

リフォームでも10年以上のローンを組んだら❸住宅ローン型が使えるの?

 

あつし
うん、条件を満たすリフォーム工事であれば❸住宅ローン型も使えるよ。

まずはローンのあるなし、ローンがある場合はローンの期間によって使える制度が変わってくることを覚えておいてね。

 

はるこ
りょうかい!

ところで、あっくん先生、「条件を満たすリフォーム工事」って何のことでしょうか!

 

あつし
そこ、気になるよね。

所得税の控除を受けられるリフォーム工事は、5種類あるんだ。

 

所得税控除対象のリフォーム工事
  • 耐震リフォーム(投資型減税のみ対象)
  • バリアフリーリフォーム
  • 省エネリフォーム
  • 同居対応リフォーム
  • 長期優良住宅化リフォーム

 

あつし
それぞれのリフォーム内容は後で説明するけど、リフォームの名前から少しは想像がつくよね。

自分がしたいリフォームの名前があれば、所得税控除の対象になる可能性があるってことなんだ。

 

はるこ
だんだんややこしくなってきたわ~。

ええっと・・・「長期優良住宅化リフォーム」が、想像つかなくて分かりません!

 

あつし
そうだよね。

あのね、長期優良住宅化リフォームは、省エネリフォームをしていることが条件だから、まずは省エネリフォームに該当するかどうかを考えるといいよ。

 

はるこ
なるほど! 考えることがひとつ減ったわ。

 

あつし
あとね、たとえばお風呂のリフォームをしたいとするよ。

特にバリアフリーのことは考えていなかったとしても、お風呂場のリフォーム内容によっては、バリアフリーリフォームと認められるかもしれないんだ。

 

はるこ
なるほど~。

でもそれは、自分ではなかなか気づかないわよね。

 

あつし
そうだね。

そのあたりはリフォーム会社の人と相談して決めるといいんじゃないかな。

手すりをつけると例えば3千円の補助が出るとして、実際に手すりを付けるかどうかを検討するんだ。

 

はるこ
そういうこともあるのね~。

ひとくちにリフォームって言っても、色々考えることがあるわね~。

 

あつし
まぁ、国から優遇を受けようと思ったら少しは勉強しないとってことかなぁ。

でも、細かいところまで初めから知る必要はなくて、大まかに概要をつかんだら、自分に当てはまるところだけ勉強すればいいし、きっとリフォーム会社の人も助けてくれるよ。

 

はるこ
それもそうね。でないと母さん、パンクしちゃうわ。

 

あつし
大丈夫だよ。

それよりも大事なことは、この所得税控除を受けるには、自分で確定申告をしなきゃいけないってことだよ。

 

はるこ
あら、会社はしてくれないの?

 

あつし
2年目以降も続く場合は、会社にリフォームローンの書類を提出すると年末調整してくれるけど、最初だけは自分で確定申告する必要があるんだ。

 

はるこ
それは重要ね。覚えておかなきゃ!

 

 

所得税控除のポイント
  • リフォーム資金の調達方法によって、「投資型」「リフォームローン型」「住宅ローン型」の3種類ある!
  • 対象のリフォーム工事は「耐震(投資型のみ)」「バリアフリー」「省エネ」「同居対応」「長期優良住宅化」の5種類!
  • 自分で確定申告する必要がある!

 

 

リフォーム優遇制度1:税金の優遇 ②[固定資産税の減額]

 

 

はるこ
固定資産税って、土地や建物にかかる税金よね。

 

あつし
おっ! これは知ってたか!

 

はるこ
だって、うちにも毎年通知が来るもの。

 

あつし
あ、そうだったね。

その通知は市町村から来てるよね。

固定資産税は地方税なんだけど、要件を満たすリフォームをすると減額対象になるんだ。

 

はるこ
でた、条件! 「要件を満たすリフォーム」ってなにかしら?

 

あつし
うん、簡単に言うと、50万円以上の

  • 耐震リフォーム
  • バリアフリーリフォーム
  • 省エネリフォーム
  • 長期優良住宅化リフォーム

の4つだよ。

それぞれ細かい決まりがあるんだけど、それはあとで説明するね。

 

はるこ
さっきの所得税の控除と固定資産税の減額って、一緒に利用できるのかしら?

 

あつし
母さん、いいところに気がついたね。

それが併用してもOKなんだ。

ただ、固定資産税は、工事が終わってから3か月以内に市町村に申告しないと減額にならないんだよ。

 

はるこ
あら大変! それ重要!

