お風呂をリフォームしたい方必見!給湯器の選び方教えます!

 

給湯器をそろそろ替えたいけど、どれにすればいいかわからない・・・

 

給湯器がいきなり壊れたから急いで良いものを選びたい・・・

 

そんな悩みをお持ちではありませんか?

 

実は選び方のポイントを押さえれば簡単にすぐ選べるんです!

 

給湯器の選び方次第で、これからの光熱費にも響いてきます。

 

光熱費、できるだけ安く抑えたいですよね。

 

この記事では給湯器の簡単な選び方を紹介します。

 

給湯器を変えようと思うときは?

 

お風呂、手洗い場、キッチンでお湯が使えるのは、給湯器が水をお湯に変えてくれる働きによるものです。

 

突然お湯が出なくなってしまったら、とても困りますよね。

 

給湯器は住宅において必要不可欠な設備なんです。

 

皆さんはいつ給湯器を交換しようと思いますか。

 

恐らく、このようなときに替えようと思うのではないでしょうか。

  • 故障したとき
  • 寿命が過ぎたとき

 

故障したらすぐにでも交換しなければ、お風呂に入れませんよね。

 

もし冬場に壊れてしまったら、暖かいお風呂に入りたいのにお湯が出ないので風邪をひいてしまいます。

 

給湯器にもやはり寿命があるので、寿命を目安として早めに交換してしまえば、故障をして困ることもありません。

 

では給湯器の寿命は一体いつなのでしょうか。

 

給湯器の寿命は?

 

給湯器の寿命は約10年と言われています。

 

でも実際のところ、10年を超えて使用しているご家庭も多いのではないでしょうか。

 

15年を超えると、劣化によって交換が必要な部品が製造終了してしまい、メーカーも修理対応をしてくれない場合があるので要注意です。

 

「給湯器部品の供給期限は製造終了から10年」というメーカーの方針によるものです。

 

対応してもらえても、高額な修理代を払うことになります。

 

修理後もまた別の部分が故障する可能性もありますので、無理に使い続けるよりも、最新の給湯器に変えることでランニングコストが安く済むのでおすすめですよ。

 

あつし
給湯器の寿命は意外と短いから、注意が必要だね。

 

給湯器を選ぶときに考えるべきポイント

 

給湯器を選ぶときに考えるべきポイント5つを紹介します。

 

設置場所はどこにする?

戸建てかマンションか、住宅のスタイルによって設置場所は変わってきます。

 

給湯器を外に設置しているか、マンションのように玄関横に設置しているかなどで、タイプは屋外式屋内式PS設置式の3種類に分けられます。

 

屋外式

給湯器を屋外に設置し、吸排気がすべて屋外で行われる方式です。

建物外壁やベランダ等に設置される壁掛型と据置型があります。

 

屋内式

屋内の空気を利用してガスを燃焼させる方式と屋外の空気を取り込んでガスを燃焼させる方式があります。

排気を自然に行うかファンを使って強制的に行うかでスタイルが変わります。

 

PS設置式(集合住宅向け)

マンションの玄関横にあるパイプスペースと呼ばれる場所に設置する方式です。

パイプスペース内に収まる給湯器を選ばなければならないので注意が必要になります。

 

給湯方式は?

給湯方式には貯湯式瞬間式の2種類あります。

 

貯湯式

タンクに水を貯めておき、お湯を沸かす方式です。

常に安定した温度のお湯を大量に使用することができます。

 

貯めたお湯を使い切ってしまうと、お湯が切れて水に変わってしまう恐れがあります。

 

また、タンクを設置しなければならないため、スペースが必要になります。

 

瞬間式

水栓を開くと瞬間的にお湯を作り出す方式です。

お湯を貯めるスペースが必要ないので、省スペースになります。

 

水栓を開いている間は常に沸かしているのでお湯が切れる心配はありません。

使うたびにお湯を沸かすので、一度に大量のお湯を使う場合は燃費が悪くなってしまうのが難点です。

 

はるこ
まさに瞬間湯沸かし器そのものね!
あつし
(いつ瞬間湯沸かし器が沸騰するか・・・・怖いなぁ。)

 

大きさ(号数)はどれくらい必要?

