リフォームでリビングを作る。和室から洋室にする方法とは?

ここでは、和室から洋室にリフォームし、リビングを作る際のポイントをお話しようと思います。

 

畳をフローリングに変えるだけでも、和モダンな洋室になりますからね。

 

「DIYするのか、リフォーム会社に依頼するのか」も比較してみますので、ぜひ最後までごらんください。

 

リフォームでリビングを!和室から洋室にする方法

 

はるこ
物置になっている和室をリビングにできるの?それいいわね~!

 

あつし
そうなんだ。
畳をフローリングにするだけでもかなり雰囲気が変わるよね。

 

「畳の上にフローリングカーペットを敷く」というのは、リフォームとは言えないので今回は割愛します。

 

リフォームする場所は?

はるこ
他にはどんなところをリフォームするといいのかしら?

 

あつし
例えばこんな場所があげられるよ。

 

リフォームする場所
・畳をフローリングにする。
・真壁や砂壁をクロス張りの壁にする。
・天井板をクロス貼りの天井にする。
・欄間や床の間をなくしてしまい、クロス貼りにする。
・押し入れをクローゼットにする。

 

はるこ
砂壁は分かるけど、真壁ってなあに?まかべって読むの?

 

あつし
(かあさん・・真壁[まかべ]さんはプロレスラーだよ。)

砂壁は知っての通り、色のついた砂で仕上げた壁。

真壁は「しんかべ」と読んで、柱が見えている壁のことだよ。

 

どの場所をどの程度リフォームしたいのか迷った時は、その場所でどう過ごしたいのかを考えると、考えやすいかもしれませんね。

 

  • 和室では床に座ったり立ったりが大変だから、ソファを置けるフローリングにしたい。
  • 和室は物置になってしまっているから、リビングにリフォームして、家族だんらんの場として使いたい。
  • リビングと隣あった和室をつなげて、広々としたリビング空間を確保したい。
  • 押し入れは奥が深くて物が取り出しにくいから、クローゼットにして洋服を取り出しやすくしたい。

 

その場所でどう過ごしたいか決まったら、さっそく行動に移してみましょう。

 

リフォームしたいなぁ・・・で止まっているともったいないですよ。

 

DIY?リフォーム会社に依頼する?

 

さて、和室を洋風のリビングにするリフォームですが、ご自身でDIYされますか?リフォーム会社に依頼しますか?

 

次はその比較をしてみたいと思います。

 

自分でDIYする場合も、リフォーム会社に依頼する場合も、それぞれメリットデメリットがあります。

 

簡単にまとめてみましたので、参考にしてください。

 

DIYのメリット・デメリット

DIYのメリット
・材料費だけなので、低コスト
・作業を楽しむ。
・自分のアイデアを形にできる。
・完成した時の達成感を味わえる。
・愛着が増す。
・自分に都合の良いタイミングで作業を進められる。

 

はるこ
DIYなら安く済むし、確かに愛着がわきそうね。

 

DIYのデメリット
・構造や作業の知識がなく、アイデアを形にできない場合がある。
工事期間が長引いてしまう傾向にある。
・工具にお金がかかる。
・納得行く仕上がりにならない場合も。
耐久性が分からない。
・電気・ガス・水道などがかかわる有資格工事はできない。
・公的申請が必要な工事もできない。
・材料や工具を自分でそろえる。
・ゴミの処分を自分でしなければならない。

 

あつし
ごみの処理や、工具、作業の知識がもとめられるのが悩みどころだね。

 

リフォーム会社に依頼するメリット・デメリット

リフォーム会社に依頼するメリット
・専門の工具・道具・知識がある。
作業時間が短く済む。
・仕上がりのレベルが高い。
・材料をそろえて持ってきてくれる。
・ゴミを処分してくれる。

 

はるこ
餅は餅屋ってことかしらね。

 

リフォーム会社に依頼するデメリット
費用がDIYするより高い
・悪い会社にあたってしまう可能性がないとは言い切れない。

 

あつし
どうしても費用はそれなりにかかってしまうよね。
悪い会社に関しては、事前にしっかりリサーチをして決めることが大切だね。

 

リフォーム会社選びで失敗したくないという読者さまは、こちらも合わせてお読みください。

リフォーム会社の選び方って?評判の見積もり一括サイトの比較一覧

2019年6月23日

 

DIYの場合・リフォーム会社に依頼する場合、それぞれの費用

 

では、リフォームをDIYで行う場合と、リフォーム会社に依頼する場合の費用について比較検討してみましょう。

 

ここでは6畳の和室を洋室にすることを考えました。

 

DIYで和室から洋室にする場合の費用は?

 

DIYでリフォームする場合の費用

畳をフローリングに張り替えるならだいたい6万円~10万円

全面リフォームするなら20万円~50万円

 

はるこ
あら。ずいぶん金額に開きがあるのね。
これはなぜかしら?

 

あつし
フローリングと一口に言っても、一番安い材料と、高級な材料では金額にかなりの違いがあるんだ。
それで言うと、上限がなくなってしまうので、本当にこの金額は目安なんだ。

 

リフォーム会社に依頼して和室から洋室にしてもらう場合の費用は?

 

リフォーム会社に依頼してリフォームする場合の費用
畳をフローリングに張り替えるならだいたい20~35万円

全面リフォームするならだいたい55~100万円

 

はるこ
リフォームする作業自体を楽しみたいならDIYがよさそうね。

 

あつし
“早く確実に”リフォームを終わらせて、望みの生活を始めたいならリフォーム会社に依頼するのがよさそうだね。

 

リフォームでリビングを作る。和室から洋室にする方法とは?まとめ

 

  • リフォームでリビングを作るなら、まず、その場所でどんな暮らしがしたいかをイメージしよう。
  • リフォームの作業を楽しみたいならDIYでやってみよう。
  • 早く確実に理想の暮らしを始めたいならリフォーム会社に依頼しよう。

 

DIYでリフォームする場合とリフォーム会社に依頼する場合、それぞれのメリットとデメリットを比較検討して、ご自分にあった方法で理想の暮らしができるリビングを手に入れてくださいね。

 

まだまだ知りたい読者さまはこちらも合わせてお読みください。

DIYが気になるならこちら。

意外と簡単!床リフォーム 自分でできる DIY術&費用一挙紹介!

2018年11月9日

リフォーム会社に依頼するならこちら。

【リフォーム】相見積りするのは何社が最適?ズバリその答えは…

2019年1月22日

 

 

 

スポンサーリンク



 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です