 

固定資産税減額のポイント
  • 対象となるリフォーム工事は50万円を超える「耐震」「バリアフリー」「省エネ」「長期優良住宅化」の4種類!
  • 工事終了から3か月以内に物件のある市町村に申告すること!

 

 

リフォーム工事別の減税額と適用条件は?

 

 

あつし
所得税の控除と固定資産税の減税は、リフォーム工事別に条件が決まってるんだ。

 

はるこ
さっきあっくんが、「後で説明する」って言ってたところね。

 

あつし
さっそくおさらいだけど、どんなリフォーム工事があったか覚えてる?

 

はるこ
えーっ? 何だったかしら・・・

耐震・・・省エネ・・・う~ん・・・

 

あつし
合ってるよ母さん。 あとはバリアフリー、同居対応、長期優良住宅化だよ。

 

はるこ
あっくん、意地悪しないで~。覚えなくていいって言うから、油断してたわ~。

 

あつし
えへへ・・・ごめんなさい。

 

 

耐震リフォーム

 

あつし
今の耐震基準に合った耐震リフォーム工事をした場合、減税の対象になるんだ。

 

  所得税の控除(❶投資型) 固定資産税の減額
最大控除額/減額 25万円 2分の1を軽減
対象となる工事 現行の耐震基準に適合させる工事 現行の耐震基準に適合させる工事
改修費用 なし 税込50万円超であること
住宅等の条件 自分が居住する住宅であること 該当住宅の所有者であること
昭和56年5月31日以前に建築されていること 昭和57年1月1日以前から存在する住宅
所得制限 なし なし
工事完了期間 2021年12月31日 2020年3月31日
国/地方自治体 地方自治体

 

はるこ
結構古いおうちが対象なのね~。昭和56年って・・・あっくんよりも古いわ~

 

あつし
(え? 僕基準?)

うちもそうだったけど、古い建物は今の耐震基準に合っていないものが多いし、日本は地震大国だからね。

 

はるこ
家が傾くと体調まで悪くなるなんて、母さん知らなかった~。

大変な思いをしたけど、でも! あっくんのおかげで元気になったわよ~!

 

 

【読者様へ】

いま母が住んでいる家は震度5の地震にあい、もともとの地盤がゆるかったこともあって傾いてしまったんです。

それから母は頭痛やめまいに悩まされていたんですが、リフォームした結果、母の体調はよくなりました。

しかしこれは「結果そうだった」という話で、母の体調不良は、はじめ原因がわからなくて大変だったんです。

こちらでお話させていただいています。

「家の傾きと健康被害」関連記事

 

 

はるこ
さっ! あっくん先生、次はなに?

 

あつし
あ、はいはい! 次はバリアフリーです。

(元気なのは嬉しいけど、ちょっと元気すぎだよ・・・)

 

 

バリアフリーリフォーム

 

はるこ
バリアフリーって、段差をなくしたり、手すりをつけたりする工事のことでしょ?

 

あつし
それもバリアフリーリフォームのひとつだね。

高齢者や障がいのある人が安全に住むための工事なんだけど、該当する工事は8つあるよ。

 

バリアフリー改修工事の種類
  1. 通路等の拡幅
  2. 階段の勾配の緩和
  3. 浴室改良
  4. トイレ改良
  5. 手すりの取り付け
  6. 段差の解消
  7. 出入口の戸の改良
  8. 滑りにくい床材への取り替え

 

あつし
バリアフリーリフォームで控除を受けるには、住む人の条件もあるんだ。

 

居住者の条件

Ⅰ.50才以上の者

Ⅱ.要介護または要支援の認定者

Ⅲ.障がい者

Ⅳ.65才以上の親族、またはⅡ、またはⅢに該当する親族と同居する者

Ⅴ.65才以上の者

 

 

