リフォームでフローリングを張替え!無垢板の魅力を徹底解説!

 

暑い夏の日に、ひんやりさらっとしたフローリングの上でお昼寝。

 

寒い冬の日でも、思わず裸足で歩きたくなるほんのりあったかく柔らかいフローリング。

 

何よりも床がおしゃれな家。

 

 

…なんて、憧れますよね!?

 

 

実は、無垢板でできたフローリングならそんな憧れを実現できちゃうんです!!!

 

 

でも…

  • 無垢板って手入れが大変手間がかかるって聞くし・・・。
  • 大体、高価で手が届かないよ!
  • そもそも無垢板ってなに?わからない!!

 

などと、初めから無垢板を使ったフローリングにすることを諦めている方も多いかと思います。

 

 

そんな諦めモードの皆さんにこそ、是非ともお伝えしたい!!

 

 

今回は、無垢板の素晴らしさから、どんな種類がありどのように選べば良いのかまで、徹底的に解説したいと思います。

 

読者様も、おしゃれで機能的な無垢板のフローリングでの生活を始めてみませんか?

 

そもそもフローリングの種類って?

 

 

『フローリング』ってよく耳にしますが、そもそもどんな種類があるんでしょうか?

 

はるこ
確か単層フローリングと複合フローリングの2種類があるのよね!前にあっくんに教えてもらったわ。

 

あつし
母さん、さすがだね!それぞれどういう違いがあったかは覚えてる?

 

はるこ
・・・。単層フローリングの方が値段が高いことは覚えてるわ!

 

あつし
じゃあそれぞれの違いからおさらいしていこうか。

 

単層フローリング

単層フローリングとは、一本の木を切り出して形を整えただけのものです。

 

無垢フローリング」や「無垢材」「無垢板」とも呼ばれます。

 

木本来の優しい雰囲気があり、調湿性に優れていることが特徴です。

 

また、複合フローリングのような接着剤は不使用のため、シックハウス症候群等の観点から選ばれることもあります。

 

ただ、複合フローリングに比べて高価なものが多いです。

 

複合フローリング

複合フローリングとは「新建材」とも呼ばれます。

薄いベニヤを何枚も貼り合わせて厚みを出した合板の表面に、木を薄く切り出した「突き板」と呼ばれるものや、木目を印刷したシートなどを貼って作られています。

 

現在一番普及しているフローリング材であると言われており、耐久性の優れたものや防音性の高いものなど、様々な種類があります。

気温や湿度、経年に影響されることが少なく、無垢材に比べて安価で施工性も高いことから選ばれることが多いです。

 

引用:LOHAS material

 

無垢板の魅力とは?

 

フローリングの種類とそれぞれの違いについて簡単におさらいしたところで、早速無垢板の魅力に迫っていきたいと思います!

 

肌触りが良い

木には木ならではの優しい印象があります。見た目だけでなく肌触りも優しいです。

 

これは、木自体が空気を含んでいるためです。

この空気が断熱効果を発揮するため、冬の寒い時期でもほんのり暖かく、逆に夏の暑い時期でもさらっとした肌触りを味わうことができます。

 

調湿性に優れている

無垢板には、周りの空気や湿度に合わせて、空気中の水分を吸収したり放出する力があります

 

これが調湿性です

 

梅雨など湿度が高くジメジメしている時には、空気中の湿気を吸収し、室内の湿度を下げてくれます

 

逆に乾燥が気になる冬の時期には、木の中の水分を空気中に放出することで室内の湿度を上げてくれます

 

はるこ
天然全自動の加湿・除湿機ってわけね!素敵!!

