リフォームローンは審査が通りやすい?金利もチェック!イオン銀行編!

 

イオンという単語から連想されるものは何でしょうか?

各地にイオンモールというショッピングセンターがあるので、流通機関だというイメージがあると思います。

 

では、イオン銀行をご存じでしょうか?

ゆうちょ銀行、三井住友銀行、JAなどよく耳にする銀行名とは異なりますが、イオンでは銀行業務も行っているのです。

そして、ここの最大の特色はインターネット銀行である、ということです。

 

イオン銀行の利点
  • 土日も祝日も営業している
  • 通常の銀行より金利が有利
  • 店舗があるので対面相談ができる

 

今回は、イオン銀行のリフォームローンについて、詳しく説明していきます。

リフォームはどうしても費用がかかりますよね。それを解消するための方法、知りたくありませんか?

 

\ローン借り換えが自己資金0円で /

▼ 完全無料でローン削減額チェック! ▼

 

イオン銀行のリフォームローンって?

 

あつし
まず、分かりやすいところから説明するよ。イオン銀行には、「リフォームローン」という名前のローンが2種類あるんだ。

 

イオン銀行のリフォームローン
  1. 通常のリフォームローン:店舗または郵送での申し込み
  2. イオンアシストプラン(目的型)のリフォームローン:インターネットでの申し込み

 

はるこ
申し込み方法が違うのね。

 

あつし
そうなんだ。アシストプランはインターネットから申し込めるから、24時間いつでも申し込めて手軽だよね。

 

はるこ
金利はどうなのかしら?

 

あつし
そこがいちばん気になるところだよね!

金利以外にも、いろいろ違いがあるんだ。

 

【イオン銀行リフォームローンとイオンアシストプランのリフォームローンの比較】

  リフォームローン アシストプランのリフォームローン
申込方法 店頭または郵送 インターネットのみ
金利(固定金利) 年2.5% 年3.8%~8.8%
借入金額 30万円~500万円 30万~700万円
借入期間 1年~10年 1年~8年
担保・保証人 不要 不要
手数料 なし 2,700円/件

(2018年12月10日現在)

 

アシストプランの金利は、審査結果によって変動します。

 

もし、アシストプランのリフォームローンの審査が通らなかった場合は、用途が限定されないフリーローンとして審査が行われ、金利は年3.8%~13.5%となります。

 

通常のリフォームローンとアシストプランリフォームローンの共通点は以下の通り。

  • 申込時の年齢が20才~60才までで、年収が200万円以上の人
  • イオン銀行普通預金口座から自動引落で返済
  • 審査が通ったら、契約書は郵送が必要
  • 繰上返済手数料は無料

 

どちらのローンも、年収が200万円以上とハードルが低いのは嬉しいところ。

 

金利も固定金利なので返済計画が立てやすく、担保も不要で、余計な手数料があまりかからないことも利点です。

 

はるこ
でもあっくん、借りられる金額が多い方でも700万円って、ちょっと少なめじゃないかしら。

 

あつし
母さん、いいところに気がついたね! そこがこのローンの注意点なんだ。

 

イオン銀行のリフォームローンは、どちらも共通して借入金額の上限が低めです。

 

浴室だけとかキッチンだけとか、家の部分的なリフォームであれば問題ないでしょうが、大規模なリフォームや増改築の場合は金額が足りなくて、カバーできない可能性があります。

 

はるこ
せっかく金利が安くても、もし足りなければ使えないわよねぇ。

 

あつし
待ってよ、母さん。話はまだ続くよ。

あのね、リフォームローンで足りない場合は、住宅ローンをリフォームに利用する方法があるんだ。

 

はるこ
あら、そうなの? 住宅ローンをリフォームにも使えるの?

 

あつし
その通り!

 

 

イオン銀行住宅ローンのリフォーム活用プランって?

引用:Twitter

 

住宅ローンリフォーム活用プランの基本情報

 

あつし
イオン銀行住宅ローンの基本情報を見てみよう。

 

イオン銀行住宅ローン基本情報
  • 利用条件:申込時年齢20才~70才で最終返済時年齢80才未満、年収100万円以上
  • 借入金額:200万円~1億円
  • 借入期間:1年~35年
  • 金利タイプ:変動金利/当初固定金利プラン(3年、5年、10年)
  • 申込方法:インターネットまたは店頭
  • 審査期間:事前審査→3~7日、本審査→書類到着より1週間~2週間

 

【イオン銀行住宅ローン金利(新規借入)】

  金利
変動金利 0.52%
当初固定金利3年 0.43%
当初固定金利5年 0.55%
当初固定金利10年 0.74%

(2018年12月10日現在)

 

はるこ
まぁ! ずいぶん金利が低いのね! こっちの方がいいわ!

