リフォームする床の色で手持ちのインテリアの魅力を引き出す方法!!

 

床をリフォームする際に、気になるのは今持っているインテリアと上手に合わせられるかです。

せっかくきれいにリフォームしても、それぞれの色があっていなければちぐはぐな印象になってしまうでしょう。

だからといって、リフォームした後、まだ使えるインテリアを買い替えるなんてナンセンスです。

ここでは、リフォームによって床をカラーコーディネートすることで、床もインテリアも生かせる色合いについて考えていきます。

 

床をリフォームする前に~カラーコーディネートの基本~

 

このソファー、どうしたの?

 

はるこ
赤くてキレイでしょ。一目ぼれして買ったのよ。

でも、なんだか部屋にしっくりこなくて・・・。

 

あつし
それは、カラーコーディネートに失敗しちゃったからだね。

 

はるこ
カラーこーでねーと?急になまらないでよ。

 

あつし
なまってない、なまってない。

 

部屋のカラーコーディネートを考える際に知っておきたいことが2つあります。

1つ目はその色がもつ効果、2つ目はベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーといった部屋の配色の割合です。

1つずつ見ていきましょう。

 

色の持つ効果~色の三要素~

色にはそれぞれ人に与える心理的効果があります。

それは、色の三要素によって左右されます。

 

【色相(しきそう、いろあい)】

赤や青、緑、黄色といった具体的な言葉で表される色のことです。

 

例えば、暖色系や寒色系はよく聞きますよね。

赤やオレンジ、黄色は暖かく見えますが、青や緑は寒そうに見えます。

実際は色で温度が変化することはないのですが、なぜかそのように感じます(色の暖寒感)。

暖色は暖かく元気なはつらつとした印象を受け、寒色は寒々しく感じる一方ですっきり落ち着いた感じやさわやかな印象を受けます。

そして、暖色系は「膨張色」や「進出色」と呼ばれ、実際よりも近くにあるように見えます。

そのため、多用すると部屋が狭く見えてしまいます。

逆に寒色系は、「収縮色」や「後退色」と呼ばれ、実際よりも遠くにあるように見えるため、部屋が広く見えやすいです。

 

<色相環>

また、色相環で隣り合う色を「同系色」といい、正反対の色を「補色」、正反対の色+その両隣の色を「反対色」と言います。

 

【明度・明るさ】

色の明るさのことです。

色が明るければ軟らかく軽い感じに、色が暗ければ重く硬い感じを受けます(軽重感、硬軟感)

これは床も同じで、白やナチュラルといった色は明るく軽い印象ですが、ブラウンやダークブラウンといった色は硬く重厚感を感じる色味になります。

 

【彩度】

彩度とは、色の鮮やかさを表します。

彩度が高いと華やかで派手な印象になり、彩度が低いと落ち着いていますがくすんだ色になります。

 

【有彩色と無彩色】

白や黒、グレーといった色には「色相」と「彩度」がありません。

このような色は「無彩色」と呼ばれます。

 

逆に、赤や青など「色相」と「彩度」を持つ色を「有彩色」と呼びます。

 

トーンについて
トーンという言葉を聞いた事がありませんか?

トーンは色の三要素ではありませんが、「明度」と「彩度」を合わせた色味のことです。このトーンを合わせることで、違う色相でも上手に合わせることが出来ます。

 

部屋の配色の黄金比

よく洋服のコーディネートで「アクセントに」という言葉を使いますよね。

この「アクセント」、実はインテリアでも同じことが言えます。

というのも、デザインの世界ではよく使われるもので、「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」の比率で調和を取る方法です。

インテリアやファッション、果ては皆さんが今、目にしているwebサイトに至るまで幅広く使われています。

 

【ベースカラー】

一番大きな面積を占め、部屋のベースの色です。

床や天井、壁がこれにあたります。

割合は部屋全体の70%程度が適当だと言われています。

一度選ぶとなかなか変えることが出来ないので、飽きがこない、ベーシックな色が多いです。

 

【アソートカラー(メインカラー)】

ベースカラーの次に大きな面積を占める色です。

ドアなどの建具やカーテン、ソファー、ラグといった大きな家具がこれにあたります。

ベースの色を補ったり、際立たせたりします。

ベースカラーと同系色だとシンプルで統一された部屋になります。

逆に、ベースカラーと反対の色相にある色を使うと、部屋に変化が出て、個性的で刺激的な部屋になります。

割合は25%程度が妥当でしょう。

 

