【家の傾き注意】メニエール病の症状とは?仕事は両立できる?辞める?

 

メニエール病とは、耳の一番奥にある内耳の病気であり、内耳にリンパ液がたまって水膨れになった状態のことを言います。

 

この水ぶくれによって、耳鳴りや難聴、回転性の強いめまいなどの症状が起こります。

 

 

原因ははっきりとわかっていませんが、主に睡眠不足や運動不足などからくるものでは?と言われています。

 

メニエール病は、「治った!」と思っても何度も再発しやすく完治しにくい病気です。

 

はるこ
私もメニエール病になったことがあるんだけど、本当にやっかいな病気よ。

 

初期の段階で病院に行って治療すれば良くなる病気ですが、病院に行かずに放っておくと治らなくなってしまいます。

 

あつし
とにかく早めに病院に行くこと!これが一番大事です。

 

メニエール病の症状にはどんなものがあるの?

ぐるぐる回る、回転性の激しいめまい

 

地面がグニャっとなる感覚と、自分や周囲がぐるぐる回る回転性の激しいめまいが特徴です。

 

メニエール病のめまいの特徴的な点は、めまいの持続時間になります。

 

普通のめまいであれば数秒~長くて数分だと思いますが、メニエール病のめまいは30分から数時間と持続時間が長く繰り返し何度も起こります。

 

また、めまいの起こる頻度は個人差があり、毎日という人もいれば年に1回だけという人や、数年に渡って症状が続く人もいます。

 

このめまいに伴い吐き気や冷や汗、動悸も同時に起こる場合があります。

 

耳鳴りや難聴

回転性の強いめまいの他には、耳鳴りや難聴、耳が詰まった感じの症状があらわれることもあります。

 

特に難聴は低音から聞きづらくなるので、聴力の低下に気が付かない場合もあります。

 

低音難聴が長引くと、ある時から高音障害を伴ってしまい、数年後には全音域の障害へと進行してしまいます。

 

たいていは片方の耳に起こりますが、その後20~30%の人がもう片方の耳にも起こります。

 

あつし
メニエール病は進行性の病気になります。このめまい発作を繰り返すことで症状が悪化していきます。

 

はるこ
進行の早い人は、5年から10年で日常生活に支障を来すほどの難聴になってしまうこともあります。発症してすぐであれば、数日から数週で自然に良くなる病気ですが、時間がたてばたつほど症状が改善しにくくなります。そうならないためにも早めの受診を心がけて下さい。

 

 

メニエール病になったら仕事は両立できるの?

 

メニエール病になったからと言って、すぐに仕事を休む必要はありません。

 

何故かというと、発作が起きていないときは普段通りに仕事をすることが出来るからです。

 

先ほども説明しましたが、メニエール病の発作の頻度は人によって異なります。

 

毎日発作が起こる人もいれば、1年に1回の人もいます。

 

といっても、発作が起きたときには仕事をすることは出来ません。

 

メニエール病になったらまずは、急な発作で仕事を中断しても問題が無いように直属の上司にメニエール病の事について説明をしておきましょう。

 

また、一緒に仕事をする職場のメンバーにも同様にメニエール病の説明をしておくとよいと思われます。メニエール病の症状が悪化し仕事を中断しなければならない時、先輩など職員に迷惑をかけることになると、それがさらなるストレスとなり、メニエール病がどんどん悪化してしまう可能性があるからです。

 

メニエール病の発作が起きたときの対処法はこちらの記事で説明しています。

 

【家の傾き注意】メニエール病の症状や原因とは?仕事は休むべき?

2019年4月3日

 

メニエール病になったら仕事は辞めるべき?

 

ストレスが原因で発症すると言われているメニエール病。

 

そのストレスの原因が例えば仕事であれば、今の職場環境を見直す必要が出てきます。

 

主治医と相談の上、上司にかけあって残業を減らしてもらうなどの対策をとってみましょう。

 

仕事が原因であるなら、職場環境を変えないまま仕事を続けることによってメニエール病の症状を更に悪化させることになります。

 

また休暇をとってしまうと、職場復帰をするのはなかなか難しくなります。

 

あつし
育児休暇なんかとはまた違って、病気のために一度職場から離れて休暇をとってしまうとなかなか復帰が出来ません。もしも休暇を考えている場合は、よく考えて決めたほうがいいと思います。

 

やっぱり休暇をとってみようと思うなら・・・傷病休暇って何?

 

傷病休暇とは?

傷病休暇とは、サラリーマンのように会社へお勤めの方であれば、長期的な入院・治療が必要になった場合に利用できる特別な休暇のことです。
傷病休暇は有給のため、回復にそれなりの期間がかかってしまう傷病を負った場合でも、安心して治療に専念できます。

ただし、会社ごとに任意で決められている制度のため、傷病休暇がない会社にお勤めの方は、利用することはできません。 

引用:ほけんROOM 医療保険

 

会社で健康保険に加入されている場合、傷病手当を受けることが出来ます。

 

傷病手当金はお給料のおよそ3分の2が支払われます。

 

傷病手当金が支給される条件
  1. 業務外でけがや病気になり、療養する必要がある場合
  2. 仕事が出来ないと判断された場合
  3. 連続する3日間を含み、4日以上仕事を休んだ場合
  4. 休業した期間に給料の支払いがないこと

 

業務外でけがや病気になり、療養する必要がある場合

「業務上」や「通勤災害」による病気やけがの場合は支給対象外となります。

 