 

あつし
確かに、住宅ローンの方が低金利だよね。

イオン銀行の住宅ローン金利は、基本的に変動金利を採用してるんだ。

今は情勢的に低金利ってこともあって、ネット銀行の中でもトップクラスに安いんだよ。

 

はるこ
ステキ!

 

イオン銀行の住宅ローンは借入金額が1億円までとなっているので、増改築や大がかりなリフォームでも対応が可能です。

 

利用可能なのは年収100万円以上で、「安定かつ継続的な収入の見込める方」となっていて、勤続年数の短い人や契約社員や派遣社員でも申し込みができます

 

リフォームローンよりも金利が有利なので利息を大きく減らすことが可能ですが、最低借入金額が200万円からなので、軽微なリフォームの場合は利用できない可能性もあります。

 

あつし
それに住宅ローンの場合は、リフォームローンにはない諸費用がかかるんだ。

 

はるこ
あらやだ、諸費用?

 

イオン銀行住宅ローン諸費用
  • ローン取扱手数料(定率型:借入金額の2.00%+税、定額型:10万+税で借入利率+0.2%)
  • 収入印紙代(借入金額による)
  • 登録免許税(借入金額の0.4%)
  • 抵当権設定にかかる司法書士報酬(8万円)
  • 保証料(0円)
  • 団体信用生命保険料(イオン銀行負担のため0円)

 

はるこ
諸費用って色々あるのね~。

 

イオン銀行住宅ローンのローン取扱手数料は、2タイプから選べます。

 

ローン取扱手数料
  • 定率型:借入金額の2.00%+税
  • 定額型:10万円+税、金利に0.2%上乗せ

 

「定額型」は初期費用を抑えられる反面、金利が上がってしまうので、長期間借りる場合は低金利の恩恵を受けにくくなります。

 

ただ、返済期間が短い場合は定額型の方が、恩恵があります。

 

また、団体信用生命保険の加入は必須ですが、それ以上に備えたい場合のプランもあります。

 

疾病保障付住宅ローン
  • がん保障付き住宅ローン:金利に0.1%上乗せ
  • 8疾病保障プラス付住宅ローン:金利に0.3%上乗せ

 

イオン銀行住宅ローンの特長!

引用:Twitter

 

あつし
イオン銀行の住宅ローンを利用すると、イオンでの買い物がいつでも5%オフになる「イオンセレクトクラブ」が特典としてついてくるんだ。

 

はるこ
それそれ! すごくいいわ~!

 

あつし
でも、条件が色々あるから、注意しなきゃね。

 

はるこ
えっ! 条件? (ドキドキ・・・)

 

住宅ローンの借入金額が1,000万円以上で、かつ借入期間10年以上が対象です。

 

無料の『イオンカードセレクト』に入会することが条件です。

 

イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカードとクレジットカードが1枚になったカードです。

 

対象の人には『イオンゴールドカードセレクト』というゴールドカードが無料で発行され、「イオンセレクトクラブ」に招待されます。

 

イオンセレクトクラブの特典
  1. イオングループでの買い物が毎日5%オフ(5年間有効)
  2. イオン銀行定期預金・普通預金金利の優遇
  3. WAONポイントが貯まる
  4. ゴールドカードの優待が受けられる

 

はるこ
あら~! いろいろあるのね!(ウキウキ♪)

 

あつし
ただ、5%オフは無制限ではないんだ。

 

イオンセレクトクラブ 5%オフ上限
  1. 借入金額1,000万円以上2,000万円未満 → 割引金額対象:年間45万円まで
  2. 借入金額2,000万円以上 → 割引金額対象:年間90万円まで 

 

あつし
例えば、②の場合だと、

90万円 × 5% = 45,000円/年

毎日5%オフは5年間有効なので、

45,000円 × 5年 = 225,000円

が最高割引金額になるんだよ。

 

5年間で『225,000円』を直接的に割り引くというサービスは、他にはない珍しいサービスです。

 

流通大手であるイオングループの強みを生かしたサービスと言えます。

 

対象になる店舗はイオングループの店舗はもちろん、『おうちでイオン』というネットスーパーや、ダイエーも含まれています。

 

あつし
イオンのお店をよく利用していて、イオン銀行の住宅ローンを検討している人は、225,000円をあらかじめ返済金額合計から差し引いて検討してもいいかもしれないね。

 

はるこ
なるほど~!