  所得税の控除(❶投資型) 所得税の控除(❷ローン型) 固定資産税の減額
最大控除額/減額 20万円 62.5万円 3分の1を軽減
対象となる工事 ①~⑧どれかに該当する工事 ①~⑧どれかに該当する工事 ①~⑧どれかに該当する工事
改修費用 ※1 ※2 ※2
居住部分の工事費が工事費用全体の2分の1以上 居住部分の工事費が工事費用全体の2分の1以上
住宅等の条件 Ⅰ~Ⅳのいずれかが所有し、居住する住宅であること Ⅰ~Ⅳのいずれかが所有し、居住する住宅であること Ⅱ、Ⅲ、Ⅴのいずれかが居住する住宅であること
床面積の2分の1以上が居住用 床面積の2分の1以上が居住用 床面積の2分の1以上が居住用
改修工事後6か月以内に居住する 改修工事後6か月以内に居住する
改修工事後の床面積50㎡以上 改修工事後の床面積50㎡以上 改修工事後の床面積50㎡以上
新築から10年以上経過していること
所得制限 3000万円以下 3000万円以下 なし
居住開始期限 2021年12月31日 2021年12月31日

2020年3月31日(工事完了期限)

国/地方自治体 地方自治体

※1:[国土交通大臣が定めるバリアフリー改修の標準的な費用の額]から [補助金]を差し引いた金額が税込50万円を超えること。

※2:[工事費用]から[補助金]を差し引いた金額が税込50万円を超えること。

 

 

はるこ
バリアフリーリフォームでは、3種類の減税が受けられるのね?

 

あつし
いや、そうじゃなくて、3種類の制度があるって思った方がいいかな。

所得税の控除と固定資産税の減額は併用できるけど、所得税の控除はどちらか該当する方だけだよ。

 

はるこ
あ、それはそうね。

それにしても「条件」って予想してた通り・・・なかなか細かいわね!

 

あつし
そうだね。分からないときはリフォーム会社の人に聞いてみるといいと思うよ。

 

 

 

省エネリフォーム

 

あつし
省エネリフォームは、いまある住宅の性能を上げてエネルギー消費を抑えようっていうリフォームだよ。

 

はるこ
冷暖房がないと生きていけないけど、気がつくと母さん、いつも電気代やガス代を心配してる気がするわ~。

 

あつし
省エネリフォーム工事の種類は、主に4種類あるよ。

 

省エネリフォーム工事の種類
  1. すべての居室の窓全部の断熱工事
  2. 床、壁、天井の断熱工事
  3. 太陽光発電設備工事
  4. 高効率空調機、高効率給湯器、太陽熱利用システムの工事

 

  所得税の控除(❶投資型) 所得税の控除(❷ローン型) 固定資産税の減額
最大控除額/減額 25万円/35万円(※1) 62.5万円 3分の1の軽減
対象工事 ①は必須、②~④いずれかの工事 ①は必須、同時に行う② ①は必須、同時に行う②
改修費用 居住部分の工事費が工事費用全体の2分の1以上 居住部分の工事費が工事費用全体の2分の1以上
※2 対象工事費用が税込50万円を超える 対象工事費用が税込50万円を超える
住宅等の条件 自らが所有し居住する住宅 自らが所有し居住する住宅
工事終了後6か月以内に居住する 工事終了後6か月以内に居住する
床面積の2分の1以上が居住用 床面積の2分の1以上が居住用 床面積の2分の1以上が居住用
床面積が50㎡以上 床面積が50㎡以上 床面積が50㎡以上280㎡以下
平成20年1月1日から存在する住宅
所得制限 3000万円以下 3000万円以下 なし
居住開始期限 2021年12月31日 2021年12月31日 2020年3月31日(工事完了期限)
国/地方自治体 地方自治体

※1:③太陽光発電システムを同時に工事する場合は35万円

※2:[国土交通大臣が定める省エネ改修の標準的な費用の額]から[補助金]を差し引いた金額が税込50万円を超えること。

 

はるこ
省エネリフォームも、3種類の減税制度があるのね。

所得税と固定資産税の減税制度は、併用できるのよね?

 

あつし
おっ? 覚えましたね!

 

はるこ
でも、条件はサッパリよ!

 

あつし
いいんだ。僕だって全部覚えてるわけじゃないんだ。

 

はるこ
そうよね、私の子だもの!

 

あつし
ま、まあね・・・

(複雑だなぁ・・・)

 

「太陽光発電システム」関係記事はこちらから

 

同居対応リフォーム

 

あつし
同居対応リフォームというのは、親、子、孫の三世代が同居するためにするリフォームのことだよ。

 

はるこ
ということは、キッチンやトイレを増やす工事のことかしら?

 

あつし
母さん、すごい!

その通りだよ。

 

はるこ
だって母さん、いつかそんな日が来るだろうと思って待ってるの♪

 

あつし
・・・母さん、それ以上は禁句!

