雨漏りしてる!?調査方法や応急処置を一挙紹介!ベランダ編

「あれ?家の中で屋根や壁にシミが出来ている?」と思ったら雨漏りしている可能性が高いです。

実はベランダが原因で雨漏りすることもあるんです。

 

ベランダは常に外に出ているため、雨風や飛来物などで痛みが早く進んでしまいます。

ベランダから雨漏りしている場合、どう対処したらいいのでしょう?

今回はベランダで雨漏りしていた時にどう応急処置すればいいのかご紹介します。

 

はるこ
あっくん、ベランダでヒビみたいのを見つけたんだけど、大丈夫なのかしら?

あつし
うーん、そのヒビの辺りから雨漏りしているようなら早めに対処したほうがいいね。

はるこ
このまま何もしないとどうなってしまうの?

あつし
雨漏りが進んでしまうから建物がどんどん傷んでしまうんだ。

はるこ
そうなの!?痛むのを抑えるにはどうすればいいの?

あつし
OK、順番に説明するね。

 

ベランダの雨漏りも放置厳禁

 

ベランダは常に外にあるので、とても痛みが早い箇所なのでこまめにメンテナンスする必要があるのですが、どうしてもおろそかにしてしまうところでもあります。

ベランダでの雨漏りは放置すると、シロアリの被害もありますし家の構造の部分にもダメージが広がってしまいます。

雨漏りが発生するとカビが生えたりブレーカーに雨水がいくと漏電して最悪火災になってしまう場合もあります。

なのでベランダの雨漏りを放置するのはいけません。

しっかり対策して雨漏りを解消しましょう。

 

まずはこれ!ベランダ雨漏りの応急処置

 

雨漏りを発見したら、とりもなおさず今以上に被害が広がらないように応急処置をしましょう。

やり方はとても簡単でシンプルです。

 

雨漏りで雨水が落ちてくるところにバケツを用意して落ちてくる真下に置きます。

出来たらバケツの下に新聞紙やブルーシートも敷きましょう。

バケツの中に雑巾を入れておくと水滴がちび散りにくくなるのでお勧めです。

 

ベランダ雨漏りの原因を確認

 

応急処置をしたら雨漏りの原因を確認します。

ベランダで雨漏りしているかも?と思ったら次の箇所を見てみましょう。

 

原因① 排水溝

 

ベランダの排水溝は【ドレン】とも呼ばれています。

排水溝には枯葉やゴミなどがいろいろ入り込んでしまいます。

そうすると詰まってしまい、そこに雨水が入り込むと排水溝が濡れて、そのままにしていると排水溝が水で腐食していきます。

腐食していくと本来の耐用年数まで持つことができなくなってしまいます。

 

排水溝からゴミなどが排水管にまでいってしまうと雨水の水圧で接合部分から水が漏れてしまうこともあります。

ごくまれに鳥が排水管に巣を作ってしまうことも。

こうなる前に排水溝を確認して、ゴミや枯葉などがあったら掃除しておきましょう。

 

原因② ひび割れ

 

ベランダは常に外にあるので、雨風や飛来物などで痛みやすい場所です。

地震などで建物ががゆがんでいくと、壁がひび割れを起こしてその隙間から雨漏りが発生してしまいます。

施工時に上手につなぎ目を埋めることができなかったり、設計にミスがあったりすると水が一か所に集中的に溜まってしまい、そこから雨漏りする場合があります。

特にベランダのてすり上部のことを指す「笠木(かさぎ)」の部分が破損するとすぐに雨漏りが進んでしますので、発見したら早めに業者さんに相談しましょう。

 

原因③ 防水加工の劣化

 

ベランダの床の防水塗装やトップコートが剥がれてしまうことで雨漏りが発生してしまうことがあります。

ベランダは10年に一度程で点検したほうがいいのですが、屋根や外壁に比べて点検の必要性が強制ではありません。

なのでメンテナンスをおろそかにしてしまい、異変に気づいた時には大変なことに!なんてこともあります。

そのため普段から異変がないか確認するようにしましょう。

 

はるこ
ベランダっていろいろと痛みやすい場所なのねー。

 

ベランダ雨漏りの対処法

 

原因が分かったらそれぞれの原因箇所の対処をしましょう。

雨漏りしている箇所によって対処法が変わります。

自分でDIYで対処するとき、応急処置ではありますが状況を改善できる場合があります。

 