【アクセントカラー】

最後に、アクセントカラーです。

クッションや観葉植物など、小物類の色がこれにあたります。

アクセントカラーは、ベースカラーやアソートカラーでまとめた部屋を引き締めるために入れる差し色のことです。

アクセントというと明るく鮮やかな色を連想しがちですが、鮮やかな色の中では白や黒といった無彩色がアクセントになります。

ベースカラーとは色相や彩度が反対のものを選ぶとよいでしょう。

アクセントカラーは、全体の5%程度に抑えると効果的です。

 

引用:interior coordinate.jp

 

はるこ
うちには、鮮やかな赤はアソートカラーとして合わなかったっていうわけね。

多分くすんだ色だったら、もう少し落ち着いたのね・・・。

 

すごいね、母さん。もうわかった?

 

はるこ
エッヘン!

 

インテリアに相性の良い床の色にリフォームする!

 

あつし
いよいよ、フローリングの色とインテリアの色を合わせていきますよ。

 

テイスト別に床の色とベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーについてみていきましょう。

 

床の色のもつ効果

色には様々な効果がありました。

それは、床の色でも同じことが言えます。

暖寒感、軽重感、硬軟感などその色の特徴を見ながら、床材の色が持つ効果についてご紹介します。

 

【ホワイト】

白い色は無彩色です。そのため、明度が高く、他の色より明るく見えます。

また、膨張色ですので、他の色より部屋が広く、開放的に感じることでしょう。

 

【ナチュラル】

ナチュラルな色は、ホワイトと違い、有彩色です。

オレンジや黄色に近いその色合いは、温かみがあり、柔らかく見える効果があります。

また、暖色とはいえ色が淡いので圧迫された感じもありません。

 

【ブラウン】

ナチュラルより色が濃く、より温かみを感じやすい色合いになっています。

落ち着いた風合いが特徴です。

 

【ダークブラウン】

ブラウンよりさらに色が濃く、重厚感あふれるその色味は高級感を演出します。

ですが、色は重く、部屋も狭く感じてしまうこともあります。

 

【ブラック】

シックで落ち着いた色味が特徴です。

無彩色でどんな色とも合わせやすいですが、その一方でとても重たく部屋が狭く見えやすいです。

 

テイスト別床の色おススメコーディネート

この色のインテリアを持っているけど、どういう風に合わせていいか分からない・・・そんなお悩みを持っている方は多いです。

そんな方は、インテリアの色の組み合わせから、自分に合ったテイストを見極め、床の色を決めていきましょう。

 

【ナチュラルテイスト】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ウッドライフホーム公式さん(@woodlifehome_official)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

 

白い開放感のある室内に、植物などの自然素材を組み合わせた温かみのあるお部屋です。

この場合は、床はナチュラルからブラウン、ベースカラーは白、アソートカラーは木の質感を大事にしたブラウン系、アクセントカラーは赤や青、緑でまとめます。

 

【北欧風】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

海外ホワイトインテリア/北欧インテリアさん(@white___interior)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

 

北欧とは、ヨーロッパの北に位置する、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマークといった日照時間が少ない地域を指します。

そのため、明るい色を使うのが特徴です。

床の色は白、もしくはナチュラルといった淡い色です。

ベースカラーは白、アソートカラーは白やグレー、黒といった無彩色や木材のナチュラルブラウン、アクセントカラーには観葉植物のグリーンが映えますよ。

 

【南欧風(プロヴァンス風)】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

三昭堂 建設事業部さん(@sansyodo)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

 

南欧は、先ほどの北欧とは違い、イタリアやフランス南部といった地中海に面した地域でリゾート地です。

そのリゾート地のインテリアを取り入れたのが南欧風になります。

床の色はナチュラルからブラウン、また、南欧はモノを直して長く使うので、ヴィンテージテイストの床もおススメです。

ベースカラーは白、アソートカラーにはナチュラルブラウンを合わせ、アクセントカラーには、少しトーンの低い赤や青、緑、黄色といった色を選ぶといいでしょう。

 

【アジアンテイスト】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お店作りのプロが運営するインテリアショップ さん(@acoloom_acole)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

 

