壁面収納をリビングに⁉︎リフォームで生活感もスッキリ収納!!

 

家族で集まってお茶を飲みながら話をしたり、恋人とお酒を飲みながらテレビを見たり、1人でソファにゴロゴロしながらくつろいだり・・・。

 

 

家族との交流や憩いの場であるリビングで、1日の多くを過ごす人も少なくないはず。

その一方で、来客時にはお客様をリビングに通すこともありますよね。

 

急な来客に備えて、いつでも綺麗に保っておきたいけれど、気づけばものが溢れて生活感が丸出しになっていませんか?

 

 

  • 収納スペースが少なくて物が溢れてる。
  • 家具を買ったけれど、デザインもサイズもバラバラで統一感がない。
  • 収納は欲しいけど、背の高い家具は地震のときに心配・・・。
  • そもそもリビングが狭くて家具を置くスペースもない!

 

 

そんな悩みを抱えているみなさんにおすすめなのが「壁面収納をリフォームでつくる」ことです。

 

今回は壁面収納で統一感のあるおしゃれなリビングへリフォームする方法をお教えします。
物と一緒に生活感もしまって、いつでもおしゃれなリビングを目指しましょう!

 

壁面収納をリフォームで作るってどういうこと?

 

 

はるこ
壁面収納って・・・壁に扉を付けて壁の中に物をしまえるようにするってこと?
あつし
うーん。そういう方法も全くないわけじゃないけれど、それはかなり条件が限られるからね。
あつし
今回は「壁面に家具を固定して収納を増やす」リフォームの方法を紹介するよ。

 

そもそも「壁面収納」とはどういったものを指すのでしょうか。

床から天井までの空間を立体的に無駄なく高密度に有効活用した造り付け収納。多彩なデザイン・寸法体系・収納方法の部材・部品の組み合わせの中からニーズに合ったものを選択できる。部屋のから端まで隙間なくすっきりと納めることができるものが多い。

引用:コトバンク

 

 

なんだかとっても難しそうですが、収納したいもの設置したい場所に合わせてサイズデザインを選んで造るオーダーメイド家具をイメージしてもらえればいいと思います。

用途に合わせて造ったオーダーメイド家具をリフォーム工事で壁面に取り付けるということです。

 

壁面収納を造るメリット

 

 

はるこ
なるほど。。。でも、特別に造るってことは市販のものよりお高いんでしょ?わざわざ造る程の魅力があるのかしら?

 

あつし
確かに市販の家具を買うよりお金はかかるけど、その分市販の家具では実現できないメリットもたくさんあるんだよ。

 

壁の形や寸法にあわせたものが造れる

市販の製品と決定的に違う点は、まず、サイズを自由に調整できるということです。

 

マンション等でよくみられるのですが、色々な配管を通すために壁の一部が飛び出ていることがあります。
戸建住宅でもキッチンの場所やエアコンの取り付け場所によってはある場合もあります。

引用:横浜エアコン工事クアトロ

この凸凹部分にぴったりあった寸法の家具があったら・・・。そう思って探してみても、なかなかぴったりのものを見つけ出すのは難しいですよね。

しかし、壁面収納なら壁の形に合わせて家具を造る事が出来ます。

 

 

 

引用:札幌オーダー家具工房

これはマンション特有の梁や配管が通っている為に凸凹している壁に、テレビボード付きの壁面収納を造った例です。

壁面にぴったり合わせた寸法になっているのはもちろん、テレビボードを座る位置に合わせてみやすい角度に設定したり、右上の壁面はマグネットボードになっているなど、希望や使い方に合わせたものを造ることができます。

 

 

 

 

引用:K設計室

こちらもリビングの壁にテレビ台付きの壁面収納を造作した例になります。

向かって右側の壁が微妙に飛び出ていますが、その寸法に合わせて家具が作られており、一体感のあるスッキリした空間に仕上がっています。
また、テレビの上などのデットスペースになりがちな部分にも収納棚を取り付けており壁面を最大限生かした収納になっています。

 

 

隙間にものが落ちたり転倒の心配がない

既製の家具を壁際に置こうとしたら、巾木やコンセント口が邪魔して数ミリ隙間が空いてしまったり、テレビなどの配線を通すために壁につけて設置できないなんて事ありませんか?

巾木とは?