 

 

  所得税の控除(❶投資型) 所得税の控除(❷ローン型)
最大控除額 25万円 62.5万円
対象工事 ①~④のいずれかを増設する工事で、工事後①~④のいずれか2つが複数あること
改修費用 [対象工事]-[補助金]が50万円を超える
住宅等の条件 自らが所有し居住する住宅で、工事完了後6か月以内に居住する
床面積の2分の1以上が居住用(併用住宅の場合)
改修後の床面積が50㎡以上
所得制限 3000万円
居住開始期限 2021年12月31日
国/地方自治体

 

 

長期優良住宅化リフォーム

引用:住宅性能評価・表示協会

 

はるこ
そもそも、長期優良住宅ってなんのことかしら?

 

あつし
うん、国土交通省のホームページを見るとね・・・

 

従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から、「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅(=長期優良住宅)を普及させるため、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月5日に成立し、平成21年6月4日に施行されました。

引用:国土交通省ホームページ

 

あつし
・・・って書いてあるんだ。

まぁ、長く安心して快適に暮らせる家ってことだよね。

 

はるこ
国が決めてるんだから、きっと「長期優良住宅はこういう基準を満たしたものです」みたいな、こまか~い規定があるんでしょうね・・・

 

あつし
そうなんだ。

「長期優良住宅認定制度」っていうのがあって、認定を受けた家が「長期優良住宅」って言えるんだけど、国からお墨付きをもらうんだから、条件は厳しいんだよ。

 

長期優良住宅の認定基準
  • 劣化対策:数世代にわたり(100年程度)構造躯体が利用できること。床下空間330mm以上。劣化対策等級3相当。
  • 耐震性:滅多にない大きな地震があっても、構造に影響がなく補修すれば暮らせる強い家であること。耐震等級2以上、または免震建築物。
  • メンテナンスのしやすさ:構造躯体より劣化しやすい内装や設備のメンテナンスが簡単に行えるような措置がされていること。
  • リフォームのしやすさ:ライフスタイルの変化に対応して間取り変更が可能になっていること。
  • バリアフリー対策:将来のバリアフリーリフォームに対応できるようになっていること。
  • 省エネ対策:次世代省エネルギー基準に適合するための断熱性能などを確保していること。省エネルギー対策等級4以上。
  • 居住環境:過ごしやすい街づくりがなされているか、地域の居住環境に配慮されていること。
  • 住戸面積:マンションは55平米以上、戸建ては75平米以上であること。地域によって若干の変動あり。
  • 維持保全計画:給排水設備や屋上の防水など、定期的な点検や補修内容が計画されていること。少なくとも10年ごとに点検を実施。

 

あつし
長期優良住宅の認定を受けた場合に優遇される税金は、こんな感じ。

 

  所得税の控除(❶投資型) 所得税の控除(❷ローン型) 固定資産税の減額
最大控除額/減額 25万円/50万円(※1) 62.5万円 3分の2を軽減
所得制限 3000万円以下 3000万円以下 なし
居住開始期限 2021年12月31日 2021年12月31日 2020年3月31日(工事完了日)

※1:耐震または省エネ+耐久性向上の場合は25万/耐震+省エネ+耐久性向上の場合は50万円

 

あつし
長期優良住宅っていうのは、工事をする前から申請したり、申請にお金がかかったりするんだ。

 

はるこ
工事をする前に申請するの?

 

あつし
そうなんだ。工事前もそうだし、長期優良住宅の認定基準に「維持保全計画」ってあったと思うけど、10年に1回、30年間は点検して記録を残さないといけないんだ。

 

はるこ
ってことは・・・、家を建ててからもお金がかかるの?

 

あつし
建ててから何もしない家よりはコストがかかるよね。 だけどさ、10年経てばどんな家でも少しは傷みが出てくるよ。

長期優良住宅の場合はメンテナンスのタイミングが決まってる分、後回しにしないから、結果的に家が長持ちするかもね。

 

はるこ
はは~ん、だから「長期優良住宅」なのね~。

この家も、あっくんが住んでくれて、孫の代まで住むっていうなら、考えてもいいわよね~!

 

あつし
だから母さん、それ以上は禁句!!

 

 

リフォーム優遇制度1:税金の優遇 ❸住宅ローン型

 

 

はるこ
ところで、あっくん先生!

たしか、所得税の減税は3種類あるって最初に言ってたけど、ひとつ忘れていませんか?

