リフォームで床下の湿気対策!気になる床下の湿気・カビ

床下のお手入れ何かしていますか?

 

なかなか手が回らなかったり、手が出しにくいのが床下です。

 

しかし、床下のお手入れをすることは家を長持ちさせる秘訣です。

 

どうせなら自宅は長く使いたいものですよね。

 

そこで今回では床下のお手入れを怠ったばかりに起こったこと。

 

手入れの仕方や費用まで紹介していきたいと思います。

 

あなたも床下が気になりだすかも!?

 

湿気やカビ対策には床下って聞くけど、そもそも床下とは?

床下という言葉は良く聴くかもしれませんが、正確にどこかといわれればイメージが難しいかもしれません。

 

正確には床下とは建物の床と地面の間の空間のことをいいます。

 

床下には基礎があります。

 

基礎は風や地震などで建物に力が加わったときに地面に逃がして建物を守っています。

 

そんな床下ですが、実は湿気がたまりやすい場所になっています。

 

水はけが悪い土地などに家を建てるときちんと換気ができていないとすぐ湿気がたまってしまいます。

 

実は結構大変!床下のお手入れを怠ると

 

床下が湿気がたまりやすい場所です。

 

そんな場所の湿気を放置しておくと

 

  • 床下の木材の破損や腐食
  • シロアリなどの害虫被害
  • 押入れや収納などへのカビ
  • 畳がじめじめする
  • 床がきしむ

 

などの被害がおこることがあります。

 

目に見えない被害もあり、気づいたときには被害が進行していたということもあります。

 

こちらの記事は雨漏りの記事ではありますが同じ湿気による被害の記事です。

 

参考にしてみてください。

 

床下の湿気対策

 

はるこ
床下の湿気はあまり目に見えない上に怖いのねー

 

あつし
そうなんだよ。放置しておくと倒壊の恐れもあるからね

 

はるこ
怖いわね。床下の湿気にはどう対策するのがいいのかしら?

 

あつし
気になるところだよね。どんな床下の対策があるか話をしていこうか。

 

床下の湿気対策リフォームには大きく分けて2つあります。

 

  • 床下換気扇の設置
  • 防水シートの施工

 

それではそれぞれを詳しくいていきましょう!

 

床下換気扇の設置

 

どのお家でも基本的には床下に湿気を逃がすための換気孔がついています。

 

しかし、うまく換気孔が機能しなかったり、換気が追いつかなかったりすることがあります。

 

その場合に床下換気扇の設置があります。

 

床下換気扇によって床下に人工的に通風させ、湿気を取り払うことができます。

 

床下換気扇を取り付ける際には、きちんと風の方向などを計算しないと効果が出ないことがあります。

 

リフォーム業者ときちんと相談して取り付けてもらいましょう。

 

防水シートの施工

 

水気の多い土地では床下換気扇だけでは湿気の換気が間に合わないことがあります。

 

そんなときに役立つのが防水シートです。

 

防水シートによって地面から上がってきていた湿気を防ぐことができます。

 

ただし、施工には床を剥がす必要が出てくるため、費用が割高になることが多いです。

 

防水シートは地面の湿気を防ぐことができます。

 

床下の湿気の多くは地面から出てくる水蒸気なので大きな効果を期待できるでしょう。

 

実際どうなの?床下の湿気対策と気になる費用は?

 

床下換気扇の設置や防水シートの施工の費用について解説していきます。

 

こちらでの費用は基本的な費用になります。

 

実際のリフォームではほかの費用が発生する場合もあります。

 

床材の補修やフローリング剤の張替え。

 

防虫剤の散布などの追加工事が発生する場合がございます。

 

リフォーム業者の方と相談する場合には詳しく聞いておきましょう。

 

リフォーム業者を選ぶ際にはこちらの記事をご参考ください。

 

リフォーム会社大手の評判は?ランキングTOP10と会社の選び方

2018年12月17日

 

床下換気扇のリフォーム費用

床下換気扇は基本的に3個で1セットとなりますので工事を頼むと最低3個はつけるようになります。

 

  • 床下換気扇の費用(3個1セット)約5~8万円
  • 取り付け工事費用約5~9万円
  • 電気配線工事費用約3~5万円

 

合計約13~22万円となります。

 

必要以上に床下換気扇が取り付けされていないか。

 

必要以上に高価な換気扇が使われていないか。

 

費用が気になるところはリフォーム業者にしっかりと聞いておきましょう!

 

防水シートの施工費用

防水シートの場合は地面に対してどのような処理をするかによって費用が変わってきます。

ちなみに防水シートでは床下用の少し特殊な防水シート使います。

 

地面に対して砂利をまくだけの場合は約10万円の費用になります。

 

コンクリートで処理する場合には20~40万円の費用がかかってきます。

 

なのでかかる費用としては

 

  • 床剥がし費用 約2万円
  • 防水シート施工費用 約10万円
  • 表面処理工事費用 約10~40万円

 

合計22~52万円になります。

 

防水シートのほうが直接水蒸気を防ぐため、効果は高くなります。

 

ですが、費用も高くなっています。

 

あなたの家の状態とどの程度湿気を防ぎたいか。

 

相談しながら決めましょう。

 

はるこ
防水シートっていうからてっきり市販の防水シートかと思ったけど違うのね。

 

あつし
ははは。そうだね。市販の奴でもそれなりの効果出るけど、さすが業者さんは使わないと思うよ。

 

「リフォームで床下の湿気対策!気になる床下の湿気・カビ」のまとめ

 

目に見えない床下をしっかりチェックして長く住めるようにしましょう!

 

床下であることや湿気のことなのでなかなか目に見えず、問題に気づきにくいです。

 

ですが、湿気を放置しておくと着実に家を蝕んでいきます。

 

次のことに気をつけて家を長持ちさせましょう!

 

まとめ
・床下は湿気がたまりやすい

・湿気の対策は2つある

・防水シートの効果は高いが費用も高い

 

床下の基礎部分が破損や腐食してしまうと修理にかなりの費用がかかってしまいます。

 

しっかり湿気対策をして長く住める家を目指しましょう!

 

 

TOPへ戻る

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です