二世帯住宅リフォーム!よく見る左右分離型の完全分離タイプがおすすめ?

最近大きな地震が多く発生しています。

大きな地震が各地で発生していることを思うと、ちょっとした地震でも心配になりますよね。

もちろん自分が住んでいる住まいの耐震対策も気になりますが、親と離れて住んでいる場合、家族の安否はとても気になります。僕もそうです。

有事の際に家族離れ離れで住んでいるのは不安ということで、最近ではリフォームを期に住まいを2世帯住宅にリフォームする方が増えてきていますね。

そんな2世帯住宅で代表的なものである完全分離タイプについて先日、母さんと話し合っていたので今回はそちらについてご紹介いたします。

ご興味がありましたら最後までお読みください。

まず基本の確認!2世帯住宅は主に三種類。

あつし
主に二世帯住宅は 完全分離タイプ・部分共有タイプ・完全共有タイプに分かれるんだ。

まずはこのポイントから押さえていくことにしましょう!

 

プライバシーをしっかりとろう!完全分離タイプ。

完全分離タイプは二世帯住宅といっても完全分離させているため、互いのプライバシーを尊重しやすい住まいです。

左右に分けて住宅建てたり、一階と二階で分けるのも最近では流行していますね。

あつし
プライバシーはやっぱり家族間でも大事だと僕は思うね。やっぱりいくら仲良くても義理の親は気を使うと思うし。
はるこ
そうなのね。私は気にしないけど。将来はあっくんが立派な二世帯住宅を建ててくれるのを期待してるのだけど。

 

コミュニケーションをほどほどにとれる。部分共有タイプ。

部分共有タイプは玄関、リビング、水回りなどは共有する二世帯住宅です。基本的な生活をする場所は分かれているため、自分のプライバシーも守れるし、親たちともコミュニケーションもとれるスタイルですね。水回りなどは完全共有だけではなく、ミニキッチンを導入している二世帯住宅も増えてきてますね。

あつし
ちなみにこの前に説明した二世帯住宅のミニキッチンについての記事は覚えているよね!
はるこ
もちろんだわ。あの会社の机のようなミニキッチンは今でも忘れられないわ。
あつし
母さんはあのキッチンが印象的だったんだね・・・。

前回の二世帯住宅のミニキッチンについての記事はこちら

 

二世帯住宅にリフォームするなら、今話題のミニ キッチン!価格も調査!

2019年3月12日

家族団欒を第一重視。完全共有タイプ。

完全共有タイプは前にも書いたかもしれませんが、一言で言えば「サザエさん」ですね!みんな一緒に同じ家で過ごすことですね。

親が大きな家を持っていてそこに一緒に住むケースが多いみたいですね。

はるこ
あっくん!母さんはいつでもベッカムよ!
あつし
べっ!ベッカム!古いな!しかもそれを言うならウェルカムでしょ!

 

今回の主題完全分離型のメリット・デメリットは?

あつし
じゃ今回はタイトルでもあるように完全分離型をポイントにして考えていこう!

完全分離タイプのメリットは、

上記でも記載した通り、やはりプライバシーの尊重が一番ですね!こちらは言葉で言ってしまえば一言で終わりますが、プライバシーはとても重要です。

ほかにも、

・自分の生活リズムが守れる

・家具、キッチン用具を共有しなくて済む

などと細かく見ると様々なことがあります。

「本当に細かいことを言うな〜」と読者様も思われるかもしれませんが、こういった細かいことの積み重ねによりストレスを抱える人も多いみたいです。

 

ではデメリットはどういったものがあるのでしょうか?

・もしもの時の急な対応に遅れるに遅れてしまうことがある。

・隣とはいえ、コミュニケーション不足になることもある。

・他のタイプにくらべ、家を建てる際の面積が多く必要。

などとありますね。

もし親が急に倒れたりするといくら隣でいても気づけないケースもあります。しかし最近では親の状態を管理するアプリなども多く出ているのでそういったものをうまく使えば問題なさそうですね。

はるこ
なるほどね。確かに家具とかキッチン用具が一緒って少し嫌ね。いつも置いているところになかったりすると戸惑ってしまうもの。
あつし
ちょっとしたことでもそれが毎日になるととても大きなストレスにつながっていくケースも多いんだって。

 

完全分離タイプは建て替えがいい?それともリフォーム?

あつし
次は実際完全分離タイプを立てていくときのお話をしていこうか。

実は完全分離型だと建て替えのほうがいいという意見が結構多かったりするんだけど、僕はリフォームがおすすめだと思うね。

 

はるこ
でも分離している家を作るんだから、建て替えじゃないと結構厳しいんじゃないの?