シャワーを浴びているとなんだかお湯が出にくいなぁと思ったことはありませんか。

 

もしかするとそれは給湯器の号数が合っていないのかもしれません。

 

号数とは給湯器の大きさを表す言葉です。

 

家族の人数とお湯の使用頻度によって号数(1分間に出るお湯の量)を決めましょう。

 

1分間に20リットルのお湯が出せる給湯器を20といい、号数は10号から28号まであります。

 

各家庭にあった適切な号数にしなければ、お風呂とキッチンで同時にお湯を使っていると、お湯が出にくいと感じてしまう恐れがあります。

 

大きめの号数を選ぶことでお湯の量は増えますので、快適にお湯を使うことができます。

 

引用:Rinnai

 

例えば夫婦2人で住んでいるのなら20号、4人家族で住んでいるのなら24号がおすすめ

 

現在の使用量だけではなく将来的な家族構成やライフスタイルを予測して決めましょう。

 

あつし
母さんは独り暮らしだから16号にしたんだよね。

 

はるこ
シャワーと洗い物を同時にやると、水圧が弱くなるから20号にすればよかったかしら。

 

あつし
それはどういう状況なの・・・?

 

付属の機能はどうする?

給湯器は給湯機能だけではなく、追い焚き機能、保温機能などの付属の機能をつけるかどうか選ぶ必要があります。

 

代表的な機能3種類を紹介します。

 

給湯専用器

給湯機能

機能が少ないので、初期費用のコスト削減が可能です。

 

ふろ給湯器

給湯+自動湯はり+追い焚き

追い焚き機能がついているので、翌日もお湯を再利用することができます。

 

温水暖房付き給湯器

給湯+自動湯はり+追い焚き+温水暖房

床下暖房や浴室暖房乾燥機が使用可能となります。

 

あつし
家族の入浴時間がばらばらだったり、何度も入浴するなら、追い炊き、保温機能付きがおすすめだよ。

 

ふろ給湯器、温水暖房付き給湯器はさらに2つの機能を選ぶことができます。

 

●フルオート

湯はり、追い焚き、保温、たし湯まですべてが自動です。

 

引用:Rinnai

 

●オート

湯はり、追い焚き、保温が自動で、たし湯は手動で行います。

 

引用:Rinnai

 

はるこ
全部自動でやってくれるなんて、とても便利ね!
あつし
ボタン一つでお風呂の準備ができちゃうからね。
はるこ
これであっくんも毎日お風呂に入りやすくなるわね。
あつし
シャワーは毎日してるよ・・・

 

コスト削減できる給湯器タイプはどれ?

従来型の給湯器にするか、エコジョーズにするかタイプを選びましょう。

 

エコジョーズとは、2000年に販売開始された少量のガスで効率よくお湯を沸かすことができ、ガス代もCO2も減らせる地球にやさしい給湯器のことです。

 

ここで従来型給湯器とエコジョーズを比較してみましょう。

 

従来型給湯器

設置が簡単で、早ければ半日で終わります。

また、初期費用がエコジョーズより安いのがメリットです。

 

エコジョーズ

従来型では約200℃の排熱を捨てていましたが、再利用することができます。

ガスの消費量が少なく効率が良いため、環境にやさしく、ガス使用料金の節約にもなります。

少ないガスで効率よくお湯を沸かすので、使えば使うほど光熱費が安くなります。

 

  • 家族が4人以上
  • 入浴回数が多い
  • 床暖房を使用している

上記のような、ガスの消費量が多いご家庭はエコジョーズが断然お得です。

 

一人暮らしの方や、あまり入浴をしない方にはエコジョーズのメリットが小さいので、従来型をおすすめします。

 

お風呂をリフォームしたい方必見!給湯器の選び方教えます!のまとめ

 

給湯器を選ぶときは以下の点を確認して、選びましょう。

 

給湯器を選ぶ際のポイント
  • 設置場所を決める
  • 給湯方法は貯湯式か瞬間式か決める
  • 号数を決める
  • 機能をどこまでつけるか決める
  • 従来型給湯器かエコジョーズか決める

 

現在のご自宅の状態や将来のことをを考えて、給湯器を選ぶようにするのがコツです。

 

将来、家族が増えたりするのであれば号数をあらかじめ大きくしておく必要がありますよね。

 

また、高齢のご夫婦であれば浴室暖房乾燥機付きにしてヒートショックを防ぐことも大切です。

 

適切な給湯器を選んで快適な生活を送りましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

給湯器とあわせてお風呂のリフォームを考えている方はこちらをご覧ください。

【お風呂リフォーム】気になる相場・費用はいくら?(マンション編)

2018年12月30日

お風呂のリフォームいつすればいいの?最適な時期教えます

2019年9月4日

 

 

 

 

 

リフォーム費用削減するならここがおすすめ!

■ リショップナビ

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

 

■ タウンライフリフォーム

    • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。


 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です