通勤中のけがや、業務上のけが・病気の場合は、労災保険から給付される形になるからです。

 

また、病気と見なされないもの(美容整形など)も支給対象外になります。

 

仕事が出来ないと判断された場合

傷病手当金は、働けないことに対しての給付金になるので「仕事が出来ないこと」が大前提になります。

たとえば、スキーで足を骨折した場合であっても、仕事内容がデスクワークであれば家族の送迎や松葉杖での出勤で対応することが可能になるので、傷病手当金は支給されません。

 

反対に、外回りの営業であったり現場で働く技術者の場合は、松葉づえで仕事をするわけにはいきません。

 

万全な体調でないと仕事をするのが難しい職種の場合は、傷病手当金が支給されます。

 

あつし
病気やけがの程度によって判断されるわけではなく、その人の職種も考慮して個別に判断されます。

モチロン、仕事に就くことができない状態かという判定は、主治医の意見も反映されるので安心してください。

 

連続する3日間を含み、4日以上仕事を休んだ場合

傷病手当金は、本当に仕事が出来ない状態なのかを見極めるため、3日の「待期期間」が設けられています。

 

この待期期間が完成して、はじめて4日目から傷病手当金の支給が始まります。

待期期間の3日は、土日・祝日等の公休日も含まれ有休扱いにしてもよいことになっているので給与の支払いがあったかどうかは関係ありません。

 

書類上は3日目までは有給処理し、4日目からは傷病手当金の給付を受けるという扱いにすることが多いです。

「待機期間の3日」とは

会社を休んだ日が連続して3日間なければ成立しません。
例えば連続して2日間会社を休んだ後、3日目に仕事に行った場合は「待期3日間」は成立しません。

引用:全国健康保険協会 協会けんぽ

 

休業した期間にお給料の支払いがないこと

傷病休暇は、業務外の病気やケガで休業している期間について生活保障を行う制度のため、給与が支払われている間は傷病手当金は支給されません。

 

そのため、もし休職期間中にお給料の全部または一部が支払われていた場合は、傷病手当金は支給されなかったり、傷病手当金の額よりも少ない場合はその差額が支給されます。

 

傷病手当金が支給される期間 

 

引用:全国健康保険協会 協会けんぽ

 

傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から最長1年6ヵ月になります。

 

これは1年6ヵ月分支給されるということではありません。

 

1年6ヵ月の間に仕事に復帰した期間があり、その後再び同じ病気やケガにより仕事に就けなくなった場合でも、支給期間の1年6ヵ月に含まれます。

 

支給開始後1年6ヵ月を超えてしまっても仕事に就くことができない場合は、傷病手当金は支給されません。

 

あつし
この傷病手当金ですが、実は退職後にも受け取れる場合があります。

 

はるこ
ええ!退職してもお金がもらえるの!?

 

もちろん医師の診断も必要ですが、「退職日までに継続して1年以上健康保険に加入していること」「退職日前日に傷病手当金を受けている」この2つの条件を満たしている場合、退職してからも傷病手当金を受取ることが出来ます。

 

ただし、一旦仕事に就くことができる状態になった場合は、その後仕事に就くことができなくなっても傷病手当金は支給されません。

あつし
傷病休暇は福利厚生になるので、会社によっては存在しないこともあります。

一度自分の会社が傷病休暇制度を設けているかどうか確認してみましょう。

 

 

メニエール病かな?と思ったら、とにかく早く病院に行きましょう

 

はるこ
私はお仕事をしていないから未知の世界だったけど、仕事を休むといろんな制度があるのね。

きっと知らない人もいるわよね。

 

あつし
そうだね。知らないと損をするのは自分だから、一度会社の就業規則は読んでおいたほうがいいと思うよ。

病気やけがになった後だとなかなか確認出来ないだろうからね。

 

 

はるこ
職場環境を変えるって言ってもなかなか難しいでしょうね。

 

あつし
でも自分の働きやすい環境を考えるってすごく大事だと思うよ。きっと違う職場に転職しても同じ悩みをかかえるわけだし・・・。良い機会だと思って、自分の働き方を見直してみるのもいいと思うな。

 

はるこ
そうね。病気になってクヨクヨするよりもポジティブに考えないとね。

 

 

メニエール病になっても、最初は症状が軽いので放っておきがちですが、早く病院に行って治療することでメニエール病を治すことが可能です。

 

はるこ
メニエール病は再発する可能性があるので日頃から気を付けて生活する必要があります。ですが、あまり気にするのもストレスになって良くなりません。あまり気にしすぎないでくださいね。

 

そして仕事のストレスが原因であれば、すぐにでも働き方を見直すべきです。

 

仕事が忙しくて病院にいけない!面倒だから行かない!っていう人もいると思いますが健康でなければ何もできません。

 

放っておいて完全に耳が聞こえなくなってしまってからでは遅いです。

 

自分の身体のことは自分が一番よくわかっているはずです。

 

この記事を読んで「1回病院に行ってみようかな・・・」って方が少しでもいれば嬉しいです。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

 

原因不明のめまいや吐き気にお悩みの方へ

 

はるこ
読者様がもし以前の私と同じ症状の方だとしたら本当に辛いと思います。原因不明っていうのがどんなに不安な気持ちにさせることか・・。
あつし

ちなみに実家の傾き補修はこちらの会社にお願いしました!現地調査見積は無料だし、安心の実績なので信頼できるよ!

はるこ
確かにここに頼んで私は良かったけど、読者様も信頼できる業者に出会えるといいわね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です