どこまでやる?リビングのエリア別!リフォーム費用の価格相場!

リビングは家族みんなが集う場所。

広々としていていつでも居心地よい場所にしたいですが、大切に使っていても壁や床などは老朽化するし、家族のライフスタイルも変化します。

当然リビングのリフォームも考えるようになるのではないでしょうか?

一番大切なのはもちろん理想の空間の実現ですが、費用も考えなければならない大事なポイント。

適正な価格でなおかつ費用を抑えられたら誰でもうれしいですよね。

 

適正かどうかを知るにはまずはベーシックな費用を知っておかなければなりません

またその費用もリビング全体をリフォームするのか、リビングの一部をリフォームするのかでも大きく変わってきます。

 

そこで今回はよくあるリビングのリフォーム箇所それぞれの価格相場についてご紹介していきます。

 

「リフォーム」ってどんな費用がかかるの?

 

「リフォーム費用」ってそもそもどんな費用がかかるのか知っていますか?

見積書を見るときにも重要になってきますので必見ですよ!

 

リフォームにかかる費用は大きく3つに分けられます。

 

リフォーム費用

材料費・・・壁紙や床材といった建材の費用

工事費・・・工事をしてくれる職人さんたちの人件費

諸経費・・・現場管理費やリフォーム会社の経費

 

選ぶ材料によって「材料費」が、工事の規模によって「工事費」が変動することになります。

また諸経費は一般的に全体の工事費の10~15%ほどと言われているので、見積書を見て気になる場合はリフォーム会社に相談してみましょう。

 

あつし
一番ベーシックな材料を使用するのであれば、費用を抑えられるよ。
はるこ
でもせっかくリフォームするんだからじっくり選んできめたいわ~。
あつし
そうだね。費用と理想のバランスが大事!

 

壁紙を変えるリフォームの価格相場

 

ではここからはリフォームする箇所ごとにどのくらいの費用がかかるのか紹介していきます。

まずは壁紙を変えるリフォームについて。壁紙だけでも部屋の雰囲気ががらっと変わりますよね!

壁紙は天井と合わせてリフォームすることが多いです。

 

価格相場は6畳で4~6万円ほど

 

はるこ
6畳じゃない場合はどうなるのかしら?
あつし
1平米あたりの単価でみるとよりわかりやすいよ!

 

1平米あたりの費用

1,500~3,000円ほど

・珪藻土や漆喰だと左官職人さんの作業が必要となるため、4,000~9,000円ほど

 

あつし
下地が痛んでいる場合にはさらに費用がかかる可能性もあります。

 

壁紙選びのポイント

はるこ
選べるのはうれしいんだけど、たくさんありすぎるとなかなか決められないのよね~。
あつし
じゃあリビングの壁紙選びのポイントを教えてあげましょう!

 

  • 家具や天井とのトータルコーディネートを。

リビングにはソファーやカーテンなどの家具を置くことになりますよね。

「この色が好きだから!」という理由で壁紙を選ぶのももちろんよいですが、家具や天井と色調のバランスが取れているかを念頭に置いて選ぶと、居心地の良い空間を演出できますよ。

 

  • 床から天井に行くほど明るい色に。

広さを感じられる空間を演出するのにもコツがあります。

それは床から天井に行くにつれ、明るい色にすること。

家具とのバランスも考えるとホワイト系の壁紙を選んでおけばコーディネートしやすいのでおすすめです。

 

  • 汚れにくいなど機能性に優れた壁紙もおすすめ。

小さなお子さんがいたり、ペットを飼っていたりすると壁紙も汚れがち。

すてきな壁紙にしてもお掃除が大変!とお困りではないですか?

そんな方にもおすすめなのが機能性壁紙です。

汚れに強いものや消臭効果があるものなど、様々な壁紙があります。

 

引用:RESTA(リスタ)

こちらの壁紙は汚れや傷に強い表面強化加工が施されているだけでなく、消臭・防カビ効果もありリビングにおすすめです。

 

壁紙についてはこちらにも詳しく記載しています。

壁紙をDIY!安くて人気の国産壁紙メーカーと施工方法を紹介!

