お風呂のリフォームで補助金が受け取れる!身体もお財布もピカピカに

 

お風呂は1日の終わりや、始まりをリフレッシュさせてくれます。

素敵なお風呂で心身共にリラックス♪憧れますよね。

 

でも、「せっかくなら素敵なお風呂リフォームに補助金が使えたらいいのに…」なんて思いませんか?

はるこ
はい!思うわ!

 

今日は、お風呂のリフォームでも補助金が貰えるのかについて知っていきましょう。

 

お風呂のリフォームで補助金が貰えるってホント!?

はるこ
あっくん、近所の田中さん、お風呂をリフォームしたんですって。
あつし
お風呂をリフォームしたんだ!
田中さん、ご高齢だからこれで安心してお風呂に入れるね。
はるこ
そうそう。
田中さんが、お風呂のリフォームでも補助金がもらえるって言ってたんだけど、本当?
あつし
ほんとだよ!もちろんリフォームの内容にもよるけどね!
はるこ
やっぱりそうなのね。詳しく知りたいわ!

 

お風呂のリフォームは、浴槽の交換や手すりをつけるなど様々です。

ユニットバス全体を交換するような工事は、費用が50万〜150万と幅があります。

 

築10年を過ぎたリフォームでは、バスルーム全体をリフォームした方が効率的という話もあるため、補助金を利用して少しでも工事費用抑えることができると嬉しいですよね!

 

今回は、お風呂のリフォームで受け取れる補助金について紹介していきます。

 

お風呂のリフォーム、どんなリフォームが補助金対象になるの?

お風呂のリフォームで補助金制度を利用するには、補助金制度の対象となる工事かどうか確認する必要があります。

最近は、高齢化が進み、自宅で過ごす高齢者が安全で快適に過ごすためのリフォームが増えています。

特にお風呂のリフォームで多いのは、バリアフリー手すりを設置するリフォームです。

このようなリフォームは、バリアフリーリフォーム・介護保険制度などが利用できます。

 

介護保険制度で補助金制度を利用するための工事項目は以下の通りです。

  • 浴室内に手すりを取り付ける
  • 入口周りの段差の解消
  • 扉を広くする、または引き戸にする
  • 床の素材を滑りにくいものに変える
  • 浴室の断熱制を高める

などです。

 

これは自治体によって、補助金を利用できるか条件が異なります。

あつし
だから、住んでいる自治体の補助金制度を確認してみてくださいね!

 

お風呂のリフォームでもらえる補助金制度の種類

補助金制度には、国・地方自治体・介護保険の3つに大きく分けられます。

それぞれの補助金制度について知っていきましょう。

 

国の補助金制度

お風呂のリフォームで該当する国の補助金制度は、バリアフリーリフォーム、省エネリフォーム、長期優良住宅化リフォームがあります。

国の場合、国土交通省が管轄しているため電話でも問い合わせをする、もしくはホームページで確認しましょう。

補助金の額は、毎年予算によって変更があります。

また、対象になる工事と、対象者の条件がそれぞれ違うため注意が必要です。

国土交通省のサイトで確認しましょう。

 

地方自治体の補助金制度

こちらは自治体の補助金です。

お住まいの地域のホームページで確認をしましょう。

国の補助金と同様、毎年予算によって補助金の額が変更になるため、注意が必要です。

 

各種リフォーム関連の補助金制度紹介サイト(一般社団法人住宅リフォーム推進協議会)がありますので、ぜひ利用してみてください。

該当の市町村を入力して絞り込んで検索することが出来ます。

 

介護保険を利用する

介護保険とは平成12年に(2007年)4月に始まった制度です。

40歳以上の人はこれに加入し、保険料を納めます。

そして、この保険料が市町村が運営する介護保険の財源となります。

 

介護保険を利用する際に、3つの支給対象条件があります。

  1. 要介護認定で「要支援」もしくは「要介護」に認定されていること
  2. 福祉施設に入所していない、病院にも入院していないこと
  3. 改修する住宅の住所が被保険者証の住所で、本人が実際に居住していること

 

条件を満たしていれば、リフォーム費用20万円までのうち9割が支給されます。

そのため、最高18万円支給されることになります。

 

介護保険を利用してリフォームする際の注意点

介護保険を利用してリフォームをする際に、気をつけなければいけないことがあります。

それは、リフォーム着工前に申請をすることです。

 

申請をするためには、介護認定を受ける必要もあるため、準備が必要になります。

担当のケアマネージャーの方に相談してみましょう。

 

介護保険を活用して、より快適で安全な生活ができるようになるといいですよね。

 

お風呂のリフォームで使える補助金 まとめ

お風呂のリフォームでも、様々な補助金が受け取れます。

条件を満たしているものがあれば、申請を出して少しでも多く利用できると嬉しいですね。

書類を準備するのは、なかなか大変かもしれません。

分からない点はホームページや問い合わせをして、補助金制度を活用しましょう。

 

 

お風呂のリフォームに関することはこちらの記事にもあります。

良かったら読んでみてくださいね!

【お風呂リフォーム】気になる相場・費用はいくら?(マンション編)

2018年12月30日

【お風呂リフォーム】人気のLIXILとTOTOのおすすめ機能は?

2019年11月4日

タイル張り浴室をユニットバスにリフォームして安全快適なお風呂に!

2019年7月6日

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です