リフォームで和室を洋室に大変身!気になる工事期間はどのくらい?

 

自宅に和室があるけれど、なかなかうまく使えていない・・・

 

ただの物置になってしまって、和室の持ち腐れになるのはもったいないですね。

 

そんな時の強い味方が和室から洋室へのリフォーム!

 

工事期間を短く、また完成度を高く、を目指すならリフォーム業者にお願いするのがオススメです。

 

リフォームで和室を洋室にするということは、日常生活を続けながら自宅に業者が毎日出入りすることになります。

 

何週間もかかると困るんだけど、実際にかかる工事期間は?

 

リフォームを頼んでいる立場で業者さんには言いにくいですけど、気になりますよね・・・。

 

和室のどこをリフォームするのかでも変わってきますが、今回は和室リフォーム時の工事期間についてお教えします。

 

これを機に、ぼんやりしたリフォームイメージを具体化させていきましょう!

 

和室を洋室にするメリットとは

 

あつし
母さん、和室から洋室にしたらどんなメリットがあると思う?

 

はるこ
はいっ。

和室だと重い家具を置いたら畳がへこんだりするけど、洋室なら大丈夫よ。

それにベッドなら布団を毎日上げ下ろししなくてラクだし、お掃除もラクだし、クローゼットのハンガーに服をかける方がラクだし・・・

 

あつし
すごい、ラクになることばっかりだね。

 

はるこ
でも実際そうよ〜。小さいお子さんがいる人も、お年寄りも考えてみたら洋室の方がラクに暮らせそうだわ。

車イスが必要な人だってフローリングが動きやすいわよね。

 

あつし
確かに。母さんこの件に関してはしっかりしてるなぁ。

洋室にはメリットがたくさんあるんだよね。

 

洋室にするメリット
  • フローリングは掃除がしやすい
  • 畳のダニやカビの心配がなくなる
  • クローゼットにすると収納が使いやすくなる
  • インテリアをイメージしやすく様々なレイアウトに対応

 

和室の象徴といえる障子・ふすま・畳などはメンテナンスを定期的にする必要があり、放っておくとダニの心配もありますよね。

 

フローリングにすると掃除が簡単になり、ダニやカビの発生を気にしなくて良くなります。

 

アレルギー体質や小さいお子さんのいるご家庭には特に嬉しいですね。

 

さらに、畳の上に机やベッドといった重い家具を置くと跡がついてしまったり動かしにくかったりした経験はないでしょうか。

 

洋室にするとそのモヤモヤは解消され、ベッドや車イスが使用しやすくもなるので、将来的な介護の側面でも部屋が使いやすくなります。

 

和室フルリフォームとポイント別リフォームの工事期間

 

さて、和室を洋室にリフォームしたくなったら気になるのが工事期間費用です。

 

はるこ
和室をリフォームするってことは、その部屋を使えなくなるわけだから、長期間は困るわよね。

毎日家にいれるわけじゃないし、できるだけ短期間で済ませて欲しいけどどうなのかしら。

ほら、主婦って色々お出掛けもあって忙しいし。

 

あつし
(どうせ使ってない感じだけどね・・・。)

まぁ、フルリフォームするのか、気になる箇所だけをするのかでも変わってくるから、だいたいこのくらいでって目安をお知らせするよ。

 

まず、和室を洋室にバッチリフルリフォームするにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

 

  • 畳をフローリングに
  • 壁を洋風にして壁紙を張る
  • ふすま・障子を洋風の建具に
  • 押入れをクローゼットに

 

これら4つが和室のリフォームでメインとなる箇所です。

 

床や壁は作業が大掛かりになりそうなので、工事期間もかかってしまいそうな印象を受けますね。

 

 

傷んでいる箇所があるかどうか等によっても期間と費用は変わってきますが、長くても2週間と考えておけば良さそうです。

 

工事期間をどうしても何日以内におさめて欲しいという場合や、家を空ける必要がある場合は事前に相談してみましょう。

 

和室の面影をなくして洋室に作り変えるフルリフォームですが、気になる箇所だけをリフォームするという方法もあるんです。

 

床だけフローリングにしたいとか、押入れのふすまを折れ戸に変えたいとか。

 

部分的なリフォームでも雰囲気や使いやすさが変化するのでオススメです。

 

自分が一番変えたいと思っているのは何なのか、理想の洋室像を思い描きながら、工事内容と期間・金額を照らし合わせるのが大切です。

 

今回は6~8畳のお部屋と想定して、気になるポイント別に一般的な工事期間と費用をみていきましょう。

 

畳をフローリングに変身!