2018年11月29日

 

フローリング張り替えの価格相場

 

続いて壁紙と同様、老朽化によってリフォームを考える方が多いフローリングの張り替えについてです。

フローリングの張り替えは重ね張り(直張り)張り替えという2つの方法があります。

 

  • 重ね張り(直張り)・・・今使っているフローリングの上に薄いフローリング材(約1.5~6mm)を張っていく方法。作業が簡単で費用を安く抑えられるが、床材を重ねるので厚みが増すので注意が必要。

 

  • 張り替え・・・今使っているフローリングを剥がし、下地の傷みなどを調整して新しい床材を張っていく方法。重ね張りよりも費用・時間共にかかる。

 

張り替え費用は選ぶ床材によって大きく変わってきます。

 

1平米あたりの費用

・ベーシックなフローリング材(複合フローリング)・・・4,000~8,000円

・無垢材・・・10,000~15,000円

・防音性能が高い物・・・8,000~15,000円

・工事費 5,000円前後

 

はるこ
床材もそれぞれ特徴があるのよね。
あつし
その通り!床材選びのポイントもおさらいしてこう。

 

床材選びのポイント

・床材の特徴を活かせるよう、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。

・フローリングの定番。お手入れがしやすく、傷がつきにくい。「複合フローリング」

・温かみのある風合い。足腰への負担を軽減。「無垢材」

・お手入れ簡単。ペットも快適に過ごせる。「フロアタイル」

 

床材についてはこちらの記事もおすすめです!

マンションの床をリフォーム! 自分でできるDIY&費用を紹介!

2018年11月15日

 

床暖房設置の価格相場

 

はるこ
床暖房っていいわよね~フローリング特有の冬場のヒヤっと感が軽減されるもの。
あつし
そうだね。床のリフォームをするんだったら、床暖房を設置するか一緒に考えてみるのもおすすめだよ。

 

床暖房の価格相場は70~120万円ほど

床暖房も2つの種類があり、どちらを選ぶかで費用も大きく変わってきます。

 

床暖房の種類
  • 電気式・・・初期費用を抑えられるがランニングコストが高い。使用時間が短い部屋におすすめ。

今ある床にヒーターを重ねる「重ね張り」、張り替える「張り替え」どちらを選ぶかでも費用が大きく変わる。

 

  • 温水式・・・ボイラー工事、配管工事、室外機の設置が必要なため、電気式に比べ初期費用が20~35万円高くなる。

ランニングコストは安い。広い部屋で使用時間が長い場合におすすめ。

 

はるこ
リビングは広いし、比較的長い時間使うから温水式かしらね。

 

床暖房についてはこちらの記事にも詳しく載っています。

床暖房リフォームってどうなの?メリットや費用まで徹底調査しました!

2019年3月22日

床暖房のリフォームにかかる期間は?仮住まいって必要なの?

2019年3月17日

 

和室から洋室へ、リビングと一体化する価格相場

 

ライフスタイルの変化によって使わなくなった和室を洋室にし、繋がるリビングと内装の一体化をはかるリフォームも人気です。

 

価格相場は50~100万円ほど

内装の解体・撤去にかかる費用は1平米あたり1,000~1,500円程度ですが、和室と洋室では作りが異なるため、費用全体に占める内装費の割合が大きくなります。

 

間仕切りを無くす場合、構造が古いと耐震性に備える補強工事が必要となることがあります。

またツーバイフォー構造の場合は壁の撤去が難しいので注意が必要です。

 

ツーバイフォーとは?

・厚さ2インチ、幅4インチの木材を使用する「木造枠組壁工法」。

・この角材と合板を組み合わせて壁や床、天井、屋根部分を作成。これらを組み合わせて家を形作っていく。

・箱のような形になっているので、壁をくり貫いたりすると強度が下がってしまう。

 

はるこ
和室から洋室に変えるのって大変なのね!畳をフローリングに変えれば済むと思ってたわ。
あつし
段差の調整をしたり、柱を隠したりとか色々工事が必要なんだよ。

 

リビング・ダイニング・キッチンを一つの空間にする価格相場

 

近年人気なのがリビング・ダイニング・キッチンを区切ることなく、一つの空間にするリフォームです。

広々とした開放感のある空間を演出できます。

価格相場は100万~300万円ほど

 

はるこ
まるでドラマに出てくるキッチンみたいよね~ステキ!
あつし
広々とするから来客が多い家庭にもいいよね。でも工事が大掛かりになるから、工事中の仮住まいの費用も考えておかないといけないよ。

 

見積り以外に想定しておくべき費用って?