 

唯一無二の柄と経年変化を味わうことができる

そして何よりの魅力は、複合フローリングでは表現できない自然本来の質感や木目です。

無垢材は、切り出す向きや切り抜き方一つで木目の印象がかなり変わります。

 

これが木本来の魅力であり自然の面白いところですよね。

 

どれだけおしゃれな複合フローリングが発売されようと、真似できない唯一無二の美しさです。

 

また、無垢材は時間とともに色や質感が変化していきます。

これを経年変化と言います。

時が経つにつれ、紫外線により木の成分が変化していくために起こる現象です。引用:e-KENZAI

 

上の写真のように杉やバーチは、日焼けしたように色が濃く深みのあるものに変化していきます。


引用:e-KENZAI

 

一方でアカシヤやウォールナットのように、時が経つごとに色が抜けていき優しい印象に変化していく木材もあります。

 

この経年変化も無垢板ならではの魅力といえるでしょう。

 

無垢板を選ぶ前に知っておくべき注意点とは?

 

はるこ
無垢板の魅力はよくわかったわ。でもこんなに魅力的なのになぜ複合フローリングの方が普及してるの?

 

あつし
それはね、自然のものならではの魅力がたくさんある一方で、自然のものだからこその注意点もあるからなんだ。どうしても複合フローリングと比べてお手入れが必要な部分もあって、選ばれにくいんだよね。

 

確かに、無垢板は手間がかかるというイメージを持っている方も少なくないと思います。

 

では、なぜそのように思われてしまうのでしょうか?

ここからは、無垢板を選ぶ際に知っておくべき注意点についてご説明していきます。

 

木の種類によっては柔らかく傷がつきやすい

複合フローリングと比べて、無垢板は柔らかいものが多いため日常の生活の中で傷がついてしまうことが多いです。

 

もちろん、無垢板の中でも木の種類によって硬さ柔らかさはかなり変わってくるため、一概に言い切ることはできません。

ただし、硬く傷のつきにくい木の方が柔らかいものに比べて高価になってきます。

 

この点が、複合フローリングよりも選びづらい一つの要因になっているのかもしれません!

 

 

膨張や収縮するため施工が難しい

先ほど無垢には「空気中の水分を吸収したり放出する力がある」と説明しました。

つまり、水分を吸収したり放出するということは木自体が膨張したり収縮するということになります。

 

そのため、無垢板を施工する場合にはフローリング材とフローリング材の間に隙間を開けながら張っていきます。

 

この隙間が大きすぎると仕上がりが汚くなりますし、逆に隙間が十分でないと膨張した際に、フローリング材が割れたり浮いたりする原因となってしまいます。

 

複合フローリングがDIYで張り替えることができるのと比べると、施工する際の難易度が高いということを知っておく必要があります。

 

 

マンションの場合、別に遮音材が必要になる

マンションの場合、大抵は管理規約で使用するフローリング材の遮音等級が定められています。

遮音等級とは?

どれだけ騒音をさえぎることができるのかということです。

 

マンションの場合、上階や下階に住民がいるわけですから、床材にも一定の遮音が施されている必要があります。

 

ただ、無垢板だけでマンションでの遮音等級の基準を満たすことは難しいです。

 

そのため、マンションに無垢板のフローリングを使用したい場合には、フローリング材とは別にマンションの管理規約で定められている遮音等級を満たすことのできる遮音材を張る必要があります。

 

おすすめの無垢板フローリングは?

 

はるこ
魅力や注意点はわかったけど、無垢板の中でのオススメはどれなの?

 

あつし
オススメかぁ。。。無垢板は木の種類によって色も雰囲気も硬さも値段もバラバラだから、使う場所や予算によってお勧めは変わってくるんだけど。。。

 

あつし
それぞれの特徴について説明するね。

 

まず無垢板の素材は大きく針葉樹広葉樹の2種類に分けることができます。

 

針葉樹
  • 幹が比較的細くまっすぐと伸びている
  • 柔らかくて軽い
  • 木目が単調で揃っているものが多い
  • 比較的安価

 

広葉樹
  • 幹が太く曲がっていたり、枝分かれしている
  • 硬くて重いものが多い
  • 針葉樹に比べて種類が豊富
  • 比較的高価

 

 

まずは、針葉樹の中でもメジャーな無垢板を3つご紹介します。

 

パイン(松)

針葉樹の中でもかなり柔らかく、加工しやすいです。

一言にパイン材といっても、50種類以上あり、木目や硬さなどはそれぞれ違います。

 