 

あつし
母さん、よく覚えてたね。所得税の減税は、

  1. 投資型減税
  2. リフォームローン型減税
  3. 住宅ローン型減税

の3種類。

❸住宅ローン減税について今から説明するね。

 

住宅ローン減税は、増築や省エネ、バリアフリーリフォームなど、100万円を超えるリフォームをした場合で、返済期間が10年以上のローンを組んだ時に利用できる制度です。

 

年末の住宅ローン残高の1%が所得税から10年間控除されます。

 

  所得税の減税(❸住宅ローン型)
最大控除額 400万円
対象工事 増築、改築、建築基準法に規定する大規模な修繕または模様替
マンションなど区分所有部分の床、階段又は壁の過半について行う一定の修繕・模様替の工事
居室・調理室・浴室・トイレ・洗面所・納戸・玄関・廊下のいずれかの床または壁の全部についての修繕または模様替
耐震改修工事
バリアフリー改修工事
省エネ改修工事
対象の改修工事費用から補助金を差し引いた金額が100万円を超えること
居住部分の工事費が改修工事全体の費用の1/2以上であること(併用住宅の場合) 
住宅等の要件 自らが所有し居住する住宅で、改修工事完了後6ヶ月以内に入居すること
リフォーム工事後の床面積が50m2以上 
床面積の2分の1以上が居住用であること(併用住宅の場合) 
所得制限 3000万円以下
居住開始期限 2021年12月31日
国/地方自治体

 

はるこ
400万円って、大きいわね!

 

あつし
400万円は最大控除額だから、必ずしも400万円もらえるわけではないよ。払っている所得税より多くはならないからね。

 

はるこ
ああ・・・そうなのね。(がっくり)

実際どれくらい返ってくるのかしら?

 

あつし
ちょっと計算してみようか。

 

住宅ローン例
  • 工事費用:500万円
  • ローン期間:10年
  • 金利:固定金利2.5%
  • 月々の返済額:47,134円
  • 返済総額:5,656,080円

 

12月31日の時点のローン残高が[5,373,276円]とすると、

5,373,276円 × 1% = 53,732円

 

はるこ
実際の数字を見ると、なんか実感がわいてきたわ~。これが10年続くの?

 

あつし
毎年ローン残高は減っていくから控除額も減っていくけど、10年間続くよ。

ただし、最初は自分で確定申告しないと控除されないから、注意しないとね!

 

 

リフォーム優遇制度1:減税制度の組み合わせ

 

引用:住宅リフォーム推進協議会:住宅リフォームガイドブック(H30年版)(PDF)

 

あつし
上の表を見てもらうと分かると思うけど、税金の優遇制度には、併用できるものとできないものがあるんだ。

 

はるこ
あら~、細かいわね~。メガネメガネ。

 

あつし
自分がするリフォーム工事が複数に該当する場合は、要チェックだね!

 

 

リフォーム優遇制度1:税金の優遇 ③[贈与税の非課税措置]

 

 

あつし
家に関わるお金は高額になることが多いから、親からお金の支援をうけることも珍しくないよね。

 

はるこ
よくある話ね。

でも、贈与税の非課税って、リフォームでも適用されるの?

 

あつし
うん、適用されるんだ。

戸建て、マンションの購入はもちろんだけど、リフォームでも100万円以上の費用がかかれば適用になる可能性があるよ。

 

はるこ
そもそも贈与税って、母さんには縁がなくてよく分からないわ。

 

あつし
一般的に人から財産をもらうと、もらった側に贈与税がかかるんだ。あげた側にはかからないよ。

 

親や祖父母から住宅購入やリフォームの資金援助を受けると贈与税の対象となりますが、年間110万円までは“基礎控除額”として非課税です。

 

さらに「住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置」を利用すると、非課税になる金額がグッと上がります。

 

例えば2018年度の場合、一定基準を満たす住宅であれば最大1200万円に基礎控除額110万円をプラスして、1310万円まで贈与税はゼロになります。

 

[一定基準を満たす住宅] ※下記のいずれかの基準に適合する住宅

  1. 断熱等性能等級4又は一次エネルギー消費量等級4以上の住宅
  2. 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上又は免震建築物の住宅
  3. 高齢者等配慮対策等級(専用部分)3以上の住宅

引用:国土交通省:住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置について

 

[一定基準を満たす住宅]以外の住宅でも、最大700万円までの贈与が非課税になります。

 

あつし
実は、この制度を利用するなら2019年度が一番お得になりそうなんだ。

 

はるこ
え? どういうこと?