南欧と同じリゾート地風ですが、こちらはセブ島やバリ島といった東南アジアのリゾート地のインテリアスタイルです。

ラタン(籐)やバンブー(竹)といった、天然素材を手作業で編み込んで作ったインテリアがよく合います。

床は白やナチュラル、ダークブラウンなど比較的どの床色でも合います。

ですが、ダークな色調で揃えすぎてしまうと部屋が重く暗い印象になってしまうので、アソートカラーやアクセントカラーで調節するとよいでしょう。

 

【モダンテイスト】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

asamiさん(@asami_n_asami)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

 

都会的でシックなイメージのモダンテイストは、スタイリッシュで大人の雰囲気が漂います。

モダンテイストの基本色は白や黒、グレーといった無彩色です。

ですから、床もベースカラーもアソートカラーも無彩色のモノトーンがおススメです。

ただ、床も壁も黒だと圧迫感を感じ、部屋が狭く見えてしまうのでおススメ出来ません。

アクセントカラーは赤や青、黄色といったはっきりした色がいいでしょう。

紫もシックで大人っぽい雰囲気になりますよ。

また、素材にガラス素材やメタリック、陶器など無機物を取り入れるとクールで洗練された雰囲気をプラスできますよ。

 

【ヴィンテージテイスト】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

skipdogさん(@skipdogkaicoo)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

 

「ヴィンテージ」とは、もともとはワインの醸造年という意味があり、そこからワインの品質がいいことを指しました。

今では、出来てから30年以上の古くも品質が良く長持ちしているものを指すようになりました。

似たような意味で使われる言葉に「アンティーク」がありますが、こちらは100年以上昔のものになります。

床は白からダークブラウン、黒に至るまで使えますが、塗装がかすれた古い木材のような加工がされているものがおススメです。

アソートカラーにはブラウン系で木材や金属、レザーなどを取り入れると、一気にヴィンテージの雰囲気になります。

アクセントには、デニムや観葉植物がいいでしょう。また、彩度や明度が低めのくすんで暗い色などもよく合います。

 

【インダストリアルテイスト】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

東急電鉄のリノベーションマンション「ドレッセReno」さん(@dresser_reno_109renovation)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

 

「インダストリアル」とは「工業的な」という意味合いがあります。

その名の通り、工場を連想させるコンクリートやスチールの配管など、無機質なものをむき出しにする無骨な感じがかっこいいテイストです。

床材はどの色でも合いますが、木目のはっきりしたヴィンテージ調の床が合います。

ベースカラーはコンクリートのグレーで、アソートカラーはヴィンテージ風の黒やブラウン、アクセントカラーにはくすんだ色が合います。

スチールやレザー、レンガなど素材にこだわることで、より男性的な部屋になるでしょう。

 

【シャビーシックテイスト】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マダムロタン 横浜さん(@madamerotin_yokohama)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

 

「シャビー」とはみすぼらしい、使い込んだ、「シック」とは上品なという意味があります。

近年、流行り始めているテイストで、ヴィンテージやアンティークのような古い家具を使いつつ、白を基調に上品に仕上げるテイストです。

床色は白やブラウン系で、ベースカラーやアソートカラーは白を中心に、アクセントカラーとしてパステルカラーを使うと上品に仕上がります。

レースやフリルなどを合わせると、女性的でお姫様のような可愛らしい風合いになります。

 

部屋の用途別床の色おススメコーディネート

人は色によって、心理的な影響を受けやすいというお話をいたしました。

ぬくもりだったり、シャープさだったり、使う部屋の用途で求めるものは違います。

心理に合わない色を使うと、落ち着かない色だったり、逆に落ち着きすぎて圧迫感を感じてしまうことがあります。

ここでは、部屋別にどんな素材でどんな色の床が合うのかを見ていきます。

 

【玄関】

玄関は、土足のため基本フローリングではなくタイルのことが多いと思います。

土足で出入りすることを考えると、白では黒っぽい靴の汚れが、黒では白っぽい泥汚れなどがそれぞれ目立ちます。

そこで、どちらの汚れも目立ちづらいグレーか、ブラウン系のテラコッタがおススメです。

 

【リビング】

リビングの場合、その部屋をどう見せたいかによって変わってきます。

白であれば広くて開放的に、ブラウン系であればどんな家具でも合わせやすく、ダークブラウンや黒であれば落ち着いた雰囲気になります。

ただ、色の濃いフローリングは大きな傷がつくと目立ちやすいので注意しましょう。

 