対処① 排水口

 

ベランダの排水口はせめて一か月に一度程度の頻度でお掃除しましょう。

その時に排水口に異変がないかも一緒に確認しましょう。

掃除はもちろん秋などで落ち葉が落ちてくる時期だと、あっという間に排水溝がふさがってしまうこともあるので注意が必要です。

少しでも排水溝がふさがるのを防ぐ場合は、排水ガードや防塵網などを活用するのもいいでしょう。

 

おすすめアイテム

差込排水ガード

引用:モノタロウ

網の下についている4つの脚で配管に差し込んで使うものです。

ステンレス製のものなので長く使うことが出来ます。

 

 

対処② 壁のひび割れ

 

普段からひび割れが入っていないかチェックするのはもちろんですが、特に地震や台風などで災害が起きた後はベランダにヒビが入ってしまっていないか入念に確認しましょう。

自然災害でヒビが出来てしまったときは、火災保険の種類によって保険が適用されることもあります。

雨漏りがひび割れの原因の場合、場所が特定出来てるのならコーキング材を使った応急処置ができます。

 

ひび割れを起こしている周辺を掃除した後、コーキングしないところをマスキングテープで余計なところまで液がいかないように養生しましょう。

養生したらコーキングガンなどでコーキング材を充填しましょう。

充填は簡単に言うと、隙間を埋める、という意味です。

充填が終わったらヘラなどを使い、凹凸を整えて貼っていたマスキングテープを剥がして乾燥させましょう。

 

おすすめアイテム

■コーキングガン

引用:モノタロウ

コーキングガンはコーキング材をセットして使うものです。

別途でコーキング材を購入して埋め込み作業をします。

 

■コーキング材

引用:モノタロウ

 

コーキング材は使う場所によって成分を選んで使いましょう。

それぞれの場所に合ったものがあり、違うものを使ってしまうと温度差などでコーキング材が痛んでしまうことがあります。

 

対処③ ベランダ防水加工の劣化

 

雨漏りしているみたいだけどどうもどこが原因なのかわからない、というときはブルーシートを使用して応急処置しましょう。

100円ショップで購入できるような安いものだとすぐに紫外線などが原因で劣化しやすいので、防水性があって大きめで厚みのある物を使うようにしましょう。

 

おすすめアイテム

■高耐候ブルーシート

引用:モノタロウ

 

できる限り広い範囲でブルーシートを覆って、土嚢(どのう)などでブルーシートが飛ばないようにしましょう。

覆うときある程度雨漏りしている箇所が把握できているなら、雨漏りしている箇所より上の部分を覆うようにします。

ひび割れしているところの幅が3mm以上あるようなら補強してもすぐに雨漏りしてしまう可能性が高いので早急に修理する必要があります。

1mm以下の小さなヒビでもゆっくりと侵食が進んでしまうので安心はできません。

 

防水処理をしている箇所がある場合、できれば10年に一度は業者さんに点検しもらうようにしましょう。

こうすることで大変な事態になる前に対処することができます。

 

原因が複数重なることも

 

雨漏りの原因がはっきりと「ここだ!」と言える時はその場所を直せば大丈夫ですが、中にはパッと見ただけではどこが原因なのか分からないことも多いです。

確認がしづらい場合、気づかないうちに被害が広がってしまっていることもあります。

被害に気づいた時には手遅れになってしまっていることも。

雨漏りは一か所で起こるとも限りません。

複数の場所で起きているケースもあり、素人では判断しにくいことも多いので、判断に悩むようであれば無理に自分でやらずに業者さんに相談するようにしましょう。

 

あつし
雨漏りにも必ずここ!と言った場所の特定は意外と難しいんだ。

はるこ
そうなのね、過信は禁物ってことね。

 

雨漏りは天井から発生していることがありますので、詳しい対処法はこちらの記事を参考にしてください。

雨漏りの調査方法ってどんなことするの?天井への対処方法も知ろう!