 

あつし
これを見て。

 

【住宅取得等資金にかかわる贈与の非課税枠】

贈与を受けた年度 一定基準を満たす住宅 一般住宅
2018年度 1200万円  700万円
2019年度 3000万円 2500万円
2020年度 1500万円 1000万円
2021年4月~2021年12月 1200万円  700万円

 

あつし
2019年度の非課税枠が、他に比べて高いよね。どうしてか分かる?

 

はるこ
!!

もしかして、消費税が上がる前にみんな家を買おうとするから・・・?

 

あつし
母さん、鋭い!

消費税が10%になると買い控えがおきるから、その対策として2019年度は非課税枠を大きくしてるんだ。

 

 

消費税の10%への引き上げは2019年10月に予定されています。

 

リフォーム工事の費用に消費税10%が適用された場合は上の表が適用されます。

 

はるこ
実際、贈与税ってどれくらい違ってくるのかしら?

 

あつし
うん、例えば、親から3000万円の援助を受けたとして、一定基準を満たす住宅だと、2019年度なら贈与税は0円、2020年度なら贈与税は366万円なんだって。

 

はるこ
あら~、1年違うだけで300万以上って大きいわね!

新しい家具や家電が買えるわ。

 

あつし
だよね!

まぁ、3000万円の贈与を受ける人はそう多くないと思うけど、もし受けれるのであれば2019年が狙い目ってことなんだ。

 

 

贈与税の非課税措置:リフォームの場合の主な適用条件
  1. 贈与時に日本国内に住所があること。
  2. 贈与する人と贈与される人の関係が、直系の親か祖父母であること。(兄弟姉妹、義父母などは適用外)
  3. 贈与される年の1月1日時点で、贈与される人の年齢が20才以上であること。
  4. 贈与される人の贈与年の所得が2000万円以下であること。
  5. 贈与年の翌年3月15日までに、住宅取得等資金の全額をあてて住宅をリフォームすること。
  6. 贈与年の翌年3月15日までに、その住宅に居住する(または確実に居住すると見込まれる)こと。
  7. 住宅の床面積が50㎡~240㎡以下で、その2分の1以上が居住用であること。
  8. 一定の工事が行われたことが「増改築等工事証明書」で証明されていること。
  9. リフォーム費用の額が100万円以上であること。

 

適用条件の詳細は国土交通省:住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置について(PDF)でご確認ください。

 

あつし
贈与税の非課税措置についても、自分で確定申告しなきゃ非課税にならないんだ。

 

はるこ
あら、大変! あっくん、絶対確定申告して!

 

あつし
(え?

・・・僕、贈与してもらってないよ?・・・)

 

 

贈与税の非課税措置のポイント
  • 贈与する人は直系の親か祖父母。
  • 100万円以上のリフォームであれば適用される可能性あり。
  • 消費税が10%に上がる対策として、2019年度は特別に非課税枠が大きくてお得!
  • 優遇を受けるには自分で確定申告することが必要。

 

 

リフォーム優遇制度2:補助金

 

 

あつし
今まで説明してきたのは、リフォームすると税金が安くなるって話だったけど、次は補助金の話だよ。

 

はるこ
どう違うの?

 

あつし
補助金は、条件を満たすリフォーム工事をすると、国や地方自治体からお金を補助してもらえるんだ。

 

はるこ
まあ、ステキ! お金をもらえるのね。具体的にはどんな補助金があるの?

 

あつし
それがね、補助金制度は毎年変わるんだ。

もちろん、今年あった補助金が来年も継続される可能性はあるけど、毎年4月1日を境になくなる補助金もあれば、新設される補助金もあるんだ。

 

はるこ
まあ・・・毎年変わるだなんて、母さんはきっとついていけないわ。

 

あつし
色んな補助金があるけど、2018年度の補助金申請はほぼ終わってるんだ。

 

 

2018年度のリフォーム補助金はどんなものがあったの?