ねぇあっくん、ゴールドカードの優待ってなにがあるの?

 

あつし
そうだなぁ・・・母さんに分かりやすいところで言うと、国内外の旅行保険が無料でついてきたり、イオンの店舗の中にある『イオンラウンジ』が無料で利用できるよ。

 

引用:Twitter

 

はるこ
まぁ! イオンにこんな場所があるなんて知らなかったわ!

 

あつし
ちょっとした休憩スペースだね。お菓子や飲み物が無料で提供されてるよ。

 

はるこ
何度もイオンで買い物してるのに、知らないことってあるものね~。

 

 

イオンセレクトクラブの詳細は、左のリンクからどうぞ!

 

 

太陽光発電システムを導入するならソーラーローン!

 

あつし
もし、太陽光発電を導入するなら、イオン銀行には「ソーラーローン」という専用のローンがあるんだ。

 

はるこ
太陽光発電! 自分の家で発電できるなんていいわ~。停電にあっても安心よね~!

 

イオン銀行ソーラーローン基本情報
  • 利用条件:20才~69才未満で、最終返済時79才未満。年収200万円以上
  • 借入金額:20万円~1,000万円
  • 借入期間:1年~15年
  • 金利:固定金利2.50%
  • 担保・保証人:不要
  • 団体信用生命保険:加入要(保険料イオン銀行負担)
  • 手数料:印紙代のみ要
  • 申込:郵送、店頭

 

通常のリフォームローンと金利は同じですが、借入金額が多く、借入期間も長いのが特徴です。

 

太陽光発電システム導入のための工事費用だけでなく、それに伴うリフォーム費用も借りることができます。

 

屋根や外壁の工事費用、オール電化導入費用など、リフォーム費用も併せて借りると金額が上がることが予想されますが、団体信用生命保険に無料で加入できるので安心感があります。

 

 

イオン銀行のリフォーム関連ローンを比べてみた!

 

はるこ
あっくん、いろんなローンがあることは分かったけど、色々ありすぎてわからなくなっちゃったわ。

 

あつし
じゃあ、ちょっとまとめてみようか。

 

  住宅ローン リフォームローン ソーラーローン
金利 変動:0.52% 2.5% 2.5%
固定:0.43~0.74%
借入金額 200万~1億 30万~500万 20万~1,000万
借入期間 1年~35年 1年~10年 1年~15年
手数料 事務手数料、火災保険料、登録免許税、印紙代 印紙代のみ 印紙代のみ
審査期間 10日~3週間 1週間程度 1週間程度
一部繰上返済 無料 無料 無料
全部繰上返済 50,000円+税 無料 無料
年齢条件 20才~70才 20才~59才 20才~68才
収入条件 年収100万以上 年収200万円以上 年収200万円以上
団体信用生命保険 加入必須(0円) 加入なし 加入必須(0円)
申込方法 WEB(契約書は郵送か店頭) 郵送、店頭 郵送、店頭

(2018年12月10日現在)

 

はるこ
フムフム・・・ちょっとずつ違うのね。

 

あつし
そうだね。でも、共通しているところもあって、例えば一部繰上返済はどれも無料だよね。

インターネットバンキングを利用すれば1万円から返済できて、余計な手数料が要らないんだ。

 

はるこ
いくら金利が安くても、早く返すに越したことはないものね。

 

あつし
あと、年収条件も低く設定されているから、たくさんの人が申し込めるローンになってるね。

 

はるこ
そういうの大好き! 庶民の味方ね!

 

あつし
確かに、そう言えるかもね!

 

はるこ
ねぇあっくん、さっき「住宅ローンは、金利は安いけど諸費用がかかる」って言ってたわよね。

リフォームローンと比べると、結局どっちがお得なのかしら?

