【お風呂リフォーム】マンションでの費用相場と3つの節約ポイント

 

毎日使用し、日頃の疲れを癒してくれるお風呂

読者様も日々お世話になっているのではないでしょうか?

 

お風呂は、よくリフォームを検討される場所のひとつです。

ネットで検索をかけると以下の場所がリフォームしたいランキングに挙がってきます。

1. お風呂、浴室

2. 洗面所、トイレ

3. キッチン

見ての通りすべて水回り系のリフォームですね。

 

水回りは日常必ず使用し、生活に欠かせない場所だからです。

使用頻度が多いということはそれだけ劣化がしやすい箇所でもあります。

 

老朽化した場合、生活に直結している分実感しやすい。

そのためリフォームを検討する際、真っ先に改善したいと思うのは当然ですね!

 

今回の記事ではマンションでのお風呂リフォーム費用相場を徹底検証いたします!!

 

はるこ
お風呂リフォームのことなんだけど…

あつし
母さんどうしたの?

はるこ
私の友達でマンション住まいなんだけど、老朽化してきてリフォームを検討しているの…

あつし
マンションの場合の費用か…相場を調べてみようか?

 

【お風呂リフォーム マンションでの費用相場】工事費用

マンションでお風呂リフォームを検討されている読者様も一般的な相場が気になるはずです。

今回、調査した結果を元に検証してきます!

 

まず、マンションのお風呂は一般的にユニットバスが使われています。

そのためマンションのお風呂リフォームはユニットバスの交換がメインとなります。

 

お風呂リフォームの工事費用の一覧

工事内容 費用相場 工事期間
ユニットバス交換 50~150万円 5日前後
手すり設置 3~5万円 1時間
ドア交換 5~10万円 1日
浴槽の交換 30~50万円 1日

 

工事費用の一覧をご覧いただいた通り、ユニットバス交換が突出して高いですよね。

しかし現在のお風呂リフォームで主流なのはユニットバス交換です。

費用はかかりますがリフォームする価値があるからこそ、多くの方が選択されています。

 

そもそもユニットバスとは!?

「ユニットバス」とよく聞きますが、どういったものか簡単にご説明いたしますね。

ユニットバスとはメーカーが工場で大量生産で作った浴槽、壁、床、天井、その他設備などがパッケージになったお風呂のことです。

顧客の要望に合わせカスタマイズすることができ、なおかつ費用を抑えることができます。

 

ユニットバスの交換費用の詳細

お風呂リフォームの工事費用の一覧でユニットバスの交換が50~150万円とご紹介させていただきました。

読者様の中にはすでにカタログやメーカーのホームページをご覧になっている方も多いと思います。

 

その際の注意点として「商品代のみ」なのか「工事費用込み」なのかを確認しておきましょう。

一見すると50万円以下でできる!

とよくよく調べてみると工事費用が別だったというのがよくあることです。

 

中には「商品代+基礎工事費用込み」と書いてあってもお風呂の状況で別の工事が発生する可能性があります。

業者や商品によっても違いますので諸経費も含めしっかり検討したいですね!!

 

お風呂リフォームで追加費用が必要になる場合

先に少し触れましたが、お風呂の状況によって費用が変わるため別の工事が発生する場合を考えてみましょう。

  1. 浴室のサイズ
  2. 選択できる商品の種類
  3. 工事に必要な日数
  4. 工事の工程
  5. 交換する浴槽の撤去費用
  6. 壁を取り壊す+交換

 

上記のように商品代以上に費用が発生するのが工事関係の費用です。

以上の点を踏まえ、シンプルに考えると次のようになります。

 

マンションの場合想定できるのが古いユニットバス ⇒ 新しいユニットバスの交換です。

費用での内訳は「商品代」「解体工事費」「組立工事費」+その他工事費(配管、電気など)となります。

 

実際に最終的な費用がいくらになるかは業者に見積もりを出してもらわないとわかりません。

そのため予想よりも高額になる場合が多いので注意が必要です。

 

【お風呂リフォーム マンションでの費用相場】3つの費用を抑えるコツ

思った以上に工事費用がかかるとご心配された読者様に必見の費用を抑える3つのコツをお伝えします!

商品を安く購入しよう!