 

あつし
ちなみに、2018年度の補助金にはどんなものがあったか、ざっと見てみよう。

 

2018年度リフォーム補助金の種類
  1. ZEH(ゼッチ)支援事
  2. 長期優良住宅化リフォーム
  3. 省エネ改修補助金(断熱リノベ)
  4. エネファーム設置補助金

 

①ZEH(ゼッチ)支援事業

 ZEH(ゼッチ)とは「ゼロ・エネルギー・ハウス」のこと。

あつし
簡単に言うと、エネルギーを自給自足できる家ってことだよ。

ZEHの基準を満たす改修をすれば70万円、さらに蓄電池システムの補助金として最大30万円が補助されました。

 

②長期優良住宅化リフォーム

 長期優良住宅化リフォームでは、認定を取得しないでも一定の性能向上が認められれば最高100万円、認定を受ければ最高200万円など、条件によっては最高300万円の補助金が受けられました。

 

③省エネ改修補助金(断熱リノベ)

 高性能な断熱材や窓、次世代建材を用いて改修すると、要件を満たすことで最高200万円の補助が受けられました。

 

④エネファーム設置補助金

エネファームの機械は主に2種類ありますが、固体高分子型燃料電池の場合は3~6万円、固体酸化物型燃料電池の場合は6~12万円の補助がありました。

 

はるこ
エネファームって聞いたことあるけど、どういうものなの?

 

あつし
水素と酸素から電気と熱を作り出すシステムで、環境に優しいと言われているよ。

 

 

2019年度のリフォーム補助金はどうなるの?

 

あつし
ここからは、来年度の補助金がでそうかどうか予想してみるよ。

 

はるこ
あっくん、そんなことできるの? 競馬じゃないのよ。

 

あつし
分かってるよ!

各省庁の予算請求から予想するから、競馬より当たるかもよ。

 

①ZEH(ゼッチ)の補助金

2018年度から経済産業省、国土交通省、環境省の3省庁が共同してZEN補助金の運用を始めました。1年で終わることは考えにくいので、2019年度も継続されると見込まれます。

国土交通省と環境省の予算請求額が上がっているので、補助金が増額される可能性もあります。

 

【追記 2019.2.22】

2019年度のZEHの補助金は、新築、改修ともに一戸あたり、2018年度と同額の70万円です。

また、太陽光発電システムで作った電気を貯める蓄電システム導入で、1kWhあたり2万円が加算されます(上限1台20万円)。

予算自体は2018年度より増額されており、1戸あたりの補助金は変わらないので、2019年度は補助金を受けられる人が増える見込みです。

また、環境省はこの事業を2019年10月の消費税率引き上げの反動対策に指定したことから、公募は4月にスタートしない可能性が高いようです。動向を注視する必要がありますね。

 

②エネファームの補助金

経済産業省の予算請求では金額が下がっているため減額になりそうですが、補助金は継続しそうです。

 

③次世代住宅ポイント制度(新設)

あつし
2019年10月に消費税が10%になることをうけて、「次世代住宅ポイント制度」の運用が決まったんだ!

 

はるこ
新しい制度ね! どんな制度?

 

あつし
まず、消費税10%が適用された場合の補助金だってことが大前提。

だから引き渡し日は、2019年10月以降であることが条件なんだ。

 

【次世代住宅ポイント制度(リフォームの場合)】

最高ポイント

30万ポイント

(若者・子育て世代がリフォームを行う場合は45万ポイント

請負契約・着工期限

2019年4月~2020年3月

(閣議決定日~2019年3月に請負契約し、着工が2019年10月~2020年3月の場合は特例として対象)

ポイント対象工事
  • 窓・ドアの断熱改修
  • 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置
  • 耐震改修
  • バリアフリー改修
  • 家事負担軽減に資する設備の設置
  • 若者・子育て世帯による既存住宅の購入に伴う一定規模以上のリフォーム工事
ポイント交換対象商品等 「環境」「安心・安全」「健康長寿・高齢者対応」「子育て改革・働き方改革」に役立つ商品等
ポイント発行申請期間 2019年6月頃~

 

はるこ
若者・子育て世代って、何才?

 

あつし
若者世代は40才未満の世帯、子育て世代は18才未満の子供がいる世帯だよ。

 

はるこ
よかった~。あっくん、まだ間に合うわね。

 

あつし
母さん・・・

悪気はないんだろうけど、そろそろ怒るよ・・・

 

ポイント制度の詳細については、国土交通省ホームページ:次世代住宅ポイント制度で確認ができます。

 

あつし
「次世代住宅ポイント制度」は、リフォームだけじゃなくて新築でも適用されるんだけど、リフォームや中古住宅購入の方が手厚い制度になってるんだ。

 

はるこ
あら、どうしてかしら?