引用:みやこリフォーム

 

和室をリフォームというと最初に思い浮かぶのがこの「床」かもしれません。

 

和室=畳というイメージがありますから、ここをフローリングに変えるだけで部屋の印象はガラリと変わります。

 

 

天然の断熱材とも言われている畳と違って、快適に過ごすためにはフローリングは下地に断熱材を入れなくてはなりません。

 

床は部屋のベースとなる部分ですから、工事期間は長い時で5日かかることもあります。

 

では、少しでも工事期間を短くしたいならどうしたらいいでしょうか。

 

工事が決まったら事前に行いたいのが、部屋の片付けです。

 

拍子抜けするほど簡単なことですが、うっかり家具が置いたままだったり材料を運ぶための動線が物で塞がれていたりすると、タイムロスが発生します。

 

業者さんがすぐ作業に取りかかれる環境を作っておくことがポイントですよ。

 

はるこ
え?部屋の片付け?そんなこと?

 

あつし
できるだけ短い期間で工事を済ませたいなら欠かせないことなんだよ。

業者さんが到着してからよける家具があるのと何もないのとでは作業開始までの手間が全然違うでしょ?

 

はるこ
確かにそういう気遣いは大切ね。

母さん嬉しいわ、あっくんが業者さんのことまで考えられるようになって。

あとはお嫁さんが来てくれればもう・・・

 

あつし
(・・・工期短縮のためって通じてるかな?)

 

畳からフローリングへのリフォームはこちらで詳しく紹介しています。

畳からフローリングにリフォームするときの費用と注意点を紹介!

2019年6月17日

 

壁紙と天井を洋風に変身!

引用:エイブルリフォーム

 

 

部屋に入るとまず目に飛び込んでくるのが壁ではないでしょうか。

 

広い面積を占めるものなので、洋風の壁紙を張ることで一気に全体の印象が変化します。

 

引用:重量木骨の家

 

特に子供部屋だと、一面だけ色を変えたアクセントクロスを取り入れて、個性的なお部屋にするのもいいですね。

 

壁紙には、抗菌・抗アレルゲン・防臭・防カビといった機能を持っているものがたくさんあるので、見本とにらめっこしながらご家庭のタイプに合わせて好みのものを選んでみましょう。

 

ちなみに、和室と洋室では壁自体の造りや天井の仕上げが異なるため、洋室にリフォームする際にはまず壁と天井の下地工事をすることとなります。

 

そのため、壁紙だけ張り替えて終わりというわけにはいかず、工事期間も2〜4日程度かかってくるというわけです。

 

マンションの場合だと、和室と洋室の壁の造りが同じことも多く、壁の造作工事をせず壁紙を張る作業だけとなることもあります。

 

壁の造りと壁紙についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

和室を洋室にリフォームするなら壁紙から!知って得する洋室壁紙情報

2019年6月8日

 

ふすまを洋風の建具へ変身!

引用:住まいるパートナー

 

 

ふすまを洋風な引き戸に変更するには、敷居を取り替える程度であまり複雑な作業ではありません。

 

工事期間は1~2日程度が一般的ですが、現在よりも間口を広く取りたい等の要望がある場合は工事内容が変わってきますので、それに伴って日数も必要になると心得ておきましょう。

 

ふすまも趣があっていいのですが、間口を広くして引き戸を開け放つと、隣の部屋と繋がっているようで部屋が広く感じられます。

 

床や壁のイメージチェンジに合わせて入口も洋風になると、もうすっかり洋室ですね。

 

押入れをクローゼットに変身!

引用:リフォームのサンズ

 

 

お部屋にとって収納はとても大切な要素です。

 

  • 押入れ:寝具を主に収納するもの(奥行80~90cm)
  • クローゼット:衣類を主に収納するもの(奥行45~60cm)

 

押入れとクローゼットとでは、主な収納物が大きく異なるためそもそも作りが違います。

 

押入れは布団をしまうため奥行きがあるのですが、これがそのままだとクローゼットとしては使いづらくなってしまいます。

 

奥にしまったものが取れなかったり、何を入れているか忘れてしまったりという経験、ありませんか?

 

建具を折れ戸タイプにしたり、ハンガーポールや中の仕切り方を変えることで使いやすくリフォームしていきましょう。

 

仮に中は押入れのままで建具の種類が変わっただけでも、部屋の印象はかなり洋風寄りになります。

 

押入れの有効活用方法についてはこちらも参考にしてみてください。

和室リフォームの鍵は押し入れ!?押し入れの有効活用方法3選

2019年10月24日

 

オススメのリフォーム時期

 

内装のリフォームにおいて、目安となるタイミングというものがあります。

 

家も生き物のようなものですから、建てたら建てっぱなしでいつまでも元気とはいきません。

 