白から黄色っぽい明るい柔らかな色合いで、節があることが特徴です。

 

ただ、日焼けしやすいため、かなり早いスピードで経年変化します。

 

経年変化することで徐々に優しい飴色へと変わっていきます。

 

引用:MOKUZAI.COM

 

ヒノキ

ヒノキは日本ではかなり馴染みの深い木材ですよね。

 

独特の香りがあり、水や湿気に強く、強い耐久性を持っています。

 

加工もしやすいですが、価格は変動しやすいため注意が必要です。

 

引用:GHS OKINAWA

 

こちらもヒノキと同様日本ではメジャーな木材です。

針葉樹の中でも比較的安価ですが、保湿性・断熱性に優れており使いやすい無垢板です。

 

また、復元力に優れており、小さな凹み等は凹んだ場所に濡れ雑巾を置き、その上からアイロンを当てることで修復することができます。

 

引用:株式会社勝美住宅

 

 

次に広葉樹の中からメジャーな無垢板を5つご紹介します。

 

ウォールナット

くるみ科の広葉樹で、色に深みのある木材です。

耐衝撃に強いのが特徴といわれています。

 

また、加工しても狂いが少ないことからフローリング材としてはもちろん、高級家具やピアノやギターといった楽器にも使用されます。

 

経年変化とともに少しずつ色が抜けていき、穏やかな赤茶色へと変化するところも魅力です。

 


引用:KODAMA

 

メープル

広葉樹の中でも硬くて丈夫な木で、耐摩耗性に優れています。

 

特徴は白っぽい明るい色合いと、きめの細かい絹のような光沢・肌触りをもちあわせている事です。

木目も美しく、バーズアイやカーリーなどといった特徴的な柄が出ることも多いため、人気の無垢板です。

 

引用:KODAMA

 

タモ

はっきり、しっかりしている木目が特徴的な無垢板です。

野球のバットの材料として使用されるなど、衝撃性に強く弾力のある木材です。

 

黄色みの強い明るい色味が特徴ですが、経年変化とともに、色合いが濃く変化していきます。

しかし、経年変化の速度はかなりゆっくりで、比較的紫外線の影響を受けにくい無垢板といえます。

 

引用:MOKUZAI.COM

 

チーク

広葉樹の中でも硬いのが特徴で、耐久性耐水性に優れており、加工後も狂いが出にくい無垢板です。

 

重厚感のある色合いも特徴で、経年変化でもあまり色が変わりません。

 

引用:前田木材株式会社

 

バーチ(カバザクラ)

明るい色味と、きめの細かい木目が特徴的です。

 

光に反射してキラキラと光るように見える木で、見る角度によって明るく見えたり暗く見えたりする面白い木材です。

 

経年変化で少しずつ黄色みが強くなり、落ち着いた印象へと変化していきます。


引用:前田木材株式会社

 

リフォームでフローリングを無垢板に変えよう!

 

はるこ
木の種類で全く見た目も雰囲気も違うなんて素敵ね。あっくん、家の一部だけでも無垢板に変えたいわ!!

 

あつし
話を聞くと、すぐ影響されてやってみたくなっちゃうんだから。。。

 

あつし
じゃあ、無垢板のフローリングにリフォームする方法を手順をおって説明していくね。

 

業者に依頼する? DIY?

まずは業者に依頼をするのか、DIYで頑張るのかを決めなければいけません。

 

業者に依頼
  • ある程度のクオリティが保証される
  • 費用が高額になる

 

DIY
  • クオリティは自分の腕次第
  • 万が一失敗したり後ほど問題が起きても保証されない
  • 材料費のみで済むため費用を抑えることができる

 

今までにも様々なリフォームのDIY方法を紹介してきましたが、メリットデメリットは同じですね。

 

注意点でもお話しした通り、無垢板は伸縮性が高いため、複合フローリングやその他の床材と比べて施工が難しいです。

 

あつし
よほど腕に自信がない限り、僕は業者に依頼することをオススメします。

 