まず、全体の費用を抑えるには一番最初に考えるポイントですね。

いざお風呂リフォームと考え出すと欲が出て、どうせなら良いものをとついつい高額商品に目が行きがちです。

 

今後、10年以上お世話になると考えるとグレードの高い商品を選びたくなりますよね。

わかります。

人間誰だって少しでも良いものを選びたくなるのは自然なことです。

しかし、費用は限られていますのでお風呂リフォームに全力で投資は難しいと思います。

 

ではどのように商品を選べばいいのでしょうか?

ステップとしては

商品を選択

メーカーのショールームで実物を確認

その商品を扱っているリフォーム業者を探す

 

という流れになるかと思います。

 

まず、「商品の選択」についてです。

希望のメーカー、商品名、型番、仕様を探し自分の家の浴室サイズを確認しておきます。

せっかく気に入った商品があっても入らない場合は悲しいですよね。

今後の商品選びでも基準となるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

次に「ショールームでの現物確認」についてです。

カタログだけだとイメージが湧かない場合や実物を見ると思っていたのと違うこともあります。

最終的にネットで注文する場合でも現物を確認しておけばより確実ですね。

 

この時にメーカーの方に希望の商品の見積もりをもらいます。

いきなり値引きはされないでしょうが定価ベースでの見積もりは他の商品と比較に役立ちます。

カタログだけではわからない良さの発見にもつながりますのでぜひショールームに足を運ぶことをオススメします!!

 

最後に「リフォーム業者を探す」ことについてです。

ネットにはたくさんのリフォーム業者がホームページを公開しています。

検索するときに参考になるのが自分で調べたメーカー、商品名、型番、仕様そしてショールームでもらった見積もりです。

ネット上でのリフォーム業者の中には商品代+工事費込みでの値段が表示されている場合があります。

キャンペーンなどで大幅な値引きも有り、憧れの商品が手に入るチャンスが転がっているかもしれませんね!!

 

メーカーではなくリフォーム業者にお願いする

お風呂リフォームをする際、失敗しないようにメーカーに直接お願いしたいと考える方は多いです。

しかし、確かに安心できますがその分費用がかかることになります。

 

メーカーに注文しても結局は下請けの業者に発注するだけなのでその手数料分が費用に上乗せされてしまいます。

費用を削減するためにはリフォーム業者に直接注文するほうが仲介手数料分安くなります。

そして業者に頼む場合は相見積もりを必ずとってください。

価格交渉にも役立ちますし、費用を安く抑えられますよ!

 

部分的なリフォームにとどめる

一度に浴室すべてをリフォームできる費用があれば別ですが、そうでなければ部分的なリフォームにするのも手です。

読者様の使用する環境ですべてをリフォームする必要がない場合も当然ありえます。

 

壁はそれほど傷んでいないし、今回は浴槽だけにしようか…。

 

そうすることで数十万円削減することが可能となります。

一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

お風呂リフォームで補助金がもらえる場合について別の記事にまとめましたので、こちらも併せてチェックしてくださいね!

お風呂のリフォームで補助金が受け取れる!身体もお財布もピカピカに

2020年2月29日

 

増税後のリフォームをお得にする控除、減税策について別の記事にまとめましたので、こちらも併せてチェックしてくださいね!

増税後リフォーム工事への影響は!?知って得する費用のお話

2020年3月8日

 

【お風呂リフォーム マンションでの費用相場】まとめ

 

今回はお風呂リフォームをマンションで行う場合の費用相場についてご紹介させていただきました。

 

私が調べた中では少ない予算で依頼する場合、上記のような3つのコツを使いリフォームを進めるべきだと感じました。

業者に発注する場合は相見積もりも忘れずに、依頼後も追加料金が発生しないように業者選びは慎重に行いましょう!

 

読者様の大切なお風呂の修繕には納得のできる業者を選ばれたほうが後々のトラブルが減ります。

そして結果的に無駄な費用と時間を抑えられます。

 

お風呂リフォームで困っている読者様がいれば一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

お得にお風呂リフォームをしたい!という読者様は、こちらの記事も参考にしてみてください。

エディオンでお得にリフォームができるかも?!

お風呂をエディオンでリフォーム?! 費用や口コミは?保証はある?

2020年6月1日

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です