リフォームでセカンド洗面台!増設したい洗面台の話

毎日、使う洗面台。

あなたはお家の洗面台をうまく使えていますか?

最近、作る人が増えてきているのがセカンド洗面台。

洗面台を増設することのメリットとは?

洗面台を増設するのに最適な場所は?

洗面台を増設するのに掛かる費用は?

などなどセカンド洗面台に関する疑問をお答えしたいと思います。

もし、この記事を見てセカンド洗面台が気になったあなた!

洗面台の増設を検討してみてはいかがでしょうか?

セカンド洗面台とは

最近、作る人が増えてきているのがセカンド洗面台です。

セカンド洗面台と聞いてもあまりピンと来ない人もいるかもしれません。

一階に浴室と洗面台がセットのお家がありますよね。

そういったお家では洗面台などを使うためにわざわざ一階に行かなくてはなりません。

そういった家で、洗面台が2階でも使えるように2階に設置する洗面台がセカンド洗面台です。

セカンド洗面台では、1台目の洗面化粧台ほどの多機能のものではなくコンパクトにする方が多いです。

コンパクトなほうが場所もとらず、設置費用も安く済みます。

なので、セカンド洗面台ではそういった物の方が人気が出ています。

セカンド洗面台のメリット・デメリット

はるこ

うらやましいわぁー

あつし

かあさん、なにみてるの?

はるこ

洗面化粧台の紹介みてたのよ♪いいわねぇー

あつし

でも、かあさん、まだ、洗面台ってそんな古くないよね?

はるこ

そうねぇ。でも、こういうの見ちゃうと憧れちゃうわね。1階の洗面台にいってわざわざ顔を洗うのも面倒だし・・・

あつし

かあさん、それならセカンド洗面台はどう?

はるこ

セカンド洗面台って?

あつし

使いやすいように、1台目とは別につけた洗面台だよ!2台目だからシンプルで低価格、場所をとらない洗面台を選んで作る人が多いね。少し話を聞いてみる?

はるこ

いいわね!少し聞かせて頂戴!

ここでは洗面台の増設に関するメリット・デメリットを紹介していきます。

セカンド洗面台のメリット

  • 洗面台の混雑を解消できる

セカンド洗面台を設置する上で一番大きなメリットは洗面台の混雑を解消できることです。

一人暮らしならいいですが、家族で暮らしている場合、朝、洗面台の取り合いになることがよくありませんか?

セカンド洗面台を設置することで空いている洗面台を使用することが可能です。

朝はどの家庭でもいろいろな準備であわただしいものです。

朝のストレスを解消できるのは大きいですよね。

  • 無駄な動線を無くせる

わざわざ遠くの洗面台に行く必要がなくなるため、無駄な動線をなくすことができます。

わざわざ、朝の準備のたびに、遠くの洗面台にいく必要はなくなります。

また朝の準備だけではなく、水掃除をするときにも便利に使えます。

重い水の入ったバケツを持ったまま、2階に上がることもなくなります。

こういった小さな満足感の積み重ねが、日々の暮らしを充実させていきます。

セカンド洗面台のデメリット

  • 水周りの配管が必要になる

リフォームで2階にセカンド洗面台を設置しようとしても配管の関係で設置できない場合もあります。

また、設置できたとしても配管の工事で費用をかなり取られてしまうこともあります。

配水管の工事はどうしても高額になりがちです。

  • 場所をとる

シンプルな洗面台を選んであまり場所と費用を抑えよとしても設置する以上、一定の場所は必要になってきます。

設置した場所によっては圧迫感を感じてしまうこともあるかもしれません。

場所とレイアウトを考えながら設置場所を考えましょう。

洗面台を増設するのにオススメな場所

セカンド洗面台はとても便利なものです。

うまく設置すればかゆい所に手が届く洗面台になります。

問題はその洗面台を設置する場所ですよね。

設置すると便利に使える場所はどこなのでしょうか。

トイレの前

最近、はやりつつあるのがタンクレストイレです。

しかし、タンクレストイレの場合、手洗いを別につけなくてはなりません。

そんなときに便利なのがセカンド洗面台です。

手洗い用にトイレの前にシンプルな洗面台を設置します。

玄関

玄関付近に設置することで帰宅後にすぐ手洗いをすることができます。

特に小さなお子様のいる家などは便利ではないでしょうか?