【キッチン】

基本的には、キッチンと同系色でまとめます。

キッチンが明るい色の時は床を暗く、キッチンが暗い色の時は床を明るくするといったようにメリハリをつけるといいでしょう。

 

【寝室】

一番大きなアソートカラーとなるベッドを軸に考えましょう。

白とナチュラル、ダークブラウンと黒のような近い色味を合わせると、ベッドは目立たなく、統一された印象を受けます。

逆に、白と黒のように遠い色味を合わせると、ベッドの存在感が強くなります。

 

【トイレ】

トイレは汚れや水にも強く、お手入れのしやすいクッションフロア(CF)がおススメです。

黒ですと汚れが見えづらいですし、白だと黄ばんでしまう可能性があります。

ある程度、色味のある色を選ぶといいでしょう。

 

【洗面所・脱衣所】

洗面所や脱衣所も水周りですので、水に強いクッションフロアがおススメです。

色は、濃いめの色ですと、落ちた髪の毛が目立たなくなってしまい、また服を脱ぎ着する際の誇りが目立ちます。

淡い色を選ぶと掃除もしやすく、ほこりも目立たないうえに、温かみのある部屋になります。

 

【子ども部屋】

子ども部屋は木のぬくもりを感じるフローリングがおススメです。

色は、明るく温かみを持たせた部屋にするためにナチュラルやブラウンがおススメです。

先ほど、リビングの項でもお話ししましたが、濃い色のフローリングは大きな傷をつけると表面が剥がれてしまい、傷が目立ってしまいます。

 

【書斎・仕事部屋】

書斎や仕事部屋には、落ち着きや冷静さといったものが重視されます。

そこで、おススメなのがダークブラウンや黒といったシックな色合いです。

白などの明度の高い色は、開放的で軽やかなため、落ち着いて集中するには向いていません。

 

フローリングの色やテイストはこちらでも詳しくお話しています。

リフォームでおしゃれに!手持ちインテリアに合うおすすめ床の色

2019年7月1日

 

トイレや水周りでおススメしたクッションフロア(CFシート)については、こちらでご説明しております。

手軽にリフォーム!床材はクッションフロアが本当におすすめ!

2019年8月24日

 

リフォームする床の色で手持ちのインテリアの魅力を引き出す方法!!まとめ

 

床のリフォームする際に、持っているインテリアまで変えるわけにはいきません。

ですが、フローリングの色を合わせることで、インテリアを生かすことは出来ます。

それぞれをもう一度、おさらいしてみましょう。

 

カラーコーディネートの基本
  • 色の三要素

色の三要素には色相・明度・彩度があり、それぞれが似た色はなじみやすく、反対の色はお互いを引き立てあう。また、色には暖寒感・硬軟感・軽重感があり、色によって感じ方が変わる

  • 部屋の配色の黄金比

部屋には、床や壁、天井の色の「ベースカラー」、建具や大きな家具の「アソートカラー」、小物類の「アクセントカラー」があり、それぞれの割合を70:25:5にすると調和がとれやすい。

 

床の色の持つ効果

白・ナチュラル・ブラウン・ダークブラウン・黒でそれぞれ感じ方が変わる。

白に近いほど部屋が広く見えて軽やかな印象、黒に近くなるにつれて落ち着いたシックな色合いになるが、白のみだとぼやけ、濃い色のみだと狭く重たく感じる。

 

部屋に求めるテイストや役割によっても、床の色は変わってきます。

 

 

色の三要素や配色の黄金比を意識しながら選ぶのは、床だけに限った話ではありません。

壁や天井、建具、大型家具、小物までトータルでバランスを見ながら配置していけば、今の部屋の風合いを生かしながらより素敵で自分好みの部屋になっていきます。

そんな「部屋を育てる」ことを楽しむのもいいのではないでしょうか。

 

床のリフォームをする際の注意事項は、こちらで実際に合った失敗事例を交えてお話しています。

ご参考になれば幸いです。

床リフォーム失敗事例アイキャッチ

床リフォームのトラブル回避!失敗事例から学ぶ4つのポイント

2019年4月7日

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
600記事のリフォーム情報を書き上げてきた僕が、あなたに自信を持ってオススメできる見積サイトを3つ厳選してご紹介します!

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です