内装メンテナンス周期
  • 壁紙の耐久年数は一般的に10年程度。
  • 畳はおよそ5年周期で裏返しや張替えといったメンテナンスが必要に。

 

新築時から計算して、和室のメンテナンスをすることなく5年以上が経っているなら、ちょうどリフォームしどきかもしれません。

 

メンテナンスしたての畳をリフォームによって処分してしまうのはもったいないですもんね。

 

また、リフォーム業者には繁忙期・閑散期というものがあります。

 

繁忙期:12月〜3月頃

閑散期:4月〜8月頃

 

地域にもよりますが、年末から年度末にかけては新生活に向けてリフォームの依頼が多くなり、新年度が始まってからは逆に少なくなるというイメージです。

 

リフォーム時期に縛りがないなら閑散期の工事がオススメです。

 

閑散期のメリット
  • 打ち合わせに時間をかけてくれる
  • 人員確保ができる
  • スケジュール・工程に無理のないきちんとした仕上がりが期待できる
  • 値引きができる可能性がある

 

繁忙期のデメリット
  • どこも繁忙期で材料不足・遅れが出ることが考えられる
  • 人員不足で完成度の低い工事になる場合がある
  • 費用が高くなる

 

もっとも気になるのは、人員不足で完成度の低い工事になる場合があるということでしょうか。

 

もちろん、たいていの業者さんは繁忙期でも一つ一つ確かな作業を行ってくれていると思います。

 

それでもリフォームに限らず、忙しくて追われている時に丁寧かつ完璧に仕事をこなすというのは至難の技です。

 

工事期間を気にする場合は特に、閑散期を狙ったほうが短い日数でリフォームできそうですね。

 

マンションでのリフォームはココに注意

 

和室をリフォームする時に気をつけておきたいことがあります。

 

うっかり知らなくて工事のし直しになったりトラブルになったりということがないよう、自分で準備できるところは万全にしておきましょう。

 

防音基準を満たしているか

まず注意すべきなのが防音についてです。

 

畳からフローリングに変えた際に、どうしても防音効果が落ちてしまいます。

 

フローリングにしたとしてもマンションの防音基準を満たせるのかどうか、事前にチェックしておきましょう。

 

フローリングは種類が多く、板材と色み、置き方等で組み合わせは自由自在です。

 

素材で人気なのが無垢材ですが、無垢のフローリングには防音性能がないので、防音シートを下地として敷く等の対処することが必要となります。

 

+α 自分でできる防音対策
  • 防音素材やコルクでできた防音マットやカーペットを敷くことでも、床の防音性を高められます。
  • 音の出る家電等は壁や床から少し離して置くというもの効果的です。

 

はるこ
畳って防音性に優れていたのね。

 

あつし
そうなんだ。

フローリングの素材を選ぶ時は、リフォーム業者さんと防音対策の点も相談すべきだね。

 

フローリングについての詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。

いざリフォーム!フローリングの種類のこだわりは色?樹種?張り方?

2019年9月22日

リフォームで床材を選ぶなら!無垢フローリングが人気です!!

2019年8月16日

 

届出と近隣へのご挨拶を忘れずに

リフォーム期間中は施工業者が頻繁にマンションを出入りすることとなります。

 

事前に管理組合へリフォームする旨の届出をするのを忘れないようにしましょう。

 

賃貸の場合はトラブルにならないよう、リフォームOKなのか貸主に確認をとる必要があります。

 

そして工事期間を気にする理由の一つが、近所への騒音ではないでしょうか。

 

数日間とはいえ工事の際には騒音を避けられませんので、お互い不満なく過ごせるようご近所の方への事前挨拶をしてくださいね。

 

リフォームで和室を洋室にする工事期間とは

 

リフォームは、うまく活用できていなかった和室が生まれ変わるチャンスです。

 

和室を洋室に変えるために欠かせない4箇所をどう組み合わせるのか、またはフルでリフォームするのか、それによっても工事期間は変わってきます。

 

一般的な工事期間と費用の目安は以下の通りです。

 

 

自宅に業者が長く出入りするのは落ち着きませんし、近隣への騒音の面でも工事期間は短いのが理想的。

 

ですが、日数だけにとらわれず、丁寧に仕上げてもらうためにもある程度の余裕を持ってスケジュールを組んでみてくださいね。

 

また、リフォーム業者が閑散期となる4〜8月を選んだ方が、より短期間で高品質なリフォームが実現できる可能性が高くなります。

 

和室をリフォームすることで、今までよりも使い勝手が良く居心地がいいお部屋が出来上がるといいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

今回はリフォーム業者に頼む場合のご紹介でしたが、DIYしたいという方はこちらをどうぞ。

リフォームするなら楽しもう!和室から洋室にするDIY方法6選

2019年6月13日

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です