母さんも言っているように分離がしている家を建てるのでリフォームではなく建て替えをイメージする方が多いと思いますが、もちろんリフォームからでも完全分離タイプにすることはできます。それにリフォームによるメリットあります。

僕がなぜリフォームがいいかおすすめポイントをまとめてみます!

実は費用が安い!リフォーム。

おおよその内容になりますが、リフォームの場合では700~1500万円程度で工事できるのに対し、建て替えでは2300~3700万円ほどかかるといわれております。

どうして建て替えのほうが費用が高くなるかは、建て替えの場合解体費や廃棄費など、建てための費用のほかに多くの費用が必要になってくるケースが多いからです。

リフォームの場合、今の家を解体する必要もありませんので、基本的なリフォーム費だけで済むようになってます。

やはり家は家族の思い出の場所!大切に残せる!

僕はやっぱりこちらが大事かなと思っております!やっぱり家ってとても多くの思い出がある場所だと思います。もちろん新しくすればするほど住みやすくなると思いますが、そういうことではない部分って必ずあると思いませんか?

家はそう言ったことが多くある場所だと思います。だからこそ大切にしていくべきだと僕は思っております。

 

実際建てるなら左右分離型の完全分離タイプがいいの?

あつし
最後に完全分離タイプの種類について説明するよ。
はるこ
やっぱり完全分離タイプって言ったら左右分離してるのがイメージできるわね。
あつし
そうだね。左右分離型がやっぱりオーソドックスだと思うよ。でも最近だと二階建てタイプも人気だよ。

読者様も完全分離タイプといえば左右イメージするかもしれません。でも最近では二階建ての完全分離タイプも増えてきてます。

種類によってどのように違ってくるのか確認していきましょう。

オーソドックスな左右分離型のポイント!

一番のポイントはやはり左右分離型では新築の建設だけで済むことがおおい。

基本的には新築を横に建てるだけで済みますので、リフォーム費などを抑えることができます。

しかし、上記でも上げたように多くの面積が必要となっていきます。すでに多くの庭があってそこに建てるなら問題ありませんが、立地の条件によっては費用が高かったり、建てられないケースもあります。事前にチェックが必要ですね。

はるこ
そうね。最近は地震も心配だし。新しく建てるなら地盤のチェックとかとても大事ね。
あつし
母さん!珍しくいいこと言うね。そうだね。昔と比べて弱くなっている地盤もあるみたいだし、安全対策はキッチリと行うべきだよ。

 

見栄えもすっきり二階建て分離型のポイント!

何といっても面積が多くいらないのはコストダウンの第一歩!

二階建ての分離型では追加で面積が必要になってくるわけではないので、その分コストを下げることができますね。

しかし、今現在の家をリフォームで考えているならその分リフォーム費が加算できますね。

あとどっちが二階に住むか、などこまごました内容をしっかり話しあってリフォームしていかないと、不便な面ができてくるけーすがおおいのでしっかりと家族と相談して決めていくことが大事になってきます。

はるこ
私は絶対1階がいいからね。あっくん!
あつし
そうだねー。年取ると階段がつらいよねー。(笑)でも子世代が二階だと子供の足音の音がうるさいかもしれないよ。
はるこ
そうね。確かにそれもそうね。うーん。やっぱりどっちがいいのかしら?今だった二階でもだ丈夫だけどあっくんがいつ結婚するかによるわね。
あつし
あっ。はい・・・・そうですね・・・。

 

まとめ

主に二世帯住宅は 完全分離タイプ・部分共有タイプ・完全共有タイプに分かれる。

完全分離タイプはプライバシーをしっかり守ることができる。

実はリフォームのほうが建て替えより安くつくケースが多い。

よく考えて左右型か二階建てタイプにするか考えて建てよう。

 

あつし
将来的には母さんも心配だし、僕もちゃんとこういったこと考えないといけないなー。
はるこ
でもまずはあいてを見つけることが第一ね。
あつし
あっ。はい・・・・そうですね・・・。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

ほかにも二世帯住宅のリフォームに関する記事もまとめています。良かったらよろしくお願いします。

 

 

 

TOPに戻る

>>賢いリフォーム会社の選び方

 

おすすめリフォーム一括見積サイト3選!
あつし
いつもお読み頂きありがとうございます。読者様がリフォームでお困りのことがあればきっとこの3社は親身に相談にのってくれると思います。もし良かったら僕がサービス内容を調べてみましたので参考にしてくださいね。

■ タウンライフリフォーム

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる!
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる!
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり!

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる!
  • 見積り依頼はカンタン60秒!
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている!

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

■ リショップナビ

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選!
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ!
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心!

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です