リフォームの挨拶マニュアル!手土産は何がいい?

新しい町、新しい家、ご近所のみなさんともいい関係を築きたい!

でもそんな中、リフォームの時にどこまで挨拶するのか、手土産は必要なのか、気になるところですよね。

その疑問にお答えすべく、調べてみました!

リフォームで、どこまで挨拶する?

あつし

まずはマンションに住んでいる場合から見てみよう!

マンションの場合

マンションでリフォームの挨拶をする場合、ぱっと思いつく範囲では両隣と上の部屋、下の部屋でしょうか。

実はそこだけではなく、上下3部屋も合わせて挨拶に行ったほうがいいと言われています。

マンションのような集合住宅は、どうしても音が響きやすかったり生活リズムがバラバラだったりします。

思わぬところから苦情がくることもあるので、広めの範囲で挨拶しておくと安心ですね。

それに加えて、エレベーターを頻繁に使うようであればエレベーター前の部屋、管理人さんがいるようであれば管理人さんへの挨拶も忘れずに行っておきましょう。

はるこ

マンションはみんなで共有しているものが多いからこそ、実際のリフォーム時のシミュレーションをして、どこに迷惑がかかる可能性があるか考えないといけないわね!

あつし

管理組合などに伝えることで、マンション内の掲示板などに張り紙をしてみんなにお知らせしてくれることもあるみたいだよ!

引用:マンションリフォーム

戸建ての場合

戸建ての場合、家の立地にもよりますが、両隣と後ろ3軒、向かい側3軒と言われています。

車の出入りもありますし、音が360度響くので、念のため広い範囲で挨拶しておくといいでしょう。

自治体によっては工事の時間の制限があったりもするので、町内会長さんにも一言挨拶しておくと安心です。

あつし

戸建ての場合は、特に車の出し入れがトラブルになることが多いようだね。

家の中の簡単なリフォームだと思っても大きい車の出入りや車両を家の前に止めるなどがある場合は挨拶をしておいたほうが、後々トラブルは避けられるね!

いつ行くの?何を伝えたらいい?

挨拶の範囲が分かったところで、次は挨拶のタイミングや内容を見ていきましょう。

それぞれ詳しく紹介します!

いつ挨拶にいく?

リフォームの挨拶は、リフォームが始まる1週間前までに済ませておくのがベストです。

それぞれの生活リズムでなかなか会えないこともありますから、余裕をもって挨拶回りしたいですね。

在宅が多い休日の夕方に伺うといいですよ。

はるこ

初めてお会いする方に1人で会いに行くのは心細いわ…。

あつし

そんな時は施工会社の人と一緒に挨拶にいくのがベスト!

細かい工事の日程や使う車両の大きさや台数などを把握している人がいたほうが、質問にも答えやすいです。

もし、どうしてもタイミングが合わずに挨拶できなかった場合、リフォームに関する案内文を郵便ポストに入れておくのがおすすめです。

案内文に書く内容はこれから詳しく紹介しますね!

何を伝えたらいい?

相手にお伝えする内容は次の3つです。

・工期日程 開始日と完了日

・工事内容

・お問い合わせ先のリフォーム会社の連絡先(担当者)

リフォームの話を聞いても、後から細かい内容を忘れてしまうことはよくあります。

案内文を事前に作っておいて、挨拶の際にお渡ししておくといいですね。

案内文の一例を紹介します。

画像をクリックすると大きくなります。

引用:リフォーム産業新聞
はるこ

確かにこれを見れば、何をしているのか、何かあった時に誰に連絡をとればいいのかすぐにわかるわ!

あつし

もし自分で案内文を作れないと思ったら、施工会社の人に相談してみよう!

ご挨拶に行く時のポイント

・ご挨拶は1週間前までにすませる

・ご挨拶にいい時間帯は休日の夕方

・できれば施工会社と行き、質問に答えられる状況にする

・案内文を作成し、ご挨拶のときには持参する

・ご挨拶できなかった場合も案内文を投函しておく

・伝える内容は

1.工期日程 開始日と完了日

2.工事内容

3.お問い合わせ先のリフォーム会社の連絡先(担当者)

手土産は必要?

リフォーム挨拶の手土産は施工会社が用意してくれる場合もあります。

その場合、タオルなどの日常消耗品が多いようですね。

施工会社の方と一緒に挨拶に回るのであれば、別に用意する必要はありません。

別に用意したい、という場合は、500~1000円程度を目安に「もらっても困らないもの」を贈りましょう。

タオルやラップ、食器用洗剤といった日常消耗品がおすすめです。

相手の好みを知っていればお菓子もいいですね。

ただ、好き嫌いやアレルギーもありますから、よく分からない場合は避けたほうが無難です。

手土産のポイント

・もらって困らないか考える

・予算の目安は500〜1000円

・日常消耗品のタオルや石鹸、洗剤やラップなどがおすすめ

・好みを知っているのであれば、お菓子なども良い

まとめ

家の中の小さいリフォームだから挨拶をしなかったら、隣の人から文句を言われた。

実際にそんなことがたくさん起こっています。

リフォームの準備などで忙しいタイミングですが、これからの素敵なご近所ライフのために参考にしていただけると嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

見積を無料でするなら絶対この3社がおすすめです!

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心
リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり
リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり
タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です