床と壁がぶつかる部分にある建築材のこと。壁を守ったり、床と壁の緩衝材の役割を果たしています。
 

 

また、背の高い家具は地震などの災害時の転倒も心配ですよね。

 

壁面収納をリフォームで造る場合、こう言った心配を解消することができます。

 

はるこ
確かによく棚の裏に大事なハガキとか落ちちゃうのよね。細い棒で取ろうとしても埃ばっかり出てくるし。。。

 

 

市販の家具と違って、リフォーム業者に依頼して特別に家具を作ってもらう場合、基本的に取付まで一括して請け負ってもらえます。

取付の方法は業者によって様々ですが、壁面にビスなどで固定し、壁と家具の間や床面に隙間のできないように調整して仕上げてくれます。

 


 引用:共和木材産業(株)

こちらはリビングにテレビ台付きの壁面収納を設置した例です。

壁に木材を取り付けて、木材に家具を固定することで、テレビの配線などを通すスペースを壁と家具の間に設けています。(左の写真の上の方に写っているのが木材です)

また、左の写真では壁と家具の間に隙間が空いているように見えますが、右の写真ではぴったり納まっています。
家具を壁に固定した後に、家具の仕上げ材と同じものを使って作った木材(フィラーと呼ばれます)を使って綺麗に隙間を埋めて仕上げているためです。

 

はるこ
隙間がなければ埃もたまらないし、ハガキを落とす心配もないわね。

 

デザインの統一感が出る

ものが増えていくのに合わせて、家具も買い足していったのはいいけど、高さも奥行きも色もバラバラで家具が並んでいるだけで散らかった印象になってしまっていませんか?

 

はるこ
家具の大きさが微妙に違って、飛び出てる家具で足の小指を打って絶叫することもしばしば。。。

 

 

 

オーダで造った家具であれば、全体のデザインや色などを統一することができます。

また、全ての家具を一から造らなくても、今置いてある家具の大きさや形、色に合わせて新しく家具を造って一緒に使うなんてことも可能です。

 

引用:GNASH

実はこの写真、真ん中のテレビ台は既製品の家具です。
もともと使用していたテレビ台に色味やサイズを合わせて、壁面収納を造った例です。

まるで全て元々取り付けられていたかのような一体感ですね。

 

引用:HAMILTON

こちらはリフォーム前の写真です。

写真の真ん中ら辺に写っているキッチンの吊戸棚の色に合わせて、リビングの壁面収納とキッチンカウンター下の収納を造った例をご紹介します。

 

引用:HAMILTON

家具の色がが揃っているだけで全体のデザインにも統一感が出て、落ち着いて綺麗に納まって見えますね。

 

 

はるこ
統一感を出すためには1から全部造りなおさなきゃいけないと思っていたけど、こんな方法もあるのね。
あつし
今ある家具以外にも、扉の色に合わせたり、床や壁に合う色を選ぶだけで空間に溶け込んで統一感が出るよ。

 

壁面収納を造るにはどうすればいい?

 

 

はるこ
リフォームして壁面収納を造る魅力はよく分かったけど、造りたいと思ったらどうすればいいの?

 

あつし
じゃあ次は実際に造るときの方法を教えるね。

 

リフォームで壁面収納を造ると言っても、規模や方法は様々です。

今回は、一番スタンダードに現状壁の面に新しく特注で造った家具を取り付ける場合の方法をお伝えしたいと思います。

 

 

依頼する会社を決める

まずは何と言っても依頼する会社を探しましょう。
「リフォーム」と言っても、電気や水回りなどの設備関係を触ったり、建物自体に手を加える規模の工事ではないので、必ずしもリフォームの専門業者を探す必要はありません。

リフォーム会社より「オーダーメイド家具」や「特注家具」の製造・施工をしている会社の方が適しているかもしれません。

 

会社を選ぶときのポイントとしては

    • 現地調査をしてくれること
    • デザイン案や図面を書いてくれること
    • 取付施工を行ってくれること

上記の3つは最低確認しましょう。

特注家具を造る会社でも、「取付施工」は請け負わない会社も多くあります。

事前に現地で取り付けたい場所をしっかりと確認してくれる会社で、取付施工まで請け負ってくれる会社かどうかしっかり確認しましょう。

デザインなどの提案力や図面の有無は担当してくれる人との相性にもよると思います。
でも、可視化して具体的な提案をしてもらえる方がイメージの共有ができるので、造り終えてから「思っていたのと違う・・・」なんてことにならなくて済むでしょう。

 

そのほかのポイントとしては、得意な家具がどういうものか調べるのも大切です。

ひとまとめに特注家具を造る会社と言っても得意なことは様々です。

天然木を使った家具製造が得意な会社もあれば、メラミンと言われる樹脂化粧板での仕上げが得意な会社もあります。
木材のみでの家具製造がメインの会社もあれば、人工大理石やガラスなど様々な材質のものを組み合わせた家具製造が得意な会社もあります。

 

 

引用:WALDEN

メープルという木材を使用した壁面収納です。天然木は特有の柔らかさと温かみが特徴ですね。

 

 

引用:Re-create

こちらは「メラミン」という樹脂化粧板を使用した壁面収納です。
メラミンは白や黒の単色から木目、マットなものから艶のあるものまでとにかくバリエーションが豊富なのが魅力ですね。