 

あつし
住宅業界全体の大きな流れとして、長く住める家を増やしていこうって考えなんだと思うよ。

 

はるこ
あっくん、そんなことまで考えてるなんてすごいわ!

私の子じゃないみたい!

 

あつし
あはは・・・

(なんか・・・複雑な心境・・・)

 

 

地方自治体のリフォーム補助金

 

あつし
リフォームに関係する補助金は、国だけじゃなくて地方自治体でも補助金を出しているところがあるんだ。

 

はるこ
自分が住んでいる場所の補助金は、どうやって調べればいいのかしら。

 

あつし
地方自治体のホームページや広報誌に載ってたりするよ。リフォーム専用の支援サイトもあるから、のぞいてみると情報が得られるよ。

 

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(平成30年度版)は、リンクからどうぞ。

 

はるこ
パソコンが苦手な母さんは、リフォーム会社の親切なお兄さんに聞いてみるわ!

 

あつし
確かに、それが一番早いかもね!

 

 

リフォーム補助金の注意点

 

あつし
補助金っていうのは、基本的に公募制なんだ。

受付期間や予算があらかじめ決まっていて、適用条件もきまってる。

地方自治体の補助金の場合は、地域活性化の側面もあるから、地元のリフォーム会社を利用するという条件がついていることがほとんどなんだよ。

 

はるこ
予算が決まってるってことは・・・予算がなくなったら終わりってこと?

 

あつし
そうだね。受付期間内でも、予算を使い切ってしまえば早めに終了になることもあるよ。

リフォーム会社の人と相談して、早めに動いた方がいいね。

 

はるこ
それは大変だわ! あっくん、早く申請してちょうだい!

 

あつし
(え? な、なにを・・・?)

 

 

まとめ

 

あつし
今回の話はちょっと難しいから、要点をまとめるね。

まず、リフォームに関する優遇制度には

【1】税金の優遇(減税制度)

【2】補助金制度

の2種類があったよね。

 

【1】税金の優遇(減税制度)
  • 所得税の控除(投資型減税・リフォームローン型減税・住宅ローン型減税)
  • 固定資産税の減額
  • 贈与税の非課税措置

 

はるこ
減税の対象になる工事が決まってるのよね!

 

あつし
おっ! 覚えてたね。

対象の工事ごとに減税金額が変わってくるんだ。

 

対象のリフォーム工事
  • 耐震リフォーム
  • バリアフリーリフォーム
  • 省エネリフォーム
  • 同居対応リフォーム
  • 長期優良住宅化リフォーム

 

はるこ
補助金制度は毎年変わるのよね。

 

あつし
母さん、やるね!

補助金は毎年4月1日を境に変更になるんだ。

毎年共通するのは、補助金のほとんどは公募制で、申請受付期間や予算が決まってるってこと。

 

はるこ
早く申請しないと打ち切りになっちゃうかもしれないのよね!

 

あつし
う、うん。

我が家はいまリフォームしてないから、申請しないよ・・・

 

 

【2】補助金制度(2019年度)
  • 次世代住宅ポイント制度(2019年度実施決定)
  • ZEH(ゼッチ)の補助金(予測)
  • エネファームの補助金(予測)

 

 

あつし
国からだけじゃなくて、住んでいる自治体から補助金が出る可能性もあるよ。

 

はるこ
優遇を受けようとすると、自分で勉強しなきゃいけないし、自分で申告しなきゃいけなくて、なんだかちょっと大変かな~って思ったわ。

 

あつし
うん、確かにね。

もしかすると面倒で、心が折れそうになるかもしれないけど、申請するとしないとでは、残るお金が大きく変わる場合があるからね。

 

はるこ
そうよね!

何百万でなくても、たとえ5万円でも、返ってくれば母さん嬉しいわ!

 

あつし
僕も嬉しいよ。

(だってその返ってくるお金は、多分僕の・・・。ま、いっか)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

あつし
住宅ローンの借り換えで最大で857万も得をしたという方も実際にいます。毎月の家計費の負担を減らすが出来ますし、リフォーム費用にも充てることができます。今は空前の低金利ブームなのでプロに一度聞いてみるといいかもしれません。詳しくはこちらをご覧下さい。

住宅ローン借り換えで857万削減!賢くリフォーム費用を捻出せよ!

2019年7月23日

 

\ローン借り換えが自己資金0円で /

▼ 完全無料でローン削減額チェック! ▼

 

 

TOPへ戻る

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です