 

あつし
そっかぁ・・・

借入金額が200万~500万までは、住宅ローンとリフォームローン、どちらも利用できるからね。

よし、イオン銀行のホームページのシミュレーターで比べてみよう!

 

 

リフォームローンと住宅ローンリフォーム活用プランを試算してみた!

 

  • 借入期間10年
  • ボーナス返済なし
  • 住宅ローンは変動金利を採用

 

【ケース1:借入金額200万円】

 

  リフォームローン 住宅ローン:定率型 住宅ローン:定額型
金利 2.5% 0.52% 0.72%
月々返済額 18,853円 17,107円 17,278円
返済総額 2,262,360円 2,052,825円 2,073,403円
諸費用 2,000円 306,000円 198,000円
合計 2,264,360円 2,358,825円 2,271,403円

(2018年12月10日現在)

 

はるこ
あら? 月々の返済額は住宅ローンの方が安いけど、諸費用を足すとリフォームローンの方が総支払額は安いのね!

 

あつし
あくまでもシミュレーションだけど、借入が200万円だとそうなるんだね。次は500万円の場合を見てみよう!

 

 

【ケース2:借入金額500万円】

 

  リフォームローン 住宅ローン:定率型 住宅ローン:定額型
金利 2.5% 0.52% 0.72%
月々返済額 47,134円 42,768円 43,197円
返済総額 5,656,080円 5,132,152円 5,183,593円
諸費用 2,000円 318,000円 210,000円
合計 5,658,080円 5,450,152円 5,393,593円

(2018年12月10日現在)

 

はるこ
今度は住宅ローンの定額型が一番安いわ。

 

あつし
そうだね。借入金額によって総支払額に差がでてくるね。

返済期間が10年と短いから、定額型の方がお得なんだ。

 

イオン銀行の返済額シミュレーションは、下記のリンクからどうぞ!

 

イオン銀行返済額シミュレーション:リフォームローン

イオン銀行住宅ローンシミュレーション

 

 

イオン銀行リフォーム関連ローンの審査は通りやすいの?

 

はるこ
ところで、あっくん。イオン銀行のローンの審査って、どうなってるのかしら? 

 

あつし
ローン金利の次に気になるのは、審査のことだよね。

審査に通らないと意味がないから、僕もすごく気になって、色々調べてみたんだ。

 

イオン銀行をはじめ多くの銀行は、リフォームローンや住宅ローンの審査基準について明らかにしていません。

 

しかし、住宅関連ローンの一般的な傾向として、

  • 低金利 → 審査が通りにくい
  • 高金利 → 審査が通りやすい
  • 金利に幅を持たせている → 審査が通りやすい
  • 借入金額が小さい → 審査が通りやすい
  • 借入金額が大きい → 審査が通りにくい

と言われています。

 

イオン銀行のリフォームローンは、借入金額が比較的小さく設定されているため、審査に通りやすいと考えられます。

 

また、アシストプランのリフォームローンは、金利が高くて、しかも金利に3.8%~8.8%と幅があることから、通常のリフォームローンよりも審査に通りやすいでしょう。

 

一方、イオン銀行の住宅ローンは、ネット銀行の中でもトップクラスの低金利であることから、借入金額が大きくなるにしたがって審査に通りにくくなると考えられます。

 

イオン銀行の事前審査では、借り入れする本人の信用情報や返済負担比率を重視し、担保物件の評価については本審査で行われるという情報もあります。

 

はるこ
あっくん、難しい言葉が出てきたわ。「返済負担比率」ってなに?

 

あつし
大丈夫だよ。

簡単に言うと、1年間に返済する金額が年収に対してどれくらいの割合なのか、ってことで、ほとんどの銀行が審査項目として採用しているんだ。

 

補足

返済負担比率の計算式は「年間返済額 ÷ 年収 × 100」となります。

 

先ほどの住宅ローンシミュレーションの【ケース2:借入金額500万円】で総返済金額が一番小さかった『住宅ローン:定額型』で計算すると・・・

 

月々返済額 43,197円 × 12か月 = 年間返済額 518,364円

年間返済額 518,364円 ÷ 年収例200万円 × 100 ≒ 26%

 

返済負担比率は26%となります。

 

あつし
イオン銀行に限らず、ネット銀行は利用する人が全国にいるから、ひとつの審査にあまり時間をかけられないんだ。

効率よく審査しないと、低金利のサービスを提供できないからね。

だから、事前審査には通ったけど、本審査で通らなかったということも結構あるらしい。

 

