二世帯住宅リフォームの間取りは何を優先するかで変わる!?

外国の家

 

二世帯住宅へリフォームをするとなると、悩むのが間取りですね。

 

二世帯住宅とあって、自分の希望ばかりを優先するわけにもいきません。

 

ましてや相手が義理の両親ならば、なおさら自分の意見は主張しにくいですよね。

 

そんな、悩みの種である二世帯住宅の間取りは大きく分けて3タイプあります。

 

その他にも、二世帯住宅にリフォームする時のポイントがあります。

 

この記事を読めば、このようなことがわかります。

  • 二世帯住宅の3つのタイプ
  • 二世帯住宅は何を重視するかで選ぼう
  • 二世帯住宅のリフォームで後悔しないためにできること
  • 二世帯住宅は将来を見据えて考えよう

 

これから順に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

二世帯住宅リフォームの間取りは3タイプから選ぶ

 

二世帯住宅の間取りには3つのタイプがあるので、ご紹介します。

 

完全分離タイプ
玄関が2つあり、家の中も2つに分かれている完全分離タイプ。イメージとしては戸建てが2つくっついた感じです。中は自由に行き来できるよう、内扉がついています。将来、片側の家を使用しなくなったら内扉を塞いで、賃貸として貸すことができます。

 

半分離タイプ
玄関は1つですが、家の中は必要に応じて別になっています。

共有部分を決められることで、親世帯、子世帯それぞれににあった間取りにすることができます。

 

完全同居タイプ
玄関が1つで寝室以外はすべて共有のタイプです。

常に家族を感じられるアットホームな間取りです。

 

はるこ
3タイプっていってもどれを選んでいいか分からないわ。

 

あつし
選ぶ基準として、何を重視するかを考えるといいんだよ。

 

はるこ
何を重視??例えばどういうこと?

 

二世帯住宅リフォームは何を重視するかで考える

 

二世帯住宅の間取りを決める時は、自分が何を重視するかで考えてみましょう。

 

プライベート重視なら完全分離タイプ
  • 自分のプライベートをしっかり確保したい
  • 生活時間が違うので迷惑にならないように自分のペースで暮らしたい
  • こどもが小さいので騒音が気になる

 

程よい距離感を保ちたいなら半分離タイプ
  • 日常でたまに顔を合わせるくらいがいい
  • 共有したい部分と分けたい部分がはっきりしている
  • 忙しい時には家事、育児を手伝ってほしい

 

常に家族と関わりたいなら完全同居タイプ
  • いつも家族をそばに感じ、にぎやかに過ごしたい
  • 共有するかしないか特にこだわらない
  • 光熱費を抑えたい

 

あつし
どう?母さん。なんとなくイメージできたかな。

 

はるこ
家族とどう関わるかで色々違ってくるのね。

 

あつし
生活リズムが違う2世帯が快適に暮らすためにはお互いよく話しあって決めなくちゃね。

 

二世帯住宅リフォームの間取りで後悔しないために

 

二世帯住宅リフォームとあって色々考えた間取りでも、実際に住んでみたら、思っていたのと違う。ということがあります。

 

例えば、このような失敗談があります。

 

寝室について
寝室を親世帯、子世帯と同じ1階に設置したら、部屋は別であるものの、常に人の気配がし、落ち着かず、気が休まらないため、子世帯の寝室を別の部屋に移すことになりました。

 

キッチンについて
キッチンは共用にしたのですが、義理の母の物であふれ、とても使いにくいキッチンになっています。

いらないものは処分したいのですが、義理の母のものを勝手に捨てる訳にもいかず、困っています。こんなことになるならキッチンを別にすれば良かったです。

 

しっかり考えて決めたはずなのに、実際に住んでみたら使いにくかったり、気を遣ったりと問題が発生してしまいます。

 

どうすれば解決できるか

二世帯住宅の間取りで後悔しないために、このようなことをしてみましょう。

 

  • 間取りが大体決まったら実際に住んでみたときのことをイメージしてみる
  • 親世帯、子世帯それぞれが使いやすい間取りになっているかよく確認する
  • 実際に二世帯で住んでいたり、リフォームの経験がある人に話を聞く
  • 二世帯住宅リフォームについて失敗例も含めよくリサーチをする

 

二世帯住宅で間取り以外に注意する事とは!?

二世帯住宅リフォームは玄関別!知らないと後悔する口コミ大公開!

2019年6月7日

 

二世帯住宅リフォームは将来を見据えて考える

 

二世帯住宅の間取りは、将来のライフスタイルを見据えて考えましょう。

 

何十年後も快適に暮らすために

子世帯は子供が生まれたり、それに伴って物が増えたりと、どんどん生活スタイルが変化していきます。

 

かといって子供部屋を多く作ってしまうと、子供が独立したときに、空き部屋となり、空間を無駄にしてしまうこともあります。

 

親世帯も年を取るにつれ、足腰が弱くなってくるとちょっとの段差でつまずいたり、トイレが近くなったりと体が変化します。

 

そんなときに、段差が多かったり、寝室やリビングからトイレが遠かったりすると不便ですよね。

 

そうならないためにも将来を見据えて間取りを決めることがとても重要になってきます。

 

二世帯住宅リフォームの間取りまとめ

 

二世帯住宅の間取りは考えだしたらきりがないほどたくさんの例があります。

 

ライフスタイルの違う2世帯が快適に暮らせる家づくりは大変だと思いますが、こだわれば必ずいい間取りの家ができるはずです。

 

失敗して後悔しないためにも、双方でよく話し合い、住んでみたときのことをよくイメージして、素敵な家ができるといいですね。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

 

二世帯住宅にするなら、ミニキッチンがおすすめ!?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です