また、天然木材を使用した家具より価格を安く抑えることができます。

 

引用:収納ラボ

こちらも樹脂化粧板で仕上がられた壁面収納ですが、写真上部の棚は扉がガラスになっています。

また、随所にLEDが埋め込まれていたり、背面にタイルを貼り付けてあったりと、まるでお店のショーケースのような雰囲気に仕上がっていますね。

 

 

見ただけで簡単には判断が難しい場合には、施工事例の写真をたくさん見て、デザインや風合いが気に入ったものが多い会社を選べば良いと思います。

 

あつし
マンションの場合は、リフォームが可能か事前に規約を確認したり、管理会社へ申請が必要な場合もあるので、事前に確認しよう。

 

 

現地調査を依頼し、壁面収納を造りたい部分の大きさや壁の状態を確認してもらう

依頼する会社を決めたら、早速連絡をして現地調査をお願いしましょう。

ここで、リフォームしたい場所の状況や大きさなどをしっかり確認してもらいましょう。

 

造りたい壁面収納のイメージなどを打ち合わせ

現地調査と併せて、造りたい壁面収納のイメージを伝え、実際に造るものを決めていきます。

事前に何を」「どのように」収納したいか考えておくことが大切です。

 

例えば雑誌を収納したいのかCDやDVDを収納したいのかでも棚の奥行きは変わってきますし、
収納するものを隠したいのか、見せたいのかによって扉をつけるのかつけないのかが決まってきます。

せっかく特注で造るのだから、「とりあえずしまう場所を増やしたい!」ではもったいないです。

何をどのようにしまいたいのか、しっかり考えておきましょう。

 

 

家具を製作してもらう

打ち合わせがすみ、予算の折り合いがついて契約したら、製作期間に入ります。

製作期間は会社によって様々ですが、最低でも2週間〜1ヶ月程かかると考えておきましょう。

 

家具を取り付けて完成

家具が完成したら、ついに取付です。
特注家具は完成したのもを持ってきて完了ではありません

搬入の問題もあるので、大抵の会社は小さく分割した状態のものを運んで、壁に取り付けながら組み立てていく施工方法をとります。
そのため、作業時間は半日から1日程度はかかると予想しておきましょう。

 

はるこ
こういうのが欲しい!と思ってもすぐに手に入るわけじゃないのね。。。
あつし
そうだね。。。会社を選んだりする時間も含めると最低でも2ヶ月くらいはかかるかもしれないね。

 

壁面収納をリビングに造るリフォームについてまとめ

今回は、オーダーメイド家具を造って、リビングの壁面に取り付けることで収納を増やすリフォームについてご紹介しました。

 

壁面収納を造るメリット
  • 壁の形やサイズにぴったり合わせたものが造れる
  • 壁面に固定するので地震の際にも転倒の心配がない
  • 家具の裏や隙間に物が落ちたり埃が溜まることが無い
  • デザインも自由自在で室内に統一感を出すことができる

安全で、掃除も楽になって、さらにおしゃれな空間を演出できるなら良いことづくしですよね。

 

 

しかし、少し注意点もあります。

 

壁面収納を造る上で注意する点
  • 既製のものに比べると費用が高額になる
  • 計画してから完成するまでに2ヶ月ほどの期間がかかる
  • マンションの場合、規約の確認や管理会社への申請が必要な場合もある

 

せっかくオーダーメイドで造るのですから、お金も時間も余裕を持って、納得のいくものをじっくりと決めれると良いですね。

 

実際にリフォームを行う際の手順についてもご紹介しました。

壁面収納を造る手順
  1. 依頼する会社の選定
  2. 現地調査
  3. 造りたい壁面収納について打ち合わせ
  4. 壁面収納の製作
  5. 取付・施工工事

現地調査や打ち合わせまでに、「何を」「どのように」収納したいのかについてしっかり検討しておくことも重要です。

また、インターネットや雑誌などで造りたい壁面収納に近い写真などを集めておくと、打ち合わせ時にイメージが伝わりやすくて良いと思います。

 

リフォームは何を造るか考えている時のワクワクから、完成した時の感動まで全てが醍醐味です。

せっかくなので存分に満喫してくださいね。

 

リビングをスッキリ見せるには、広く見せることも重要な要素の一つかもしれません。

こちらの記事にリビングを広く見せる方法について詳しく書いてありますので、よろしければご参照ください。

リビングを広く見せるには?リフォームする or 工夫する?

2019年6月15日

 

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

リフォーム見積するなら絶対ここがおすすめ!

■ リショップナビ

 

 
  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。

そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。

 

■ タウンライフリフォーム

 

    • 動線がわかりやすく、高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
    • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
    • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

 

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。

現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リフォーム比較プロ

  • 内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 初心者でも安心して頼めるサイトつくり

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。

歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です