リフォームの見積もりが遅いのはダメな会社?まずは会社訪問から

修理が必要になったり、急な生活の変化でリフォームが必要になって見積もりを頼んだのに…。

 

1週間待っても2週間待っても一向にお返事が来ない!一体何をやっているんだ?こっちは急いでいるのに。

 

そんな事態になると困りますよね。

 

見積もりを依頼すると、担当者さんが現地訪問して見積もりをするための段取りをしてくれます。その時に会えるのはその担当者さんくらい(職人さんがついてこられることもあります)。

 

そのたった一人の担当者さんの見積もりが遅いだけで会社をダメと決めつけて断ってしまうのは、もしかしたら勿体ないことかもしれません

 

あつし
まずリフォームの見積もり期間の目安から順番に見ていってみましょう。

 

リフォームの見積もり期間ってどのくらい日数のかかるものなの?

2019年5月29日

リフォームの見積もり!焦り過ぎは禁物!1ヶ月は待ってみよう!

2019年5月25日

 

 

平均的な見積もりの期間

平均的な見積もりの期間

1、フローリングや壁紙の張り替え … 3~4日

2、キッチン ユニットバス 水廻りリフォーム … 1週間。

1)同じマンション内などの同じ工事なら即日~数日のこともあります。

2)仕入れ値を確認するのに10日かかる場合もあります。

3、間取りを変更する造作工事 … 2~3週間。

戸建ての場合は設計士などが加わり構造上の問題を補強するための確認に時間がかかる場合があります。

 

あつし
柱などの躯体に関わる大規模なリフォーム工事は建築士さんが関わることもあって、2週間以上かかることがあります。

 

リフォーム工事は一から作るのと違って、元々の建物の状態で予測不可能な追加工事が発生することがあります

 

例えば工事をするために壁を剥がしてみたら、雨が染み込んでいて腐っていたり、シロアリの被害が見つかることなどがあります。

 

勿論その可能性も考えて見積もりしていくわけですが、膨大な材料の計算や、下請け会社からの見積もり待ち、職人さんの確保など思いの外手間がかかります

 

といっても、見積もりが遅くなる原因は担当さんの段取りが原因であることがほとんどです。

 

 

 

担当者さんだって人間だもの…

見積もりが遅くなる原因として、以下の6つが挙げられます。

 

見積もりが遅くなる原因
  1. どうしても忙しくて見積もりまでたどりつけない。
  2. うっかり見積もりを忘れていた。
  3. 「わざと」忘れたふりをする
  4. リフォームの知識がない新人が担当のため見積もりの作成ができない
  5. 意欲がない
  6. 内部での連絡ミス

 

どうにも忙しくて見積もりにたどり着けない。

許されることではありませんが、現在進行中の仕事がいくつかあって忙しすぎて見積もりが遅れることもあるんです。

 

また、例えばどこかで大きな地震があった後は「耐震リフォーム工事」が増えてしまったり、台風などの被害で修繕が多く入っているとどうしても遅れてしまうこともあります。

 

あつし
それ相応の理由があればいいよね。でもそうじゃない場合もあるんだよ。

例えば…(チラ)

 

はるこ
私みたいな、おっちょこちょいさんの場合ね…。悪気はないんだけどねえ。忘れちゃうことってあるのよねえ。

 

うっかり見積もりを忘れていました。

担当者さんだって人間だもの…

 

うっかりすることもあります。許されることではありませんが、人間ですから、忘れることもあります。

 

はるこ
母さん、ちょっと分かるわ。悪気は全くないのよねえ…。(頑張れ!担当さん!)

 

「わざと」忘れたふりをする

はるこ
え?