子供に手洗いの習慣づけもすることができます。

玄関からすぐ向えるため、衛生面に関しても便利ですよね。

寝室

意外かもしれませんが、最近、寝室に洗面台を設置している家庭が増えてきています。

広めのカウンターに洗面台を設置してメイクスペースに活用できます。

朝の忙しい時間など、わざわざ洗面台にまでいく時間が省けます。

他にも介護が必要な方がいる家などでも便利です。

介護中は洗面台を使う機会が多いと思います。

その移動でのストレスを軽減することができます。

2階の廊下

一番よくある設置場所が2階の廊下です。

2階にトイレがある場合や水掃除をする場合などにとても便利です。

主婦にとってわざわざ1階の洗面台まで向うのはかなりの負担ですよね。

2階に洗面台があるだけでそのストレスが解消されます。

洗面台の増設にかかる費用

最後にセカンド洗面台を設置するのにかかる費用です。

セカンド洗面台を設置するにあたって方法は3つあります。

  1. 洗面所の増設
  2. 洗面台の新規設置
  3. 洗面ボウルの新規設置

の3つです。

洗面所は洗面台がある部屋を新しく作ることです。

洗面台は洗面ボウル+収納などがついている洗面台を設置することです。

最後に洗面ボウルは水を流すスペースと水道のみを設置することです。

この3つの費用は次の通りです。

洗面所の増設 洗面台の設置
床面開口
洗濯機設置基盤
配管工事
電気工事
50万~60万円
洗面台の新規設置 洗面台の設置
床面開口
配管工事
電気工事
20万~50万円
洗面ボウルの新規設置 洗面ボウルの設置
床面開口
配管工事
20万円前後

引用:リフォーム見積りネット

値段からわかるように洗面所の設置が一番大掛かりな工事になります。

逆に一番安い洗面ボウルの新規設置はお手軽な工事になっています。

セカンド洗面台の場合は洗面台の設置か新規ボウルの設置がオススメです。

自分のイメージするセカンド洗面台にあったものを設置するようにしましょう。

「リフォームでセカンド洗面台!増設したい洗面台の話」のまとめ

洗面台のあれこれの話でした。

大まかにまとめると

まとめ
  • 2台目の洗面台をセカンド洗面台という
  • 水周りの工事ならではのメリットとデメリットがある
  • オススメ場所は水をよく使う場所
  • 費用がそれぞれあるので自分にあった洗面台を

水をつかった作業というのは意外に生活の中に多いです。

2階に洗面台があるだけで時間短縮はかなりものですよね。

せっかくですので、自分にばっちりのセカンド洗面台を増設しましょう!

リフォームするならやっぱり業者にお願いしたいな……と考えている読者さまには、読者様にピッタリの業者を無料で複数紹介してくれるリショップナビをおすすめします!

実際に僕も母の家のリフォームでリショップナビにお世話になりましたが、一流のコンシェルジュにすごく丁寧な対応をもらいました♪

いきなり業者から連絡がくるのではなく、専門のコンシェルジュが直接お客様のニーズを聞いた上でぴったりの業者を選んでくれるのは、リショップナビだけです!

さらにリショップナビで扱う業者は1500社と、他を圧倒する数を誇ります。

リショップナビの特徴

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。
リフォームの見積を依頼をすると、まずはコンシェルジュが顧客の希望を聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様にピッタリのリフォーム会社を数社紹介してくれます。さらに、万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

いきなり業者から電話がかかってくるのではなくリフォームの本音をまずコンシェルジュに打ち明けられるので、リフォームへの不安が解消しますよ。

◆◆ キッチン ◆◆

年季の入ったキッチン&なかなか火がつかなかったコンロ(リフォーム前)
(リフォーム施工中)
母念願のシステムキッチンで快適に(リフォーム後)

◆◆ トイレ ◆◆

便座が温かくなり冬でも快適になった清潔なトイレ♪

◆◆ 和室 ◆◆

擦り切れた畳&一部破れた襖の和室
モダンでオシャレになった和室

◆◆ 浴室 ◆◆

狭く深い浴槽撤去(外気温と同じ極寒の洗い場)
浴室暖房付きのあったかいお風呂
実際の受信メールの様子

無料なのに保証制度も完備!

リショップナビの評判・口コミについて詳しく知りたい方はこちらから
>>業界屈指の見積もりサイト「リショップナビ」の評判・口コミ徹底調査!

業者に見積もりを依頼すると、「断れないんじゃないか・・・」と心配ですよね。

でもリショップナビはカスタマーサポートが充実しているので、困った時には力になってくれるんです!

それにそもそもリフォーム一括見積もりなので、業者だって比較されていることがわかっています

自分での断り方についてもバッチリまとめてありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

>>リフォームの見積もりが高い!?どんな断り方をすればうまく断れる?

ただ、残念ながら次の地域にお住まいの読者さまは、2021年7月現在、リショップナビでは紹介対象外だそうです……。

北海道、愛媛、香川、高知、徳島、富山、石川、福井、熊本、大分、宮崎、長崎、佐賀、鹿児島、沖縄

これらのエリアにお住まいの読者さまには、リフォーム比較プロがおすすめです! リフォーム比較プロは、地元の工務店を中心に厳選した優良リフォーム会社を3〜4社紹介してくれます。

『リフォーム初心者』『少額(30万円以内)のリフォーム』でも安心して利用できるリフォーム一括見積もり会社です!

初めてのリフォームも安心

リフォーム比較プロを詳しく知りたい方はこちらをお読みください。
>>初心者向!!リフォーム見積比較「リフォーム比較プロ」評判と口コミ

 

見積を無料でするなら絶対この3社がおすすめです!

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心
リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり
リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり
タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です