はるこ
あら・・・それはショックね・・・

 

あつし
イオン銀行はネット銀行だけど店舗があるから、普通の都市銀行と同じ感覚になりやすいよね。

事前審査に通るとほぼOKって思いがちだけど、低金利のネット銀行の審査は基本通りにくいと思っておいた方がいいみたいだよ。

 

はるこ
そうなのね・・・

金利が安くて、申し込みのハードルも低いけど、審査に通りやすいかどうかは別なのね・・・

 

あつし
借入金額が少なくていい場合は、比較的審査に通りやすいリフォームローンも検討したほうがいいかもしれないね。

 

はるこ
そうね! イオン銀行の窓口のお姉さんに相談だわ!

 

あつし
(いやいや、母さん・・・母さんはローン無理だよ・・・)

 

 

リフォーム用ローンのおすすめはどれ?

 

はるこ
で、あっくん。結局リフォームにはどのローンがおすすめなの?

 

あつし
ひと言で「リフォームローン」と言っても、借りたい金額や用途など、人それぞれ違うから一概に『これがいい!』とは言えないのが本音かな。

だから、タイプ別におすすめのローンをまとめてみたよ!

 

リフォームローン
  • 借入金額が30万~500万円まで
  • 融資までの時間があまりない
  • 団体信用生命保険がなくても備えられる

 

ソーラーローン
  • 太陽光発電システムを導入したい
  • 太陽光発電システム導入と同時にオール電化などリフォーム工事もしたい
  • 融資までの時間があまりない

 

住宅ローンのリフォーム活用プラン
  • 200万円以上の比較的大きなリフォームをする
  • 金利を重視したい
  • 融資まで1か月以上の時間がある

 

借入金額が200万円以上になる場合、まずは金利の低い住宅ローンから検討するのがおすすめです。

 

リフォームローンとは大きく金利が違うので、支払う利息を大幅に減らせる可能性があります。

 

ただ、住宅ローンの方が手続きに時間がかかるため、余裕をもって申し込みをしましょう。

 

また、借入金額が200万円未満で、ソーラー発電システムの導入を検討しているなら、ソーラーローンを検討しましょう

 

ソーラーローンは借入金額の幅が大きく、団体信用生命保険に無料で加入できるのでおすすめです。

 

はるこ
分かりやすいわ~。さすがね、あっくん!

 

あつし
イェーイ!

 

 

「リフォームローン比較ランキング」の記事はこちらです!

リフォームローンの費用相場! 金利はいくら?比較ランキング!

2018年11月13日

 

リフォームローン・イオン銀行編まとめ

 

イオン銀行は、総合スーパーのイオンが経営しているネット銀行です。

 

スーパーが経営している銀行らしく、リフォームローンや住宅ローンについても、申し込みのハードルは低く、多くの人が利用しやすい内容となっています。

 

ネット銀行としてトップクラスの低金利でありながら、ネット銀行には珍しく全国に店舗があって、対面で相談ができるのがメリットです。

 

はるこ
母さんが見たときも、買い物カートを横に置いて相談している人がいたわ。

とっても気軽よね!

 

リフォームローンは、借入可能金額は小さいですが、そのため審査に通りやすいと考えられます。

 

増改築など大きなリフォームを予定していて借入金額が大きい場合でも、イオン銀行では住宅ローンをリフォームにも活用できるので、ぜひ検討してみることをおすすめします。

 

あつし
家のリフォームには大きなお金が必要だから、すっごく悩むし、迷うよね。

 

自分の生活に合った無理のない返済計画を立てることが、何より大切なことです。

 

たくさん悩んだあとには、キレイになった素敵なお家が、きっと待ってますよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

あつし
住宅ローンの借り換えで最大で857万も得をしたという方も実際にいます。毎月の家計費の負担を減らすが出来ますし、リフォーム費用にも充てることができます。今は空前の低金利ブームなのでプロに一度聞いてみるといいかもしれません。詳しくはこちらをご覧下さい。

住宅ローン借り換えで857万削減!賢くリフォーム費用を捻出せよ!

2019年7月23日

 

\ローン借り換えが自己資金0円で /

▼ 完全無料でローン削減額チェック! ▼

 

 

TOPへ戻る

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です