リフォームの見積もりが高いと感じたら、しっかり他社と比較しよう!

リフォームをしようとして見積もりを取ってみたら「高っ!」と思うことってありますよね。予想と違ったこの値段で本当にこのまま契約をしてもいいのでしょうか?

 

細かく丁寧に現地調査してもらったし、優しそうな担当者さんが一生懸命見積もりをしてくれたし…、値引き交渉してもいいのかな?今更他の会社と比べてもいいのかな?と思うかもしれませんね。

 

いいんです。大丈夫です。

 

予算を超えていることも、他の会社も検討したいことも、言ってしまっていいのです。

 

大切な家のリフォーム。お金も決して安いものではありません。納得できないまま契約することはありません。

 

あつし
今回は比べやすい相見積もりの方法をまとめてみました。

3社は相見積りを取りましょう

はるこ
母さんもう覚えたわよ。相見積りは3社なのよね。

 

あつし
3社だと比較しやすいし…断る会社も2社で済むからね。

 

はるこ
一つを選ぶってことは他を断るっていうことを忘れてはいけないのよね。

 

絶対というわけではありませんが、相見積りは3社が比較しやすいです。

 

リフォームの相見積りに関してはこちらの記事をご覧ください。

リフォーム見積もりはルールを守って成功する?!相見積もりのタブー

2019年3月10日

【リフォーム】相見積りするのは何社が最適?ズバリその答えは…

2019年1月22日

 

見積り額が高かったり、見積りが遅かったりする会社の断り方に関してはこちらの記事をご覧ください。

リフォームの見積もりが高い!?どんな断り方をすればうまく断れる?

2019年4月16日

 

 

ところが、3社から見積もりをとって比較しようとしても、見積りの書き方は会社によって違うので素人にとってはとても比較しづらいです。

見積書の内容は大体こんな感じでできていますね。

 

 

今手にしている見積書を利用して、単価と数量と、内容がよくわからない「一般管理費」「雑費」「処分費」などという項目(「諸経費」とか「事務経費」とか書き方はいろいろですが、結局何に使うのか想像がつかないもの)を抜いたものを作りましょう

上の見積書を使うとすればこんな感じです。

 

コピーを取ったものを単価や数量の数字を修正テープで消してまたコピーしたり、PCで自分で枠を作ったり、形式はどんなものでもいいです。

 

その表を使って、あと2社に見積もりをしてもらえないか相談をしてみましょう。(必要な項目を消した可能性もありますから、必要項目は追加してもいいと伝えましょう。)

 

素人なので同じ形式でないと比較しづらいことを初めから言っておけば大丈夫です。

 

ただし、初めにもらった1社からの見積りに何か不具合があるかもしれないので、この表で見積もりを作ってもらえないか、作れない場合はどうしてなのか、納得するまで聞いてみましょう

 

相見積りの穴埋め見積り表を作るポイント
  • 品番は残し、単価と数量は消しておくこと
  • 不具合が出た場合、「諸経費」などの項目から使われるのか追加工事としてあとで請求が来るのかの確認をしておくこと

 

同じ形式の見積り表で比較するメリット
  • 商品のグレードを低くして安くする方法を防げます。
  • 単価を割り増ししていないか比較できます。
  • 数量を水増ししていないか比較できます。
  • 見積りは安かったのに、追加工事を請求されて結果高くなることを防げます。

 

品番は残して同じものか別のメーカーの「同等品」で相見積もりを取りましょう

 

そうすることで同じグレードの商品で工事費用を比較することができます

 

単価と数量を抜くのはここで差が出るからです。単価が割増しされていないか、修繕する面積などの数量が水増しされていないかを比較できます。

 

ある程度の諸経費はどうしてもかかるものですが「一般管理費」「雑費」「処分費」などの項目がたくさんあったり、「〇〇一式」でよくわからない金額がある場合は何に使われるものなのか聞いてみましょう

 

リフォーム工事はいざ始めてみるとシロアリの被害や腐食など、思わぬ不具合が見つかることがあります。

そういうものに対してあらかじめ計上されているのか、追加工事として請求が上がるものなのかも確認することが大切です。

 

見積書の見方についてはこちらの記事をご覧ください。

リフォームの見積書には見方のコツがある!惑わされない方法教えます

2019年2月16日

 

値引き交渉をしてみましょう

はるこ
これ、母さん得意よ!

 

あつし
待って待って、母さん。忘れたの?大幅な値引きは危険だったでしょ?

 

はるこ
そうだったわね。

 

値引きできないか相談してみましょう。と言っても突然大幅な値引きしてくる業者は危険です。初めに高く見積もりをして、値引きすることで「お得!」と思わせようとしているのかもしれません。

 

「これ以上はどうしてもできません」と言われる方が、誠実な見積もりを初めに出してきた可能性もあります。

 

似たような工事を格安でやってもらえるとなると、そこで契約をしたくなる気持ちはわかりますが、安いだけで決めるのは危険です。

 

安さの根拠は何でしょう

 

あんまり無理な値引きを通すとどこにしわ寄せが出るかわかりません。

 

リフォームの見積りの値引きを成功させるためのポイントはこちらの記事をご覧ください。

リフォーム見積もり値引き交渉が成功する極意?!価格と満足度の関係

2019年3月22日

 

あつし
それでもわからなかったり、不安なことがあれば無料で相談する方法もあります。

無料相談を利用してみる

下記のサイトで無料の相談を受けることができます。

公益社団法人 住宅リフォーム・紛争処理センター

ここでは、実際の見積書の内容に何が書かれているのか、希望の内容がちゃんと入っているのか見積りに関する不安の相談に乗ってもらえます

また見積書と図面を郵送することで、相談員(建築士)が見積書と図面を照合し、見積り項目や数量の確認、見積書の単価と市場価格等の照合、技術的観点からチェックしてもらえます。

事業者に確認するポイントやリフォームを進める上で注意するポイントなどの助言もしてくれますよ。

 

リフォームの見積もりが高いと感じた時に他社と比較する方法のまとめ

リフォームの見積もりが高いと感じた時に他者と比較する方法のまとめ
  • 同じ形式の見積書で3社相見積りを取る。
  • 値引き交渉をしてみる。
  • 「公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理センター」の無料相談を利用する。

 

はるこ
安けりゃいいってもんじゃないのね。母さんうっかり忘れちゃうところだったわ。

 

あつし
高いと感じることもあるけど、それはボッタクリではなくて丁寧な工事をするための必要経費かもしれないからね。

 

はるこ
ああ、あれね「安かろう、ヤバかろう」

 

あつし
母さんそれを言うなら「安かろう、悪かろう」でしょ…。

 

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です