 

残念ながら実は受注したくないっていう、自然消滅を狙うヤカラがいるのも事実なんです。

 

頼まれたから見積もりの段取りをしたけれど、実際見てみたら、会社にとってはたいした儲けにならない案件で会った場合、正当な理由ではないので面と向かって断ることができず、自然消滅をねらうことがあります

 

はるこ
不誠実ね。

 

あつし
残念ながら、こういうこともあるんだって…。

 

あつし
個人にとっては生活する上では必要な修繕でも、会社にとっては大した利益の出ない小さな工事だったりすると、そんな小さな工事をやっている場合ではない、と判断することがあるんだって…。

 

リフォームの知識が乏しい新人が担当のため見積もりの作成ができない

あつし
担当者の方が力不足という場合があります。誰でも初心者から始めますから、経験豊富な人が担当につくとは限らないんです。

 

意欲がない

はるこ
はー…。

 

あつし
もしかしたら担当の方が近々会社を辞める気満々であることもあります。

 

はるこ
お客様には関係ない事情が原因であることもあるのね…。

 

内部での連絡ミス

はるこ
こ…これは…担当者さん以外の方がうっかりさんなのかもしれない場合なのね。

 

あつし
うっかりさんはどこにでもいるからね。

個人的には、うっかりさんもいるような会社が、僕は好きです。

 

ビジネスマンに、仕事のミスは許されないけれど、人間は、高性能なロボットじゃないんです。

 

うっかりさんがいて遅くなったりすることもあります。

 

あつし
けれどもしかしたら、うっかりさんなどの色々なタイプの人がいる、アットホームでいい会社…なのかもしれません。

 

はるこ
あっくん、心が広いわね…。

 

 

担当者さんが会社の全てではない

担当者さんは会社の窓口。

 

確かに対応の仕方で会社の体質を垣間見ることはできますが、その担当者さんだけが会社の全てではありません

 

もしかしたら転職してきたばかりで全然その会社に染まっていないこともあります。

 

「(担当した人の)見積もりが遅い = ダメな会社」 と決めつけるのは少し早いかもしれません。

 

機会があれば会社を覗いてみることをお勧めします

 

見積もり待ちのお客様が来られるのを嫌がる会社はそれこそ問題があります。「近くを通りがかったので…。」と会社を覗いてみるのは会社を見極める一つの方法です。

 

会社の雰囲気はいいか。整理整頓されているか。…よく言われることですが、「トイレは綺麗か」

 

担当者の方だけでなく、経営者や他の社員さんをじかに見ることで会社の雰囲気を感じることはできます。

 

あつし
見積もりを提出することはお見合いに似てるな…。これからの未来を決める第一歩。だからこそ業者さんも力を入れて、最高の提案をして仕事を取りにかかろうとしてくる…はず。

 

そこを外してしまうおっちょこちょいさんもいるけれど、たった1回で見極めるのは勿体無いかも。

 

はるこ
1度あっただけじゃわからないものね。何度か会ってみたら「うっかり」を超えるよさを持っている人もいますからね。

 

あつし
だから母さんは結婚ができたんだね…

 

また、特に「不思議な世界」を信じるわけではないですが、仕事上、なぜか「うまくいかない相手」もいるものです。

 

いつもそつなく仕事をする人が、あるお客さんの案件だけはなぜか初めから終わりまでうまくいかない…と言うような。

 

その会社に見積もりを頼もうと思った理由がちゃんとあった場合、見積もりが遅いことだけで断るのは勿体無いと思います。

 

 

見積もりを無駄に待たないためにやっておくべきこと

 

見積もりを無駄に待たないためにやっておくべきこと

1、いつぐらいに提出してもらえるのか最初に確認をしておく。

  もし提出期限を守ってもらえなければ、その日を境に催促をしやすいです。

2、機会があれば会社の訪問を

  見積もりを早く提出してどこよりも安いと言うのがいいリフォーム会社というわけではありません。実際に見てみると伝わってくることもあります。

 

あつし
僕の知り合いに、リフォームの見積もりが遅いのに腹を立ててリフォーム会社に怒鳴り込んで行ったはずが契約をして帰ってきた人がいます。

 

遅くなるのは色々な事情があるもの。どうしてもこの会社に頼みたい!という気持ちがある場合、待ってでも工事を頼むのもいいです。

 

はるこ
美味しいラーメン屋さんに並んでまで食べるのと似ているのかも…。

 

ネット社会になってきて、何かと検索してことを進めてしまいがちですが、実際に足を運んで自分の目で見て耳で聞いて感じることってあります。一度足を運んではいかがでしょうか?

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です