無垢板の種類を決める

どのようにリフォームするかを決めたら、次はどの木にするか決めましょう。

 

木目の好みや色合いで選ぶのももちろん大切ですが、使用する場所によって向き不向きがあるので、特徴も確認しながら検討しましょう。

 

仕上げの加工を決める

使用する無垢板の種類を決めたら、仕上げの加工方法も決めましょう。

仕上げの加工とは、塗装のことです。

 

必ずしも必要ではありませんが、反り防止汚れの軽減のためにも塗装することをお勧めします。

 

塗装には主に自然塗装ウレタン塗装の2種類があります。

 

自然塗装
  • オイルワックスとも言われる、浸透性の塗装。
  • 塗料を木材に浸透させるため木の質感を活かせる
  • 汚れやすさや水に対する強度を高めることができない→水回りや、元々水に弱い無垢板には不向き
  • 比較的安価

 

ウレタン塗装
  • 木の表面に塗膜を作るコーティング系の塗装。
  • 汚れにくく水に強くなることが特徴。
  • 塗膜を厚くすれば厚くするほど強度が増す。
  • 木の表面を覆ってしまうため、無垢板ならではの調湿性の効果が低下する。
  • 自然塗装と比べて高価

 

フローリングのワックスについては以前にこちらでも紹介しているので参考にしてください。

フローリングワックスのプロ業者ってどうなの?気になったので調査!

2018年12月5日

 

意外と重要!?リフォーム後のお手入れ

業者を決めて、無垢板の種類と塗装の方法を決めたらいざリフォーム!となりますが、意外と重要なのはリフォーム後の日々のお手入れです。

 

とは言え、難しいことも手間のかかることも特別する必要はありません。

 

基本の掃除は、掃除機と乾拭きをするだけで大丈夫です。

 

あとは数カ月に一度固く絞った雑巾で水拭きをしてください。

 

また、年に一度は再塗装すると傷がつきにくい状態を維持することができますよ。

 

無垢フローリングについてや、お手入れについては以前にもこちらで紹介しました。

合わせてご覧ください。

リフォームで床材を選ぶなら!無垢フローリングが人気です!!

2019年8月16日

 

リフォームでフローリングを無垢板にする魅力まとめ

 

今回はリフォームでフローリングを無垢板にする魅力をお伝えしてきました。

 

 

無垢板にすれば複合フローリングにはない、

  • 木ならではの優しい印象や肌触り
  • 調湿性
  • 経年変化と自然木ならではの柄

 

を楽しむことができます。

 

 

ただ一方で、

  • 複合フローリングと比べて、柔らかく傷がつきやすい
  • 施工が難しい
  • マンションでリフォームする場合、遮音材が必要となる

 

など、注意する点があることもご紹介しました。

 

無垢板へのリフォームは考えなければならないことがたくさんあり面倒だと感じる方がいるかもしれませんが、リフォームをすれば無垢板にしか出せない魅力をたくさん感じられるはずです。

 

はるこ
経年変化の美しさと、何より天然全自動の除湿・加湿ができるってのが魅力的よね!あっくん、まずはどの部屋の床を変えたらいいかしら?

 

あつし
本気でうちの床をリフォームする気なの!?

 

はるこ
せっかく学んだんだもの。当然でしょ?

 

あつし
う〜ん。。。それについてはもう少し真剣に話し合おうか。

 

母さんの家をリフォームするかは未定ですが、もし皆さんがまずは一部屋リフォームしてみたいと悩んでいるのなら、僕は寝室をおすすめします!

 

日常的な動作があまり多くないため、せっかくのフローリングに傷がつきにくいところがオススメポイントの1つです。

 

そして何より、調湿機能で程よく整えられた空気の中で、自然の木に囲まれて一番のリラックスタイムである睡眠時間を過ごせるなんて素敵だと思いませんか?

 

ぜひ無垢板とともにナチュラルで素敵な毎日を送ってみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事もぜひ合わせてご覧ください!

いざリフォーム!フローリングの種類のこだわりは色?樹種?張り方?

2019年9月22日

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です