2020年3月11日

 

ベランダ雨漏り対応業者の選び方

 

雨漏りを修理する時、できる限り費用を抑えて修理したいですよね。

ですが雨漏りの原因はさっきもお伝えしましたが、複数の原因が重なって出来ている場合があります。

その場合、自分では判断が難しいこともあるのでやはり専門業者さんに相談するのがいいでしょう。

自分で修復することもできますが、目に見えるところしか直すことができません。

そうなると内部に侵入している雨漏りまでが改善できていないので結局被害が進んでしまいます。

それを防ぐためにもちゃんとした業者さんにお願いしてきちんと見てもらったほうが安心でしょう。

 

業者選びは慎重に

 

専門の業者さんには飛び込みで訪問してきて不安を煽るようなことを言ってくる方や、きちんと調べずに詳細も分かりにくい見積書を出してくるような業者さんは危険と言えるでしょう。

これとは逆に口コミや実績、経験が高い専門技術と知識を持っている業者さんやしっかりと調査をしてくれて細かく内容が分かりやすい見積書をだしてくれる業者さんは信頼してもいいと言えるでしょう。

それと同時にアフターケアや補償もしっかりしてくれるかどうかも見分けポイントになるので必ず確認しましょう。

 

業者さんは保証年数だけを選ぶ基準にするのは危険なので、こちらの記事を参考にしっかりと業者さんの情報を集めてみてください。

雨漏りリフォーム 業者の保証年数だけに騙されてはいけない。

2020年3月20日

 

ベランダ雨漏り対処 まとめ

 

ベランダは雨漏りしていても意外と後回しにしてしまいがちです。

放置するとどんどん被害が広がってしまうので、発見したら早急に対策が必要です。

自分で応急処置してもいいですが、パッと見だけの対処だとやはり限界がどうしてもあります。

それを防ぐためにも業者さんにしっかりと修理してもらいましょう。

 

雨漏りは火災保険が適用されることもあります。

こちらの記事を参考に賢く火災保険を活用してみましょう。

雨漏り修理で火災保険適用できる!活用方法を丁寧に解説!!

2020年3月14日

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

リフォーム費用削減するならここがおすすめ!

■ タウンライフリフォーム

 

  • 動線がわかりやすく、初心者や高齢者でもカンタンに見積り依頼ができる
  • 独自審査を通過した優良リフォーム会社を紹介してもらえる
  • 「成功するリフォーム7つの法則」毎月先着99名プレゼントあり

タウンライフリフォームでは、価格や費用を比べるだけでなく、リフォーム会社の提案力を重視しています。現在の住まいの問題点や、理想の暮らしを実現するには、プロのアイデアやアドバイスが欠かせないと知っているからです。300社以上の登録会社は、すべて厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社のみです。お住いの地域にある複数のリフォーム会社から、見積りをもらいたい会社を選ぶことができます。1回の依頼で複数社からオリジナルの見積書がもらえるので、比較しやすいのも嬉しいところですね。もちろん無料で無用な電話勧誘もありません。プロ目線の的確なアドバイスでリフォーム設計を立てたい方におすすめです。

 

■ リショップナビ

 

  • リショップナビの専門スタッフであるコンシェルジュが、希望に合ったリフォーム会社を厳選
  • 提携企業は1500社、厳しい4つの加盟基準を通過した会社のみ
  • リショップナビ独自の「安心リフォーム保証制度」完備で、もしもの時も安心

リショップナビには、顧客と提携リフォーム会社をつなぐコンシェルジュがいます。そのコンシェルジュが、見積依頼をするとコンシェルジュが顧客の希望を直接聞き、他の会社よりも断トツで多い1500社の中から読者様ピッタリのリフォーム会社を紹介してくれます。万が一リフォーム工事中の事故で住まいに損害があったり、引き渡しから1年以内に工事瑕疵があった場合の保証制度を完備していて、顧客のリフォームに対する不安解消に努めています。



■ リフォーム比較プロ

  • リフォームの内容や希望に合わせた近隣のリフォーム会社を厳選して紹介してもらえる
  • 見積り依頼はカンタン60秒で完了
  • 母のような初心者でも安心して頼めるサイトつくりになっている

リフォーム比較プロでは、登録企業500社以上の中から、顧客のリフォームの希望を叶えられる近隣の会社を厳選し紹介してもらえます。歴史が長く、現在は当たり前になりつつある相見積ですが、「リフォーム比較プロ」では比較的早いうちから推奨していました。厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。またスタッフが随時お客様からのヒアリングを行っており、お客様からの評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できるところもポイントです。「しっかり比べて」「じっくり検討」することの大切さをずっと提唱している会社なので安心の実績を重視する方におすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です