 

リビング・ダイニング・キッチンを繋げるような規模の大きいリフォームとなると、工事中の仮住まいの費用が必要となります。

他にもリフォーム時には見積書に載っていない費用がかかることもあるので、ある程度余裕をもって予算を立てておくと安心です。

 

想定しておく必要がある費用の例

印紙代・・・契約書に貼る印紙代。請負代金によって金額が異なる。

仮住まい・・・大掛かりなリフォームになる場合に必要となる。

追加工事費・・・工事を始めてから追加で費用が必要となる場合も多くある。

事前に予算をしっかりと提示し、追加工事も加味した見積りをしてもらうと安心。

など

 

あつし
細かいところではご近所へ挨拶する際の手土産や職人さんたちへ出すお茶菓子などの費用もあるよね。
はるこ
さすがあっくん。そういう気配りって結構重要なのよね~!

 

見積書の見方に関してはこちらの記事も参考になりますよ!

リフォームの見積書には見方のコツがある!惑わされない方法教えます

2019年2月16日

 

想像膨らむ!リビングリフォームの実例

 

あつし
じゃあ最後にリビングリフォームの実例をかかった費用と合わせて見ていこう!
はるこ
費用と実際の施工例をみるとイメージもわきやすいわね。ワクワクしちゃう!

 

  • 壁紙の貼り替え

引用:リノコ

 

  • 床の張り替え

引用:ホームプロ

 

  • 床暖房の設置

引用:LIXILリフォームショップ

 

  • 和室リフォームとリビングとの統一化

引用:ホームプロ

 

  • リビング・ダイニング・キッチンのリフォーム

引用:SUUMO

 

まとめ

  • リフォームにかかる費用は大きく「材料費」「工事費」「諸経費」に分けられる。

「材料費」とはフローリングや壁紙といった建材の費用

「工事費」とは各工事における職人たちの人件費

「諸経費」とは現場管理費やリフォーム会社の経費が含まれる。

 

  • リフォーム費用は工事の規模や選ぶ材料によって変動する。

 

  • 壁紙交換にかかる費用の相場は1平米あたり1,500~3,000円ほど。

ポイントを抑えた色選びや機能性壁紙もおすすめ。

 

  • フローリング張り替えにかかる費用の相場は1平米あたりの材料費が4,000~15,000円工事費が5,000円ほど

ライフスタイルに合った床材を選びましょう。

 

  • 床暖房設置にかかる費用の相場は70~120万円ほど。「電気式」か「温水式」でも費用が変わる。

 

  • 和室→洋室、リビングとの内装を一体化する費用の相場は50~100万円ほど

内装の解体・撤去で1平米あたり1,000~1,500円ほど。内装費の全体に占める割合が大きくなる。

補強工事が必要となったり、壁の撤去ができなかったりする場合も。

 

  • リビング・ダイニング・キッチンを一つの空間にする費用の相場は100~300万円ほど

規模によっては仮住まいの費用も必要となることもある。

 

  • 見積書に乗っていない費用も掛かる場合がある。ご近所への挨拶や職人さんたちへの労いもお忘れなく!

 

 

今回の費用はあくまでも目安ですが、リフォームプランを立てる際の参考になればうれしいです!

家族みんなが心地よく過ごせるすてきなリビングになるといいですね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

人気記事▶︎   失敗しない「リフォーム優良業者」の探し方

人気記事▶︎  車1台分リフォーム費用削減した僕の体験談

 

リフォーム一括見積もりサイトおすすめ3選

\ おすすめNO.1   /

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

\ 僕のおすすめNO.2  /

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。


\ 僕のおすすめNO.3  /

■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です